カテゴリー「茨城」の記事

2020年11月24日 (火)

武勇酒蔵

 

今週に入り

  気温もこの時期らしく、

    ちょっと肌寒くなってきました。

布団をかけて034すやすや zzz... 

お燗酒が

  恋しくなってきます。。。

**********

 

本日の紹介は

  茨城県結城市にある 株式会社 武勇の

武勇酒蔵 山廃

雄町 純米原酒

土蔵内常温三年熟成

燗熟 27BY

IMG_20201109_190134.jpg IMG_20201109_190149.jpg

このお酒、昨年の

  熟成酒の会で購入した1本です。

20190321200320007.png

熟成古酒の祭典「熟成古酒ルネッサンス2019」

 

IMG_20201109_190203.jpg

蔵の中で、じっくりと

  3年間熟成したらしいですね。

    さらに、自宅で1年間熟成プラス!!!

 

しっかりと、いい感じの

  熟成色がついています。

 

名前からして

  お燗が、おいしそうですぅ~!

 

IMG_20201109_190710.jpg

 

冷やさずに

  常温(ひや)でいただきます。

 

古酒っぽさはありますが

  旨味、酸味のバランスがいいですね。

 

楽しみなお燗です。

  おた貯めると、旨味アップして

    バランスもさらに良くなる感じです。

 

また、お湯割りでいただくのも

  ゆるゆると、いただくのにいい感じです (笑)

 

IMG_20201109_190222.jpg

アルコール分   : 18度

精米歩合 : 65%

使用酒米 : 雄町 100%

4GB( 720ml )  1,500円でした。安いです!

 

IMG_20201109_190418.jpg

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

森嶋 ひたち錦

 

コロナ大戦・戦時下の日本

  やっと、緊急事態宣言が出されましたね(遅いけど)⤵

 

戦時下なので、

  みなさん、キツイ! 

  みなさん、大変!

  みなさん、こんなのイヤだ!

 

でも、今は一日一日を乗り切れるように

  お互いが助け合って、我慢しあって、頑張りましょう!

 

人類皆兄弟、お互いを思いやる世界へ

We are THE ONE

 

**************

 

 

さて、

  今回紹介するのは

    茨城県日立市にある 森島酒造の

森嶋 純米吟醸

ひたち錦 辛口 生原酒 です。

 

Photo_20200331151201 Photo_20200331151202

 

「 ひたち錦 」 とは,
  茨城県初のオリジナル酒造適合米で、
  2003年に品種登録されたそうです。

 

味わいは、

  やや、甘みが控えられていています。

    

しかし、ただ辛口なだけではなく

  旨味もシッカリとしています。

 

イメージとしては

  甘口・ドライ ってところでしょうか。

Photo_20200331151203

 

さて、コチラも温めてみましょう。

 

イメージが、ちょっと変わります

  ちょっとだけ、ですが一層良い方向へ

 

旨口・ドライから → 甘口・すっきりへ

  うん、おいしい・・・

 

Photo_20200331152101

原料米   : ひたち錦 100%

精米歩合  : 55%

アルコール分: 15度(原酒)

日本酒度  : +7

酸度     : 1.7

1SB(1,800ml) 2,850円 税抜

4GB( 720ml ) 1,500円 税抜

 

Photo_20200331152102

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

森嶋 雄町

 

新型コロナ・ウイルス(COVID-19)の拡散が止まりませんね。

  すでに、市中感染症と解釈しておかしくない状況になってきています。

 

日本経済だけにとどまらず、

  このままいけば世界経済にも影響を与えかねないと心配しています。

 

みなさんも、美味しい地酒で

  しっかりとアルコール消毒( 20%程度の濃度では効き目ないデス )

    に、チャレンジしましょう( 気持ちだけ・笑 )

 

今回の紹介は、

茨城県日立市にある 森島酒造の

森嶋  雄町

純米大吟醸  生酒  です。

 

Dsc_3638 Dsc_3639

 

新ブランド  「 森嶋 」

 以前に紹介したお酒の「 米 」違い

  スペック的には、精米歩合を上げて大吟醸クラスです。

   参考 : 森嶋  山田錦 

 

Dsc_3636

 

グラスに注ぐと

  微炭酸が、プチプチと着きます。

 

味わいは、まずしっかりとした酸がきます

  しかし、その奥には優しい甘味も

    そして、微かに苦みも感じられます。

 

温めると、

  旨味がアップ!

    toto 的には、お燗のほうが好みかも。。。

 

以前に紹介した、山田錦と比べると

  やはり、すでに旨味が出来上がっているイメージです。

(山田錦で醸したお酒は、他のお米と比べて味の熟成に時間がかかるようです。その分、ゆっくりと旨味が膨らんで花開くイメージになります。)

  toto イメージ : 美山錦 ≒ 五百万石 < 雄町 < 山田錦

 

Dsc_3640

原料米  : 雄町 100% 使用

精米歩合 : 50%

アルコール分 : 15度(原酒)

1SB(1,800ml) 3,100円 税抜

4GB( 720ml ) 1,650円 税抜

 

Dsc_3637

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

森嶋 山田錦

 

昨晩から、東海・関東各地で降雪があり

  雪が積もっている地域も多いようです。

    皆さんも、車の運転など気を付けてくださいね!

