カテゴリー「お酒」の記事

2011年6月12日 (日)

新酒鑑評会と日本酒フェアと岐阜イベント

全国、津々浦々の酒造蔵元が蔵の技術と威信をかける 「 全国新酒監評会 」

Photo 先月、その 「金賞」 「入賞」 が発表になりました。

詳しくは、コチラ でご確認下さい ヽ(▽⌒) fuji アッパレェー

http://www.nrib.go.jp/kan/h22by/pdf/h22yb_pre02.pdf

今年の審査の特徴の一つとして、あの代表的な酒米である 山田錦 (の使用比率)とその 他の 酒米 の区別がなくなったことがあげられます。

赤ワイン wine でいえば、ピノノワール VS その他

競争馬 horse でいえば、サラブレッド VS その他

自動車エンジン rvcar でいえば、DOHC VS その他

 ・・・ みたいなものでしょうか? なんのコッチャイ!

まあ、圧倒的な?性能が違いながらも他の特徴を巧みに引き出してのバトル!

 個人的には大賛成です!

でも、あくまでも新酒ですし、個人の好みもあるでしょうし、一概には優劣は決めかねると思います。

これから先、味がダレようが、熟成で旨みがのってこなかろうが・・・

今この時点に 技術と経験を集中して挑む!

私的に監評会とは、そのような 競技会? という認識です。

これはこれで十分に評価すべきですね。

でも・・・、 toto は呑んで旨けりゃ、これすべて 金賞 です!

米も、造りも、熟成も 問題ありません。

審査官ではないので、飲んでナンボ・味わってナンボです u(^▽^)ハキダサナーィ

百花繚乱

日本酒も、造り手の個性 と 飲み手の個性がぶつかり合い、認め合って はじめて感動が生まれるのではないでしょうか?!

なんか、熱く語ってしまいました (´O`#)ゝ テヘ

2fair1 というわけで toto 、今週の水曜日・6月15日の日本酒フェアでは、新酒監評会入賞酒の試飲会 には行かずに、蔵元とのガチンコ・トーク が楽しめる 全国日本酒フェア へ突撃です!!!

楽しみです o(^▽^)o ワクワク

全国新酒品評会については、コチラ日本名門酒会のページに詳しく説明があります。

http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=121

1

岐阜の酒

もう一つ楽しみな情報を・・・

岐阜県酒造組合連合会から試飲会のお知らせ(仮称) 笑;

の お知らせが二つ届いています。

『岐阜の地酒に酔う2011(仮称)』
Photo_2
日 時:2011年7月17日(日)13:00~16:00の1部制
会 場:岐阜市文化産業交流センター じゅうろくプラザ
     (JR岐阜駅西隣)
出 展:岐阜県内の28蔵 ※予定
会 費:2,000円

イベントのボランティアスタッフも募集中です~♪
詳しい情報は随時UPしていく予定なのでお楽しみに。

ち・な・み・に・・・東日本大震災により開催を検討していた東京イベントですが、今年も開催決定しました!
詳細についてはもう少し細部まで決定してからご案内します。


『岐阜の地酒に酔う2011in東京(仮称)』
開催日時:2011年8月7日(日)13:00~16:00の1部制

関東圏の皆様、今年もお会いできることを楽しみにしております!

とのことです。 今年も、如水会館で開催でしょうか?

        楽しみです♪ v(^▽^*)

詳しいことが決まったら、またお知らせしますね。

Top_pic1_2 ちなみに「岐阜を呑もう! 岐阜県酒造組合連合会」のHP http://www.gifu-sake.or.jp/ が出来たようです。

google 検索してもまだヒットしませんが・・・(汗;)

HPを持っていない少数派だったのですが、これからの充実を期待しますょ~!

今日、これから・・・

横浜反町にある「南欧厨房カーサミーア」さんで

     ☆☆☆≪地酒屋こだま一周年記念≫☆☆☆
 仙醸丸山杜氏&こだま居酒屋サーキットツアー7DAYS!

