カテゴリー「群馬」の記事

2011年10月 9日 (日)

ぐんまちゃん家

先週の10月1日は「日本酒の日」ということで、日本全国あちこちで日本酒にまつわるイベントが開かれていたようです。

toto も、群馬の地酒フェアin銀座 へ行ってきました。

開催場所は、地下鉄の東銀座駅を出てすぐ前にある群馬県のアンテナ・ショップ「ぐんまちゃん家(ち)です。

Photo

ぐんまちゃん家の前ではショップのお兄さん(職員さん?)が元気に呼び込みをしています。

同じくショップのお姉さんにパンフレットをいただいて会場の二階へ・・・

Photo_2

会場には20人ほどの方が試飲をしていました。

利き酒?

会場の奥には、利き酒クイズコーナーがあり「どうぞ挑戦してみてください。」と声を架けられました。

 挑戦されたからには後へは引けません! (笑) 

   バカ舌になる前に toto も挑戦・・・ p(O ´=)オー!

最初に出されるお酒(A)と同じくものを1~5番の中から当てればいいようです。

Photo_3

では、

 最初のお酒(A)を試します。

  香り少なめながら、シッカリと旨味がのっています。。。

    もったいなけど、お吐きへ (真剣モード)

次に1番から順に試します。

明らかに違うお酒から、似た傾向のお酒まで5種類。

 でも、これを外したら (汗;)変なプレッシャーが・・・

   担当の方へ答えを耳打ちすると・・・

    ちょっと間をおいて、「大当たり~!」って

この程度ならねぇ・・・ って、急に強気になるオヤジ(内心、ホッ;)

 アル中ハイマー病の toto でも、直前の記憶は残ってる?

Photo_4

記念に、特製のぐい呑みをいた゛きました v(^▽^*)

群馬の地酒

同じ関東なのに群馬の地酒はなかなか飲む機会が無いですね。

地元中心の消費パターンなんでしょう。

300

来場しているみなさんは、試飲を終えると、お好みの群馬の地酒をお土産販売コーナーで買い求めていましたよ!

Photo_5

そして一階では、「ぐんまちゃんグッズ」をはじめ、群馬県の食材などを販売していました。

Photo_6

楽しませていただきました。 ありがとー!

お知らせ

群馬県酒造組合では、地元の高崎で「群馬の地酒フェスタ」が開催されます。

201110festa1_2

 開催日 : 平成23年10月19日(水)

 会 場  : ホテルメトロポリタン高崎

申し込みはすでに締め切られていますが、参加される方はぜひ楽しんできてくださいね ヽ(▽⌒)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

にごり酒(尾瀬の雪どけ)

先日、またカミサンとドライブ car  dash

Photo_4 休日にブログ更新をしようとしていると、どこか・ツレテケ光線を浴びせかけられます (^◇^ ;) ソコデ

神奈川のイメージの一つ「湘南」のシンボル?

先日、無事に復帰を遂げた サザンオールスターズの桑田さん の唄にも出てくる「江ノ島」にいってきました。

2 Photo_10 この江ノ島、いろんな顔があるんです。 

景勝地としての景観、ヨットがたくさん置いてあるマリーナ、地物のシラスをはじめとするおいしい海産物、そして江ノ島・弁才天(弁天様)、江島神社などなど・・・ d(^ー゜) 

Photo_8 天気の良い日には、海の向こうに富士山も望めます。

おみやげ物やさんもたくさんあります。

でも、おみやげ物で売っている海産物などの多くは地元産ではなく、安い海外さんですね d ( ̄^ ̄)ヾ(^o^; )バラスナヨ

Photo_15 Photo_7 それにしても、休日の江ノ島には多くの観光客や参拝客さんたちがきていますね。参道は大変にぎわっています。

江島神社にお参りした後、toto お気に入りの食堂へ・・・

右上の江島神社の参道手前にある鳥居の直前を左に曲がるとひなびた地元道がありその突きあたり近く右手にありる「魚料理・いのうえ」です。

Photo_11 この、いのうえは地元の食材にこだわっていて、特に海産物は100%片瀬・江ノ島で捕れたものだけです!

