カテゴリー「富山」の記事

2009年11月15日 (日)

富山の酒とかまぼこフェア

Photo_14 11月3日は文化の日 

日本酒は日本の文化だ!

Photo_3 ということでお天気の良い休日に、有楽町駅前の東京交通会館において毎年恒例になった「富山の酒とかまぼこフェア2009」が開催されました。

格安で広く参加者を集める日本酒の会は、回数を重ねるるほど2部制になっているところが多いですね。 みんなに人気! 

ただし、参加料が10,000円以上だとさすがにセレブチックにおこなわれるようですが・・・ 貧乏toto には無縁の世界 (ToT)イッテミタイナ-

さて、毎年人気のこの会も、二部制になっています。

大盛況

Photo_4 そして、toto が参加した第一部 12階の会場前はすごい人、会場待ちの列はエレベーターホールをつきぬけて階段で階下の廊下までいっぱいに並んでいます  (^◇^ ;) ヒョェー

今年の開催が休日ということまあリ、大盛況ですね。

1 まずは、樽でもパチリ

蔵元さんブースへ

まずは、さんへ伺います。

さすがに今年の出来もいいですね~ u (▽⌒) オイシー

昨年はココ、曙さんだけだった富山県推奨の好適米「夢の香」で醸したお酒、今年は曙を含め3蔵で挑戦しているそうです。

県の推奨米のという事からすると、やや少ないイメージかな? レッツ・チャレンジ!

高澤社長の奥様のお姿が見えなかったのですが、少し遅れてお子様とご一緒においでになりました。 パパさんになられたんですね。おめでとうございます。

毎度! ヽ(▽⌒)

コチラも toto お気に入りの蔵元のひとつ、若鶴酒造のブースには、営業部のホープ 鳥田さんがいらっしゃいます。

Photo_7苗加屋(のうかや)純米吟醸の無濾過生原酒の20BY(昨年の造り)と19BY(一昨年)の飲み比べをさせていただきました。 20BYも半年以上たっていることで、落ち着きの中にもフレッシュ感が感じられます。19BYは低温熟成されたことで、もう一段まろやかさがアップしてますね~! u (▽⌒) オイシー

鳥田さんからそこで、追い討ちが!「実は試飲には出していないんですが・・・」っと取り出したのが、18BY (゜▽゜;)オォー

鳥:「お代官様、コスト据え置きデッセー」 

to:「ムムム!卑怯な! ウヌも悪よのぅ~(笑;)」

  思わず、即買いです! (´▽`;)ゝ

そうなんです、この会は試飲をしてお気に入りのお酒をその場で購入することができるんです。 

その上に、入場チケットの半券には「富山の酒 300円」「富山のかまぼこ 300円」分の割引券がついているんです d(▽^*)イイネー

家に帰ってから、じっくりと富山の酒とかまぼこを堪能できるんです。

その後も、やっぱり安心して旨い満寿泉さんや成政さんなどをまわります。

それにしても、どこのブースも混んでます。 蔵元さんもみなさん忙しそうです。

蒲鉾も

Photo_10 会場の入り口近くには、このように立派な飾り蒲鉾も置いてあります。

10社近くの蒲鉾屋さんのブースでは、各社ご自慢の蒲鉾の試食販売をしています。

Photo_15 富山の蒲鉾の特徴は、板についていないこと!?

昆布と一緒に巻き込んだ「渦巻状」の蒲鉾は有名ですね。

toto もいくつかお土産に購入します。もちろん、300円の割引チケットも利用させていただきます。

行列

Photo_8 会場内で、今年も行列を作っていたのはコチラの「おでんコーナー」

販売用のおでんのサンプルが大人気です。

小腹にも貯まるし日本酒のツマミにはいいですよね。

またその後ろ側では、錫製のぐい呑みや方口などの酒器の販売もしています。

富山でも錫器の生産は盛んなのでしょうか?

