« カメラ小僧かよ?! | トップページ | New York’s show was special, thank you! »

2019年9月28日 (土)

高垣酒造・4種飲みくらべ

 

串焼きのお店で飲んだ 「 龍神丸 」

    久々の大ヒット、いや ホームラン!!

さっそく、ネットで検索し

     定価で売っているお店を探すも

        ・・・「売り切れ」⤵💦   

 

  とんでもない値段をつけているところはありますが…

        そんな所では、ゼッタイに買いません!

      どうせ、ろくな管理もできなくて、「不味い酒」になっていることでしょうしね!!

 

なので、同じ蔵元

 和歌山県の有田郡有田川町にある高垣酒造場の別銘柄のお酒をゲットすることにしました。

 

届いたのが、この4本

        すべて高垣酒造店の銘柄です。

Dsc_2307

 

高垣酒造場は、和歌山湾に流れこむ有田川の支流の一つ、五名谷川と早月谷川の合流点近くにあるようです。

 

空海水仕込み

空海は、弘法大師の名で知られ、中国から真言密教をもたらし真言宗・高野山を開いた超有名なお坊さんですね。

日本全国にその逸話が残っています。

その高野の山々から流れる有田川は、空海水として霊験があるようです。

水質としてはミネラル分もそこそこ入った、中硬水といったところのようです。

 

Dsc_2305

 

  • 流霞(ながれかすみ) 純米生原酒
  • 喜楽里(きらり)   純米原酒
  • 紀ノ酒(きのさけ)  純米
  • 紀勢鶴(きせいつる) 純米酒

 

一度に開けて、飲み比べをしてみます Ч(^0^)

 

Dsc_2313

流霞(ながれかすみ)

  • アルコール分:17度
  • 精米歩合        :70%

    今回、唯一の生酒です。

 口にしたときに、すっとした酸味が味を引き締める。

 この中では、いちばんtoto好みかな。

 

Dsc_2311

喜楽里(きらり)

  • アルコール分:18度
  • 精米歩合        :60%

 このお酒だけ、明らかに薄っすらと色がのっています。

 味わいも少し重めなので、古酒ブレンドなのかな?

 温めても、旨味が広がる。

 

Dsc_2315

紀ノ酒(きのさけ)

  • アルコール分:15度以上 16度未満
  • 精米歩合        :60%

 普通にうまい(誉め言葉)、するすると盃が進む味わい。

 

Dsc_2308

紀勢鶴(きせいつる)

  • アルコール分:16度
  • 精米歩合        :60%

 一番ベーシックな味になるのかな、しっかり味のいかにも上質なTHE地酒。

 

 

4種とも飲みあきない味わいで冷やでよし、お燗してよし、食中酒として楽しめるお酒ですね。

 美味しいです。

 

 

 

でも・・・、

    やっぱり、龍神丸 とは 違うゥ~ 😢

 

濃厚さ、果実感、そして高度なバランス・・・。 

 toto の中でイメージが膨らみ過ぎているのかなぁ??

 

結局、龍神丸に近い酒質はありませんでした。

 そりゃぁ~、そうだよねぇ~~

  3種は火入れだし、純米スペックだし、ましてや袋吊りの雫酒でもないし。

 

まあ、4種とも普通においしいお酒(誉め言葉)なんですよ。

 

よし、次なる策は ……

  まだまた諦めていない、toto でした (-_☆)✨キラーン

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

|

« カメラ小僧かよ?! | トップページ | New York’s show was special, thank you! »

和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラ小僧かよ?! | トップページ | New York’s show was special, thank you! »