カテゴリー「お城・城郭」の記事

2021年1月26日 (火)

北条の山城 河村城 

 

またもや、ドライブ & 散歩!

_01

今回は、神奈川県の山北町にある

  河村城 🏯  へ 向かいました。

 

IMG_20210119_124426.jpg

河村城の魅力は

  コチラに詳しく語られています。

 

山北町HP

  ここがすごいぞ!河村城!! 

 

*******

 

現在は、神奈川県の指定史跡として

  河村城址歴史公園 として整備されています。

IMG_20210119_124258.jpg
フィット君は、ココでお留守番・・・

駐車場は公園の東側、20台分ほど

  到着した時には、5台ほどが停まっていましたよ。

    帰りには、フィット君だけでしたが・・・💦

 

IMG_20210119_123051.jpg

駐車場から掘割に架かっている

  仮設の橋を渡って公園内に入ると

    広ーい広場になっています。

 

IMG_20210119_114103.jpg
足柄平野を一望できます

広場の端からの見晴らしは、イイですねぇ~!

  はるか遠くには、相模湾も望めます。

  

IMG_20210119_115525.jpg

公園は、駐車場のあった東側から

  尾根沿いに西側へと続いています。

 

IMG_20210119_115720.jpg

途中には、城の防衛目的で

  人工的に尾根を横に掘り設けられた

    堀切(ほりきり)があり、

堀の底は、障子堀(しょうじぼり)という

  攻めてきた敵兵が登りにくく 弓 や 鉄砲

    石礫 の標的にできるように築かれています。

 

IMG_20210119_120150.jpg

西側の 本城郭 には

  石碑とお社があります。

 

IMG_20210119_121031.jpg

本城郭の右手から、

  山北駅方面へ続く道を少し下ると

    またもや、二重に掘られた

堀切障子堀 が見られます。

IMG_20210119_120832.jpg

この、茶臼郭(ちゃうすくるわ)のある

  北側からの侵攻に備えが重要だったころが窺えますね。

 

  お城ファン、必見です!

 

公園内には、🌸桜の木も多く植えられていて

  次回は、春の陽気が良い日に再訪させてもらおうかな・・・。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

城めぐり 「 七沢城 」 & 巡礼峠

 

今回も、

  ご近所で 「 城めぐり 」

    厚木市の七沢地区にある

七沢城 です。

Img_20200412_130744

 

室町時代、15世紀ごろには

  文書に存在が記されているようです。

 

そして、戦国時代末期には

  相模の北条氏に落とされて

    その後は廃城になってしまいました。

Img_20200412_130752

 

現在は、城跡 の看板だけで

  県立の病院が建っています。

Img_20200412_130326

遺構なし、ということで

  散歩も出来なかったので

    近くの公園へ行って、少し散歩してきました。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

七沢・森の里地区の近くにある里山一帯が

  県立・七沢森林公園 になっています。

Img_20200412_132258

広大な敷地なので

  アクセスポイントは、いくつかあります。

今回は、

  北側にある駐車場から 森のアトリエ さくらの園

    広い芝生があり、数組の家族連れが来ていました。

 

Img_20200412_132517

一般向けに、いろいろな講座や教室を

  催しているようですが、コロちゃん騒ぎで

    現在、休止中(残念ですね)。

 

Img_20200412_132610

また、いろいろな種類の桜が植えてあり

  遅い桜の花も楽しめましたよ(ほぼ終わりですが💦)。

 

Img_20200412_132511

 

広場の東側の丘に登って

  ながめの丘 を目指します。

Img_20200412_133424

 

途中には、巡礼峠という立札がありました。

  七沢城の記載と、悲しい昔話が書かれていました

    旅人を見守るお地蔵さんも祀ってあります。

      南無・・・(-人-)

Img_20200412_133501

 

もう少し、昇ると

  見えてきました、ながめの丘 ( 標高:183m )

Img_20200412_134346

 

東側が開けていて、

  遠くには横浜のランドマークタワーや

    新宿高層ビル群なども見えました。

良く晴れた日には、スカイツリーも見えるようです。

Img_20200412_133929 Photo_20200418142201
               横浜ランドマーク

 

道すがら、

  季節の草花も楽しめましたよ。

Img_20200412_132020シャクナゲ

Img_20200412_135626
ヤマブキ

Img_20200412_134726
ジュウニヒトエ

 

でも、自然が多いところだけに

  津久井城に次いで、ここにはこんな看板も 💦

Img_20200412_134951

うききぃー (笑)