の最終日、長野の地酒 黒松仙醸 から 丸山杜氏 がいらっしゃいます。

1_211 kohyouさんやへーすけさんやぐぅ!さんをはじめ、2月の 日がさ雨がさ さんでのメンバーが再結集するようです。

http://totosake.way-nifty.com/blog/2011/02/post-0df7.html

とっても 楽しみです o(^▽^)o

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

被害状況&中止情報

東北の太平洋沿岸を中心に甚大な被害をもたらした今回の東日本大震災!

被害にあわれ亡くなられた皆さまのご冥福を祈るとともに、被災された方々の健康と一日でも早い救援を望むばかりです (ー人ー )ドウカ

toto は、計画停電の影響で ヒイヒイ 言ってます A ̄▽ ̄;) タマランナァ

以下は、長野県酒造組合メールマガジン「号外」 からの情報です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成23年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震の被害にあわれました皆様とそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。                  
         
被災された皆様の安全と一日も早い復旧をお祈り申し上げます。            
      
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

酒造の被害状況 (被害の大きい3県のみ)

◆宮城県
1.酒造組合:建物外壁の被害は少ないが、屋内の壁に何カ所かヒビが入っている。
  余震が多く、揺れるたびに屋外に避難している。職員及びその家族の被害はでていない。
2.組合員:電話連絡とれず7社、3社伝聞により確認、18社連絡あり。
  社長・社員ともに被害報告なし、ただし、一部社員の家族に被害あり。
  事務所全壊、製造蔵損壊、酒全滅の報告あり。
3.仙台市内:物流が動いておらず食料が不足している。

  また、ガソリンが不足しており車輌は少なく、
JRは終日運休で唯一地下鉄が動いている状態である。
  ライフラインでは、電気は復旧しつつあるが、水は場所によって断水状態でガスは完全に使用できない状態である。

◆岩手県
酒造組合被害なし。組合員11社から被害報告あるが、人的被害は含まれていない。
ただし、社員の1/3と連絡取れず。建物流出、蔵全壊、タンク倒壊、煉瓦煙突崩れ屋根破損等。

◆福島県
1.酒造組合:窓ガラス破損、看板落下、壁に多数のヒビ。
2.組合員20社から被害報告、蔵全壊、建物にヒビ、製品の一部破損等。
3.現状等:余震があったときは逃げる体制にして情報収集にあたっている。


----------------------------
イベント中止情報

さて、未曾有の大災害をもたらした東北・東関東大震災の影響を鑑み、以下のイベントについて「中止」が決定しましたので、取り急ぎご連絡申し上げます。


■4月12日(火) 
「関東信越きき酒会」(さいたまスーパーアリーナ)

主催者(日本酒造組合中央会関東信越支部他)と後援(関東信越国税局)との協議の結果、今回の関東信越きき酒会は「中止」となりました。

事情をご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

-----------------------------

■5月9日(月)  
「長野の酒メッセin東京2011」(帝国ホテル)について

現在本組合ホームページ: TOPIX においてが「長野の酒メッセin東京2011」は、「中止」でご案内しております。

現段階では、中止の方向で変わりありませんが今後の状況により「延期」→「開催」も視野に入れて検討をしてまいりたいと考えておりますので、「長野の酒メッセin東京2011」の開催有無も含め改めてご案内いたします。

こちらにつきましても事情をご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


---------------------------

☆信州の地酒で乾杯!☆
長野県酒造組合/長野県酒造協同組合

その他にも、3月19日に toto 参加予定の「どぶろくフェスタ」も中止になりました。

また、toto が企画していました神奈川の蔵元見学も計画停電や交通事情の悪化から中止といたしました。

今回の被害、混乱が終息しましたら再度企画しお声がけをさせていただきたいと思います m(-o-)m スンマセン

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

もやしもん × 泡盛

梅雨明けとともに猛暑がやってきました A´o`;) アズイ

さて、日本酒・地酒ではないのですが、最近話題の和酒があるそうです!

それが、コレ!!