change

昨年なで参加していた三笑楽さんは、残念ながら今回欠席です。

代わりかな? 初参戦は、千代鶴さん。 小さい蔵だそうですが、なかなか良いお酒を醸しています。

地元のテレビ局も密着取材をしていました。 また、楽しみにしてますよ~ o(^▽^)o

大阪開催をアピール

Photo_11 会場入り口付近には、当会の関係者さんが数名いらっしゃってアンケートを受け付けています。

そのお一人、富山県の観光・地域振興局地域振興課の岡田氏とお話させていただきました。

この会は、やはり富山県としても積極的に後押しをしていらっしゃるそうです。心強いですよね。

そこで、いつもお世話になっている酒恋倭人さんの地元大阪での開催もしっかりアピールしておきました。 岡田氏も前向きにご検討くださるそうです。 期待しちゃいます♪

撤収

全ての蔵元ブースを回りましたが、なかなかお話もままならずちょっと残念でした (´▽`;)ゝ

時間がたつにつれ、会場も少しは落ち着いてきましたが、私も少し疲れたので終了前に会場を後にして3階にある休憩します。

Photo_12 出会い

第2部に参加される日本酒応援隊のブロガーのハツさんと待ち合わせて、少しお話をうかがう時間を作っていただきました。 ハツさんは、仕事をしながらジャーナリストを目指す学業に励んでいるそうです。

ご自身のご出身はもろ焼酎圏だそうですが、学校の発表で日本の伝統的な酒造りを選択していろいろと調べていくうちに、本物の日本酒の香りや味わい、若い蔵元さん達の新しい取り組みなどにとても興味をもたれたそうです。

若々しい感覚で、これからの日本酒を応援して行っていただきたいものです v(^▽^*)ヨロシク!

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

秋のイベント 2009

「最近、このブログってお酒の紹介が少ないんじゃない?」

「酒イベントの紹介ブログに変えたんじゃないの。。。?」

 と、ご不満の方もいらっしゃると思います o(`^´)o ブーブー 

その通りです。

美味しいお酒を飲む → ついつい飲みすぎる → お酒のコメントもつけずに酔っ払う → いつの間にか寝ている → ブログの更新はまた明日・・・ 

ってな感じで、さっぱり更新できません A ̄▽ ̄;) イカンナー

誰か、よい方法を教えてください。

 えっ?「酒を飲むな」? そうするとコメントまで書けなくなっちゃうんですよね~ (>_<) ダメダャコレ

そして、今日も他力本願・パクリの「秋のイベント特集」でごまかす toto でした (。_゜)☆\(ー_ー) エエカゲンニセェー

Photo

日本酒で乾杯推進会議のメルマガ「日本酒で乾杯メールマガジン9月号」からの情報です。

「日本酒で乾杯推進会議」総会・芸能&対談及び懇親パーティのご案内

Photo 「酒と芸能」~日本のかたち、日本のこころ~

 「日本酒で乾杯推進会議」は、文学や音楽、芸能、スポーツなどの各界の有識者で構成される100人委員会を中核に、2万人を越える会員を有しており、毎年、会員を中心に約500人が参加して、日本文化と乾杯について考えるフォーラムを行ってきました。本年も10月2日(金)に総会・芸能&対談、懇親パーティーを開催いたします。

●開催日 : 平成21年10月2日(金)
●会  場 : 東京會舘(東京都千代田区丸の内3-2-1)
       12F ロイヤルホール(総会・芸能&対談)
        9F ローズルーム (懇親パーティ)
●開催概要 : ①16:00~16:20 「日本酒で乾杯推進会議」総会
         ②16:20~18:00 対談&芸能
         ③18:15~20:30 懇親パーティ
●定  員 : 500名
●参加費 : お一人様 3,000円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本酒の日」記念振舞酒
Photo_4 10月1日は「日本酒の日」と昭和53年に制定されて以来、今年で31年目となります。この「日本酒の日」を記念して、正午と午後5時の2回、吉例の鏡開きを行い、参加者に樽酒を振る舞います。
当日は、日本の酒情報館1階正面の入り口において「四斗樽の鏡開き」を行います。各回とも先着200名様には、「2009年日本酒の日」と刻印された記念枡をプレゼントいたします。

