カテゴリー「新潟」の記事

2011年6月 6日 (月)

新潟の地酒(上善如水)

我が家のキュウリちゃんは、1週間で花も萎みカラダは少し大きくなり収穫が楽しみになってきました  o(^▽^)o ワクワク

Photo         現在、体長:5cm、太さ:7mm くらいかな・・・

さて、先週末に早く帰ることが出来たので駅ビル内をちょっとぶらぶらしていて、テナントの酒屋さんの前を通ると、んっ・・・?

半額以下! の POP に目が止まりました。

マイナーな普通酒かな? っと手に取ると・・・

1_2 ややゃ、新潟の地酒「上善如水(じょうぜんみずのごとし)ではないですか!

上越新幹線でトンネルを抜けると、そこはスキーリゾートの広がる

南魚沼郡は湯沢町にある白瀧酒造 http://www.jozen.co.jp/top/Default.asp が蔵元なんですね。

白瀧酒造が仕掛ける「12ヶ月の上善如水」3月・花見酒バージョン がコレになるようです cherryblossom http://www.jozen.co.jp/top/catalog2011.htm cherryblossom

12

良い企画ですね~。

But! しかし! だが!

リスクが大きかった A ̄▽ ̄;)

このお酒にも不幸をもたらした 3.11 東日本大震災

日本全国、自粛ムードに包まれて お花見どころではなくなってしまった。。。

当然、日本酒全体にも販売への影響が出たのですが

なんせ、このボトルですからね~

1_3

とってもオシャレでかわいいサクラの模様が酒瓶に直接プリントしてあります。

日本全国のサクラも終わってしまいましたからねぇ~、売れ残っちゃったんですねぇ~、きっと。

それも想像するに 大量に !Σ( ̄ロ ̄lll) ドゥショ

Photo_2

てなことで蔵からか、はたまた問屋さんからかは判りませんが、ほぼタダ同然で出てきたのでしょう。

白瀧さんのお酒は久しぶりです。試飲会などでは何度かいただいてはいるのですが、最近はお酒の性格付け、バリエーションも豊かになっているようです。

Photo_3

店頭に並んでいる状態のまま、ひや(常温)でいただきました。

昔は蔵元独特の香りがあったのですが白瀧香は感じられず、香り抑え目です。

ほのかに良い熟成の香りがあります。 ひねた感じはまったくありません。

飲み口はすっとしているのですが、酒質はしっかりしていて飲み疲れない感じですね。

さすが、旨いです。 お酒のスペックは・・・

・特定名称 純米吟醸酒
・日本酒度* -2
・アルコール分 16度以上 17度未満
・酸度* 1.7
・アミノ酸度* 1.4
・原材料名 米、米こうじ
・酒造米*

麹米:

五百万石

掛米:

こしいぶき、越路早生
・精米歩合

麹米:

60%

掛米:

60%
・使用酵母* K-701 K-1401
・味わい 濃い
・香り 穏やか
・甘辛 中口
・おすすめの飲み方 冷◎ 室温○ 温燗○
・おすすめの料理 ・ロールキャベツ
・春野菜のサラダ
・希望小売価格(税別) 1800ml  \2,591
720ml  \1,300
300ml  \543

お酒と向き合って 「おまえも苦労したんだなぁ~」 としみじみ思ってしまいました。

定価のお値段で、決して高くない買い物ですよ ヾ(^◇^ ;)

  見かけたらどうぞ試してみてくださいね。

もちろん、半額なら即買いですよ v(´▽`;) ラッキー

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ドックと富士山と八海山と

先日、新年早々に人間ドックに行ってきました。

ドックの前日は、PM 9:00以降 飲食禁止 なのですが・・・

Photo_6 帰宅したのがPM 9:00ですから、一切気にしないでどんぶり飯と正月の残り「田酒」を少しだけ楽しんでPM10:00に断食に突入します。

といっても、明日の昼まで・・・ v(^▽^;)ネッ

年末からの暴飲暴食がたたって、メタボ体型になっていますからちょうどいいですね。

数年前に仕事が超多忙で、ドック当日の午前0時ごろ帰宅し、でもしっかり飲み食いした経歴がありますので、消化の早さには自信があります  (。_゜)☆\(ー_ー) ダメジャイ

  よい大人はマネをしないで下さい!!!

