カテゴリー「旅行・地域」の記事

2018年11月 2日 (金)

神戸観光と昼飯(飲み)

昨日の余韻が残る中、現実社会へ復帰のために帰途につきます (T_T)
でも、せっかく神戸に来たのでちょっと観光…
新神戸駅の付近に明治時代の洋館群があるようです。
やっぱり神戸は、横浜と似てますね。
坂道をしばらく上ると道案内が出ています。

Dsc_0543_3


Dsc_0546


北野天満宮にもお参り

Dsc_0530

可愛いお稲荷さんにお願いをして…

Dsc_0537


さて、
坂を下って喉が渇いたので水分&栄養補給

スカルバーガー 🍔

Dsc_0550

スカルとは骸骨のこと…
ちょっと腰が引けるかも知れませんが、今回のライブ参加者なら来店するだろうと予想
また、ネットでも美味しいとのことで迷わず入店 v(^∇^)
店内にはロックのBGMがかかっています。

まずは、ビールで水分補給 (笑)

Dsc_0551


聞けば、ご主人はV系の音楽が好きで昔はバンドもやっていたとのこと。奥さんは氷室京介さんが大好き。
なるほど納得です。

つまみに、おすすめメニューの鶏えのきポン酢でもう一杯。

Dsc_0552

そうこうしている間に予想通り昨日のライブ参加者さんがご来店。
東京から参加、でも住いはオーストラリアとのこと…
さすが参加者たちもワールドワイドですね

そして、メインのハンバーガーとビールをおかわり (笑)


Dsc_0553


でかい!アメリンサイズ?
でも、美味しい!
お腹いっぱい、ご馳走さまでした。

スカルバーガー
神戸市営地下鉄・新神戸駅より徒歩2~3分


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

神戸三宮で呑み

神戸でのジャパンツアー2018 最終日
盛り上がりました❗
サポートバンドを含め、会場は大盛り上がり
大満足デス

Bm003

さて、totoも大暴れでガス欠 & 腹ぺこデス。
神戸の繁華街、三宮まで移動して美味しい日本酒をいただけそうなお店をスマホでググってみます…
初めての街は、わかりませんが突撃あるのみ❗
う~ん… 今日はココに行ってみましょう v(^∇^)

和酒バー 醸し屋

13391409


お店の入口はちょっと分かりずらかったですが、引き戸を開くとこぢんまりとした良さげな雰囲気。
入口すぐ脇のリーチイン冷蔵庫に良さげな日本酒ラインナップ。
当りですね。
心の中でガッツポーズ (笑)

カウンターに席取り、まずは…
佐賀の「東一(あづまいち)」を冷たいままお願いして
聞けば、一昨年の生酒を一年熟成させたとか…
これは期待以上(笑)

Dsc_0520

あてには、炙りサンマと木の子のみぞれ和え
お通しの写真を撮り忘れてしまいましたが、煮凝りなどこちらもGoodです。

Dsc_0521

次は、地元兵庫の播州一献(愛山)山廃をお燗でお願い
Dsc_0522

お燗の温度も高めでジャストです
さすがの日本酒愛を感じて感激!
次に、真鯛の肝和えに島根の出雲富士のお燗を合わせます。


Dsc_0527

こちらのお燗はやや温め、これ以上熱くすると甘味が邪魔をするギリギリ
んン~判ってらっしゃる。いいなぁ~!

美味しかった!
ご馳走さまでした (^人^)

和酒バー 醸し屋
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-20-9 館ビルB1
三宮駅から徒歩2~3分

新神戸のホテルまでは歩いて10~15分とのことで、酔い醒ましにフラフラっと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

築地市場

東京都中央卸売市場の移転問題は、あまり良くわからないうちに決着して、10月に築地から豊洲へ移転する予定です。 Img_d8505a4942d37237b8e80cdc2679a70 食の安全は気になるところですが、現行の市場内はボロボロ... 働く人たちの安全も大切ですね (汗;) ということで... 築地市場の場内飲食店エリアを最後にブラブラ v(^▽^)
Photo_2
Photo
相変わらず一部のお寿司屋さんは、ほぼ外国からの観光客で大繁盛しています。 そして場外ヘ... 場外も活気がありますね。場外はそのまま残るので、この活気がそのまま続くと良いのですが... toto、今回は特に買い物の予定もないので、少しブラついて早めの昼飲み...(笑) 場外にほぼ隣接している「そば処 長生庵」さんへ こちらのお店、そば屋さんなのですが土地柄もあってか美味しい魚介類も楽しめます。 そして地酒の取りそろえも素晴らしい! Dsc_0126 Dsc_0127 Dsc_0128 お刺身盛り合わせ、野菜天とハモの天ぷら お酒は、 福井の黒龍のしずく Dsc_0125 滋賀の美冨久の「I'm Sake Rock」 Dsc_0130 広島の榎酒造(華鳩)の「清盛」など Dsc_0132 締めに、ざるそば Dsc_0134 とても美味しかったです v(^▽^) ご馳走さまでした。 帰りがけに、フルーツ屋さんでイチゴフラッペ 🍧 Dsc_0136 Dsc_0138 周りのイチゴジャム、去年は生イチゴだったのにぃ~! ブツブツと、カミさんが愚痴ってました (笑) 今年の夏は特に暑いので冷たいスイーツはいいですね~💕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