 

  少しは、運動になりましたよ  v(^▽^)

 

 

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

城めぐり 「 津久井城 」

 

toto の

  コロナ自粛の定番になってきている

「 城めぐり 」 

Img_20200403_114206

 

特に、toto が行くような

  城郭もなく、人知れず

    でも、ほどほど整備されている

      古い時代の城跡などは、

  •  密閉していない、野外
  •  密集しない、広い敷地
  •  密接しようにもしよう、人影まばら www

 

なおかつ、起伏が大きく

  ヒルクライム(丘のぼり)のように

    運動不足を解消して健康に役立つ。

 

この時期にぴったりの趣味ではないでしょうか!

 

ということで、

  今回は少しハードな城めぐり

「 津久井城(筑井城)

Img_20200403_154636

神奈川県の相模原市緑区にあります。

  津久井湖(ダム湖)の南側の山の上になります。

 

城郭の南側は、芝生や遊具もあり

  公園として整備され親子ずれも訪れています。

Img_20200403_115454

 

少し、山側に進むと

  大きな堀切なども見事に残っています。

Img_20200403_115624

 

そのまま進んでいくと

  坂のきつい「 男坂 」 と

    少し緩やかな 「 女坂 」 があります。

Img_20200403_122010

 

今回は、「 女坂 」 から...

  傾斜は緩やかですが、道が細い

    しかし、足元注意!

足を踏み外すと、崖下まで止まりそうにないです 💦

 

でも、木々の隙間からは

  津久井湖と街並みが見えるところもありますね。

Img_20200403_122521

 

そして、

  道端には、春の草花も見られます。

Img_20200403_123440菫(スミレ)

Img_20200403_123924山吹(ヤマブキ)

Img_20200403_123839    薇(ゼンマイ)

登り始めて、30~40分ほど

  いよいよ山頂( 本曲輪 )に近づいてきました。

 

城攻め、最後の難関!

  堀切 と 引橋 

Img_20200403_124731 Img_20200403_124850

    ううん~、写真だとわかりづらい・・・

 

本曲輪( 本丸 ) は、

  広場になっていて、

    数組の家族連れがお弁当を広げていましたよ。

Img_20200403_125151

 

看板には、

  津久井城の歴史などが記されています。

Img_20200403_125106

 

さて、山頂で少し休憩をして

  帰りは一部、ちょっと急な男坂も下りました。

 

坂を下りきったあたりに

  案内板が・・・、フライング・クッション??

    おぉ! ムササビ が現れることがあるようです!

      でも、昼間は難しいようですね・・・

Img_20200403_134407

 

ムササビは、可愛いけど

  イノシシは、いやだなぁ~

    ぶひぶひ(笑)

Img_20200403_134201

 

公園には

  ちょっと遅い桜が満開でした~!

Img_20200403_134842

 

あぁ、いい運動になりました。

  巣ごもり、運動不足解消できましたよ(笑)

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

城めぐり 「 丸山城 」

 

たぶん、

  我が家から一番近い城跡です。

    お散歩、ウォーク 👟👟👟

0325

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて

  使われていた城跡のようです。

 

小高い丘の上は

  芝生の公園として開放されています。

0325_20200328144801

 

そして、

  遺構も発掘調査されていて

    看板も掲げられています。

0325_20200328144802

 

800年以上経った今でも

  ある程度、保存状態が保たれていて

    堀跡や土塁、虎口といった中世以降の形態が

       残っているようです。

0325_20200328144803 0325_20200328144901

 

このような、城から

  安土桃山時代以降の

    石垣で覆われた城へと変容していくんですね。

0325a

 

公園内には

  こんな花も咲いていました。

0325_20200328144902

「 アーモンド 」

桜と同じ バラ科 の木なので

  桜と同じような可愛いピンクの花をつけていました。

 

0325_20200328145001

 

コロちゃん騒ぎの中

  のんびり散歩の城めぐりでした。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

城めぐり 「 中山城 」

 

コロちゃん 騒動で

  外出も控えられがちですね。

    でも、運動不足も健康上よろしくない。。。

 

趣味と健康つくりをかねて、お城めぐりです!