3 青空の下、職場近くの検診センターで受診します。

今年は、胃のレントゲンはパス! だって、あのバリウム&発泡剤が苦手なんです・・・ d ( ̄^ ̄)ヾ(’o’; )ダメダッテェ

  よい大人はマネをしないで下さい!!!

あとで、カミさんにバレてきっとお仕置きですね shock

さて、受付を済ませて、身長&体重測定です。

「身長***cm、体重**Kgですね」って、ヤッパリ 3kg以上お肉がついていました(照;)

胃のレントゲンを受けなかったこともあり、予定より早くすんなりと終了 (ーoー)ホッ

昼過ぎには自宅へ帰えってきました。

胃のレントゲンをパスしたお仕置きをされる前に、カミさんサービスを・・・

車で一緒に、久々の(10数年ぶり?)津久井から道志村を抜けて富士五湖の一つ「山中湖」へドライブ。

なぜか最近になって、この道が思い出されて 富士山 を見に行きたくなっていたんです。

昔は、すんごい超・ガッタガタだったこの道ですが・・・ 2_3 って、30年前の話ですけど(汗;)

とても良い道になっているのにビックリです。 

久々にワインディング・ロードのコーナリングを楽しみました。

途中には「道の駅」なども出来ています。

Photo_2 2

山中湖に抜ける峠を越えると、目の前に雄大な富士山が飛び込んできました。

湖畔に車を止めて、写真をパチリ shine

いやぁ~! やっぱり富士山はいいなぁ~~

2

帰りは籠坂峠を抜けて、御殿場から東名高速で帰ってきました。ここが、根性無しのオッサンたる所以ですね

家に帰って、撮ってきた富士山の写真をながめつつ、八海山・純米吟醸・生原酒で一杯。 これまた、オッサン(汗;)

Photo 本醸造の青文字「越後で候」は去年からありますが、今年から待望の純米吟醸 赤文字「越後で候」が発売になりました。

お米は、麹米に山田錦、掛米に五百万石を50%精米で使用しています。アルコール度18%、酵母は協会701号とM310を使っているようです。

Photo_2 生原酒の割には、けっこうあっさりとした飲み口ですね。スイスイといけます。

お値段は、4GBで1,835円、1SBが3,670円です。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

新潟の地酒(村祐)

Photo_2 先日お伝えした、惑星探査機「はやぶさ」が見事にミッションを成功させて燃え尽きたようです。 はたして、おつかいの品は持って帰れたのでしょうか?

今回のイラストは「う」さんの作品で大人気だそうです(拝借)。

K10050871411_1006140438_100614044_3 それにしてもアッパレれな最期! 拍手を送りたいと思います。動画はコチラで

http://www.youtube.com/watch?v=1Uu5ZA6e7GE&feature=related

さて本日の一本は新潟の地酒、村祐(むらゆう)・純米うすにごり・活性生酒です。

Photo 蔵元は、村祐酒造株式会社 で新潟市の秋葉区にあります。

創業は、昭和23年で「花越路」「常盤松」の銘柄の醸造元ですが、現・代表取締役村山健輔氏が平成14年に「村祐」ブランドを新たに立ち上げたそうです。

事故?