大山参り

GWの連休に、地元にある大山登山に挑戦しました。
この大山、古来から雨の恵みの山、別名「雨降山」とも呼ばれています。
信仰の対象として阿夫利神社があり、大山頂上に本社、中腹に下社があります。
江戸時代には、江戸の多くの人々が「大山講」というグループを作り大山に登り、神社に参拝したそうです。
旅行・レジャーの意味あったのでしょう。

20150506_091146

最寄りの伊勢原駅からはバスとケーブルカーで上ります。
神社に安全をお願いして、頂上を目指します。

20150506_091902_3

いきなり、長~い石段が続きます。
その後も、そこそこ整備はされていますが、結構な山道が続きます(汗)

山腹の見晴らしのよい所からは、富士山もキレイに見えました。

20150506_100818

1時間半ほどで頂上に到着、阿夫利神社本殿にお参りしました。

おにぎりで昼食をとり、ー息ついて下山です。

んっ? 膝が痛い…

登りはまったく平気だったのですが、下りになった途端に持病の膝痛が…

休み休み、なんとかロープウェイのある下社までたどりつきました。

我ながら、情けない…

ロープウェイを下って、参道にあるお豆腐屋さんで食事をいただきました。
ここの参道には、江戸の昔から宿坊とガイドをかねた「導師」の宿が多くあります。
そして、宿泊客に出された豆腐料理が今でも訪れる人を楽しませてくれます。


20150506_144039


20150506_145448

ビールと地元のお酒「菊勇・きくゆう」で楽しませてもらいました。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

伊豆急で下田へ

休暇が取れたので、プチ旅行 v(^▽^)

カミさんの意向を充分反映して(ココ重要!試験に出ます・笑)

好物の金目鯛を堪能すべく、伊豆へ向います。

小田原からJRで熱海へ、伊豆急に乗り換えて一路下田へ向います。
20141112_111414

20141112_104333

20141112_104400

夏休み中は結構混んでいるのでしょうが、シーズンオフの平日とあってかなりすいています。
途中、伊豆高原を過ぎると、ー車両貸し切り状態に…

電車の旅といえば、やっぱり駅弁
20141112_095030

天気がいまいちですが、雨つぶが落ちてこないだけでヨシとしましょうcloud

下田駅に到着したので、少し散策…
雲が晴れていい天気になってきました v(^▽^)ラッキー
犬走りの防波堤は、30年程前はよく釣りに来ました。
今も水はすごく透き通りキレイです。
20141112_120833

20141112_121117

幕末、アメリカから黒船が渡ってきて初めて開港したのもここ下田ですね。

20141112_115740

20141112_115801

やっぱり、お城も…

時をさかのぼり戦国時代は、北条氏の領地
豊臣秀吉の北条攻めの際には、海の拠点だった下田城は50日で陥落したそうです。
20141112_115947

20141112_115152

下田の小高い山に昇る、下田ロープウェイ
初めて乗りました。
20141112_135307

20141112_135439

港も良く見渡せます。
20141112_140150

お堂もありました。
20141112_141328
お地蔵さまも
20141112_141443

では、そろそろ今日の宿へ向いましょう happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

津久井城

またまた、城ネタです。
ブログ復帰を果たしたのはいいが、
酒ブログなんだか、城ブログなんだかわからなくなっております m(_ _)m

20141102_102452

地元、神奈川の北西部にある相模原市の
旧、津久井郡のその名も城山町にある県立津久井湖城山公園
小高い山ー帯が「旧・築井城(津久井城)」跡です。

20141102_124224

戦国時代前からの城で、江戸時代には廃城になつているので元々天守閣や石垣などは無かったようです。

入ロ近くにある資料館には、地元ブランドも並んでいます。

20141102_104051

相模灘の地酒せんべい?
20141102_102748

清水酒造の巌の泉
20141102_102723

少し山を登ると、広い平坦な御屋敷跡があります。
城主は普段ここで生活をして、いざ敵方が攻めてきて戦となると山城に籠ったんでしょうね。
20141102_104936

