カテゴリー「山梨」の記事

2011年11月13日 (日)

一都三県・蔵元との交流会 2011 in GINZA

11月に入っても暖かい日が続いていますね。 

朝早くから通勤する身には助かりますけど、

  温暖化?チョット心配。。。

また 遅刻 (汗;)

さて、11月2日に東京は花の銀座で「一都三県・蔵元との交流会 2011」が開催されました。

このところ、なかなか仕事場を抜け出せなくて今回も少々遅刻・・・

10 1

不景気というけど、夜の銀座は人通りが多くにぎわっていますねぇ

会場は、いつもと同じ銀座フェニックスプラザです。2 3

遅刻した恩恵が一つ、受付が一通り終わっていたのですんなりと会場に入ることが出来ました (笑)

今回の会場配置は、入り口の右手から「千葉」「山梨」「東京」「神奈川」のコーナーがぐるッと廻っています。

4 4_2 4_3 4_4

そして、中央には「本格焼酎」「地ビール」そして「お燗のコーナー」

 楽しみです o(^▽^)o ワァーィ

それにしても、今回はかなりの賑わいを見せていますね!

52

われら、神奈川のコーナーでも蔵元のみなさん次から次へと来場者さんにお酒を次いでいます。

いずみ橋の橋場さん、相模灘の久保田さんそして丹沢山の露木さん

ご挨拶もそこそこに、なってしまいました。

 また今年も蔵にお邪魔しますね。 よろしくです \(⌒◇⌒)4_5 4_6

大阪・日本酒甲子園でご一緒させていただいた稲花の秋葉さんもいらしています。

また、来年もっとディープな大阪巡りを楽しみにしてますよ。

 よろしくねっ、酒恋倭人さん! v(^▽^*)タノシミダァ

6 6_2

会場をあちこち廻りながら、すいているブースをちらほらと・・・

いくつか気になったお酒を紹介。

左手のブランデーのような色のお酒は、水戸泉のAFS40年近く常温保存した古酒。

多く見られるような、常温保存の古酒とは別の次元になっています。

若くてヤンチャなお酒は、コレだけどっすりとした貫禄のお酒になるんですね。

右手は、東薫の十富禄酒(どぶろく酒)です。 

近頃は、どぶろく免許を取得してにごり酒とは別に「どぶろく」を造る蔵が増えてきましたね。

にごりジャンキーの toto としては、うれしい限りです v(^▽^*) デヘヘェ

遅刻&早退

さらに会場がかなり混んできて、ご挨拶も一通り出来たので、今日はココで撤収します。

ちょっとモノ足りず、小腹も空いてきたので、近くにあった韓国料理?店で冷麺を食してから帰ることにしました。 7 7_2

内装はなかなかオシャレです。

まずは、にごりジャンキーのふさわしく、韓国のにごり酒「マッコリ」の三種呑み比べセットをいただきます。

「二条」「黒豆」「生」味わいが変わって楽しい飲み比べ!

7_3 7_4

冷麺

72 73

ほとんど食べ終わってから、「冷麺の楽しい食べ方」を見つけました。。。

普通に食べても、美味しかったですよ (笑)

 ご馳走さまです。 さて、お腹もふくれたところで帰りますかぁ

毎年、この会を最後に秋の試飲会がほぼ終了します。

 蔵元では、造りに入り一生懸命においしいお酒を仕込んでいるんですね。

  頑張ってください! 楽しみ、たのしみ (´∇`*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ドックと富士山と八海山と

先日、新年早々に人間ドックに行ってきました。

ドックの前日は、PM 9:00以降 飲食禁止 なのですが・・・

Photo_6 帰宅したのがPM 9:00ですから、一切気にしないでどんぶり飯と正月の残り「田酒」を少しだけ楽しんでPM10:00に断食に突入します。

といっても、明日の昼まで・・・ v(^▽^;)ネッ

年末からの暴飲暴食がたたって、メタボ体型になっていますからちょうどいいですね。

数年前に仕事が超多忙で、ドック当日の午前0時ごろ帰宅し、でもしっかり飲み食いした経歴がありますので、消化の早さには自信があります  (。_゜)☆\(ー_ー) ダメジャイ

  よい大人はマネをしないで下さい!!!

3 青空の下、職場近くの検診センターで受診します。

今年は、胃のレントゲンはパス! だって、あのバリウム&発泡剤が苦手なんです・・・ d ( ̄^ ̄)ヾ(’o’; )ダメダッテェ

  よい大人はマネをしないで下さい!!!

あとで、カミさんにバレてきっとお仕置きですね shock

さて、受付を済ませて、身長&体重測定です。

「身長***cm、体重**Kgですね」って、ヤッパリ 3kg以上お肉がついていました(照;)

胃のレントゲンを受けなかったこともあり、予定より早くすんなりと終了 (ーoー)ホッ

昼過ぎには自宅へ帰えってきました。

胃のレントゲンをパスしたお仕置きをされる前に、カミさんサービスを・・・

車で一緒に、久々の(10数年ぶり?)津久井から道志村を抜けて富士五湖の一つ「山中湖」へドライブ。

なぜか最近になって、この道が思い出されて 富士山 を見に行きたくなっていたんです。

昔は、すんごい超・ガッタガタだったこの道ですが・・・ 2_3 って、30年前の話ですけど(汗;)

