カテゴリー「栃木」の記事

2012年8月26日 (日)

仙禽の銘酒とともに楽しむ軍団酒お披露目会

S1

女利酒師軍団、ちょっと聞くと恐ろしげな酒のツワモノ女性の集団? と思えてしまいますが・・・

Top1

 実は、お酒の未来を含め日本酒の応援を続けている美女集団なんですね v(^▽^*)

8 さて、そんな[女利酒師軍団」の皆さんがプロデュースし、昨年のお米の田植えから刈り取りそして一貫して酒造りまで、栃木県の仙禽酒造さんにお世話になって造り上げました。

そして、8月9日に霞ヶ関・虎ノ門にある ビストロW http://www.musshu.jp/w/ で 「仙禽の蔵で一緒に造ったお酒のお披露目会」 が開催されることを聞きつけ参加してきました。 

1 1_2

まずは、亮さんから開会の挨拶。

 続いて、酒仙婆さんが今回のお酒造りの紹介をします。

そして、

1_3 1_4

薄井常務からご挨拶をいただきます。

2 2_2

続いて「軍団酒」を注ぎあわせて、小林杜氏の発声で

      乾杯!

参加者さん、ワイワイと楽しげに会がはじまりました。

1_5

仙禽のいろいろなお酒と

5_2 5_3

ビストロWのお料理のコラボを楽しみました。

31_2 32_2 332 34 35 36

そして、薄井常務からスペシャルな秘蔵酒の差し入れもあり

51 52

みんな大いに楽しんで盛り上がりました。

4 7

みんなで一本〆で終了。

会の帰りには、1人に1本づつ「軍団酒」のお土産もいただきました。

 蔵元さま、軍団のみなさん本当に楽しい会をありがとうございました v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 

↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

イベント~

しまったぁ~!

  見逃していました (T_T;)グスッ

美酒王国・秋田
「秋田の酒を楽しむ会」開催!

(一般消費者対象)

「美酒王国・秋田の酒」は、良質な酒米と四季折々の美しい自然の中で育まれ造られています。このたび、首都圏の皆様に、優れた技能を持つ山内杜氏が醸した「秋田の銘酒」を料理と共にお楽しみいただくイベント『秋田の酒を楽しむ会』を開催致します。
皆様多数のご来場をお待ちしております。

日 時 : 平成24年3月6日(火) 18:30~20:30迄 (受付 18:00~)
場 所 : 東京會舘
対 象 : 一般消費者 
(どなたでも参加できます) 

でも、、、チケットは完売いたしました ~(>_<。) ガァーン

見逃していた toto は、参加できません (涙)

と言うか、締切日はとっくに過ぎてます・・・ (/_x)/ ショック!

 大好きな秋田のお酒・・・ (/_x)/ ショック!

  ・・・   ・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、気を取り直して今後のイベント日程をチェック! e(^O^;)9 ガンバッ 

先ずは、横浜で開催

第4回 酒は未来を救う

Photo_6  

お酒を飲んでチャリティになる!
病気の子供たちへの寄付を目的とした、日本酒・焼酎・日本ワインのチャリティ試飲会です。

NPO法人酒は未来を救う会が主催する、日本酒蔵30社 焼酎蔵15社 ワイナリー16社の61社のチャリティ試飲会です。全国から趣旨に賛同頂いた酒蔵が一堂に会し、お酒の試飲会を行ないます。
利益は全て、孤児や病気の子供たちへ寄付いたします。

3月20日に是非、日本の酒の素晴らしさを、楽しんでください。

 まだ間に合いますね v(^▽^;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次は、栃木の酒イベント

新世代 栃木の酒

  下野杜氏 新酒発表 2012

1

- イベントのご案内 -
大変お待たせいたしました。
今年も下野杜氏の首都圏イベント
「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2012』を開催することが決定いたしました。
栃木の美酒を飲みながら、栃木県産の美味しいお弁当を味わうことが出来ます人気のイベントです。
ご好評いただいております「日本酒セミナー」も開催いたします。

皆様にお楽しみいただけるよう、内容盛りだくさんで行う予定です。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 