●開催概要
●日時:平成21年10月1日(木)
     1回目は正午から、2回目は午後5時から
●場所:日本の酒情報館 東京都港区西新橋 日本酒造会館1階正面入り口
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「全国きき酒選手権大会奈良県予選会」
Photo_5 奈良県酒造組合では、本会主催「第29回全国きき酒選手権大会」(10月30日)に出場する選手を選抜するための奈良県予選会を開催いたします。
●開催概要
●日  時:平成21年9月19日(土)12:00~
●会  場:奈良商工会議所5階(奈良市登大路町36-2)
●会  費:500円(当日受付にて)
詳細につきましては、下記HPをご覧ください。
  ○奈良県酒造組合http://homepage3.nifty.com/nara-sake/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ぐっと飲ろう紀州の地酒」
Photo_6 和歌山県酒造組合連合会では、10月1日の日本酒の日に、日本酒セミナーと紀州の地酒の試飲会を開催いたします
<開催概要>
●日  時:平成21年10月1日(木)
       第1部:18:30~19:10 日本酒スタイリスト木村克己氏セミナー
       第2部:10:10~20:40 試飲会
●会  場:ホテルグランヴィア和歌山
●会  費:2,000円(税込み、要予約)
詳細、お申し込みにつきましては、下記あてお問い合わせください。
  ○和歌山県酒造組合連合会 担当:川井 ℡.073-431-2924
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Photo_2 「いばらき酒仲間の集い2009」
地酒がつくる、今日も始まる笑顔のご近所物語「ご近所酒蔵の底力」

●日  時:2009/10/03 15:00 ~  2009/10/03 19:00
●会  場:ミラマーレ水戸京成ホテル(茨城県水戸市三の丸1-4-73)
        第1部 講演会(15:00~17:00、受付14:30~) 
         第2部 試飲会(17:00~19:00、受付16:00~)

●会  費:お一人様3,000円(先着250名様)
         ・ミニきき猪口進呈・おつまみ弁当・酒蔵自慢の酒(720ml)のお土産付
●いばらき きき酒選手権大会 茨城県予選(13:00~15:00)
◎参加費無料・先着50名◎受付/12:30~13:30
申込み問合せは、 茨城県酒造組合 TEL.029-221-2698 FAX.029-224-3012 http://www.ibaraki-sake.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「やまぐち地酒維新」
山口県酒造組合では、維新の地「やまぐち」の地酒を心ゆくまでご堪能できるイベント第1回「やまぐち地酒維新」を開催いたします。
●日  時:平成21年10月4日(日)18:30~20:30
●会  場:品川プリンスホテル メインタワー(東京都港区高輪)
●参加 費:5,000円(事前チケット販売)
        *立食ビュッフェディナー、お土産付き
詳細につきましては、下記HPをご覧ください。
  ○山口県酒造組合:http://www.axis.or.jp/~y-sake/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「地酒と料理の夕べ2009」
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会では、日本の地酒と料理の祭典「地酒と料理の夕べ」を開催いたします。
Photo_8 ●日  時:平成21年10月8日(木)18:00~21:30
●会  場:ホテルメトロポリタンエドモンド(東京都千代田区飯田橋3-8-
10)
●会  費:5,500円(事前チケット販売)
詳細につきましては、下記HPをご覧ください。
○日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会
http://www.sakejapan.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2009messe1 「長野の酒メッセ2009」
長野県酒造組合では、「長野の酒、吟じます!」をテーマに県内酒蔵72社の銘醸酒600点超が味わえる「長野の酒メッセ2009」を開催いたします。
●日  時:平成21年10月15日(木)13:00~20:00
●会  場:ホテルメトロポリタン長野(長野市南石堂町1346)
●入 場 料:1,500円(割引きあり)
詳細につきましては、下記HPをご覧ください。
  ○長野県酒造組合http://www.nagano-sake.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「酒サムライ」きき酒会(一般公開)、蚤の市
日本酒造青年協議会では、我が国有数の酒どころである「京都・伏見区」の2つの酒蔵等で、全国各地の蔵元から集めた自慢の銘酒300種類を味わえるイベントを開催いたします。また、本年度は、酒蔵の秘蔵酒や販促品を販売する『蚤の市』を併催いたします。また、伏見銘酒協同組合においても蔵開きイベントを開催しています
Sake ●日  時:平成21年10月17日(土)
       10:00~15:00(受付は14:40まで、蚤の市は11:00~15:00)
●会  場:月桂冠㈱昭和蔵(京都市伏見区片原町)
       伏見夢百衆(旧月桂冠本社)(京都市伏見区南浜町)
        *2会場の間は徒歩約10分程度。参加証の提示により2会場のきき酒ができます。
●参 加 費:1,000円/人(きき猪口、出品酒一覧表付)
詳細については、下記HPをご覧いただくか、事務局までお問合せ下さい。
  ○日本酒造青年協議会:http://www.sakesamurai.jp/2009_kyoto.html 
    事務局:塚田 TEL.03-3501-0101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「富山の酒とかまぼこフェア2009」
富山県酒造組合では、「富山の海の酒、山の酒」を新鮮な海の幸であるかまぼこと味わうイベント「富山の酒とかまぼこフェア2009」を開催いたします。
20091_2

