カテゴリー「旅行・地域」の記事

2015年5月19日 (火)

大山参り

GWの連休に、地元にある大山登山に挑戦しました。
この大山、古来から雨の恵みの山、別名「雨降山」とも呼ばれています。
信仰の対象として阿夫利神社があり、大山頂上に本社、中腹に下社があります。
江戸時代には、江戸の多くの人々が「大山講」というグループを作り大山に登り、神社に参拝したそうです。
旅行・レジャーの意味あったのでしょう。

20150506_091146

最寄りの伊勢原駅からはバスとケーブルカーで上ります。
神社に安全をお願いして、頂上を目指します。

20150506_091902_3

いきなり、長~い石段が続きます。
その後も、そこそこ整備はされていますが、結構な山道が続きます(汗)

山腹の見晴らしのよい所からは、富士山もキレイに見えました。

20150506_100818

1時間半ほどで頂上に到着、阿夫利神社本殿にお参りしました。

おにぎりで昼食をとり、ー息ついて下山です。

んっ? 膝が痛い…

登りはまったく平気だったのですが、下りになった途端に持病の膝痛が…

休み休み、なんとかロープウェイのある下社までたどりつきました。

我ながら、情けない…

ロープウェイを下って、参道にあるお豆腐屋さんで食事をいただきました。
ここの参道には、江戸の昔から宿坊とガイドをかねた「導師」の宿が多くあります。
そして、宿泊客に出された豆腐料理が今でも訪れる人を楽しませてくれます。


20150506_144039


20150506_145448

ビールと地元のお酒「菊勇・きくゆう」で楽しませてもらいました。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

伊豆急で下田へ

休暇が取れたので、プチ旅行 v(^▽^)

カミさんの意向を充分反映して(ココ重要!試験に出ます・笑)

好物の金目鯛を堪能すべく、伊豆へ向います。

小田原からJRで熱海へ、伊豆急に乗り換えて一路下田へ向います。
20141112_111414

20141112_104333

20141112_104400

夏休み中は結構混んでいるのでしょうが、シーズンオフの平日とあってかなりすいています。
途中、伊豆高原を過ぎると、ー車両貸し切り状態に…

電車の旅といえば、やっぱり駅弁
20141112_095030

天気がいまいちですが、雨つぶが落ちてこないだけでヨシとしましょうcloud

下田駅に到着したので、少し散策…
雲が晴れていい天気になってきました v(^▽^)ラッキー
犬走りの防波堤は、30年程前はよく釣りに来ました。
今も水はすごく透き通りキレイです。
20141112_120833

20141112_121117

幕末、アメリカから黒船が渡ってきて初めて開港したのもここ下田ですね。

20141112_115740

20141112_115801

やっぱり、お城も…

時をさかのぼり戦国時代は、北条氏の領地
豊臣秀吉の北条攻めの際には、海の拠点だった下田城は50日で陥落したそうです。
20141112_115947

20141112_115152

下田の小高い山に昇る、下田ロープウェイ
初めて乗りました。
20141112_135307

20141112_135439

港も良く見渡せます。
20141112_140150

お堂もありました。
20141112_141328
お地蔵さまも
20141112_141443

では、そろそろ今日の宿へ向いましょう happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

津久井城

またまた、城ネタです。
ブログ復帰を果たしたのはいいが、
酒ブログなんだか、城ブログなんだかわからなくなっております m(_ _)m

20141102_102452

地元、神奈川の北西部にある相模原市の
旧、津久井郡のその名も城山町にある県立津久井湖城山公園
小高い山ー帯が「旧・築井城(津久井城)」跡です。

20141102_124224

戦国時代前からの城で、江戸時代には廃城になつているので元々天守閣や石垣などは無かったようです。

入ロ近くにある資料館には、地元ブランドも並んでいます。

20141102_104051

相模灘の地酒せんべい?
20141102_102748

清水酒造の巌の泉
20141102_102723

少し山を登ると、広い平坦な御屋敷跡があります。
城主は普段ここで生活をして、いざ敵方が攻めてきて戦となると山城に籠ったんでしょうね。
20141102_104936