 日 時 : 平成24年4月18日(水)
 場 所 : シアター1010  11Fギャラリー
 主 催 : 栃木県酒造組合
 第  一  部  : 午後1時~午後4時30分
   ・ 入場無料 (小売流通業者様・飲食店様対象のきき酒会となります。)
     ※ 恐れ入りますが、一般の方のご入場はお断りさせていただきます。
   ・ 3時30分から第2部のチケットを持ってるブロガー様限定で無料公開!
     ※ 入場されたブロガー様は、ご自身のブログに掲載をお願いします。
 日本酒セミナー : 午後4時45分~午後6時15分 (90分)
   ・ 入場無料 (先着60名様まで) 自由参加 事前申し込み不要!
   ・ 1部と2部の間に開催しております。
     講師 ・・・・ 山同敦子 氏
 第  二  部  :  午後6時30分~午後8時30分
   ・ 立食パーティー形式 「栃木の酒を楽しむ夕べ」
   ・ 会費 3500円(事前チケット制。当日チケットはありません。)
     ※ 栃木産のおつまみ形式のお弁当・益子焼き ぐいのみ付きです

- イベント参加 蔵元一覧 - 
  1.『虎屋』 虎屋本店
  2.『澤姫』 井上清吉商店
  3.『四季桜』 宇都宮酒造
  4.『若盛』 西堀酒造
  5.『若駒』 若駒酒造
  6.『雄東正宗』 杉田酒造
  7.『鳳凰美田』 小林酒造
  8.『北冠』 北関酒造
  9.『清開』 渡邊佐平商店
 10.『柏盛』 片山酒造
 11.『杉並木』 飯沼銘醸
 12.『開華』 第一酒造
 13.『愛の澤』 相澤酒造
 14.『燦爛』 外池酒造店
 15.『惣誉』 惣誉酒造
 16.『十一正宗』 森戸酒造
 17.『富美川』 富川酒造店
 18.『松の寿』 松井酒造店
 19.『かんなびの里』 小島酒造店
 20.『仙禽』 せんきん
 21.『東力士』 島崎酒造
 22.『とちあかね』 白相酒造
 23.『池錦』 池島酒造
 24.『天鷹』 天鷹酒造
 25.『旭興』 渡邉酒造
 26.『大那』 菊の里酒造

Photo Photo_2

益子焼きのぐい飲み付きお弁当 や 下野杜氏 の発表!

  楽しみです♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、山形の酒イベント

日本の絆・山形県新酒歓評会

Photo_3 Photo_4

参加 : 山形県内外蔵元 173蔵

日時 : 平成24年4月26日(木)午後2:00~

会場 : ホテルメトロポリタン池袋

お申込み方法 :
2月6日(月)より申込みを受付させていただきます。組合webかeプラスよりお申込みください。お申込み等ご不明な点がございましたら下記あてお問合せくださいますようお願いいたします。
タイムスケジュール :
●14:00~17:00 
公開きき酒会
  参加費:2000円 善着300名様限定
  ・ 料理等は一切ございません。きき酒のみです。

●16:30~18:30 
セミナー&シンポジウム
       (山形酒とイタリアンの出会い)
  参加料 1000円 先着100名様限定
  ・ 世界の料理人1000名に選ばれた奥田シェフの料理と
      山形酒との相性を感じていただきながら日本酒と食について
        語っていただきます。

●19:00~20:45 
歓評会パーティー
  参加料 7000円 先着300名様限定
  ・ 市場に出回ることが希少な日本酒ばかりです。
    日本酒蔵元渾身の一杯を料理とともにお楽しみください。

お問合せ先
山形県酒造組合
 電話023-641-4050
 fax 023-631-0903

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 シッカリとチェックしなくちゃね v(^▽^;)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

萌え酒 & 松の寿

またまた、だいぶ更新をサボってしまいました ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

萌え酒

もえぇ~

1_3 2_3 3_3

こんな萌えキャラがラベルになった地酒が一部コアなファンに受けているらしい。

茨城の「武勇」に始まり、開当男山酒造」「吉久保酒造」「盛川酒造」などがリリースされているらしい。

1_4

ラベルは、みんな可愛子ちゃん + 美男 v(^▽^*)

中身の地酒や梅酒も純粋に楽しんでもらえれば、いいんじゃないですかねぇ。

 toto さすがにこれはコレクションには入っていません (笑)

  と言いつつ、ラムちゃんラベルは持ってたりして・・・ (キモ;)

1

さてさて、美男社長 美人女将 といえばこの蔵が筆頭格!