 

今回は、

  静岡県三島市にある

「 山中城 」 です。

 

Img_20200311_105157

 

ここも 「 北条氏 」 の 勢力下にあったお城で

  北条氏による独特の城づくりの跡が、

    色濃く残っていて 楽しめるんです。

 

そして、この広大な城跡を

  三島市がしっかりと復元・管理をしていて

    見どころがいっぱいです。

 

Img_20200311_105146

まずは、旧・国道1号線(東海道)の石畳が残る南側、

  その先に広がる小高い尾根づたいにある連続曲輪方面へ向かいます。

 

Img_20200311_110523

 

一番奥にある すり鉢曲輪からは、

  左手に駿河湾、正面には冨士山が見える・・・はず💦

    今日は、富士山だけに雲がかかっている~ 💦💦

 

Img_20200311_110957

 

そして、目の前には

  ほぼ、一直線に作られた障子堀「 一ノ堀 」が圧巻です!

 

Img_20200311_112007

Img_20200311_110810

 

他にも、

  曲輪の間には、掘割が切られています。

Img_20200311_112059

 

ここの城址も、

  一時期は杉が植林されていたようで

    復旧も大変だったのではないかと思います。

Img_20200311_112500

 

さて、

  国道1号線(旧道)の南側の城跡へ行く前に

    売店で、腹ごしらえをしましょう。

Img_20200311_114121

ざる蕎麦、

  美味しかった!

 

さて、

  メインエベント、本丸攻めに向かいます!

Img_20200311_115731

 

おや ?!

  入口付近の空堀の土塁が大きく崩れていますね!

Img_20200311_115938 Img_20200311_120035

なるほど、

  去年の台風19号の影響は、こんなところまで・・・

    復旧は、大変ですが頑張ってもらいたいと思います。

 

Img_20200311_122945

城跡の一番東西側にある

  西櫓・西の丸方面へ進みます。

 

ここからも

  駿河湾と富士山がよく見えますね。

Img_20200311_123029

 

そして、圧巻の「 二重・障子堀 」!!!

  また、各曲輪の周りは土塁で縁取られています。

 

Img_20200311_123303

Img_20200311_125702

 

本丸方面へ向かうと

  やはり、障子堀

    そして、郭をつなぐ木橋があります。

 

まさに、連結要塞!

Img_20200311_130219

 

本丸から少し下ったあたりには、

  武器や食料(兵糧)の保存庫があったと考えられる曲輪もありました。

Img_20200311_131843

 

そのわきには、戦に向かう前に願掛けをした

  「 諏訪・駒形神社 」がありました。

Img_20200311_132436 Img_20200311_132257

 

その、また脇には

  またしても大規模な掘割があり、北の丸 まで続いていました。

Img_20200311_133008

Img_20200311_133511

 

うん、今日は

  最後まで富士山・・・かくれんぼ

Img_20200311_133956

 

約3時間の

  坂道ウォーキング

    いい運動になりました(笑)

 

帰り道には、

  芦ノ湖に立ち寄りました。

 

ここには、「 箱根関所 」 がありますが

  今日は遊覧船の乗り場だけの見物です。

Img_20200311_141900 Img_20200311_142038

 

毎年、お正月に開催される

  箱根駅伝の往路ゴールもここにあります。

Img_20200311_142220_20200312110701

 

お土産は、山中城の売店で買った

  障子堀ワッフル(笑)

    ただの、ワッフルだろってツッコミは受け付けません(笑)

Img_20200311_210018

 

また、お天気の良い日に

  お城めぐりに出かけましょう  v(^▽^)

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

城めぐり 「 足柄城 」

 

ただいま、世間を席巻している

  コロナ・ウイルス( covid-19 )

    通称 : コロちゃん (笑)

毎日元気に活躍中!006

 

おかげで、街中がすいている。

  •  車の通行量か少ない・・・
  •  人の往来も少ない・・・
  •  パチンコ店の駐車場もガラガラ・・・
  •  スーパーだけは、そこそこ入っている・・・

そうなるよね。

 

どこかに、出かけたいが

  電車や人混みは極力避けたい。。。

 

そうだ、お城へ行こう!!!

 

ということで、

  静岡県小山町にある

「 足柄城 」です。

Dsc_0138

 

足柄城のある 足柄街道 は、

  静岡から神奈川へ抜ける旧道です。

 

Dsc_0140

 

関東一円を支配していた、北条氏

  西方からの侵入を防ぐためげ、街道沿いに

    要衝を守っていたお城がたくさんあります。

 

この、「 足柄城 」 もその一つです。

 

『ウィキペディア(Wikipedia)』

足柄城は大森氏により築かれたとみられ、その後天文5年(1536年)頃に北条氏綱により改修された見られるが、正確なところはわかっていない。天文24年(1555年)に北条氏康がこの城に改修をおこなったとされ、これは氏康が三田郷(神奈川県厚木市)の百姓に足柄城普請の人足を出させることを命じた記録からわかっている。

 

Dsc_0151

 

大きな 「 堀切(掘割り) 」 や 土塁、

  郭(くるわ:館などの居住スペース)、井戸の跡などが残っていて

    そこそこ、整備されています。

 

Dsc_0144

 

眺めがいい!