酒販店さん情報によると火入れの作業中にトラブルがあり、火入れ管の中でお酒(純米吟醸?)がストップしてしまい、村祐ブランドとしての出荷が出来なくなってしまったそうです。

ただでさえ造りが少なく人気銘柄なのに、今年はますます入手困難になってしまいそうですね。

そんな事故の中何とか無事に残ったタンクのお酒に澱を混ぜたスペシャルな一本になります。たぶんスペック的には純米吟醸酒になると思います。

Photo にごり

にごりの量は、ビン底から 2-3cmほど溜まっています。

開栓注意の文字が、それも一升ビン・・・ 危険な香りが漂っています。

Photo_2 勇気を振り絞り、細心の注意をはらって口金を切り、酒蓋をゆっくりとずらしてゆきます。

が、以外にも何事も無く開けることが出来ました ( ̄▽ ̄;)ホッ

このお酒のスペックは、アルコール度16%、以上です。他はすべて封印されています。これが村祐ですね v(^▽^*)

まず、上澄みだけをグラスに注ぐと微発泡がありますね。味わい的には特徴的な酸味が強く感じられます。辛口のワインのような感じでしょうか。

今度は澱の部分も全体を混ぜてみましょう。口に含むと微発泡が気持ちよく、優しい甘みと旨味が広がり、後口にかけて少し渋味と引けにかけて独特な酸味が感じられます。このほうがバランスがいいですね。 含み香には澱の部分からくるモロミの甘い香りがしてきます。

お燗

これまた、温めてみます。 ゆっくりと温度を上げてぬる燗ほどになると、この特徴的な酸が ほんわか といい感じになってきます。

もう少し温度を上げてゆくと、逆にこの酸が強く出すぎてきます。 ぬる燗までが良いようです。

お値段は、1,800ml(1SB)で3,000円ジャストです。

数日おいて試してみると、かなり酸度が上がってきていて味わいに変化が出ています。生酒は本当に生きのもなんですね。

Photo_3 明日は・・・

さて、6月に入り「はやぶさ」だけではなく、サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会の開催と日本チーム(侍ジャパン)の勝利、そして入梅といろいろな話題が次々に挙がっています。お酒業界では、明日(もう今日)池袋サンシャインシティーで毎年恒例の国内最大のSAKEイベント「日本酒フェア・2010」が開催されますhttp://www.japansake.or.jp/sake/fair/index.html

今年も、幸運な toto は参加することが出来ます。 明日のために今日は休肝日で備えます o(^▽^)o楽しみ~♪

レポートは、いつになることやら_〆(。。)カキカキ

当てにしないでお待ちください。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

新潟の地酒(鶴齢)

本日のお酒は、toto の兄じゃから新潟土産で頂きました。

新潟の地酒「鶴齢(かくれい)」特別純米・山田錦・無濾過生原酒

蔵元は、青木酒造株式会社 http://www.kakurei.co.jp/index.shtml で南魚沼市の塩沢にあります。

2_2 創業は1717年(享保2年)と、300年近く絶える事なしにお酒を醸し続けてきた歴史のある老舗です。 

蔵元では、「雪国ならではの味の発信」「米のもつ特徴をとらえた酒造り」を目標に掲げて、淡麗辛口が多い新潟の酒の中で、酒本来の旨みを残した酒造りを目指し、手造りに徹したこだわりをもって約2,000石の酒造りをしているそうです。

酒銘の鶴齢(かくれい)は、江戸時代後期・塩沢出身で、雪深い魚沼の生活を全国に紹介した北越雪譜(ほくえつせっぷ)を世に送り出した鈴木牧之(すずき ぼくし)がつけたと伝えられているそうです。

さて、今回ご紹介する純米無濾過生原酒の鶴齢は、全国でも限られた特約店のみに蔵出しされる限定醸造の人気シリーズで「美山錦」「越端麗」そして「山田錦」の三種類のお米違いがあるそうです。

お米は、山田錦を55%精米で使用しています。アルコール度17-18%、日本酒度+1.0、酸度1.8、アミノ酸1.3で、協会701号酵母を使用しています。

上立ち香は、ほとんど感じられませんが微かに酸?、口に含むとしっかりと爽やかな酸味がきて、旨味がじんわりと広がります。旨味の濃度もしっかりと感じられますね。喉ごしのキレは、これまたさっぱりとした酸味が味を引き締めてくれます。Photo_3

