カテゴリー「佐賀」の記事

2008年3月15日 (土)

にごり酒(七田)

本日のにごり酒は、佐賀の地酒「七田(しちだ)」純米・おりがらみです。

Photo  蔵元は、天山酒造株式会社http://www.tenzan.co.jp/index.htmで小城郡小城町にあります。

 蔵の近くには、日本有数の「蛍の名所」の祇園川http://www.sagasubanta.com/sagayoyo/yokatoko/ogi/gion_gawa/ が流れていて、毎年5月下旬から6月の初旬になると源氏ボタルの飛び交う姿が観察できるそうです。Photo

              ステキです (*^o^*)

蔵元では、祇園川と同じ天山山系の伏流水を仕込水とて使用していま す。

 佐賀県でも大きな蔵元の天山酒造です。五代目の七田利秀社長は「天山酒造はふるさとの歴史・文化・自然に感謝しながら、人の心を酔わせ人生を豊かにする美味き酒造りをし、22世紀目指し歩み続けます。」というポリシーで旨酒を醸しています。

 今回紹介する「七田」は六代目の七田謙介氏が「天山」から独立して、自分の理想とする味わいを、情熱とこだわりをもって特定銘柄の純米と純米吟醸を年間40石ほど醸しているそうです。

 このにごり酒は、純米無濾過生のおりがらみで、ビンの底から1cmほどの細かい「おり」が含まれています。

またまた、活性の生酒ですので慎重に・ゆっくり オープン ・・・

おりの部分からやや多目の炭酸が上がってきましたが、噴出すことなく無事開栓できました。 

 酒米は地元で収穫された、麹米に山田錦、掛米に麗峰をそれぞれ65%まで磨き使っています。

アルコール度は18-19%とかなり高めで、日本酒度+2~+3、酸度:1.7~1.8で自家酵母を使っています。上り香は、甘いフルーツっぽい香りがします。

味は酸味と甘味のバランスがよく旨味が凝縮されていて、爽かな切れがあり呑み飽きのしない味です。

含み香はやはり、ほのかに甘いフルーツ(バナナやメロンよりは柿に近いでしょうか)のようです。食中酒として以外にも、シーン・食事の種類を問わず楽しめます。

お燗にすると、少し酸が増すようで冷のままが美味しいようです。

  720mlのお値段は、1,155円とお買い得ですネ~

「七田」ブランドでは日本酒以外にも、その醸造技術を生かした純米焼酎や大吟醸の酒粕焼酎そして麦焼酎もラインナップされているようです。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)