●日  時:平成21年11月3日(火・祝)
       ①13:00~15:00の部
       ②16:00~18:00の部
●会  場:東京交通会館12FカトレアサロンA(JR有楽町駅前)
●参 加 費:1,500円(事前チケット制、酒・かまぼこお買い物券付き)*当日券はございません。
詳細につきましては、下記HPをご覧ください。
  ○いきいき富山館:http://www.toyamakan.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この秋も盛りだくさんです v(^▽^*)タノシミー

って、お酒の紹介は、また後日・・・ シッカリセイ!( `_´)==C<*_+ ) イタタッ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

富山の酒とかまぼこフェア2008

Photo_3 今年も楽しんできました!

「富山の酒とかまぼこフェア2008」

Photo_4 今年(2008年)も、9月20日にJR有楽町駅前にある「東京交通会館」で開催されました。

昨日から心配された、のろのろ台風13号はこの日のために?昨夜から足早なって見事に関東地方をかけ抜け、午前中には青空も顔を覗かせてくれました。

Photo 毎年、富山県酒造組合が開催する「富山の酒フェア」。今年は4回目ということで、さらにグレードアップして「富山のかまぼこ」とのコラボレーションです。

ん~、美味しいお酒とおつまみの組み合わせ、最強タッグですね!

 参加費は1500円の前売りですが、この入場券にはお酒かまぼこ、それぞれ 300円の割引チケットが付いています。    実質、900円と激安ですね!Photo_2

 さて会場に到着すると、おぉ~すごい 人・ひと・ヒト

会場の入り口前はごった返しています。

Photo_7 ん?でも・・・半分はお隣の会場で開かれているバーゲン目当ての方々のようです (^◇^ ;)エガッタナ   それでも、年々参加者が増えていますね (^o^ )

みなさん、おいしいものには敏感ですね~。

Photo_9 会場の入り口でチケットを確認していただき「TOYAMA」をアピールするパンフレットと一緒に富山のミネラルウォーター、そして「とやまの酒」の名入り特製グラスと今日集まったお酒とかまぼこのリストをいただきました。結構なボリュームです ('◇'*)

 では、どちらの蔵元さんから伺おうかな~っと、パンフレットの会場案内図を見ていると、お声をかけられました・・・ん?

そこには先日、若手の蔵人の会「第二回若手の夜明け2008」でお会いしたアメリカのサンフランシスコでいち早く日本酒を紹介して、広めた日本酒専門店「TrueSake」の miwaさまが、「来ちゃいました」っとニコニコと素敵な笑顔でいらっしゃいます (⌒▽⌒)/ ハーイ

ブログ&メールでは、toto の勘違いでご迷惑をおかけしたにもかかわらず、m(T-T)m ゴメンナサイ

この会を教えていただいてよかったわ。会場もわかりやすくて、すぐこれました ❤」っと喜んでいただけました。喜んでいただけてtotoも幸せです (=´∇`=)    いい、みやげ話になればな~っと思います。

 ではtoto も、会場に溶け込んで楽しませていただきますか~

Photo_10 まず、はじめのブースは以前に toto ブログにもご登場ねがったオレンジ色のにくい奴、「三笑楽」さんです。

お写真は「三笑楽」の杜氏(次期当主)の山崎英博氏です。  世界遺産にも指定されている、県内でも屈指の豪雪地帯「五箇山」からエントリーです。 ん~、今年もしっかりとした味わいのいいお酒です。

Photo_11 コチラは、おいしいお魚が水揚げされる氷見漁港の近くにある「高澤酒造場」が醸す「曙」です。

お写真は昨年に引き続きご登場をお願いする、七代目蔵元兼杜氏の高澤龍一杜氏ご夫妻です。  昨年とは法被(はっぴ)の色が違っているような気がします。おしゃれです ( ^ー゜)b