 

さて、今回の紹介は、

茨城県日立市にある森島酒造の

森嶋

山田錦 純米吟醸

無濾過生原酒 です。

 

Dsc_3468

 

この「 森嶋 」、今まで見聞きしたことがなかったのですが...

  実は、このブログでも何度か紹介している「 大観 」と同じ蔵元の

    新ブランド になるそうです。

森嶋専務が蔵に戻り、自らが杜氏となって10年

  ご自身の構想・思いをこめてついに、世に送り出した「 森嶋 」

    楽しみです o(゚ー゚*o)(

 

Dsc_3466

 

栓を開けると、フルティーな香りがほのかに香ります。

 

味わいは、素敵な酸の中で旨味と甘みひろが広がり

  すぅーっと引けてゆきます。

 

温めると、甘みがアップしてきますが

  熱燗までもっていくと、辛みも出てきてバランスが崩れてきました。

    人肌燗からぬるぬる燗ていどまでにしたほうがよさそうです。

 

Dsc_3475

 

一石を投じる一杯を。

150年の伝統を受け継ぎ、自分の心に一石を投じた末に、ようやく醸せた個の味わい。みなさまの心にも一石投じ、飲むたびに幸せな気持ちになっていただければと、日々精進しております。

蔵元杜氏 森嶋正一郎

 

Dsc_3474

原料米  : 山田錦 100%

精米歩合 : 60%

アルコール分: 15%(原酒)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

夏酒 来福 SP

 

お盆休みも終わり、また痛勤電車の日々が戻ってきましたね。

まだ、学生さんが少ないのが救いですか…

 

さて、酒屋さんの冷蔵庫にも秋酒が入荷しはじめました。

今年の夏を惜しみつつ、残暑厳しい食卓にオススな夏酒をご紹介します。

 

夏酒 2019

 

Raifuku  S P  junmai ginjoshu

 

Dsc_2114

 

S P は、スペシャルではなく、

Summer Premium (サマープレミアム)の略だそうです。

    まさしく、夏酒デス!

 

Dsc_2117

 

全体的にうまくバランスがとれた味わいでスッキリといただけました。

 

Dsc_2115

 

アルコール分   :   15.度

精米歩合         :   55%

4GB(720ml)  1,300円    税別

 

Dsc_2118

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

茨城の地酒「大観(たいかん)」

水泳競技の池江漓花子さんが、ご自身の病気について白血病であると発表されました。
白血病にも種類がありますが、今の医学では治すことも可能になっているようです。
また、ご自身のメッセージからは真のトップアスリートらしく、病に立ち向う心強い言葉があり心強く感じました。
もしtotoが同じ立ち場なら「何で私が…、何で今なの…?」って泣き言を吐いてしまいそうです。
うん! 池江璃花子さんなら、きっと病を克服して競技に復帰してくれる。ガンバレ!!
そう思う totoでした。

さて今日のお酒は、にごっていません (笑)

日本画の巨匠「横山大観」先生の名前を冠した、
大観 山田錦 純米吟醸 生酒 です。

Dsc_0939

蔵元の森島酒造は、茨城県の海沿いの街、日立市にあります。

この大観ブランド、結構toto好みで何度か飲んでいるんですが、全て火入で生酒バージョンは初呑みです (*´ー`*)ワクワク

山田錦を使った新酒・生酒なので少しカタイかな?と想像して飲んでみると…

あらら意外!
柔らかい味わいですねぇ

わずかに炭酸のプチプチ感も楽しめます。

立ち香は、ほのかな香り、ロの中での含み香はフワッと開いてgoodです。

toto好みの、お米の甘さを少し残しつつ綺麗な酸でまとめあげています。
美味しいっ! ч(^▽^)

Dsc_0944_2

精米歩合 : 60%
アルコール分 : 16度
日本酒度 : +2
酸度 : 1.9
1SB(1,800ml) : 2,800円(税別)
4GB (720ml) : 1,400円(税別) もありますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

郷乃譽 と 霞山

今日は、年末に水戸へ行った時の自分へのお土産酒…

茨城県笠間市にある、須藤本家 http://www.sudohonke.co.jp/

 のお酒を飲み比べ…

郷の譽(さとのほまれ) 霞山(かざん)

Dsc_0767

両方とも生々の純米大吟醸酒です。



Dsc_0766

郷乃譽は、代表的な銘柄になります。

Dsc_0768


Dsc_0769_2

精米歩合 : 50%
アルコール度 : 15~16%
日本酒度  :  +5
酸度  :  1.3
4GB  :1,600円(税別)

うん 、優しい味わい良い酒ですね。
素晴らしい!