さてここからは、かなりの山道になります。
昔の人は鎧を着けて登ったんですね。スゴイ!
20141102_112546

30分程のプチ山登り、
終盤になり山の尾根づたいに登ってゆくと、小し広くなった曲輪(くるわ)跡が点々と残っています。
山頂には本丸跡があり眼下には津久井湖が見えました。
20141102_113542


20141102_113839

下りの道は、緩やかな別ルートを下ってきましたが、
なかなかのトレッキングでした。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

小田原城

20141018_124904

先日に続き、カミさんとお城巡り (笑)

相模の名城、北条氏が五代にわたりが築いた「小田原城」

日本史上最大級の縄張りを誇った城です。

再建されている天守閣は鉄筋コンクリート造りですが…


20141018_140810_2

ココの本丸広場にある茶屋のビールが、いつも実に旨い!
観光地の茶屋と侮れないこだわりを感じます。
ビール好きのカミさんも太鼓判を押しています beer

20141018_145816

20141018_141536

早川へ

ビールで喉を湿し、歩いて早川港へ向います。

途中には明治以降の要人達の別荘があった界隈に、文学の道なんて通りもあります。

20141018_123240

早川港近くにある、地魚の美味しいお店へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

八王子城

今日は、爽やかないい天気 sun
久しぶりに、カミさんとお城巡り (笑)

日帰りで、高尾山駅を降りて八王子城へ dash
結構な山城ですね sweat01 ここも東京都sweat01


20141017_121620

本丸までは、山道を小一時間トレッキング… sweat01
いい運動になりました。

20141017_133100

この八王子城は、
戦国時代の末期に、小田原・北条氏の拠点として建てられました。
しかし数年後には、豊臣軍の天下統一の最終段階に、城主を含めた主力が小田原城で籠城している隙に北条方への見せしめとして豊臣方の前田・上杉連合の圧倒的軍勢をもって1日で責め滅ぼされたそうです。

地元では、毎年この時期に当時の城主「北条氏照まつり」が行なわれているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

京都・魚とお酒の店 「ごとし」

今年もやっと仕事納めとなりました。

 というわけで、堪りにたまった記事をアップ・・・ (汗)

 前回に続き、関西旅行第二段です。

古都・京都

京都は、いにしえの時代から現代まで、本当にたくさんのエピソードが詰まった街ですね。

 姫路から新幹線で京都へ向かい

 京都観光は修学旅行以来なので

 まずは名所旧跡へ、訪ねたのは東山地区

421

銀閣

足利幕府の8代将軍 足利 義政(あしかが よしまさ) が隠居後移った東山殿に建てた観音堂で東山文化の代表的建築物ということです。

45

金閣に比べると、かなり渋い佇まいですが

 建設当時、2階部分の壁は黒漆だったそうです。

訪れたのは平日でしたが、外国の方を含め

 多くの観光客が訪ねてきていました。

哲学の道

銀閣寺を後にして歩いて移動

41 42 43 44

 哲学の道という琵琶湖疏水の掘割り沿いの道をお散歩

 途中のお茶屋さんでわらび餅で一服。。。

南禅寺

JR東海のCM 「そうだ!京都へ行こう」 にも登場した

 ここ南禅寺の三門

41_2

日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつそうです。

大泥棒・石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という歌舞伎の名セリフを廻す「南禅寺山門」ですが、実際は五右衛門の死後、寛永5年(1628年)の建築だそうです(笑)

42_2 43_2

 紅葉と夕日に映える大伽藍、とても立派でした。

さて、ここで本日はタイムアウト

 これからお楽しみの夕食へと向かいます♪

魚とお酒 「ごとし」

52

 京都でお燗酒の魅力をめいっぱい引き出しているお店です。

 あのミシュランガイドにも載っているようです。

 暖簾には、上野 上原先生の銘文句が・・・

まずは「秋鹿・山廃」「群馬泉・淡緑」

 もちろん、お燗で u(^▽^*)

54_2 55_2

 絶妙な温度でお燗されています ч(´~`)

お通しが出てきて、メニューを見ると

 食べ物も、とってもおいしそうなラインナップ。

53_2 59_2

.