松の寿

Photo

10月23日に栃木の地酒「松の寿」の松井社長を囲む会がJR横浜線・鴨居駅近くの居酒屋「鳥みき」で開催されました。

駅を降りると、駅舎から夕日に映える富士山が良く見えます。

Photo_2

鳥みきに入ると、村岡店長と松井社長がお出迎え。

Photo_4

会は、お二人の挨拶ではじまり

2

「大吟醸・限定袋吊り荒走り・22by」うすにごりで乾杯 (⌒▽)u☆ч(▽^*)

11

徳丸酒店の天満店長も駆けつけて・・・

Photo_5

この日に用意されたのはこの11本プラス、サプライズで秘蔵酒が2本追加

1. 松の寿 大吟醸 全国新酒鑑評会出品酒 22by
2. 松の寿 大吟醸 限定袋吊り荒走り 22by
3. 松の寿 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 22by
4. 松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 21by
5. 松の寿 純米吟醸 雄町 火入れ 22by
6. 松の寿 純米吟醸 山田錦 火入れ 22by
7. 松の寿 特別純米 美山錦 生 22by
8. 松の寿 吟醸 山田錦 火入れ 20by
9. 松の寿 吟醸 山田錦 秋あがり 22by
10. 松の寿 純米 山田錦 ひやおろし 22by
11. 松の寿 純米 とちぎ酒14 八割八分 22by

番外その1 松の寿 特別純米 美山錦 スパークリング
番外その2 松の寿 純米吟醸 雄町 袋吊り 別誂え 22by

Photo_6

にごりジャンキーの toto 的には、番外その1 松の寿 特別純米 美山錦 スパークリング に惚れてしまいました  u (´∇`*)

じゃんけん

松の寿の前掛けや手提げ酒袋などがゲットできるじゃんけん大会

T Photo_7

toto 全て一回戦敗退 (涙T)

この日は、純粋にお酒を味わうべく、酒量もセーブモード

食事の写真もなく (いつもだろ・・・ 汗;) 楽しませていただきました♪

鳥みきさん、松井社長そして参加者のみなさん、ありがとう v(^▽^*)

  記憶喪失、自動モードになる前に帰路につきました。

2_2 3   

 鳥みきから怪しい裏道を通って駅まで抜けて

途中、乗換駅の町田駅でけたたましいサイレンが・・・

1_2 2_3

消防車や救急車が集まってきました。

野次馬根性の toto も駆けつけたけど、まったく進展なし・・・

 大きな火事ではなかったようです。

  めでたし、めでたし。。。

    さぁ、帰りましょ!

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

栃木のにごり酒(東力士)

忘年会の季節がやってきました!

みなさんも、是非「日本酒で乾杯」に挑戦してみてくださいね ♪

さて、今度こそ今年の新酒・にごり酒、それも生原酒 v(^▽^*)ヤリィ

栃木のにごり酒、東力士・活性にごり・純米生原酒「どすこい」です。

Photo 蔵元は、株式会社 島崎酒造 http://www.azumarikishi.co.jp/ で那須烏山市にあります。

創業は、嘉永2年(1849年)に島崎家初代当主島崎彦兵衛が酒業をはじめたそうで、その後二代目当主の島崎熊吉氏が無類の相撲好きで酒銘を「東力士」としたそうです。

このにごり酒のラベルにもお相撲さんが描かれています。

そして、お酒の名前も「どすこい」です ヽ(▽⌒)

Photo_2 瓶の首掛には「ふき出し注意」の文字が・・・

栓を切ってゆっくりと瓶内の炭酸ガスを逃がします。 

下のにごり部が炭酸ガスを絡めてモッコリと浮き上がってきます。

グラスに注ぐと、アワアワふんわりです (´∇`=) ❤

お米は(雪の精?・国産米って書いてありますが・・・?)60%精米でアルコール度16%、その他は非公開らしいデス。

口当たり、なめらかで炭酸もふんわりと優しくておいしいですね。にごり酒ジャンキーの toto も大満足です♪

お燗しようと思ったのですが、ズルズルと全部飲んでしまいました d ( ̄▽ ̄)ヾ(^o^; )オイオイ

お値段は、4GB(720ml)で 1,250円です。

どうやら「どすこい」には山廃・純米酒や夏純吟そして本醸造原酒バージョンもあるようです。

Tv そういえば、先場所の九州場所では横綱・白鳳が大記録に挑戦しましたね。

記録更新はなりませんでしたが、結果は見事に優勝をしました。立派な大横綱ですね。

あっ、呑んでいた時期がバレバレです(汗;)