この生ヒジキも塩辛のイカも、

そしてこのカサゴも・・・・ って

食い終わっちゃいました (^◇^ ;)アセ

.

Photo_12 Photo_13 Photo_14

食い意地の張っているtoto 、どうしてもグルメブロガーさんのようには行きません (´▽`;)ゝ

でも美味しかった、ご馳走さま v(^¬^)

塩辛をお土産に帰ってきました。そして、開けたお酒は。。。

本日のにごり酒、群馬の尾瀬の雪どけ・純米大吟醸・生酒・袋取り槽垂れ・霞(かすみ)です。

1 蔵元は、龍神酒造株式会社で館林市にあります。

HPhttp://www.ryujin.jp/はトップページのみですが、こちらでhttp://twilog.org/RyujinShuzoつぶやいているようです v(^▽^*)

尾瀬の雪どけのにごり酒というと、3年前の toto 史上最凶暴な桃色にごりを思い出してしまいますhttp://totosake.way-nifty.com/blog/cat7739765/index.html (゚Д゚;)アセ;

その後、翌年からはいろいろと調整をして暴れなくなったようですが・・・ ~(>_<。)トラウマガ

1_3 しかし今回のにごり酒は、にごりの量がビン底に数ミリと、ほんのわずかで安心できますょ。

スペック的には、にごり酒ではなく霞(かすみ)酒となっています。

開栓も問題なくスムースに出来ます (^o^; )ホッ

21BYまでの「純米吟醸おりがらみ」の後継酒になるようですね。

お米は、山田錦を47%まで磨いた大吟醸スペックです。アルコール度16.5%、日本酒度±0.0、酸度1.4です。

いつものように、まず上澄みからいただきます。 炭酸がわずかに感じる程度でフレッシュな甘さとフルーティーな味わい、含み香には少しモロミの香りも混ざります。

続いてビン底のにごり(オリ)の部分を混ぜると、うすにごりながらも力強さが感じられ旨味がぐんと増します。

上澄みだけの場合、お燗では旨味が増してきますが、全体を混ぜた状態では少しモロミの香りが強くなるので好みが分かれるところかもしれませんね。

どちらにしても、一本でふたつの味わいが楽しめるお酒です o(^▽^)oダブル

Photo_2 そして、お値段は4GB(720ml)が1,575円、1SB(1,800ml)が3,150円と、山田錦・47%磨きのスペックからすると、すんごくお買い得ですね v(^▽^*)

同じスペックの「澄酒」も同時発売されているようで、コチラは比較的にすっきりめの印象のようです。

ちょっと甘口の塩辛とあわせて御馳走さまです (-人ー )ゴッ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

にごり酒(尾瀬の雪どけ)

春だ!花見だ!というわけで今期最後の「にごり酒」紹介                      ・・・たぶん

本日のにごり酒は、群馬の地酒「尾瀬の雪どけ」純米・桃色にごり酒です。

Photo  蔵元は、株式会社 龍神酒造株式会社 http://www.ryujin.jp/ で、館林市にあります。

東武伊勢崎線の「館林駅」から徒歩10分と、市の中心部にあります。

ホームページは、ただ今(2008.3.27)リニューアル中とのことで、暫くはトップページのみのようです。 ご了承ください 「(^^; ) スンマセン

 蔵元は市内唯一の吟醸蔵として純米吟醸を中心に特定名称酒のみを500石ほどと、極僅かに造っています。

仕込み水は、尾瀬の雪どけ水が浸透し濾過され、敷地から噴出する「龍神の井戸」を使用しています。

Photo_6 そして、機械頼にらない「伝統の日本酒造り」を名杜氏と20代の若手蔵人が中心に行なっています。

全製品の原料を平均で半分以下になるまで精米(ここ10年の平均精米率は50%以下)し、麹には酒造用の最高級米山田錦を使用しているそうです。

 今回紹介する「桃色にごり酒」は、新たな挑戦として今年初めて仕込んだ新発売の限定品だそうです。

「限定品」「新発売」などのコトバに弱いtotoは、早速購入です。

 このピンク色は、赤色酵母で仕込んだもので、一切着色していません(上澄みはほとんど透明です。上澄み少ないけど・・・)

