« アルコール分 : 66度 | トップページ | 「 旧・玉川 」 トコトコ part-1 »

2020年5月13日 (水)

菊勇 山廃仕込

 

前回、toto 近所のスーパーへ行った際に

  アルコール分 66% のスピリッツを見つけた時に

 

普段は、見かけない 珍しいラベル のお酒を見つけたので

  ジャケ買いしちゃいました 💦

 

裏ラベルを両面印刷して

  透明ビンを通して、表からラベルが見えるようにしています。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

今回の紹介は、

  神奈川県伊勢原市にある 吉川醸造の

菊勇( きくゆう )生一本純米

山廃仕込  特別限定酒 です。

Img_20200507_170027 Img_20200507_170140

 

「 生一本 」 とは・・・

国税庁のホームページによると

清酒の製法品質表示基準 の (任意記載事項の表示)で

 清酒の容器又は包装に表示する
  生一本の用語は、単一の製造場のみで醸造した
   純米酒である場合に表示できるものとする。

つまり、

  基本は純米酒 で

  他の蔵の酒を混ぜちゃダメ

    って事ですね。

 

これは、江戸時代までさかのぼって

酒屋さんが、樽で酒を仕入れて小分けして売っていたんですが

江戸の吞兵衛の間では「灘の酒は、うめぇ!」って

有名になり、ブランド酒 だったんですね。

  そこで、賢い(悪徳)酒屋が

  「ど-うせ味なんか、解かりゃしねーだろっ!」って

  他から取り寄せた安い酒を混ぜたりして売っちゃったんです。

  てぇ訳で、まっとうな酒屋は

  「うちの酒は、混じりっ気のない 気一本 でぇい! 」って

  売っていたとか、いないとか・・・ 💦

 

Img_20200507_180845

 

今回、菊勇さんで 山廃を作っていることにビックリ!

  とても小さな蔵で、地元用のお酒を造っているだけな

    イメージでした( 失礼 m(_ _)m💦 )。

 

さて、味わいは

  山廃といっても、とてもキレイな味わい。

    旨味もあり、バランスがいいですね。

スイスイと盃がすすみます。

 

温めても崩れることなく美味しいです。

 

Img_20200507_170100

精米歩合  : 麹米 60%、掛米 65%

アルコール分: 16(度)

日本酒度  : -2

酸度    : 1.7

4GB( 720ml ) 1,240円 税抜

 

こちらの蔵も、日々進化しているんですね。

  うれしい発見、今後も要チェックです!

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

さて、

  実は、山形県酒田市にも

  同じ 「 菊勇 」 という銘柄があります。

  こちらは 「 きくいさみ 」 と読み

  代表銘柄には 「 三十六人衆 」 がありますよ。

Photo_20200513084101

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

| |

« アルコール分 : 66度 | トップページ | 「 旧・玉川 」 トコトコ part-1 »

神奈川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルコール分 : 66度 | トップページ | 「 旧・玉川 」 トコトコ part-1 »