« アルバム到着~♪ | トップページ | 参戦リポート & SU-目線💕 »

2019年10月10日 (木)

三芳菊 あらま

 

んっ?

   「 あらま! 」

 

本日、紹介するのがコチラ

 

Dsc_2502

すごい絵面(笑)

 

徳島県三好市・池田町サラダにある 三好菊酒造の

三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒

   あらま!

 

裏ラベルによると

この度、純米専門店『YATA』を運営する(株)マグネティックフィールドと
三好菊酒造(株)、そして喜久盛酒造(株)は共同で新商品の開発を行いました。
両蔵元はそれぞれ『きょうかい6号酵母』を使用して地元の米で純米酒を作り、

搾ったままのお酒を炭素濾過・火入れ・加水等の調整をせずに瓶詰めして『無濾過
生原酒』として発売致します。

ラベルのプロデュースは(株)マグネティックフィールドの山本社長が担当し、
生まれたままの姿である『無濾過生原酒』を三人の裸体で表現いたしました。

銘柄はその衝撃的なビジュアルに因み『あらま!』と致します。

 

 とのことです。

 

  01_20191010140901 02 03  

    TAYA 山本将守将 氏   ・   喜久盛 藤村卓也 氏   ・   三好菊 間宮亮一郎 氏

 

写真をみると、やっぱ「あらま!」ってなりますよね(笑)

 

コチラが「喜久盛」版 純米無濾過生原酒 あらま!

Photo_20191010144701

 

このお酒に使用している酵母は「協会6号(別名、新政酵母)」で

 ここでも「新政(あらまさ)」かぁ

  ってことなんですね。

※ 実は、新政の佐藤祐輔社長公認だそうです(笑)

 

喜久盛酒造と三芳菊酒造は、以前にもタッグを組んで

「妬み(ねたみ)」&「嫉み(そねみ)」という、

酵母のスワッピングで醸した、お酒をリリースしています。

 常に、攻め続けています(笑)

 

Photo_20191010143501

 

味わいは、
冷えた状態で口に含むと、酸味と苦味が前面に出てしまい好き嫌いが分かれるところだと思います。

 

ところが、温度を上げてゆくと旨味とバランスがどんどん良くなってくる。

 温度ごとに、味わいの変化が楽しめるお酒ですね。

 

 例の南国系甘酸っぱいワイルドサイドのフルーティー感とは別物の三好菊らしさですね。

 

Photo_20191010143701

 

使用米 :徳島県産 山田錦 100%

精米歩合:60%

アルコール分:17度

使用酵母:協会6号酵母

1SB(1,800ml) 3,000円 税別

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

|

« アルバム到着~♪ | トップページ | 参戦リポート & SU-目線💕 »

徳島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルバム到着~♪ | トップページ | 参戦リポート & SU-目線💕 »