相変わらず、更新の遅い toto です (´▽`;)ゝテヘ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

自家熟成 生原酒

今回ご紹介するお酒、実は製造(瓶詰出荷)後すぐに購入し、それからほぼ一年間 toto 蔵(冷蔵庫)自家熟成 したものです。購入時のフレッシュなお酒がどう変化したのか・・・

本日の一本は、栃木の地酒「東力士(あずまりきし)」純米吟醸生原酒・中取り・無濾過おりがらみです。 長っ!

Photo_2 蔵元は、株式会社 島崎酒造 http://www.azumarikishi.co.jp/  で市にあります。那須烏山市にあります。
蔵の創業は嘉永2年(1849年)の老舗蔵です。

蔵元二代の熊吉氏が現在の烏山に二百余年の歴史を持つ酒造庫を譲り受け、また無類の相撲好きであったことから酒名を「東力士」と名付けたそうです。

地元では、毎年「山あげ祭という野外歌舞伎を含めた伝統的なお祭りが行われるようです。今年ももうすぐ7月24-26日に開催されるようです v(^▽^*)オマツリー

Photo_102_3 3_3 

さて、本日の一本ですが、お米は五百万石を50%精米で使用しています。アルコール度16-17%で日本酒度±0、酸度1.6、アミノ酸1.5です。酵母はTF系を使用しているようです。

グラスにあけると微かににごりが残っています。 かすみにごり程度ですね ・・・というか、にごりであることまで忘れていました。 記憶が・・・ (-_-)ゞ゛ポリポリ

上立ち香は、ほとんど感じられません。 口に含むと旨味がしっかりとして、味が濃いです。 購入からほぼ1年、購入時に試飲した時のフレッシュ感は影をひそめて、いい感じに味がまろやかになって熟成しています。

さて、温めてみましょう。 おぉー! お燗もいいですね~ 少し高めの45℃近くまでいくと、旨味が花開くように広がります。

お値段は、4GB(720ml)で 2,100円?だったと思います。

蔵元では洞窟で貯蔵した成熟酒「熟露枯(うろこ)」シリーズをラインアップしています。

Photo_5 洞窟といっても第二次世界大戦末期に計画された戦車製造の地下工場の跡地だそうで、年間を通じ変わらない10℃前後の温度は、お酒の貯蔵・成熟には最適ということです。 toto 的には「熟露枯」シリーズの中でも特に山廃純米が好みなんです。 「熟露枯」シリーズの飲み比べなど出来たらいいですね。

ご紹介は、またいつか v(^▽^*)タノシミー

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

にごり酒(鳳凰美田)

さて、今年の「にごり酒」 は・・・ まだまだ続きますヨー!

今日のにごり酒は、栃木のにごり酒「鳳凰美田」発泡生酒・純米吟醸酒です。

Photo_2

蔵元は、小林酒造株式会社で、小山市にあります。HPはありません。

蔵元の年間生産量は500石と少ないながら、ファンが大変多い銘柄です。「鳳凰美田」のほかに「美田鶴」「鳳凰金賞」などの銘柄もあります  v(^▽^*)

お米は、若水を55%精米で使用しています。アルコール度は16-17%、日本酒度+3、酸度1.5、アミノ酸0.9です。

にごりは、底から3cmほど。開栓は、少し泡が上がってくるくらいと問題なく完了・・・ と思いきや、 (^◇^ ;)

しばらくすると瓶の底からにごりがプクプクと上に上がってきました。ちょっと危険かも・・・

少し固まり状のにごりを含んだまま、グラスに注いで飲むと、ふわふわのメレンゲのような口当たりです u(^▽^)ステキー

Photo_3 上り香は、麹の香りが混ざり、甘めの香りがします。口に含むと、甘酸っぱく炭酸のピリピリが口の中をやさしく刺激します。

含み香も基本は変わらず、美味しいです。

お値段は、4GB(720ml)で 1,575円です。

ついつい、飲みすぎてしまいます u(^¬^; )ヤバ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

栃木の地酒(鳳凰美田)