まずは、お造りと白子のポン酢から

 ん~! 絶品です

56_2 57_2

合わせるお酒は「日置桜・ひやおろし 山装う」

 お聞きすると、コチラのお店では、

 日置桜のは、季節ごとのお酒も含めて

 ほとんど揃えているすうです。コレは楽しみですね♪

58

笹カレイから揚げと、グジ味噌をいただきます。

 ん~! お酒がすすみます (笑)

592 593

ココからは、toto のこだわり

にごり・燗

初めてお眼にかかれた「日置桜・鍛造にごり」をいっちゃいます!

 旨い! ちょっと熱めの絶妙な温度で燗をつけてあります。

  感激 u(´∇`*)!

591

野菜も食べないとね。

 小松菜とあげのさっと煮、お出汁がオイシイ。

594

〆にもう一杯、「生モト・どぶ」をお燗で

 これまた、いい温度で提供していただきます。

595 596

お店を切り盛りされているご主人とおかみさん

 お二人とも若くして、お燗酒が大好きだそうです。

本当に大満足! ご馳走様でした  v(^▽^*)

  このように素晴らしいお店が近くにあったらなぁ~

   と思いつつ、お店をあとにしました。

51_2

秋の京都、年越しでもう1回くらい続く・・・ 

 たぶん・・・ (汗;)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

姫路城 & 龍カ

さて、これも1ヶ月以上前になります (汗;)

思い出話し第2段

カミさんと関西方面へ旅行してきました。

 行き先は姫路、京都、彦根

 江戸時代から現在までその姿を残してきた本物の木造のお城巡りです。

先ずは初日小田原から新幹線でー路、姫路へ向かいます。

 ちなみに、現在の小田原城は鉄筋コンクリート造りです。

姫路駅に到着後、一旦荷物をホテルで預かってもらいます。そして始めに向かったのが

 国宝 「姫路城」

11

んっ? お城が張りぼて??

 いえいえ只今、平成の大修復中!

  お城全体を仮囲いの建物ですっぽりと覆っているんです。

この建物の中で 白鷺城 の別名のごとく、真っ白な城壁や漆喰で固めた瓦の葺き替えを中心に耐震補強などをしているそうです。

1

このジオラマ模型の様に作業をしている

 めったに見ることが出来ない修復中のお城見学です v(^▽^*)

12

実際の外観は、すでにだいぶ完成に近づいている様子

 おっつ、実際の左官職人さんが瓦の漆喰の作業をしていますね。

1_2        この写真でわかるかなぁ~(画面右よりの網の向こう)

お城の見どころは天守閣だけでなく、石垣や門構えなどいたるところにあります。

13 15

この日は、櫓の中で甲冑の展示もしていました。

1_3

そして、一足早い紅葉もキレイでしたよ。

14

半日で見きれなかった所は明日にして、

 姫路といえばこの蔵、「龍力」を醸す本田商店さんhttp://www.taturiki.com/へお邪魔しに行きました。

2 2_2

姫路から山陽本線で3駅、15分程で到着します。

 駅のホームから社屋上の「米のささやき」の看板が見えます。

 駅から歩いて5分、本田商店でお迎えいただいたのは本田龍祐さん

蔵で「ドラゴンシリーズ」を手がけてらっしゃいます。http://www.taturiki.com/dragon/

2_10

写真は10月の燗酒コンテスト2012において最高金賞受賞の時のものです。

 そして、おじい様で会長の本田武義様にも

 ご紹介いただきますた m(^▽^)mハジメマシテデス

そのご、応接室で龍祐さんから本田商店の歴史やまだまだ吟醸酒・純米酒なんて言葉がなかった頃からの旨い酒への取組み、龍力誕生、酒米へのこだわりなどいろんなお話をお聞かせいただきました。 

 お忙しいところ本当にギリギリまでありがとうございます。そして、龍祐さんの時間切れ・・・

そして引き続き、セールスマネージャーの花井さんに蔵の中をご案内いただきました。

2 22

  龍力こだわりの酒米          専用精米機の数々

2_22_3

親龍蔵                   蒸米放冷機

2_4 22_2

    ハイテク麹室

2_5 2_6

    酒母室                 吟醸蔵      

21 2_8

  吟醸蔵内の仕込タンク          薮田式絞り機

などなど、本当に詳しく案内していただきました。

 ありがとうございます。

そして社屋に戻って、お楽しみの試飲もさせていただきました  v(^▽^*)  