含み香も新酒らしさのある爽やかさがありますね、ほのかな甘い香りとしっかりとした酸が香ってきます。

印象は、フレッシュ & どっしり ! とても満足できるお酒でした。

お値段は、4GBで1,680円、1SBは3,360円です。

兄じゃ、おいしくご馳走になりました v(^▽^*)

お・ま・け

青木酒造の創業の前年(1716年)には、TV時代劇シリーズ「暴れん坊将軍」で有名な徳川吉宗が将軍になり、大岡越前守忠相南町奉行に就任したのがちょうど創業と同じ1717年になるそうです。

Photo_3Photo_4 

江戸町火消し「いろは48組」の編成、目安箱の設置、小石川養生所の開所や米価や物価の安定政策、貨幣政策なども行なわれた「享保の改革」が推進された、まさに江戸中期の大改革の時代だったようです。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

イベント情報

日本酒で乾杯推進会議 http://www.sakedekanpai.jp/ からの 「日本酒で乾杯」メールマガジン 2009年2月号 でイベント情報が届きました。

  • 「新潟淡麗 にいがた酒の陣2009」
  • 「酒器と共に楽しむ、日本酒を味わう会」
  • 「愛知の地酒を楽しむ会」
  • 「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2008」

イベント @ 新潟━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 新潟淡麗 にいがた酒の陣2009
すっかり恒例となりました「にいがた酒の陣」。今年も新潟県酒造組合によ
り、出展酒蔵の日本酒約500種類が試飲等ができる「にいがた酒の陣」を開催
いたします。
<開催概要>
日  時:平成21年3月14日(土)・15日(日)2日間
10:00~18:00(但し、15日は10:00~17:00)
会  場:朱鷺メッセ「ウェーブマーケット」(新潟県新潟市中央区)
入 場 料:無料(但し、試飲チケット2日間有効2,000円)
事前申込の必要はありませんので、当日直接お越しください。なお、試飲チ
ケット前売券(1,500円)発売中です。詳細につきましては、下記HPをご覧
ください。
http://www.niigata-sake.or.jp/sakenojin/

イベント @ 東京━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「酒器と共に楽しむ、日本酒を味わう会」
日本酒造組合中央会では、「酒器と共に楽しむ、日本酒を味わう会」の参加
者を募集しています。
<開催概要>
日  時:平成21年3月18日(水)
11:00~13:30頃まで
会  場:日本の酒情報館4Fホール(東京都港区西新橋)
受 講 料:3,000円(税込)
申込期限:3月9日(月)まで
申込み及び詳細につきましては、下記HPをご覧ください。
http://www.japansake.or.jp/sake/event_j/event_50.html

イベント @ 名古屋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「愛知の地酒を楽しむ会」
愛知県酒造組合では、優れた愛知の地酒を愛知の郷土料理と共にお楽しみい
ただけるイベントを開催いたします。
<開催概要>
日  時:平成21年3月18日(水)
18:00~20:00
会  場:ホテルキャッスルプラザ(名古屋市中村区名駅4-3-25)
会  費:5,000円(税込)
申込締切り:3月10日(火)
事前申込み及び詳細につきましては、愛知県酒造組合にお問合せください。
○愛知県酒造組合
TEL.052-451-8211
FAX.052-451-8212

イベント @ 東京━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2009」
こちらも恒例となりました、栃木県酒造組合による、熱き25蔵の個性あふれ
る自信作をお披露目する「下野杜氏 新酒発表2009~栃木の酒を楽しむ
夕べ~」を開催いたします。
<開催概要>
日  時:平成21年4月15日(水)
     第一部13:30~16:30(酒販店、飲食店様対象のきき酒会)
     日本酒セミナー17:00~18:00(自由参加)
第二部18:30~20:30(一般の方対象の栃木の酒を楽しむ夕べ)
会  場:北とぴあ13F飛鳥ホール(東京都北区王子)
事前申込みの必要があります。詳細につきましては、下記HPをご覧くださ
い。
http://sasara.lib.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

toto は、「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2009」に参加を予定しています v(^▽^*)タノシミー