今年はなんと、富山県の最新・高級酒米「富の香(とみのかおり)富山酒69号)を、ほかの蔵に先駆けて使ったお酒をもってこられているとの情報をもとに突撃取材です。

「新しい酒米で、まだまだ試験的ですがいい感触があります。大切に育てて生きたいと思います。」とのこと、toto も試飲をさせていただくと・・・、いい感じですね~ d(>_・ ) グッ 

toto は、即ゲットしちゃいました o(^▽^)o

この催しでは、蔵元さんが持ちよってきたお酒を試飲して、その中からお好みのお酒をその場で直接販売していただけるんです。

2_2 この形式は、私たち参加者も楽しみにしてますし、蔵元さんも売り上げという形で、直に消費者の反応が伝わってる、とても良いかたちではないでしょうか?

 toto もこの日、気に入ったお酒を(かなり迷いましたが・・・)数本セレクトして購入させていただきました ((* ̄ー ̄))ノ楽・タノシミ!

ほかにも、全部で15蔵が参加されていて、どれも美味しく味あわせていただきました。

お写真も撮らさせていただいたのですが、上手くメモリーできなかったようで、ご紹介できなく大変失礼しました (ToT)>゛スミマセン

どうも、後半はダメダメですね~ (。_゜)☆\(ー_ー) 懲りんな~

  • 黒部峡 : 林酒造場1_2
  • 幻の瀧 : 皇国晴酒造
  • 銀盤   : 銀盤酒造
  • 北洋   : 本江酒造
  • 満寿泉 : 桝田酒造
  • 風の盆 : 福鶴酒造
  • おわら娘: 玉旭酒造
  • 羽根屋 : 富美菊酒造
  • よしのとも:吉乃友酒造 2_3
  • 曙   : 高澤酒造場
  • 勝駒  : 清都酒造場
  • 苗加屋 : 若鶴酒造
  • 成政  : 成政酒造
  • 若駒  : 若駒酒造場
  • 三笑楽 : 三笑楽酒造

そして、忘れてはならないのが「かまぼこ」 見事な細工かまぼこ

  • 生地かまぼこPhoto_3
  • 梅かま
  • 滑川蒲鉾
  • 河内屋
  • 麻善蒲鉾
  • 天野屋蒲鉾店
  • 女傳商会
  • 新湊かまぼこ
  • 上久

こちらも、富山県蒲鉾組合から9社が出店され、参加されたみなさん「旨い、おいしい」っと、いろいろな種類の蒲鉾を楽しんでお土産にしていました。

toto も、某蔵元さんお薦め蒲鉾屋さん(おでんのサービスが大人気)のブースで、おいしかった焼き角?と、赤巻かまぼこを購入させてもらいました ヾ(^¬^; )ツマミヨーッシ!

  また今日は久しぶりに、日本酒写真家の鈴木潤氏ともお会いできてお話させてもらいました。

これから蔵元さんと同様に、忙しい季節を迎えるようです e(^。^)9ガンバッテクダサイ

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

秋のイベント2008 (その一)

Photo_4  まだまだ、暑い日が続いていますが、9月に入ると、ひやおろしのお酒が出回ってきます。少し涼しくなった夕べに、中秋の名月(十五夜さま)を眺めながら「月見酒」なんて、風情 がありますね ч(´~`)

 現在オリンピックが開催されている中国では、奇数は縁起のよい「陽の数」とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」の節句としてきました。そして、この重陽の節句(旧暦の9月9日)に長生き効果のあるという「菊の花の酒」を飲みかわし無病息災と長寿を願ったそうです。

これにちなんで、9月9日は「ひやおろしの日」なんです。

毎年、春に絞られた新酒は、しぼりたての香りやフレッシュな味わいが魅力ですが、時に荒々しさが残ったり、酸味が強く出ることもあります。それを約半年間熟成させることで味に円(まろ)やかさと丸みが出て、酒の旨味が増します。ひやおろし「秋あがり」「秋晴れ」とも呼ばれ、お酒が熟成して旨味がますことで古くから親しまれてきました。

 そして、この時期はいろいろな美味しいお酒のイベントが日本各地で開かれます。ということで、9月に行われる「お酒イベント(上の巻)をご紹介させていただきます。

第11回 静岡県地酒まつり in TOKYO 2008

   開催日:2008年9月7日 13:00 ~ 16:00  

  前売りのみ   でも・・・(8月上旬に完売) (>_<) ザンネン

次!