  富士山がよく見えます。

 

Dsc_0155

 

 

さて、足柄城を後にして

  足柄街道を静岡県の小山町方面に向かうと

    見えてきたのが・・・

 

「 誓いの鐘 」

  という場所・・・

 

ここで、

  鐘を鳴らして

    愛の誓いを叫ぶのかな?

Dsc_0158

ハート形💛 のモニュメントには

恋人同士で掛けた南京錠が連なっている・・・

 

まだまだ、整備中ですが

  伊豆半島の 「 恋人岬 」 のような

    観光スポットになるのでしょうか?!

 

Dsc_0160

 

青空のもと、

  気持ちいい~ドライブでした!

 

今度のお休みに

  ご家族と一緒に 「 城跡めぐり 」 いかがでしょうか?!

 

 

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

城めぐり 「 河村城 」

 

新・カテゴリ―

「 お城・城郭 」

 

まずは、近場で城めぐり v(^▽^)

  今回は、神奈川県足柄郡山北町にある

河村城 です。

 

Dsc_0011

 

神奈川のお城ということは、

  北条氏 の 縄張りですね!

 

堀切 や 障子堀 など

  楽しみですね ♪

 

 看板を見て、駐車場に入ると

  近くにトイレもありますが・・・

    お城はどこだ???

 

もちろん、天守閣や櫓などは望んでいませんが

  案内板など、一切ありません!

    どこだ?? だめだろぉ~!!!

 

仕方なく、先ほど山頂付近に見えた

  携帯基地局のアンテナを目指すことにします。

 

Dsc_0013

登坂の途中には、

 梅の花も咲き誇っています。

 

そして、山頂につくと... ?

  んっ? 城跡という雰囲気ではない・・・

Dsc_0014

Dsc_0015

小さな鳥居は、

  諏訪神社

    脇の石には(1824年)って、

  • 文政6年(1823年): ドイツ人シーボルトがオランダ商館員として来日
  • 文政8年(1825年): 江戸幕府が異国船打払令
  • 文政6年(1823年): 勝海舟 誕生

 

他には、これまた小さな祠が...

Dsc_0016

って、やっぱ城跡じゃぁない

  見晴台があったとしても、チョット違うぅ・・・

 

ふりだしに戻って、

  先ほどの駐車場の奥側、

    見た目、ちょっとした芝生広場かな?

      って方へ行ってみることに。。。

Dsc_0026

おおぉ!

  奥は、広場ぁ、すっごく広いぃ~~

Dsc_0017

こっちかいぃ~~!

 

さらに、進むと

  やっと、案内板がありました(笑)

Dsc_0035

初めに見えていた、駐車場奥の芝生は

  城跡の一番、東端だったようです。

 

どうやら、

  公園として整備をすすめている途中のようですね。

 

西側に進むにつれて

  堀切などもみられてその全容がわかってきました。

Dsc_0039 Dsc_0038

 

西端に近づくと、本丸跡があり 

  やっと、「 河村城跡 」の石碑と「 祠 」がありました。

 

Dsc_0044

 

さらに、山北駅方面に向かう道筋にも

  なにやら郭が続いているようです。

 

Dsc_0045

 

これは、スゴイ!

  郭を分ける堀切には、みごとな障子堀が施されています。

Dsc_0046

Dsc_0049

 

また、その次の郭(茶臼郭)との間にも

  これまた、立派な障子堀が施されています。

 

そして、障子堀の一部には水も溜まっています。

 

雨季には、このように水がたまった堀に足を捕られて

  城に攻めかかる敵兵は、ゆく手を遮られてしまったのですね。

 

Dsc_0060 Dsc_0057

おや?

  どうやら、水が溜まっているところは「 井戸(湧水) 」のようですね。

Dsc_0055

水の中には、

  かわいい オタマジャクシ が、うようよ www

    もうすぐ、春ですね~ ♪

 

 

「 河村城 」

  なかなか、良いお城でした。

    もう一度、訪れたいですね。

 

それまでには、整備も進んでいる事でしょう。

 

 

 

| | コメント (0)