Photo

沖縄県は石垣島の泡盛「請福(せいふく)」のもやしもんコラボ・限定バージョン

ラベルにはA.ニガーなど「もやしもん」の仲間の菌類が登場しています。監修した石川さんも「素晴らしいです」と絶賛したものだそうです。

そして、発売前から超人気で売切れになっているとか・・・

toto も飲んでみたくなりました u(´∇`*)

漫画「もやしもん」は累計発行部数450万部の人気漫画で、今月から実写ドラマ化がはじまっています。

Photo_2

こちらも楽しみですね d(^ー゜) 

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

純米吟醸酒・東京農大

11月の最初の週末、あちこちの学校で学園祭が催されていますね。  そして、toto ブログはやっぱり日本酒ネタです \(⌒◇⌒)

東京農業大学の学園祭「収穫祭」が11月1日から3日までありまりました。

Photo_4 昨年、某ブログにて「この学園祭で日本酒が購入できるようだ」という記事を見かけていたので気になっていました。

神奈川県の厚木キャンパスにも東京農業大学の農学科の農場があり、こちらでも「収穫祭」が開催され、農場内で生産した野菜の無料配布や草花などの販売をしているそうなのです(まだ、行ったことがない)。しかし、ここではお酒の販売はしていないことを確認していました。

そこで、東京にある世田谷キャンパスに足を伸ばし「農大の酒」を探査することにしました。

小田急線の経堂駅で下車して「農大通り・商店街」を人波に乗ってキャンパスを目指します。商店街では、農大の学園祭の日程に合わせて、商店街まつりのキャンペーンをやっているようです。

駅前で、商店会の方が「割引券付き」のキャンペーン参加店舗の商店街地図を配っていました。toto も一部いただくと、参加店舗でお買い物をすると値段にかかわらず1回に限り「150円割引」してくれるそうです v(^▽^)ラッキー

駅からキャンパスまで、徒歩15分と書いてありましたがふだんから運動不足の toto、結構いい運動になります。

Photo しかし、多くの学生さんや家族ずれがキャンパス方向へ行き来していて、迷わず到着できました。

校門をくぐると、クラブやサークルなどの出店がずらりと並び、すごい熱気です (゜▽゜;)オヨー

農大の日本酒は事前調査では、どうやら東京農大の生活協同組合(生協)で農大グッズとして販売しているらしい、という情報はキャッチしていました。その生協の入っている建物を目指したのですが、人・ひと・ヒト でなかなか前に進みません。そして、さすがにここのキャンパスは広いですね~

何とか目指す建物までたどり着きました。 ありました、生協。 お店の前ではなにやら、お酒を試飲している様子。 そばに行くと「ピーナッツのお酒ですよ~!飲んでいってください」と試飲をいただいちゃいました。 つい反射的に・・・ u(´▽`;)ゝ

お話をうかがうと、農大と一緒に研究して、芋焼酎に落花生を皮ごと漬けて旨味やポリフェノールなどを抽出させているのだとか。 

色は黄色からやや茶色みを帯びていて、芋焼酎特有のにおいはなくマイルドないい香り。含んでもトゲトゲしさはまったくなく美味しくす~っと、のどもとへ消えてゆきます。いい感じです。アルコール度も18%とやや低めで日本酒の原酒とほとんど変わりませんね ( ^ー゜)b

toto の食指がピクッ・・・ヾ(^q^; )、いやいや、今日の目的はあくまでも農大の日本酒です。 我慢・ガマン!

Photo_2 後ろ髪を引かれつつも生協の店内に入ってゆくと、ありました日本酒  ヽ(▽⌒)

「純米吟醸」「本醸造」の二種類です。

箱なしバージョン(純米吟醸1,650円)と、手提げ箱入りバージョン(+100円):写真、緩衝材(発泡スチロール)入りの丈夫な箱入りバージョン(+200円)の3パターンです。

なかかな凝った本格的な箱やラベルです。

どれどれ、どこで作っているのかな? っとラベルを見ると「製造元 : 富士錦株式会社 静岡県富士郡芝川町」と書かれています。

裏ラベルには「この清酒は、東京農業大学生活協同組合が富士錦酒造(株)に、特別に製造委託したオリジナル商品です。・・・」と書かれています  d(゜O゜) ヘー

そうなんだ・・・、キャンパス内で学生さんが造ったわけではなかったようです。 ちょっと残念 (ー_ー)

しかし、せっかくここまできたのですからレジに並んで購入して帰ります。 楽しみ・タノシミ (^▽^)

帰り道に先ほどもらった「割引券」でお買い物をしようと、商店街のM河屋という酒販店へ入ってみました。地酒銘柄の取り揃えは、そこそこですが!!!!!!!! 冷蔵保存はゼロ!

