« アマビエ・ビール | トップページ | 苗加屋 夏純米 »

2020年5月22日 (金)

「 旧・玉川 」 トコトコ part-2

 

 

普段の散歩で

  近くを流れる 「 玉川 」 を渡ることが多い toto...

 

散歩でこの辺りを散策しているうちに

  「 旧・玉川 」 の痕跡が見えてきたので

    この川の名残をたどった  河川ウォークの 第2回 デス!

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

まずは、 

  国道246号線沿いにある公民館に石碑があります。 

Photo_20200520111701

刻まれた文字は(意訳)、

大正末期の関東大震災で土砂崩があり

  玉川の一部が埋まったため、

  川は、大雨のたびに氾濫し

  ついには、亡くなる者まで出る始末。。。

そこで、地域の衆が集まり

  川の整備に取り組むことになった。。。

まずは、

  上流域の「恩名」地区の整備をした。。。

しばらく時は流れ

  昭和に入り、神奈川縣にも頼り、改修を進めた。

第二次大戦の戦時下に入り、物資も少なく苦労したが

  なんとか相模川までの放水路を完成した。。。

と、云うことらしい・・・

  地域としては、一大プロジェクトだったと想像できます。

 

フムフム (・_・

 

さて、今回は川をさかのぼって

  中流域の当初に整備された地域を散策します。

 

Photo_20200522101501

この辺りには、

  「 小町緑地 」 があります( toto はじめて来た ) 

  その入り口に 「 旧 玉川 」 の案内石柱が立っています。

  ( 厚木市内のあちらこちらに、この案内石柱があります )

Photo_20200515084601

この石柱には、

旧玉川は、大山の東側が源で農業用水として大きな役割を果たしましたが、関東大震災後は、降雨の度に河床が高くなりたびたび氾濫して、被害が続出した。かっては美田を潤した川が人命を奪う魔の川となったので、昭和十九年に新玉川が造られた。

 と、説明文が書かれています。

 

さて、この 「 小町緑地 」

  段丘部を使って公園として整備されているようです。

 

そして、左手へ登っていくと

  「 小町神社 」 っていう神社があるようです。

 

実は、この辺りの 地名は 「 小野 」 で

  「 小町 」 ということは???

Photo_20200522103001

そうです。

  地元には、かの有名な 平安の 超絶美女で歌人の

  小野小町( おのの こまち )伝説 が残っているんですね。

小野妹子じゃないですよ~(笑)

 

では、神社まで登ってみましょう

  一気に急な階段になっています。

けっこう、キツイ(笑)

坂の途中に鳥居があり・・・

Photo_20200522104001

丘を登りきった頂上付近に

  ありました 「 小野神社 」のお社 

Photo_20200522104201

コチラの看板には神社の謂れが書いてあり ( 意訳 )

鎌倉幕府の 将軍・源頼朝 が、鬼嫁の 北条政子さんに内緒で

 別嬪さんの 丹後の局 と子作りしちゃいました(デキちゃった💦)。

すると即! 、鬼嫁の政子さん の逆鱗に触れてしまい、、、

 家来に「キィー!殺っておしまい!」って命令した、とさ。

でも、命令された家来は「そりゃねーよなぁ、美人だし テヘッ 」

 ってことで、知り合に匿ってもらい、命を救ったそうな・・・。

でも、地獄耳の 政子さん はそれを聞きつけて

 さらに、😠 超・激怒💥、激おこ・プンプン💢💢💢👹

丹後ちゃん は、「 ひえぇー💦💦💦、☠☠☠  」って

 一瞬で髪の毛が真っ白になってしまいました。

  で、一生懸命に祀られている小町姫様にお祈りしたところ、

   黒髪に戻って、元気な赤ちゃんを産みましたとさ。

  その子は、後に薩摩・島津家の祖先となったとさ。。。

 

つまり、政子ちゃん、怖っ! って

  話ですね・・・( ちゃうわいぃ! )

    じゃあ、頼朝って無責任~ってことで・・・(笑)

Photo_20200522104301

 

境内には、

小町塚

Photo_20200522104302

  片葉松 の跡 などがあります。

Photo_20200522104401Photo_20200522104501

神社にお参りしてから

  階段を下っていくと、目の前の丘には

    NISSAN の 研究所が広がっていました。

    ( 広大な敷地ですねぇ~ )

Nissan

また、こんな看板も(笑)

Photo_20200522104701

そして、緑地の入口まで戻ると

  小町の化粧池 っていう泉までありました。

Photo_20200522104702Img_20200512_153403

 

さあ、今日はココまでで

  帰りましょう 👟 👟 👟

 

散策の途中には

  春の草花が咲き誇っていました。

Img_20200512_155600
薊 : アザミ

Img_20200512_155843
ウツギ?

Img_20200515_153656
都草 : ミヤコグサ

Photo_20200522105001 蛍袋 : ホタルブクロ

  などなど、、、

    

また、のんびりウォークを楽しみつつ

  紹介したいと思います。

 

 

|

« アマビエ・ビール | トップページ | 苗加屋 夏純米 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマビエ・ビール | トップページ | 苗加屋 夏純米 »