そして、明日は「秋田の酒を楽しむ会」に参加してきます o(^▽^)oワクワク

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月31日 (月)

新潟の地酒(越後鶴亀)

本日の一本は、新潟の地酒「越後鶴亀」純米吟醸・あらばしり・生原酒です。

Photo_9  蔵元は、上原酒造株式会社 http://www5d.biglobe.ne.jp/~u-sake/ で、西蒲原郡巻町にあります。

 蔵の創業は明治23年(1890年)です。5代目蔵元の上原誠一郎氏は、東京芸大卒でイタリアに渡り、俳優や演出家としてヨーロッパを中心に公演活動をしていた芸術家ですが、跡継ぎの道をえらばれたそうです。人生いろいろですね~

蔵では、県内最年少の杜氏・藤田氏(なんと20歳代)と高橋氏の若い両杜氏体制で酒造りが続けられている。

 「鶴亀」とは実にめでたいネーミングで、原色使いのゴージャスな特徴的ラベルとともにPhoto_8 一度見たら忘れられない銘柄です(普通の筆文字のラベルも一部ありますが・・・)

横尾忠則氏デザインによるラベルシリーズもアバンギャルドでかなりいってますヨ~ o(^▽^)o  

 使用しているお米は、五百万石を55%まで精米しています。アルコール度は18-19%、日本酒度:+4.0、酸度:1.4です。

上り香りはほのかに、丸みのある甘い香りがします。口に含むと生酒らしい酸味と原酒らしく、とろっとした旨味が広がります。含み香も上品な甘い香りがします。

冷やしても常温でも、お燗にしても温度でそれぞれ違った顔をのぞかせた旨味が味わえます ч(´~`)。 

720mlのお値段は、1,575円です。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

新潟の地酒(想天坊)

今日の一本は、新潟の地酒「想天坊(そうてんぼう)」特別純米酒・瓶囲い生です。

Photo  蔵元は、河忠酒造株式会社 で長岡市にあります。

河忠酒造の創業は、明和二年(西暦1765年 江戸時代)の老舗で「想天坊」のほかにも伝統的な「福扇」などを醸しています。

酒の銘である「想天坊(そうてんぼう)」の由来は、地元「長岡みしま」の昔話に出てくる狢(むじな)が住む伝説の山の名前です。

また、「想天坊(そうてんぼう)」という名前に「蔵人の想いと、天の恵みで醸した酒」というメッセージが込められているそうです。

 お米は、地元産のこだわり米「高嶺錦」を麹米55%、掛米60%まで磨いています。

「高嶺錦」は「亀の尾」の孫に当たる古い新潟の品種で、2000年1月、河忠酒造の若き後継者である「河内忠之氏」と越後流の第一人者である「郷良夫杜氏」によって復活させ「想天坊」という新銘柄を誕生させたそうです。

アルコール度は15~16%です。

香りは微かで、味は甘さがありバランスよく呑み飽きのしない味で、食中酒としてお薦めします。

特にぬる燗にすると、味のふくらみが増しこれもまた美味しいです。

720mlのお値段は、1,520円です。

みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう !

↓↓↓ ランキングに参加していますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

新潟の地酒(村祐)

今日の一本(二本)は・・・、新潟県の「村祐(ムラユウ)」無濾過本生です。

Photo    蔵元は、村祐酒造株式会社で新潟市内にあります。

  村祐酒造は、生産石数200石という非常に小さな蔵元です。以前に杜氏さんが病気で引退され2年間休業されていたそうですが、専務の村山健輔氏が東京農大卒業後、他の酒蔵で一年間酒造りの修行をされ「村祐」という新銘柄を平成14年に立ち上げたそうです。酒質は和三盆糖という高級な砂糖をイメージして研究してきそうです。

 アルコール度は16~17%ですが、 お米は?、日本酒度、酸度、酵母その他、一切不明です。

 数字にとらわれないで楽しんで頂きたいとの思いがあり、データは非公開担っているそうです。

Photo 茜ラベルは、特別純米ということで精米は65%くらいかな?

香りは抑えられていて、味は酸味と甘み(旨味)のバランスが素晴らしいです。

Photo_3 常磐ラベルは、純米大吟醸ということで精米は50%くらいかな??

こちらも香りは抑えられています。味は、上品な甘み(和三盆糖?)が感じられ、甘めのお酒が好きなtotoとしては好みです。

 720mlのお値段は、茜ラベル1,260円、常磐ラベル1,575円です。お買い得(^-^)v

 「村祐」は40石弱しか造られていないお酒で人気銘柄となりなかなか入手しにくくなっているようです。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

新潟の地酒(〆張鶴)

本日の一本は・・・、新潟県の「〆張鶴」純米吟醸です。

2_3   新潟の有名な地酒ベスト5には必ず登場する銘酒です。

蔵元は、村上市にある宮尾酒造株式会社です。

村上市は、皇太子妃雅子さまの実家、小和田家の本籍地としても知られています。http://www.city.murakami.niigata.jp/somu/cm/

皇太子との御成婚当時(平成5年)は、ただでさえ手に入りにくいお酒だったのに、ほとんどお目にかかれなくなった記憶があります。

酒造米は五百万石100%で、精米歩合は50%と大吟醸と表記できるほどお米を磨きこんでいます。アルコール度は15%です。

このお酒は、以前はほとんど「水の如し」というスッキリとした味わいだったと記憶していますが、最近は旨味のふくらみも加わったように感じます。

なかなか手に入りにくい人気のある地酒ですが、最近このお酒を常備してくれる販売店を見つけました(´o`)v やったね!

定価は 1,512円ですが 1,669円と微みょーに高いのですが、この程度は気にしません。

 

 ところで今日、新潟で大きな地震がありした。震度6ということで、ニュースでは柏崎原発から煙が上がっていると、一時心配されましたが原発とは別棟からの煙と判り一安心です。

でも、被災されている方もいるようなので心配です。

大型台風の後は、地震と何かとお騒がせな一週間でした。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

新潟の地酒(八海山)

本日の一本は・・・、新潟県の「八海山」純米吟醸です。

720m2 皆さんよくご存知のことと思いますが、有名な地酒ベスト5には必ず登場する銘酒中の銘地酒です。

今回は、今はなき「箱」四合(720ml)瓶用のと一緒の写真です。

10年ぐらい前にはこの箱に入っていたのですが、最近は剥き身での販売が多くなっているようです。どうやら、箱代(¥300)が別のようです。

蔵元は、日本の超有名な米どころ、南魚沼市にある八海醸造株式会社です。

しっかりとした蔵で毎年、いつでも同じ品質(味)を提供していただいています。

お米は、麹米に山田錦、掛米に美山錦を使用し、精米歩合は50%と大吟醸と表記できるほど磨きこんでいます。アルコール度は15.5%、日本酒度+4、アミノ酸度1.5、酸度1.4 です。

私も大好きなお酒で、リピート回数も大変多いです。

なかなか手に入りずらい人気のある地酒ですが、最近では常備している酒屋も増えているように感じます。

私の近くの酒屋さんでも、数軒置いていてくれています。

ネットで定価で買えるお店もいくつか見つけました。

2 今回、八海山「純米吟醸」と「吟醸」のひょうたんミニボトル(180ml)をゲットしましたので写真をアップします。

なかなか可愛いボトルです。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)