2_9

フラッグシップの「秋津」から始まり

 「米のささやき」「純吟」「特純」などなど・・・

 シ・ア・ワ・セ・・・♪ 

本田商店で働いていらっしゃる皆さん、本当に礼儀正しくご挨拶や対応をしていただき本当にありがとうございました。

夜は、姫路市に戻って本田龍祐さんオススメの居酒屋「みちのく」さんで新鮮なお造りや料理をおいしい「龍力」で楽しませていただきました。

31 33

34_2

また、ハシゴをしたお店にもやっぱり「龍力」

38_2

 さすが、お膝元ですね d(▽⌒)

     ご馳走様でした。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

真田丸跡&くい倒れツアー

日本酒甲子園 2012 の翌日、大阪2日目です。

1_4

この日も朝から厳しい日差しが照りつけます。

大阪城へ向い、昨年行きそびれた大手門と大阪冬の陣で有名な真田丸跡を見に行きます。

1_5

先ずは、大手門

2 2_2

2_3 2_4

そこから、昨年通った桜門を入り

2_5 3 32

巨石・蛸石を通過して天守閣へ

やっぱり、立派ですねぇ!

 と、今回の大阪城はここでおしまい。。。

次に向かったのは、大阪冬の陣で有名な真田丸跡

5 5_3

真田幸村像の横には、大阪城まで続いている?? 抜け穴跡もあります。

5_4 5_5

中はこんな感じ、

 この先左手の奥に続いているのでしょうか?

 はっきりしないところが、歴史ロマンということですね (笑)

もう一つ、鶴橋駅方面に向かうと小高くなっている公園があります。

真田山公園

 ココも外せないスポットですね。。。

5_6

さて、そのまままっすぐ進んで

 集合場所の近鉄・鶴橋駅東ロへ向います。

迷子?

 鶴橋駅まで到着しましたが・・・

 近鉄の東口ってドコ? なんか判りにくいですねぇ

1

 一度迷って、JR鶴橋改札に戻ると、、、

 松井さんはじめ今日のメンバーが、やっぱり迷ってる (笑)

 商店街のオネエさまに道を尋ねて、近道(細い路地)を教わり無事に到着。

 しばらくして、酒恋さんも到着。そこに携帯電話が・・・

  福司の梁瀬さんがやっぱり迷子 (笑)

ツアーメンバー10名が無事に全員集合して、食い倒れツアー出発!

 まずは、ここ鶴橋が本店の「風月」

2

大阪・粉モンてんこ盛りのセットを注文

 そして、ビールbeer

3 3_2

イカ焼き   とんぺい焼き

3_5 3_6

店員さんが手際よくお好み焼きを鉄板に並べます

 そして、ぶたキムチ

とどめは、お好み焼き+玉子焼き+やきぞば=

3_8 超高カロリー?のモダン焼き

 ビールも飲んだので、もうお腹いっぱい ヾ(^¬^; )

  10人で4セット、たのみ過ぎました。

    1軒目で食い倒れ (汗;)

さて、少し歩いて移動してお腹をすかせましょう

 ってことで、新世界へ移動

41 42 43

この世界観、好きです v(^▽^*)

スマートボール

 今ではここだけ?になっているそうです。

5 51 52

けっこう面白い (笑)

 toto は、結局1つも入らず撃沈 (ToT)>゛

串焼き

食い倒れ、第2弾はコレだ!

6 6_2

ちょっと変わっている衣だよ、って出てきたのは

 なんだかアメリカンドックみたいな串焼き

 肉汁がジュワっと出てきます。

 他にも、玉ネギやレンコンなどの野菜もいただきました。

そして、ここでもビール!

6_4

なんと、「新世界100年まつり」バージョン・ラベルのスーパードライ v(^▽^*)

この後、今年こそはと向かった「通天閣」ですが、やっぱり人気スポット

 「新世界100年まつり」で筋肉マンとコラボしているようです。

6_5

 60分待ちで、残念ながら諦め。

 ビリケンさん、また次回ねぇ~

またもや、健康的?に歩いて移動

 電気街でメイドのおネエさんをわき目で見つつ (笑)

71_3 7

千日前を通り過ぎ、向かったのは

小料理「ともか」

8_2

昨日のお礼もかねて、お邪魔します。

 でも、このお店の雰囲気、和むなぁ~

81 82

お腹もいっぱいなので、トマトやおしんこなどをつまみながら「ポン酒」にありつきます。

8_3 82_2

ここで、美冨久酒造・三連星の藤居さんも登場!