田酒の特別純米が新聞紙にはくるんでありましたが室温の棚に9,000円台で並び、 って (¬、¬;)オイオイ

そして、大七の「妙花闌曲」は箱から出して普通に室温の棚に飾ってありましたとさ Σ( ̄ロ ̄lll) ゲビョーン!    あーぁ、宝物が・・・ _| ̄|○ガク

まだあるんですね~ このような酒屋さん。。。 なんだか、悲しい思いで帰路に着きました。

Photo_3 帰宅後、早速「純米吟醸酒・東京農大」をいただきました。

使用しているお米は不明で精米歩合は55%、アルコール度15-16%、日本酒度+4、酸度1.4です。

上立ち香は、少し木の香とヨーグルトっぽい香があります。

口に含むと、やや酸味がありバランスは悪くありません。

温めたほうが美味しそう、

温めていただくと、旨味成分が開いてきました。こちらのほうが好みですね。

主張が強すぎず、食中酒向きですね。でも、1,650円はちと高いかな・・・ お土産品としての思い出料込みですかね  d(^◇^ ;)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

愛知の地酒(醸し人九平次)

本日の一本は、愛知の地酒「醸し人九平次(かもしびと・くへいじ)」純米吟醸・EAU DU DÉSIR(訳:希望の水)です。

Photo  蔵元は、萬乗醸造株式会社で、名古屋市の緑区にあります。ホームページはないようです。

 萬乗醸造は江戸後期(寛政元年:1789年)創業の老舗酒屋で、酒造りを支えてきた施設が良好に残っており、現在も使用されています。

昨年(平成19年7月31日)、主屋など10棟と井戸2個所が国の登録有形文化財となったそうです o(^▽^)o Photo_4

 代々、九平次の名を受け継いで十五代目を襲名した現在の蔵元・久野九平次氏は、杜氏の佐藤彰洋氏(なんと同級生)ほか20代の蔵人で見事なお酒をかもし出している800石ほどの小さな蔵です。

先代と杜氏が共に病に倒れ、急きょ後を継いだお二人ですが、その研究熱心さと努力で」平成9年に”醸し人九平次”という銘柄を立ち上げたそうです。

 仕込み水は、300年かけて沸いてくるという天然水を、毎日片道3時間かけて愛知と長野の県境、標高1,500mの山中まで汲みに行くというこだわりようで、徹底的に神経を配ることのできる、小仕込で量より質の良いお酒を醸しています。

お酒は全て、無ろ過原酒の上澄みだけを瓶詰めし、-5度の氷温で貯蔵しているそうです。

蔵元さん曰く「抽象的な表現ですが、優しさと懐かしさと品を感じてもらえる酒になっているはず」ということです。

 使用しているお米は山田錦で、50%まで精米しています。大吟醸です。

アルコール度は16-17%、日本酒度:±0.0、酸度:1.7で、酵母は「協会14号酵母」を使っています。

 上り香りはフルーツのような甘めの香りがあり、口に含むと酸味が先にきてからしっかりとした旨味が広がり、すっとキレます。

お燗にしても基本は変わらず美味しいですよ ч(´~`)

720mlのお値段は、1,680円です。

 純米大吟醸「別誂」は、パリにある有名な三ツ星レストランのシェフにも認められ、その店で取り揃えられている銘酒だそうです。ぜひ、味わってみたいものです。

みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう 

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

岐阜の地酒(鯨波)