広島渾身の地酒 「やっぱり酒は広島じゃけん!」

  開催日: 2008年9月10日(水) 12:00~16:00

  会 場 : 銀座フェニックスプラザ 入場料 : 500円

  主 催 : 広島県酒造組合 【 広島研酒会 】

  対 象 : 酒類流通業者及び飲食店のみ対象                 ・・・ (TヘT ) コレマタ、ザンネン!

次々!!

富山の酒とかまぼこフェア2008 

Photo  今回は、大好評の富山の酒の試飲・販売会に加え、お酒の肴にぴったりの富山のかまぼこの試食・販売会もあるようです。

日 時 : 9月20日(土)  ①部  13:00~15:00                            ②部  16:00~18:00

場 所 : 東京交通会館

入場料 : 1,500円(事前チケット販売のみ) 割引クーポン券付き!

主 催 : 富山県

共  催  : 富山県酒造組合、富山県蒲鉾組合

1_22_2   今年は、前売りチケットのみのようです、チケットはお早めに!! いきいき富山館にて チケット好評販売中!  (゜▽゜;) オオッ、ヨカッタ!

詳しくはこちらで、http://www.toyamakan.com/

そして、

2008千葉の酒フェスタ~千葉の地酒を楽しむ夕べ ~in Makuhari~

Photo_2  幕張の海風を頬に感じながら、千葉県の20余の酒蔵から150種類以上の銘酒が集結して楽しめるようです。また、当日はお酒の販売もあるそうです。

開催日 : 平成20年9月26日(金) 午後5時30分~9時30分

場 所 : ホテルニューオータニ幕張 パティオ(屋根付きガーデンスペース)

入場料 : 2,000円(要・事前予約) お土産(300mlの地酒1本ほか)

Photo_2 詳しくはこちらから、http://www.chiba-sake.jp/festa/

こちらも、間に合いそう! ヽ(▽⌒)  ヨカッター!

  10月以降も 楽しみな会が続々と行われます。

詳細はまだ決まっていないイベントもありますので、近々(下の巻で)お知らせします。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

富山の地酒(三笑楽)

本日の一本は、富山の地酒「三笑楽(さんしょうらく)」純米酒です。

Photo  蔵元は、三笑楽酒造株式会社でホームページは現在トップページだけのようです)南砺市にあります。

この蔵元は、県西部の石川、岐阜との県境にある富山五箇山にあります。

この地域は、世界遺産に指定された「掌造り集落」が脚光を浴びている山深い里です。

 三笑楽は「村の酒」をうたい、年間生産石数のうち9割が一般酒を主体にしていて、特定銘柄(純米や吟醸など)のお酒は1割程度しか醸していないそうです。今は若干県外にも出回るようになりましたが、やはりなかなかお目にかかれませんね。

 使用しているお米は、五百万石を65%まで精米して使用しています。アルコール度は15-16%(毎年お米や精米歩合などが変わっているようで、今年は多分、日本酒度:+4.0、アミノ酸度:1.6、酸度:1.8、)です。

 上り香りは独特の香り(なんだろ~?若草?スモーク?複雑です)があり、口に含むとやや酸がきてから旨味がふゎっと広がります。しっかりとした米の旨味とバランスのいい旨味がさらっと喉もとに消えてゆきます。

強い主張はないので、すいすい呑めて食中酒としてよろしいかと思います。

お燗にしても基本は変わらず、いろんな温度でたのしめま~す ч(´~`) 

 720mlのお値段は、1,300円です。

今日の一本は、10月に行われた「富山の酒フェア」で手に入れました。三笑楽は、富山県のアンテナショップ「いきいき富山舘」でも数種類が入手できる(ことがある)ようです (´▽`;)ゝ

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

富山の地酒(若鶴・苗加屋)