 カウンターだけのお店は、超満員状態。

 ほんと、人気店です v(^▽^*)

さてさて、ツアー途中蔵元さん方は三々五々、営業に向かわれたり地元にもどらえたりとだんだんメンバーが少なくなってきましたが・・・

 まだ、行きます (笑)

 近鉄に乗り込み、八戸ノ里駅で降りてすぐ駅側の「あじゃぽん」さんへ。。。

92

コチラでも、昨日のお礼を伝え、

 本当に、たくさんの方が日本酒甲子園を支えているんですね。

 おいしいつまみで、ポン酒をいただきます。

93 94 91 92 93_2 94_2

 

ご馳走様でした。

イヤー、喰った! 呑んだ!

 本当に楽しい1日を過ごさせていただきました。

 最後は、小林商店の小林専務と梅田駅までご一緒して

 無事にホテルまで帰還できました。

 ご一緒していただいた、蔵元にみなさんはじめみなさんに感謝です m(^▽^)m

そして酒恋倭人さんには、3日目のマル秘名店「いか焼き・牧野」まで連れて行っていただき

 本当にお世話になりっぱなしでした。

2_2 2_3 31 34

あの、魚柄さんが惚れ込んだ味わい、人情、納得のお店でしたよ。

 お母さんもありがとうございいました。

 ご馳走さまです v (^¬^)

 また、来年の日本酒甲子園もシッカリと働かせていただきます m(_”_)m 

 楽しみです m(^▽^)m

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

→仙台

ツアー3日目

洞爺湖サミットの舞台となった「 ザ・ウィンザーホテル 洞爺 」でリッチな気分にひたり、朝もお散歩。

おぉー!

 ココがサミットに集まった G8 の首相達が並んで写真を撮ったテラスですね w(°o°)w ホォー

足元に、各VIPのネームプレートが埋め込まれています。

411 412

ホテルでの朝食は、会場に到着してからお魚を焼いて出してくれます。焼き魚定食?

爺・婆の朝食は、このくらいの量でちょうどいい。

 貧乏性なので、バイキングだとついつい食べ過ぎてしまう  (´▽`;)ゝタベスギー

さて、ゆっくりとした時間にホテルを出発!

鬼!熊!蟹!

有珠山や昭和新山を見ながらバスで移動。

42 白老町へ向かいます。

途中、登別温泉方面を通り、おみやげ物やさんへ

ナゼか? 巨大オブジェが・・・

6 6_2

登別温泉はコチラ!と道案内している鬼さん

カニの看板とが屋根に乗っているお土産物屋店。

店内には、中国の観光客を迎える北海道民。 流暢に中国語を話してカニや魚介類を売っています。

42_2 42_3

おっ! 北海地酒を発見  v(^▽^*)オミヤゲ

お店の外には太平洋が広がっています。 カモメ?ウミネコ?

お昼はステーキ!

白老町で有名らしいステーキ店へ・・・

431

ガッツリ! また食べ過ぎた (/。x)/=3 ハンセイ

ポロトコタン

アイヌ=人 、 カムイ=神

北海道の先住民族、アイヌの人々

独自の文化、独自の言語

441 443

北海道の多くの地名はアイヌの地名に漢字を当てはめたもの

4442 445  明治以降、大和の文化、大和の言語を押し付けた・・・

とても、立派な文化が脈々と受け継がれていたのに。。。

4454 4456

そんな時代があったんですね。。。

この施設「ポロトコタン」には数日前に天皇陛下もいらしたそうです。

館長の中村さんから、アイヌの伝統や思想をお話いただき、その後、民族舞踊、唄、演奏などを見せていただきました。

ここで、伝統を守り継承していっているそうです。 大切なことですね。

北海道犬

ここ、アイヌの郷「ポロトコタン」には熊や北海道犬も飼われています。

4461 4462

なんと、この北海道犬はあのソ○トバンクのCMでおなじみ「おとうさん」役の「カイ」君の息子なんだそうです  w(゜▽゜;)ビックリ

似てますね (笑)

