« 1SB ケース買い (笑) | トップページ | 2019 あけましておめでとうございます »

2018年12月29日 (土)

熟成古酒

みなさんは、古酒と聞いてどんなお酒を想像するでしょうか?

泡盛や紹興酒、はたまたビンテージワインやウイスキー、ブランデーなどの洋酒などなど…

実は、日本酒にも立派な古酒がたくさんあるんです。

Sake_g_agedsake_inishie_01


日本酒業界的には、洒造年度に販売できないと古酒扱いになってしまうようです。
これは銀行などから融資を受ける際に当年度中に資金回収を求められ、販売されなかった場合は在庫とみなされるからだとか…

しかし、敢えて数年間熟成を待って出荷する銘柄をラインナップしている蔵元さんも少なからずあります。
リスクをとってでも美味しく飲んでもらいたいという思いがあるのですね。

中には、初めから5年、10年と長期熟成を目的にお酒を仕込むこともあります。

数年間ストックし管理しておく手間を考えれば、当然コストは少しずつ高くなります。


Sake

ひとロに古酒といっても保存方法によって、その色や香り、味わいなど千差万別です。
当然、元々のお酒の質(味など)によっても変わりますね。

保管の影響因子としては環境温度が一番大きく、マイナスに近い低温ほどゆっくり、高温ほど早く変化・熟成してゆきます。

Toptitle

長期熟成酒研究会では、「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」を熟成古酒と定義しています。
詳しくは、コチラから → http://www.vintagesake.gr.jp/

また、ほんの一部の酒販店さんや飲食店さんが敢えて古酒とするべくストックすることもあります (あくまでもデッドストックではありませんよ 笑 )

そして、個人的に日本酒をストックして古酒化しているマニアまでいます。
変態ですねぇ~!( 褒め言葉です )

Tekisei

蔵元さんが出荷する以外は、あくまでも自己責任ですからね (^_^)b

|

« 1SB ケース買い (笑) | トップページ | 2019 あけましておめでとうございます »

お酒の基礎知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熟成古酒:

« 1SB ケース買い (笑) | トップページ | 2019 あけましておめでとうございます »