さてここからは、かなりの山道になります。
昔の人は鎧を着けて登ったんですね。スゴイ!
20141102_112546

30分程のプチ山登り、
終盤になり山の尾根づたいに登ってゆくと、小し広くなった曲輪(くるわ)跡が点々と残っています。
山頂には本丸跡があり眼下には津久井湖が見えました。
20141102_113542


20141102_113839

下りの道は、緩やかな別ルートを下ってきましたが、
なかなかのトレッキングでした。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

小田原城

20141018_124904

先日に続き、カミさんとお城巡り (笑)

相模の名城、北条氏が五代にわたりが築いた「小田原城」

日本史上最大級の縄張りを誇った城です。

再建されている天守閣は鉄筋コンクリート造りですが…


20141018_140810_2

ココの本丸広場にある茶屋のビールが、いつも実に旨い!
観光地の茶屋と侮れないこだわりを感じます。
ビール好きのカミさんも太鼓判を押しています beer

20141018_145816

20141018_141536

早川へ

ビールで喉を湿し、歩いて早川港へ向います。

途中には明治以降の要人達の別荘があった界隈に、文学の道なんて通りもあります。

20141018_123240

早川港近くにある、地魚の美味しいお店へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

八王子城

今日は、爽やかないい天気 sun
久しぶりに、カミさんとお城巡り (笑)

日帰りで、高尾山駅を降りて八王子城へ dash
結構な山城ですね sweat01 ここも東京都sweat01


20141017_121620

本丸までは、山道を小一時間トレッキング… sweat01
いい運動になりました。

20141017_133100

この八王子城は、
戦国時代の末期に、小田原・北条氏の拠点として建てられました。
しかし数年後には、豊臣軍の天下統一の最終段階に、城主を含めた主力が小田原城で籠城している隙に北条方への見せしめとして豊臣方の前田・上杉連合の圧倒的軍勢をもって1日で責め滅ぼされたそうです。

地元では、毎年この時期に当時の城主「北条氏照まつり」が行なわれているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

京都・魚とお酒の店 「ごとし」

今年もやっと仕事納めとなりました。

 というわけで、堪りにたまった記事をアップ・・・ (汗)

 前回に続き、関西旅行第二段です。

古都・京都

京都は、いにしえの時代から現代まで、本当にたくさんのエピソードが詰まった街ですね。

 姫路から新幹線で京都へ向かい

 京都観光は修学旅行以来なので

 まずは名所旧跡へ、訪ねたのは東山地区

421

銀閣

足利幕府の8代将軍 足利 義政(あしかが よしまさ) が隠居後移った東山殿に建てた観音堂で東山文化の代表的建築物ということです。

45

金閣に比べると、かなり渋い佇まいですが

 建設当時、2階部分の壁は黒漆だったそうです。

訪れたのは平日でしたが、外国の方を含め

 多くの観光客が訪ねてきていました。

哲学の道

銀閣寺を後にして歩いて移動

41 42 43 44

 哲学の道という琵琶湖疏水の掘割り沿いの道をお散歩

 途中のお茶屋さんでわらび餅で一服。。。

南禅寺

JR東海のCM 「そうだ!京都へ行こう」 にも登場した

 ここ南禅寺の三門

41_2

日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつそうです。

大泥棒・石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という歌舞伎の名セリフを廻す「南禅寺山門」ですが、実際は五右衛門の死後、寛永5年(1628年)の建築だそうです(笑)

42_2 43_2

 紅葉と夕日に映える大伽藍、とても立派でした。

さて、ここで本日はタイムアウト

 これからお楽しみの夕食へと向かいます♪

魚とお酒 「ごとし」

52

 京都でお燗酒の魅力をめいっぱい引き出しているお店です。

 あのミシュランガイドにも載っているようです。

 暖簾には、上野 上原先生の銘文句が・・・

まずは「秋鹿・山廃」「群馬泉・淡緑」

 もちろん、お燗で u(^▽^*)

54_2 55_2

 絶妙な温度でお燗されています ч(´~`)

お通しが出てきて、メニューを見ると

 食べ物も、とってもおいしそうなラインナップ。

53_2 59_2

.

まずは、お造りと白子のポン酢から

 ん~! 絶品です

56_2 57_2

合わせるお酒は「日置桜・ひやおろし 山装う」

 お聞きすると、コチラのお店では、

 日置桜のは、季節ごとのお酒も含めて

 ほとんど揃えているすうです。コレは楽しみですね♪

58

笹カレイから揚げと、グジ味噌をいただきます。

 ん~! お酒がすすみます (笑)

592 593

ココからは、toto のこだわり

にごり・燗

初めてお眼にかかれた「日置桜・鍛造にごり」をいっちゃいます!