苫小牧へ

苫小牧に向かう途中支笏湖にも立ち寄りました。

でも、曇っているし、なんとなく toto 地元の山中湖のような・・・ (汗;)

北海道の感じは全くなし、スワンボートかよっ!\(ー_ー) ツッコミ

451 456

北海道の直線道路、長いところは20km以上続くそうです。

フェリー

苫小牧港からはフェリーに乗り込み仙台まで向かいます。

462 465

フェリー「きそ」の船上で一泊、太平洋からの朝日は見えるかな o(^▽^)o ワクワク

ここでもプチ贅沢、船内の泊まりは特等船室です。

といっても、部屋は普通のビジネスホテル程度 (笑)

でも、洋上では贅沢なんでしょう。二等船室は大部屋ですからね。

464 511_4

舟は大きくても、海が凪いでいても、ここは太平洋!

そこそこ、舟は揺れるもの・・・ 足元が常にフワフワします。

ベッドで横になっても、フワフワ。。。

そこで最後の寝酒、東京からお供してもらった「東一」を完飲!

おやすみなさい sleepy

ツアー4日目

洋上の夜明け

朝の5時過ぎ、東の空が明るくなってきます。

511 512

ご来光、人(‐oー )パンパン

この旅が無事に終わりますように!

船旅

太陽が昇るにつれ、海が青さを増してゆきます。

512_2 511_2

よく晴れました。 潮風が気持ちいいです。

仙台港

昼前にフェリーは仙台港に入港しす。

んっ・・・?

521 522_2

震災、津波に見舞われた爪痕ですね。

瓦礫の山、そして巨大な貨物船が岸壁に乗り上げられたままになっています。

舟の乗客からもあちこちで「あぁー、アレアレ、舟が、あんなに大きな船が・・・・」と声が上がります。

523 524_2

舟が接岸して、半日の海の旅が終了。

バスに乗り換えて仙台駅へ向かいます。

仙台港の近くは、ほとんど津波の被害から立ち直っているかに見えましたが・・・

525_2 526

やはり、まだ所々に津波の爪あとが見受けられました。

仙台駅

東京へ向かう新幹線への乗り換えの待ち時間が、1時間ほどあったので、最後のお土産を買い込みます v(^▽^*)

ココからのお土産は宅急便で送ってしまうので、重たいものも O.K.

ということで、地元・宮城の地酒!を見つけに駅ビルのショッピング街を散策して、酒屋さんを見つけました。

全国の地酒と一緒に宮城の地酒も充実しています。

toto セレクトは宮城の地酒、それも今回の震災で甚大な被害を受け蔵の施設を再建すると決めた「宮寒梅」を応援の意味も含めて2本ゲット。

1 3 2

toto 以前は、なかなか手に入らなかった銘柄です。 頑張ってまた美味しい地酒を醸してもらいたいですね。

ちょい呑み用に、地酒ワンカップも・・・(笑)

最後のプチ贅沢

帰りの新幹線「やまびこ」は、

531 532_2

これまた、toto 初めての新幹線グリーン車 v(^▽^*)ワーィ

車内は、さすがにゆったりとしています。

541_2

そして最後の食事は、牛タン弁当!

5421 5422

二段式になっていて、牛タンがたっぷり v(^▽^*)ニダァーン

でも、お肉が爺にはちょっと堅かった (笑)

コレはやはり、ぽん酒よりもビールで・・・

ご馳走様でした 人(^o^*)

感謝

ツアーで一緒になったみなさん、そしてしっかり者の添乗員さんありがとうございました。

贅沢で楽しい旅になりました v(^▽^*) 感謝!

454 452

今回の旅は、toto の就業30周年にいただいたお休みと記念を充てて行きました。

とてもリフレッシュできました。

 今まで支えてくれたカミさんにも感謝!

  もうちょっと、お願いします m(´▽`;)m

残りは少ないですが、これからも組織のため、地域の住民のみなさんのために頑張ろうと決意を新たにました。

  お・し・ま・い

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

→洞爺湖

空から大魔王が降ってくる~ shock !ノストラダムスの大予言

アメリカの老朽化した人工衛星「UARS」が地上に落下したそうです。

Nasa3

大気圏に突入してバラバラに! 燃え尽ききらない部品がどこに堕ちるのか??