本日の一本は、栃木の地酒「鳳凰美田(ほうおうびでん)」純米吟醸・無濾過生酒・千本錦です。

Photo_2 蔵元は、小林酒造株式会社で小山市にあります。ホームページはないようです。

創業は明治5年と130年の歴史を持ち、戦時中は政府による酒造り強制廃止のため休業したそうですが、その後(昭和29年)酒造を再開したそうです。

酒銘は、この地域が昔からおいしい米の産地として、美田(みた)や豊田と呼ばれていたことと、創業当初からの酒銘「鳳凰金賞(ほうおうきんしょう)の鳳凰を取って、「鳳凰美田(ほうおうびでん)としたそうです d(゜O゜)

 ラベルには「しずく絞り純米吟醸・仕込み號 斗瓶番」の記載があります。Photo_3

「鳳凰美田」の中でも生産数量が少なく、春(生酒)・秋(火入)年2回限定の「広島産 千本錦」の春バージョンですね (ダンナ・・・もう秋でっせ!)

鑑評会出品酒と遜色ない「しずく絞り」・「斗瓶取り」・「斗瓶直詰」等の技法により造られたお酒です(おぉ!贅沢なつくりでんな~)

 お米は「山田錦」「中生新千本」を父母に広島で選抜育成された酒米「千本錦」を50%精米で使っています。アルコール度は16.0-17.0%、日本酒度+4、酸度1.5です。

 上がり香はブドウのように爽やかなほんのり甘い香りがあります。口に含むとまずすぅッと酸味がさしてから旨味と余韻にかけて甘みがわぁッと広がります。含み香はやはりブドウ系マスカットも加わったような甘めの香りがします。 

お燗にすると、旨味も増しますが、酸が前面に出てくるので、合わせるツマミにもよりますがtoto 的にはやはり冷やしていただくほうがお薦めです。

お値段は、1SB(一升瓶・1,800ml)で 3,500円 です。

このお酒、ラベルも高級そうな厚手の和紙を使っていて、いい感じです。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

新世代栃木の酒 2008

行ってきました! \(^O^ )

「新世代栃木の酒・下野杜氏・新酒発表2008・栃木の酒を楽しむ夕べ」Photo_2

4月16日に東京北区のJR王子駅前にある「北トピア」で開催されました。

Photo_5 この会は、栃木県酒造組合の「新世代栃木の酒・実行委員会」県内の有志の25蔵元が一同に会して、 各蔵元からご自慢のお酒を持ちよって栃木のお酒をもっと知ってもらおうと企画されています。Photo_7

totoは、開会前に会場に到着して早速受付を済ませ、受付で手渡されたのが、こちら → 

お弁当、出品酒の目録、そして益子焼のぐい飲み

Photo_4 美味しそうなお弁当です (^¬^  

井桁の中心には、ちょうど ぐい飲みが収まるようになっています。

宇都宮の割烹「酔心」さんによる、全12品が詰まっています。

 開会の時刻になると、会場は超満員状態(酒好きが400名ほど集まったらしい)です。

栃木県酒造組合会長のご挨拶の後、参加蔵の紹介、そして今年新たに認定された下野杜氏3名の紹介と続き、さあ乾杯です    ( ^0^)/U☆U\(^▽^ )カンパ~イ !

みなさん、早速お目当ての蔵元さんの所へ次々に向かいます。 

 会場で、隣り合わせた方とお話をすると、地元・栃木から駆けつけたということでした(地元の名士という感じのダンディーなお二人)

先月も花見の会として、同様の栃木地酒の会が地元で開催され、参加されたそうです。Photo_9

そして、今回のお弁当を用意してくれ、会場で塩むすびや太巻きをサービスした割烹「酔心」のことや(おいしそうでしたが、食べそびれました・・・)、全蔵を呑みつくすのはさすがに無理そうなので「ここだけはおさえたほうがいいよ」と、お薦めの蔵も教えていただきました。

ありがとうございます (⌒○ ⌒)