本日の一本は、岐阜の地酒「鯨波」純米です。

Photo_2  蔵元は、恵那醸造株式会社 で、中津川市にあります。

四方を山に囲まれ自然がいっぱいで、夏でも涼しくクーラーはいらないそうです。

酒造りから貯蔵まで、すべて自然の温度で醸しているそうです o(^▽^)o

杜氏は蔵元が担当して家族4人で、手造で少量生産している地元中心の小さな酒蔵です。

鯨波という酒銘は現在の蔵元の曽祖父が、山の上を流れる雲を見て

「まるで大海を悠々と泳ぐ鯨のようだと」

この名をつけたそうです。

 使用しているお米は地元で取れた「ひだほまれ」を60%まで精米しています。

アルコール度は15-16%、日本酒度:+3.0、酸度:1.6で、酵母は「岐阜酵母」を使っています。

 上り香りはほのかに香りがあり、口に含むと酸味が先にきてからしっかりとした旨味がじゎっと広がります。

お燗にしても基本は変わらず美味しいですよ、食中酒としてよろしいかと思います ч(´~`)

 720mlのお値段は、1,200円です。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

岩手の地酒(あさ開・旭扇)

本日の一本は、岩手の地酒「あさ開」大吟醸・旭扇(きょくせん)です。

Photo  蔵元は、株式会社 あさ開 で、盛岡市にあります。

 今回ご紹介する「旭扇」は、あさ開のトレードマークである「旭日の扇」を酒名に冠したフラッグシップです。

おめでたいネーミングです。

そして、「旭扇」は伝来の「袋吊り」で搾られたしずく酒斗瓶(とびん)取りした珠玉のお酒なんです。

 お米は、兵庫県産の山田錦を100%使い40%まで磨いています。

アルコール度は17-18%で、日本酒度+4.0、酸度1.3、アミノ酸0.9です。

 上り香りはほのかに爽やかなフルーツっぽい香があり、口に含むと甘み酸味のバランスが良く、しっかりした旨味が広がりスッと切れます。

含み香は甘めの吟醸香が広がり、香りと味を楽しむ食前酒などに向いているようです。

 今回も思い切ってお燗にしみました。

基本は変わらないですが、やや甘みがふえるようで、旨味が増して広がりおいしいですよ~ ч(´~`) ホッ

 基本、アルコール添加酒がダメなtotoですが、このお酒のようにほんのわずかに上質な添加であればノープロブレムです ((^ー^)) マル!

720mlのお値段は、3,150円です。このレベルを考えれば納得のお値段です。

 実は「あさ開」には3種類の「旭扇」あります。

この大吟醸と純米大吟醸そして極上純米大吟醸があります。

極上純米大吟醸はお米を40%まで磨きがいて、木箱に入っています。お値段は720mlで5,250円です。

 本日は、大晦日。このブログをはじめて半年、訪問していただいた皆様、ありがとうございました。

みなさんにとっても良い年を迎えられますように。

そして、来年も美味しいお酒が呑めますように ( ⌒o⌒)人(⌒-⌒ )v

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

シャンパン?

今夜は、クリスマス・イブですね !

 世の中、今日のお酒はシャンパン(高いからスパークリングワインまたはシャンメリー 笑)が多いと思います。

しかし、totoは今日も日本酒です

 (おいおい、あまり自慢にならないヨ~~\(`∇´) ツッコミ!)

シャンパン・ワイン系がダメなわけでも、嫌いなわけでもないんです(美味しいワインは、赤・白を問わず大好きです!)

Photo_2 実は、ちかごろ流行りの発泡日本酒を手に入れたので、この日にあわせて開けてみたのです。

 お酒の銘は、純米吟醸活性酒 ふわり粋酔(すいすい)です。

 蔵元は、 酒千蔵野 で長野県長野市にあり、女性杜氏が醸す旨い地酒として「幻舞(げんぶ)」の人気が上がってきているようです。

 この「ふわり粋酔」は、にごり酒それも火入れを一切していない、酵母が生きている生々酒なのです。Photo_3

ラベルも お洒落~ですね、お米天使も かわい~ぃ です! → → → 

フタの封帯には大きな「」が・・・ 「吹き出し注意」 なのです。

ゆっくりと、何回かに別けてガス抜きをしながら、開栓しないと大変なことになってしまうかも・・・

恐る恐るフタを開けたのですが「プシュ」くらいですみました

 (´o`)>ホッ

 ゆっくりと4~5回、ビンを傾けてにごりを均一にしてからグラスに注ぐと、甘酸っぱい爽やかな香りがします。

口に含むと、シュワシュワと炭酸が舌を刺激します。甘口です。でも、爽やかな酸味!どちらかというと完熟りんごのようなフルーツの甘みです。ジューシィー ч(´Q` )

女性には大人気のようです。

くいくい呑めてしまいます (あぶなーい!)

