« 北条の山城 河村城  | トップページ | 伯楽星 おりがらみ »

2021年1月28日 (木)

新種・アンモナイト 🐚

きょうは035あめ・・・

*******

 

化石で有名な

  古代の生物 「 アンモナイト 」

 

先日、Web ニュース で

  こんな記事が載っていました。。。

 

東京新聞 : TOKYO Web 

アンモナイト新種の化石と判明 北海道、まるでソフトクリーム?

アンモナイト イラスト

 北海道の三笠市立博物館は24日までに、羽幌町の約9千万年前の白亜紀の地層で見つかった化石が、アンモナイトの新種と判明したと発表した。殻がソフトクリームのようなユニークな形をしており、ラテン語で「蝦夷地の優雅なアンモナイト」を意味する「エゾセラス・エレガンス」と名付けた。

アンモナイト「エゾセラス・エレガンス」の化石(三笠市立博物館提供)

 同館によると、円すい形に渦を巻いた殻が特徴の「エゾセラス属」の新種。渦の巻き方が比較的緩やかで、下部に2列の突起が集中している点が他種と異なっていた。同属は道内でのみ見つかっており、地域固有で短期間で種分化した可能性が高いという。
 1月1日発行の日本古生物学会の国際誌に掲載された。 

 

ほーぉ!

  まるで、立派な ウ〇コ💩 じゃなくて

    ソフトクリーム や サザエ貝みたいですねぇ~。

 

*******

 

実は、アンモナイト って

  古代のかなり長い期間、生息していたらしい

 

Wikipedia によると

古生代シルル紀末期(もしくは、デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した 

 

3億5千万年って、

  すっごいですね!!!

神様

まあ、その間には

  気候変動 や 天変地異、捕食関係など

    いろいろなことがあって当然ですね。

 

で、実は アンモナイトの化石

  いろいろな形 が発見されているのです。 

 

*******

 

つるつる vs デコボコ

アンモナイト_ツルツルアンモナイト化石

 

なんだか

  巻き方が変 。。。

アンモナイト_変わりまき_3

これなんかは、 

  今回の 新種に似ている・・・ 

アンモナイト_変わりまき_6

 

ついには、

  トグロを巻いてる!

アンモナイト_変わりまき_5アンモナイト_変わりまき_4

 

これはキレイ ✨

アンモライト原石

   アンモライト っていう

    宝石になるものもある様です。 

 

こんなに

  大きく育ったの?!

最大の化石は直径2m

  世界最大の化石は

    直径 2m もあるそうです!

      喰われそう 💦

 

*******

 

ちなみに、現代に生息している

  オウムガイ は、形は似ていますが

アンモナイト_オウムガイ_2アンモナイト_オウムガイ

実は、5億年前から生きている

  アンモナイト の先輩だそうです!!!

 

アンモナイト は、

  オウムガイ の仲間から分化した

    イカ🦑タコ🐙 に近い種類になるそうです。

023おいしいの?

*******

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

|

« 北条の山城 河村城  | トップページ | 伯楽星 おりがらみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北条の山城 河村城  | トップページ | 伯楽星 おりがらみ »