NASAの発表によると、世界中のだれか「人」に当たる確率は3,200分の1で、「自分に当たる確率」は21兆分の1になるという。

そんな計算をしていないで、どのあたりに堕ちるのかしっかり計算しろ~! ╲(`◇´*) ブゥーブゥー

Nasa0

3,200分の1って結構な高確率! 究極のロシアンルーレット wobblyannoy

そして今のところ、どこへ堕ちたのかも結局行方不明・・・

これからも、こんなことがあるんでしょうね (;ーω-)ノ アー!ヤダヤダ

さてさて誰も大魔王に当たらなかったようだし、気を取り直してツアーの続き二日目です。

朝の函館

昨日の雨がスッキリと上がり、気持ちよく朝日が昇ってきました。昨日登った函館山もキレイに見えます。

262 263

ホテルの朝バイキングで腹ごしらえ。バスで出発します。

311 3112

函館市内の路面電車。 レトロちっくな車体がいいですねぇ。

朝市

まず、向かったのが函館の朝市市場

ほぼ観光客向けになってはいますが、カニやイカ、ウニなど本当に新鮮な食材が並んでいますね!

3122 3123

朝食をお腹いっぱい食べたので食指が動きません。でも、眺めるだけでも楽しいです♪

その後、函館港

3132 3133

函館元町にある旧市街地の歴史的建物地域

3143 3144

などを見て歩きます。

こんなところも横浜に似ていますね。

洞爺湖へ

再びバスに乗り込み、途中で大沼公園などに寄り二日目の宿泊先へ向かいます。

到着したのは、今回のツアーの目玉 eye

洞爺湖を眼下に望む ザ・ウィンザーホテル 洞爺 です。

321 2008年に第34回主要国首脳会議「北海道・洞爺湖サミット」が開催されたあのホテルです。

3213 415

エントランスにはこんな超高級ハイヤーが停まっていたり、ロビーもこんな感じ。

 リッチやなぁー (゚0゚) ポカーン

3212

早めの時間に到着したので、早速ホテルのお庭を歩くと、洞爺湖がキレイに見えます。ホテルの反対側には海も見えます。

寿司くいねぇ~♪

32211 ホテルでの楽しみは、景観や内装だけでなく、夕食も!

寿司処「祥庵 こげ津」での食事です。

貧乏人の toto、高級すし店での食事なんて一度もありません d ( ̄^ ̄;) イバリ

でも、大丈夫! 個室だし接客もしっかりしています。

32225 3221

そして、日本酒も充実しています。

冷酒で小林酒造の「北斗随想」を注文

3223 32235

めずらしい四角い形の錫チロリで出てきます。 持ち手が真鍮製で二手に分かれるこのタイプは toto はじめて見ました。 同じく錫のぐい呑みで・・・、おいしい♪

付き出しは数の子、上品な味付けで美味しい。

刺身とあわせていただきます。

次は、お燗酒で 福司 の純米を・・・

3225 3224

今度は、備前焼のお銚子とぐい呑みで出てきます。

お燗も湯煎で付けられてからお銚子に移されている感じが判ります。 決してレンジ燗では無いですね (笑)

テーブルにあったメニュー、どれものん兵衛の心をくすぐりますが、食したことのない「いばら蟹の内子」をたのみます。

3226

32265 

んぅんっ~! 旨い! 濃厚な旨味が日本酒にぴったり!

お酒がすすんでしまいます u (▽⌒) オイシー

お燗で 国稀 の特別純米を追加!

呑ん兵衛オーラが板場に通じたのか、板さんから「ホタテ紐の貝焼き」を差し入れてくれました。感謝!

その後、おいしい握りずしをつまんで

3227 3228

後半の3握りは写真撮り忘れ ///

   ご馳走様でした (*^人^*)

食後に庭から見える洞爺湖温泉の湖上花火を遠くに見て、ゆっくりと一風呂浴びます。

261でも、大浴場は遠い! 確かにサミットに温泉は必要なかったのかもしれないが・・・

 今日も最後は、部屋呑みで「東一」。。。 おやすみなさい

  もう一回、つづく

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