本日の一本は、富山の地酒「苗加屋」純米吟醸・無濾過生原酒です。

Photo  蔵元は、若鶴酒造株式会社 で、チューリップ栽培で有名な 砺波(となみ)市にあります。

蔵の創業は文久二年(1862)で、「苗加屋」は蔵の創業者の屋号から付けたそうです。

主流銘柄の「若鶴」は火入れしてあるのだそうですが、「苗加屋」は無濾過生原酒の限定銘柄になっています。

 お米は、山田錦を100%使用して、精米歩合は55%です。アルコール度は17~18%、日本酒度+1.5、酸度:1.6で、1401号酵母を使っています。

 上り香りは穏やかなフルーツ香があり、口に含むと先ず上品な甘みが感じられ、次いで原酒らしくしっかりした酸味、旨味が押し寄せてきます u(^o^)  

含み香はやはりフルーツ系の上品な香りです。呑み干した切れ口は甘さに見合わずにすっきりとしています。

この一本は、10月12日に開かれた「第3回 富山の酒フェア」で手に入れたお酒です。

このお酒、かなりtoto好みのため、あっという間に呑みきってしまい、お燗にしている余裕はありませんでした・・・(笑) ザンネン!!

720mlのお値段は、1,500円とお買い得です。

みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう !

↓↓↓ ランキングに参加していますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

第3回 富山の酒フェア

行ってきました〜 ( ^▽^ )/  第3回「富山の酒フェア」

この日(2007年10月12日)は有楽町の 「ITOCiA」 のオープンと重なり、有楽町駅は大変にPhotoぎわっていました。

今日の会場の東京交通会館には、7つの県の東京事務所やアンテナショップがテナントとして入っています。

会場のグリーンルーム前には12時のオープンに合わせてたくさんの酒好きが集まっていました。

totoは、去年についで2回目の参加です。受付で会費200円を支払い、試飲グラスを受け取り会場入りしました。

先日の地酒イベントで見かけたお姿が・・・っと声を掛けたのは、日本酒写真家の鈴木氏です。この時期は、やはりイベントで忙しいようです。

Photo_9 今日のイベントでは、なかなか手に入りにくい個性的な富山の15の蔵元 が「秋あがり・ひやおろし」を中心に自慢のお酒を持ち寄って、試飲&気に入りれば購入もできるのです。

【参加蔵元】 黒部峡〔林酒造場〕、幻の瀧〔皇国晴酒造〕、銀盤〔銀盤酒造〕、北洋〔本江酒造〕、満寿泉〔桝田酒造店〕、風の盆〔福鶴酒造〕、おわら娘〔玉旭酒造〕、富美菊〔富美菊酒造〕、吉乃友〔吉乃友酒造〕、曙〔高澤酒造場〕、勝駒〔清都酒造場〕、若鶴〔若鶴酒造〕、成政〔成政酒造〕、若駒〔若駒酒造場〕、三笑楽〔三笑楽酒造〕

Photo_8 totoもいろいろ試飲させていただき迷ったのですが、曙、若鶴 、三笑楽 の三本を購入しました。インプレッション報告は、また後日ゆっくりとさせていただきます。Photo_7

帰りがけに、地下1階にある富山県のアンテナショップ「いきいき富山舘」で、氷見漁港か ら直送された新鮮な魚たちのお刺身と地元のおつまみをゲットして、帰路につきました。

来年も楽しみにしてますヨ〜 (^-^)v

↓↓↓  ランキングに参加していますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

富山の地酒(曙)

本日の一本は・・・、富山県の「曙」純米酒「氷見初嵐(ひみ・はつあらし)」です。

Photo_2   いきなりマイナーな銘柄ですいません。でも、美味しいです。

5月10日に行われた、日本吟醸酒協会の「2007吟醸新酒祭」の帰りに、開催会場(東京交通会館)の地下にある富山県のアンテナショップ「いきいき富山舘」で入手した一本です。

富山県の漁港、氷見市の小さな蔵元(高澤酒造場)ですが、しっかりとした造りで、私の最近のお気に入りの蔵元です。一般にはほとんど出回っていないと思います。

20070520jpg アバンギャルドなラベルですが、バランスの取れた味で、食中酒としてお勧めできます。

富山県は、個性的な蔵元が多く、今後も要チェックしてゆきたいと思います。

「いきいき富山舘」のお酒担当の方・・・大谷さんでよろしかったでしょうか?(すでに出来上がっていて、お名前が・・・素敵な奥様って感じの方です)いろいろと教えていただきありがとうございました。また、寄らせていもらいます。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)