キレイですね~ 不思議ですね~ 花見に持ってゆきたいですね~

 お米や、日本酒度、酸度、アミノ酸等は一切不明です。精米歩合は60%、1.4、アルコール度は10-11%とかなり低めです。

 今年、ブログでご紹介した以外にも多くのにごり酒を呑みましたが、「この酒、凶暴につき」 ご注意ください。

購入後、1週間ほど冷蔵庫で寝かせて、落ち着いたところで開栓しようとしたのですが、

「ぷじゅ・・・・」!Σ( ̄□ ̄;)ヤバイ

ほとんどどぶろく状態の、中身全体に炭酸ガスが広がり、ガス抜きができません。

翌日まで冷蔵庫で落ち着かせ再挑戦、

「ぷじゅじゅじゅじゅ・・・・」ガスがにごりに絡みつき、一向に抜ける気配がありません。

格闘すること30分、とうとう強行手段に・・・

噴き出すモロミを手で押さえながら、大き目のコップの中へ注ぎ込みます U\(>o<;)

 ブジュルル・・ブジュジュジュルル・・・・周り(当然、キッチンの流し)に多少飛び散るものの、なんとか開けることが出来ました ( ̄_ ̄|||)

花見に持ってかなくて、よかった~

 コップに流れ出たお酒は、大きな気泡もあり、ふぅわふわのクリームのようになっています。新感覚です。Photo_5

香りは、甘酸っぱさとお米本来の香りがします。

口に含むと、爽やかな甘酸っぱさと同時に、つぶつぶの大きな米粒が広がります。

最後に口の中のつぶつぶを噛みしめます。

ほぼモロミ状態ですので、飲み(食べ)応え十分です (^o^ )ゞ

飲み方としては、ソーダ割りやサイダー割り(スプライトが旨いそうです)で楽しめるそうですが、もう少しアルコール分が欲しいという向きには、焼酎割りもありかも・・・

温めると、基本は同じですが・・・フワフワのブクブクです  (^ー^;)

720mlのお値段は、1, 365円です。

蔵元の龍神酒造さんは、甲類焼酎の「城下町のナポレオン」大分の某焼酎に対抗しているのでしょうか)や地ビール「オゼノユキドケ」など、日本酒以外のお酒も高品質で造っています。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

群馬の地酒(浅間山)

今日の一本は・・・、群馬県の「浅間山」純米吟醸・出羽です。

Photo

蔵元は吾妻郡長野原町にある 浅間酒造株式会社です。

湯かけ祭がある川原湯温泉の近くにあります。

お米は、麹米が山田錦 掛米に出羽燦々を50%まで磨いて使っています。

酵母は協会10号系で日本酒度:+4、酸度:1.3となっています。

アルコール度は16.5%です。

東京都町田市にある有名な酒屋さんのさかや栗原でゲットしました。

「浅間山」は浅間酒造のご長男 櫻井 武 さんが出羽桜で2年間修行をし立ち上げたお酒だそうです 。

酒造米に山形の出羽燦々を使っていることが納得できました。

味わいですが、口に含むと生酒らしく、まず爽やかな酸味が感じられ、甘み、旨味のバランスがよくまとまっています。

香りは全体的におささえ気味で食中酒に向いているようです (^O^)/

お値段は、720mlで1,455円です。

 ↓↓↓ みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)