 旨い! ちょっと熱めの絶妙な温度で燗をつけてあります。

  感激 u(´∇`*)!

591

野菜も食べないとね。

 小松菜とあげのさっと煮、お出汁がオイシイ。

594

〆にもう一杯、「生モト・どぶ」をお燗で

 これまた、いい温度で提供していただきます。

595 596

お店を切り盛りされているご主人とおかみさん

 お二人とも若くして、お燗酒が大好きだそうです。

本当に大満足! ご馳走様でした  v(^▽^*)

  このように素晴らしいお店が近くにあったらなぁ~

   と思いつつ、お店をあとにしました。

51_2

秋の京都、年越しでもう1回くらい続く・・・ 

 たぶん・・・ (汗;)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

姫路城 & 龍カ

さて、これも1ヶ月以上前になります (汗;)

思い出話し第2段

カミさんと関西方面へ旅行してきました。

 行き先は姫路、京都、彦根

 江戸時代から現在までその姿を残してきた本物の木造のお城巡りです。

先ずは初日小田原から新幹線でー路、姫路へ向かいます。

 ちなみに、現在の小田原城は鉄筋コンクリート造りです。

姫路駅に到着後、一旦荷物をホテルで預かってもらいます。そして始めに向かったのが

 国宝 「姫路城」

11

んっ? お城が張りぼて??

 いえいえ只今、平成の大修復中!

  お城全体を仮囲いの建物ですっぽりと覆っているんです。

この建物の中で 白鷺城 の別名のごとく、真っ白な城壁や漆喰で固めた瓦の葺き替えを中心に耐震補強などをしているそうです。

1

このジオラマ模型の様に作業をしている

 めったに見ることが出来ない修復中のお城見学です v(^▽^*)

12

実際の外観は、すでにだいぶ完成に近づいている様子

 おっつ、実際の左官職人さんが瓦の漆喰の作業をしていますね。

1_2        この写真でわかるかなぁ~(画面右よりの網の向こう)

お城の見どころは天守閣だけでなく、石垣や門構えなどいたるところにあります。

13 15

この日は、櫓の中で甲冑の展示もしていました。

1_3

そして、一足早い紅葉もキレイでしたよ。

14

半日で見きれなかった所は明日にして、

 姫路といえばこの蔵、「龍力」を醸す本田商店さんhttp://www.taturiki.com/へお邪魔しに行きました。

2 2_2

姫路から山陽本線で3駅、15分程で到着します。

 駅のホームから社屋上の「米のささやき」の看板が見えます。

 駅から歩いて5分、本田商店でお迎えいただいたのは本田龍祐さん

蔵で「ドラゴンシリーズ」を手がけてらっしゃいます。http://www.taturiki.com/dragon/

2_10

写真は10月の燗酒コンテスト2012において最高金賞受賞の時のものです。

 そして、おじい様で会長の本田武義様にも

 ご紹介いただきますた m(^▽^)mハジメマシテデス

そのご、応接室で龍祐さんから本田商店の歴史やまだまだ吟醸酒・純米酒なんて言葉がなかった頃からの旨い酒への取組み、龍力誕生、酒米へのこだわりなどいろんなお話をお聞かせいただきました。 

 お忙しいところ本当にギリギリまでありがとうございます。そして、龍祐さんの時間切れ・・・

そして引き続き、セールスマネージャーの花井さんに蔵の中をご案内いただきました。

2 22

  龍力こだわりの酒米          専用精米機の数々

2_22_3

親龍蔵                   蒸米放冷機

2_4 22_2

    ハイテク麹室

2_5 2_6

    酒母室                 吟醸蔵      

21 2_8

  吟醸蔵内の仕込タンク          薮田式絞り機

などなど、本当に詳しく案内していただきました。

 ありがとうございます。

そして社屋に戻って、お楽しみの試飲もさせていただきました  v(^▽^*)  

2_9

フラッグシップの「秋津」から始まり

 「米のささやき」「純吟」「特純」などなど・・・

 シ・ア・ワ・セ・・・♪ 

本田商店で働いていらっしゃる皆さん、本当に礼儀正しくご挨拶や対応をしていただき本当にありがとうございました。

夜は、姫路市に戻って本田龍祐さんオススメの居酒屋「みちのく」さんで新鮮なお造りや料理をおいしい「龍力」で楽しませていただきました。

31 33

34_2

また、ハシゴをしたお店にもやっぱり「龍力」

38_2

 さすが、お膝元ですね d(▽⌒)

     ご馳走様でした。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