しかしこのお酒、アルコール添加無しの、れっきとした純米吟醸なのです!

精米歩合59%、アルコール度12-13%で加水したというよりも醗酵途中の甘さのようです。悪酔いはしません (呑みすぎなければ・・・)

お値段は、500mlで1,270円です。

この蔵では、この「ふわり粋酔」や「幻舞」のほかにも、純米にごり酒「川中島」を醸していてこれまたうまい ( ̄¬ ̄) ジュル・・・。

こちらのコメントは、近いうちに書かせてもらいます。 お楽しみに (´▽`)ノ"

メリー・クリスマス 

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

神奈川の地酒(火牛)

本日の一本は、神奈川の地酒「火牛(かぎゅう)」特別純米・無濾過生です。

Photo  蔵元は、合資会社 相田酒造店 で、小田原市にあります。

小田原駅から箱根登山鉄道の入生田(いりうだ)駅で下車し徒歩1分のところにあります。神奈川県立の「生命の星・地球博物館」がすぐ近くにありますヨ〜。

 もともと、相田酒造店は小田原の早川で創業(明治22年)し、関東大震災の際に市内の中町に移転81年間酒造りを行っていましたが、計画道路敷設計画があるため2005年に、箱根水系の水を得られる環境のある入生田へ移転したそうです。

蔵の移転を機に「純米蔵」として箱根水系の水にこだわった銘柄「火牛」をメインに、純米酒のみを造ることにしたそうです。

 お米は、麹米に五百万石、掛米にあかね空を使用しています。精米歩合は58%まで磨いています。アルコール度は17.5%、日本酒度:-5.0、酸度:1.8、アミノ酸度:0.8です。

 上り香りは微かに甘い香りがあり、口に含むと先ず酸味が感じられしっかりした旨味がPhoto_2 味わえます。

お燗にしても基本は変わらずおいしいですよ〜 ч(´〜`)  

720mlのお値段は、1,449円です。

横浜ベイスターズを応援する、球団公認酒 「横浜の星」 (^▽^) もあるようです  → → →

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2)

2007年12月 9日 (日)

広島の地酒(本州一)

本日の一本は、広島の地酒「本州一(ほんしゅういち)です。

Photo  蔵元は、合資会社梅田酒造場 http://www.honshu-ichi.com/で、広島市の東部に位置する安芸区船越の岩滝山の麓にあります。

この岩滝山は標高134メートルの大きな岩山ですが、不思議な事に岩の割目に穴を空けると、清水が噴出するそうです。

 ここ梅田酒造場の社長さんは全国きき酒大会優勝というすばらしい感性の持ち主なのだそです w(°o°)w おおっ!

 さて本日の一本は、実は二本なんですが・・・、火入れの純米と、生原酒の純米吟醸です。

Photo_7  双方とも無濾過で、お米は地元の千本錦を使っています。 Photo_4

純米の精米度合いは65%、アルコール度は16.8%、日本酒度+4、酸度:1.4、

純米吟醸の方は精米60%、アルコール度は17-18%、日本酒度+2、酸度:1.6です。

 純米はやや甘口ですがしっかりとした旨味です。

純米吟醸やはり甘みはあるのですが、まず酸味キレあとからじわっと甘みが広がります。

香りは、お甘いフルーツ(イチゴ、りんご、洋梨っぽい)の香りがします。純米よりも純米吟醸のほうが洗練されて、華やかですっきりした香りです。

お燗にすると、やや酸が増すようでtotoとしては冷やから常温をお勧めします。

 720mlのお値段は、1,100円、1、400円とお買い得ですね。

最近、本州一のラベルが変わったようですが、どなたかわかる方はいらっしゃいますでしょうか?

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