とても良い道になっているのにビックリです。 

久々にワインディング・ロードのコーナリングを楽しみました。

途中には「道の駅」なども出来ています。

Photo_2 2

山中湖に抜ける峠を越えると、目の前に雄大な富士山が飛び込んできました。

湖畔に車を止めて、写真をパチリ shine

いやぁ~! やっぱり富士山はいいなぁ~~

2

帰りは籠坂峠を抜けて、御殿場から東名高速で帰ってきました。ここが、根性無しのオッサンたる所以ですね

家に帰って、撮ってきた富士山の写真をながめつつ、八海山・純米吟醸・生原酒で一杯。 これまた、オッサン(汗;)

Photo 本醸造の青文字「越後で候」は去年からありますが、今年から待望の純米吟醸 赤文字「越後で候」が発売になりました。

お米は、麹米に山田錦、掛米に五百万石を50%精米で使用しています。アルコール度18%、酵母は協会701号とM310を使っているようです。

Photo_2 生原酒の割には、けっこうあっさりとした飲み口ですね。スイスイといけます。

お値段は、4GBで1,835円、1SBが3,670円です。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

一都三県の地酒

またまた、更新をサボってしまいました・・・

お許しをー!m(T-T)m 

11月10日に toto 的には、年内最後になるSAKEイベント

銀座で開催された「一都三県蔵元交流会」に行ってきました。

20会場に向かう途中、銀座和光のショウウィンドウには「天皇陛下御在位20周年をお祝いする写真が飾られています。

おめでとうございます

    m(。-_-。)m

それにしても、銀座はいつもにぎわっていますね。

この会は、東京国税局管内の一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、山梨県)の酒造組合が中心になって、日本酒、焼酎、地ビールメーカーが銀座に集い、初めて開催する「きき酒会」です。

また、同時に平成21年東京国税局鑑評会入賞酒も「きき酒」できるそうです。

Photo_17 さて今回の会場、東銀座にあるフェニックス・プラザに到着して、館内の二階会場へと続く階段の列に並びます。

なんと、数人前にQchanpapaさんがいらっしゃいます (´▽`)ノ"ドモ

Qchanpapaさんから先日の「青森地酒を楽しむ会」や10月にあった「千葉の酒フェスタ」のお話などをうかがいながら、楽しく開場を待ちます。

オープン

1特に、挨拶とかもなく開場と同時にサクっと会が始まりました。

会場に入ると、結構広い会場で向かって右手に千葉、左に山梨、正面右側に神奈川、そして正面左側に東京となっているようです。

Photo_2 まずは、相模灘久保田酒造のブースへ、晃さんがいらしています ヽ(▽⌒)

すでに今期の酒造りは始まっているのですが、今日は弟の徹さんに託して参加されてます。

今期も蔵に訪ねるお約束をさせていただきました v(^ー゜) タノシミー♪

昇龍蓬莱の大矢さんは、造りに専念しているらしく残念ながら欠席です。

年明けには「神奈川の蔵巡りツアー」の募集を予定したいと思います。乞うご期待!

Photo_6

協同銘柄

銘酒開発協同組合の企画銘柄

「吟の舞」「ぎんから」「やわくち」「清涼吟醸粋」 

の醸造一覧ポスターもありました。 

この手づくり感がいいですね~ v(^▽^*)

東京酒

Photo_5 東京にも地酒があるんです!

日本酒だけでなく、焼酎、地ビールを醸す多くの蔵元があります。

伊豆七島に点在する焼酎蔵の超プレミアム銘柄も並びます。

千葉酒、山梨酒

同じ首都圏でも、なかなかこれだけの蔵元のお酒を楽しむ機会はいままでないです。

少しずつ、じっくり味わせていただきたいと思います v(^▽^*)

Afs こちらの方が、高温山廃酒母という超個性的な造りのAFSを醸す木戸泉酒造の荘司社長です。

AFSの文字はこの商品開発に携わった3名の頭文字(A:安達氏、F:古川氏、S:荘司氏(木戸泉酒造三代目蔵元))から取っているそうです。

ガツンと来ます! d(^ー゜)イイデスネー

Photo_7 不動を醸す鍋店(なべだな)株式会社、どのランクのお酒もとてもいい感じです。 toto 好み (´∇`*)

そして、コストパフォーマンスがすごいんです。 大丈夫?

Photo_9こちらの千葉 稲花正宗も、初ですね。 

  「絆」 いいネーミングです d(>_・ ) グッ

お写真は、稲花酒造の秋場貴子取締役と営業の・・・?さんです A ̄▽ ̄;)スンマセン

.

Photo_11 山梨の老舗、春鶯囀(しゅんのうてん)を醸す萬屋醸造店の中込元一郎社長です。

かの歌聖・与謝野晶子が詠じた和歌

「法隆寺などゆく如し 甲斐の御酒(みき) 春鶯囀のかもさるゝ蔵」

から名づけられた銘酒ですね d(^ー゜)

他にも一都三県の多くの銘醸・銘酒を楽しませていただきました。

また来年もこの会が開かれ、新たな出会いができることを楽しみにしています。

蔵元の皆さま、各都県の酒造組合をはじめ日本酒造組合東京支部の方々ありがとうございます。 

来年もよろしくお願いします m(-o-)m

さてさて、これからは新酒の季節になりますね~ 楽しみ (=´∇`=)楽しみ ❤

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)