霞山は、ワンランクアップ

Dsc_0773


Dsc_0769

精米歩合 : 50%
アルコール度 : 15~16%
日本酒度  :  +4
酸度  :  1.4
4GB  :1,840円(税別)

ほぼ同スペック でも…

味わいとコクのあるタイプ。
 こちらも素晴らしい!

なんか チョット、やっぱ チョット 違う~🎵Yava_3

のみくらべは、少しの違いもよくわかり、楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

水戸城跡 と 弘道館

茨城ぶらり旅の最終日

徳川家・水戸藩の城「水戸城」

JR水戸駅の北口から歩いて5分ほど歩くと、道の両脇が高くなってきます。
この道はすでに水戸城跡なんですね。
道の右手の上が「二の丸」、右手の上が弘道館のある「三の丸」だったんです。
つまり、この道は城の防衛のために人手で造った巨大な掘り割りです。
二の丸のさらに東、本丸との間の掘り割りはさらに大きく、今はJR水群線になっています。

Dsc_0728

※ 向かって右手が二の丸、左手が本丸

さて、水戸駅からの道をもう少し進んでゆくと
何やら道をまたぐ橋の上で建物を建設中…


Dsc_0714

Dsc_0720

大手門の復元工事をしていました。

橋を渡って門の内がわ二の丸方面の道もいい感じに整備されています。

Dsc_0722

両側が小・中学校になっています。

橋を三の丸側へ渡ると正面に「弘道館」があります。

元々は、家老をはじめ藩の重鎮の屋敷があった場所を文武の学び舎として整備し直したそうです。
殿様、スゴイ!
Dsc_0715


Dsc_0738_4


江戸時代の敷地はとても広かったそうです。
水戸藩の若者達はこの弘道館で修養し、偕楽園で栄喜を養っていたそうです。

弘道館の奥にはレトロな旧茨城県庁(現在も使用)があり、その正門側、大通りに面して第3の空堀りがきれいに整備されて残っています。


Dsc_0751


Dsc_0753


いろいろと盛り沢山の小旅行でしたが、相模の国に帰りましょう。

Dsc_0757

帰り道も「特急ひたち」でほろ酔いに… (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

あんこう鍋

茨城ぶらり旅 第3弾
袋田の滝から水戸に帰って夕飯です。
日曜日とあって街中の飲食店はどこもお休みのようです。
結局、駅ビルの居酒屋さんへ
んっ? あるお店の前では、何やらイザコザガあった様子...
や〇〇の親分にちょっかいを出したのか、
  若い衆に睨まれて、土下座で謝っている方がいました (笑)
Photo_8
さてと、見て見ぬふりをして.....
美味しそうな地酒がありそうなお店のなかへ...
まずは「武勇」を冷酒で
Photo_9
刺身盛り合わせと、
  昨日食べそびれた「あんこう鍋」などをいただきます v(^▽^)
Photo_13
Photo_11
「霧筑波の夕霧」は、お燗でいただきます。
Photo_12
  ごちそうまさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

袋田の滝

茨城の小旅行記第二弾です。
水戸駅からJR水郷線に乗って袋田の滝を見に行きます。
Photo_2
袋田駅からは、バスで10分ほど (パスモ使えません・汗)
バスを降りたら徒歩で滝に向かいます。
Photo_3
トンネルの途中から袋田の滝の下側がよく見えます。
水量は少なく、穏やかな表情の滝に紅葉が映えます。
Photo_4
トンネルの突き当りにあるエレベーターで昇ると、滝を上側から眺めることができます。
上流(奥)にある滝もよく見えますね。
Photo_5
つり橋を渡ると、滝の下流の景色も素晴らしい!
Photo_6
体が冷えたので、お蕎麦屋さんに入って
味噌おでんをつまみに、熱燗をいただきます µ(^▽^)
Photo_7
お酒は、茨城の地酒「家久長 霊水 八溝」の純米酒
「これは冷酒でお出しするのですが…」 と言うお店の方に
無理を言って熱燗にしてもらいました。
  熱燗、美味しいでーす(笑)
Dsc_0690
お店自慢のけんちん蕎麦も美味しかった。
  ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)