カテゴリー「佐賀」の記事

2021年2月 2日 (火)

東一 うすにごり

 

2月に入ったというのに

  暖かい日が続いています。

    この先、しばらくも暖かいようです。。。

あったかくて003_20200701095901はるみたい~

*******

 

今回の紹介は

  佐賀県嬉野市にある 五町田酒造の

東一(あづまいち)

山田錦 純米

うすにごり酒

IMG_20210129_213139_2.jpg IMG_20210129_213139.jpg

 

最近は、あまり見かけない

  絢爛な GOLD ラベル (笑)

 

にごり具合は、toto 基準で

  「 かすみ にごり 」 デス!

IMG_20210129_215214.jpg

まず、上澄みをいただきます。

  少しの炭酸感のピリピリがあります。

    爽やかな甘みと酸味が感じられます。

 

全体を混ぜます。

  少しマイルドになります。

    バランスも良いですね。

 

IMG_20210129_215523.jpg

温めてみましょう。

  甘みと旨味がアップしますが

    酸味はそれほど増える感じではないですね。

 

IMG_20210129_213157.jpg

アルコール分   : 17度

原料米  : 山田錦 100%

精米歩合 : 64%

1SB(1,800ml) 2,500円 税別

4GB( 720ml )  1,250円 税別

  リーズナブルですねぇ~!

    ちょっと贅沢な純米吟醸バージョンもあるようです v(^▽^)

IMG_20210129_213225_1.jpgIMG_20210129_221900_1.jpg

封の色と栓の色が違っていますね

 

*******

 

さて本日のアテは、冬の楽しみ・・・

  ノレソレ 🐠

IMG_20210129_215835.jpg

白い皿にのせても

  何が何だか判らない (笑)

 

醤油皿につけると・・・

  こんな格好をしています。

IMG_20210129_215915.jpg

ノレソレ は、

  穴子(アナゴ)の赤ちゃん(幼生:レプトケファルス)と言われていますが

   「 誰も育てたことがないから分からない 」

      というのが真相のようです・・・💦

 

詳しくは、toto いつもお世話になっているコチラで

 ぼうずコンニャクの 市場魚介類図鑑

 

チュルン!とした

  独特の触感で 美味しぃ~!

    毎年楽しみにしています (^^♪

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

七田 おりがらみ

 

今日は、4月1日

  新年度の始まりデスね。

 

でも、今年はコロちゃん騒動で

  とても残念な状況らしい・・・

 

新学生のみなさん

  新社会人のみなさん

この年に新たな一歩を踏み出したことが

  後々の語り草になると思って

    ここを凌いでくださいね。

*************

 

さて、今回の紹介は

  佐賀県小城市にある 天山酒造の

七田(しちだ) 純米 生酒

無濾過 おりがらみ です。

 

Img_20200326_170705Img_20200326_170750

 

安全第一!・・・

  先日、痛い目にあっているので 💦

 

炭酸が、強そうなイメージなので

  まずは、千枚通しでブスリっと・・・

千枚通しを緩めると、プシューってガスが抜けて

  にごり成分が沸いてきました。

しばらく様子を見ながら

  千枚通しを少しずつ緩めて

    安全にオープンできました。

 

にごり具合は、

  toto 基準で 「 うすみごり 」 です。

 

Img_20200326_173236

 

上澄みは、

  炭酸プチプチでドライなイメージですが

    旨味もシッカリありますね。

全体をまぜると

  マイルド感と、旨味がアップします。

 

温めると、

  甘味と旨味がアップしてきます。

    お燗も美味しいデス。

 

Img_20200326_170819

アルコール分: 17度

使用米   : 麹米 山田錦 20%、掛米 レイホウ 80%

精米歩合  : 65%

日本酒度  : +3

酸度     : 1.7

1SB(1,800ml) 2,600円 税抜

4GB( 720ml ) 1,250円 税抜

  お買い得です!

 

Img_20200326_170933_20200329080701

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

天山 純米吟醸 生 おりがらみ

今日は、佐賀県の小城市にある 天山酒造の 天山 純米吟醸 生 おりがらみ です。

Dsc_1401

 

開栓注意の掛け紙がありましたが、難なくオープンできました。

先ずは、上澄みをグラスに注ぐと、細かい気泡が付きます。

微発泡があり、上澄みだけでも美味しい!

 

Dsc_1406

にごり成分をまぜると、こんな感じ。

おりがらみ というよりは、薄にごり から にごり酒と 言っていいほど 良い感じのにごり具合ですよ。

 

味わいのバランスも良く、スルスルと杯がすすみます。

カミさんも少し飲みましたが、かるく空いてしまいました (汗 ;)

旨かったです!

 

Dsc_1404

原料米 : 山田錦
精米歩合 : 55%
アルコール度 : 16度
日本酒度 : +1.0
酸度 : 1.6

4GB(720ml) : 1,600円(税別)

 

これがら暑くジメジメする日が続く時は、こういった地酒がイイですね ☀

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

にごり酒(七田)

本日のにごり酒は、佐賀の地酒「七田(しちだ)」純米・おりがらみです。

Photo  蔵元は、天山酒造株式会社http://www.tenzan.co.jp/index.htmで小城郡小城町にあります。

 蔵の近くには、日本有数の「蛍の名所」の祇園川http://www.sagasubanta.com/sagayoyo/yokatoko/ogi/gion_gawa/ が流れていて、毎年5月下旬から6月の初旬になると源氏ボタルの飛び交う姿が観察できるそうです。Photo

              ステキです (*^o^*)

蔵元では、祇園川と同じ天山山系の伏流水を仕込水とて使用していま す。

 佐賀県でも大きな蔵元の天山酒造です。五代目の七田利秀社長は「天山酒造はふるさとの歴史・文化・自然に感謝しながら、人の心を酔わせ人生を豊かにする美味き酒造りをし、22世紀目指し歩み続けます。」というポリシーで旨酒を醸しています。

 今回紹介する「七田」は六代目の七田謙介氏が「天山」から独立して、自分の理想とする味わいを、情熱とこだわりをもって特定銘柄の純米と純米吟醸を年間40石ほど醸しているそうです。

 このにごり酒は、純米無濾過生のおりがらみで、ビンの底から1cmほどの細かい「おり」が含まれています。

またまた、活性の生酒ですので慎重に・ゆっくり オープン ・・・

おりの部分からやや多目の炭酸が上がってきましたが、噴出すことなく無事開栓できました。 

 酒米は地元で収穫された、麹米に山田錦、掛米に麗峰をそれぞれ65%まで磨き使っています。

アルコール度は18-19%とかなり高めで、日本酒度+2~+3、酸度:1.7~1.8で自家酵母を使っています。上り香は、甘いフルーツっぽい香りがします。

味は酸味と甘味のバランスがよく旨味が凝縮されていて、爽かな切れがあり呑み飽きのしない味です。

含み香はやはり、ほのかに甘いフルーツ(バナナやメロンよりは柿に近いでしょうか)のようです。食中酒として以外にも、シーン・食事の種類を問わず楽しめます。

お燗にすると、少し酸が増すようで冷のままが美味しいようです。

  720mlのお値段は、1,155円とお買い得ですネ~

「七田」ブランドでは日本酒以外にも、その醸造技術を生かした純米焼酎や大吟醸の酒粕焼酎そして麦焼酎もラインナップされているようです。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)