 会場の中央には、「ミニ燗すけ」の(株)サンシンのお燗コーナーがあり、参加者が各蔵のお気に入りのお酒をお燗に付けてもらっていました。

どうして、錫のチロリでお燗すると美味しくなるんだろ~?(・_・?)

toto も「錫のチロリ」欲しくなっちゃいまいました (´~`)ヾ

Ev 栃木の美味しい地酒をたっぷりと堪能できました。蔵元の方々そして実行委員会の皆様、ありがとうございます o(^▽^)o 

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

新世代栃木の酒 2008

試飲イベントのお知らせです (^O^)/

Dm1259125a01下野杜氏首都圏イベント『新世代栃木の酒』の2008年春季開催 が決定いたしました!

申し込みはこちらへ連絡して、郵送されてくる申込み用の振込用紙で、会費を郵便局から振り込みます。

.

 ★主催:栃木県酒造組合

 ★日時:平成20年4月16日(水)

 ★場所:北とぴあ(東京都北区・王子駅前)13F 飛鳥ホール

   第1部:午後2時~午後5時 (小売流通業者・飲食店対象)

   第2部:午後6時30分~午後8時30分     (一般対象)

       会費:3000円(※事前チケット制。当日券なし)

       立食パーティ形式 『栃木の酒を楽しむ夕べ』

       おつまみ形式のお弁当・益子焼ぐいのみ付

   ※第2部チケットは先着順となりますので、お早めに。

  ★テーマ:新世代栃木の酒 下野杜氏「新酒発表2008」本年度の新酒を中心に、各社の個性あふれる自信作を御披露目いたします。新たに第2期資格試験合格者3名を加え、6名となった下野杜氏。栄光のエンジ色のハンテンを目指し、ますます活気付く栃木の若手蔵人達。本年度も若手蔵人たちの手による完全手造りのイベントとなります。どうぞご期待ください。

イベント参加予定蔵元一覧

  1. 「澤姫」 井上清吉商店
  2. 「四季桜」 宇都宮酒造
  3. 「若盛」 西堀酒造
  4. 「若駒」 若駒酒造
  5. 「雄東正宗」 杉田酒造
  6. 「鳳凰美田」 小林酒造
  7. 「清開」 渡邊佐平商店
  8. 「柏盛」 片山酒造
  9. 「杉並木」 飯沼銘醸
  10. 「開華」 第一酒造
  11. 「愛乃澤」 相沢酒造
  12. 「桜川」 辻善兵衛商店
  13. 「燦爛」 外池酒造店
  14. 「惣誉」 惣誉酒造
  15. 「十一正宗」 森戸酒造
  16. 「忠愛」 冨川酒造店
  17. 「松の寿」 松井酒造店
  18. 「かんなびの里」小島酒造店
  19. 「仙禽」 仙禽酒造
  20. 「東力士」 島崎酒造
  21. 「とちあかね」 白相酒造
  22. 「池錦」 池島酒造
  23. 「天鷹」 天鷹酒造
  24. 「旭興」 渡邉酒造
  25. 「大那」 菊の里酒造               以上25蔵

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

栃木の地酒(東力士)

本日の一本は、栃木の地酒「東力士」純米吟醸生原酒・袋取り・無濾過おりがすみです。

Photo  蔵元は、株式会社 島崎酒造 で那須烏山市にあります。

この蔵の創業は嘉永2年(1849年)ということです。老舗です。

 お米は五百万石で55%まで磨いて使っています。

日本酒度は±0.0酸度1.4で、アルコール度は16-17度です。

香りは抑えられていて、味は原酒らしくしっかりとしていてやや酸が先に来ますがバランスが感じられ、食中酒としていお薦めします。

酸が来るということで、もしや・・・ ぬる燗にしてみました。

やはり、香りも甘みも出てきましたよ~ ч(´~`) うまい。

720mlのお値段は、1,575円です。

 この蔵元では洞窟で貯蔵した成熟酒「熟露枯(ろうこ)」をラインアップしています。

洞窟といっても第二次世界大戦末期に計画された戦車製造の地下工場の跡地だそうです。

年間を通じ変わらない10℃前後の温度は、お酒の貯蔵・成熟には最適ということです。

オーナーズボトル熟露枯(ろうこ)頼んでみたいものです。

みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう

↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

| | コメント (4) | トラックバック (0)