« 2012年11月 | トップページ | 2013年6月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

京都・魚とお酒の店 「ごとし」

今年もやっと仕事納めとなりました。

 というわけで、堪りにたまった記事をアップ・・・ (汗)

 前回に続き、関西旅行第二段です。

古都・京都

京都は、いにしえの時代から現代まで、本当にたくさんのエピソードが詰まった街ですね。

 姫路から新幹線で京都へ向かい

 京都観光は修学旅行以来なので

 まずは名所旧跡へ、訪ねたのは東山地区

421

銀閣

足利幕府の8代将軍 足利 義政(あしかが よしまさ) が隠居後移った東山殿に建てた観音堂で東山文化の代表的建築物ということです。

45

金閣に比べると、かなり渋い佇まいですが

 建設当時、2階部分の壁は黒漆だったそうです。

訪れたのは平日でしたが、外国の方を含め

 多くの観光客が訪ねてきていました。

哲学の道

銀閣寺を後にして歩いて移動

41 42 43 44

 哲学の道という琵琶湖疏水の掘割り沿いの道をお散歩

 途中のお茶屋さんでわらび餅で一服。。。

南禅寺

JR東海のCM 「そうだ!京都へ行こう」 にも登場した

 ここ南禅寺の三門

41_2

日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつそうです。

大泥棒・石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という歌舞伎の名セリフを廻す「南禅寺山門」ですが、実際は五右衛門の死後、寛永5年(1628年)の建築だそうです(笑)

42_2 43_2

 紅葉と夕日に映える大伽藍、とても立派でした。

さて、ここで本日はタイムアウト

 これからお楽しみの夕食へと向かいます♪

魚とお酒 「ごとし」

52

 京都でお燗酒の魅力をめいっぱい引き出しているお店です。

 あのミシュランガイドにも載っているようです。

 暖簾には、上野 上原先生の銘文句が・・・

まずは「秋鹿・山廃」「群馬泉・淡緑」

 もちろん、お燗で u(^▽^*)

54_2 55_2

 絶妙な温度でお燗されています ч(´~`)

お通しが出てきて、メニューを見ると

 食べ物も、とってもおいしそうなラインナップ。

53_2 59_2

.

まずは、お造りと白子のポン酢から

 ん~! 絶品です

56_2 57_2

合わせるお酒は「日置桜・ひやおろし 山装う」

 お聞きすると、コチラのお店では、

 日置桜のは、季節ごとのお酒も含めて

 ほとんど揃えているすうです。コレは楽しみですね♪

58

笹カレイから揚げと、グジ味噌をいただきます。

 ん~! お酒がすすみます (笑)

592 593

ココからは、toto のこだわり

にごり・燗

初めてお眼にかかれた「日置桜・鍛造にごり」をいっちゃいます!

 旨い! ちょっと熱めの絶妙な温度で燗をつけてあります。

  感激 u(´∇`*)!

591

野菜も食べないとね。

 小松菜とあげのさっと煮、お出汁がオイシイ。

594

〆にもう一杯、「生モト・どぶ」をお燗で

 これまた、いい温度で提供していただきます。

595 596

お店を切り盛りされているご主人とおかみさん

 お二人とも若くして、お燗酒が大好きだそうです。

本当に大満足! ご馳走様でした  v(^▽^*)

  このように素晴らしいお店が近くにあったらなぁ~

   と思いつつ、お店をあとにしました。

51_2

秋の京都、年越しでもう1回くらい続く・・・ 

 たぶん・・・ (汗;)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

姫路城 & 龍カ

さて、これも1ヶ月以上前になります (汗;)

思い出話し第2段

カミさんと関西方面へ旅行してきました。

 行き先は姫路、京都、彦根

 江戸時代から現在までその姿を残してきた本物の木造のお城巡りです。

先ずは初日小田原から新幹線でー路、姫路へ向かいます。

 ちなみに、現在の小田原城は鉄筋コンクリート造りです。

姫路駅に到着後、一旦荷物をホテルで預かってもらいます。そして始めに向かったのが

 国宝 「姫路城」

11

んっ? お城が張りぼて??

 いえいえ只今、平成の大修復中!

  お城全体を仮囲いの建物ですっぽりと覆っているんです。

この建物の中で 白鷺城 の別名のごとく、真っ白な城壁や漆喰で固めた瓦の葺き替えを中心に耐震補強などをしているそうです。

1

このジオラマ模型の様に作業をしている

 めったに見ることが出来ない修復中のお城見学です v(^▽^*)

12

実際の外観は、すでにだいぶ完成に近づいている様子

 おっつ、実際の左官職人さんが瓦の漆喰の作業をしていますね。

1_2        この写真でわかるかなぁ~(画面右よりの網の向こう)

お城の見どころは天守閣だけでなく、石垣や門構えなどいたるところにあります。

13 15

この日は、櫓の中で甲冑の展示もしていました。

1_3

そして、一足早い紅葉もキレイでしたよ。

14

半日で見きれなかった所は明日にして、

 姫路といえばこの蔵、「龍力」を醸す本田商店さんhttp://www.taturiki.com/へお邪魔しに行きました。

2 2_2

姫路から山陽本線で3駅、15分程で到着します。

 駅のホームから社屋上の「米のささやき」の看板が見えます。

 駅から歩いて5分、本田商店でお迎えいただいたのは本田龍祐さん

蔵で「ドラゴンシリーズ」を手がけてらっしゃいます。http://www.taturiki.com/dragon/

2_10

写真は10月の燗酒コンテスト2012において最高金賞受賞の時のものです。

 そして、おじい様で会長の本田武義様にも

 ご紹介いただきますた m(^▽^)mハジメマシテデス

そのご、応接室で龍祐さんから本田商店の歴史やまだまだ吟醸酒・純米酒なんて言葉がなかった頃からの旨い酒への取組み、龍力誕生、酒米へのこだわりなどいろんなお話をお聞かせいただきました。 

 お忙しいところ本当にギリギリまでありがとうございます。そして、龍祐さんの時間切れ・・・

そして引き続き、セールスマネージャーの花井さんに蔵の中をご案内いただきました。

2 22

  龍力こだわりの酒米          専用精米機の数々

2_22_3

親龍蔵                   蒸米放冷機

2_4 22_2

    ハイテク麹室

2_5 2_6

    酒母室                 吟醸蔵      

21 2_8

  吟醸蔵内の仕込タンク          薮田式絞り機

などなど、本当に詳しく案内していただきました。

 ありがとうございます。

そして社屋に戻って、お楽しみの試飲もさせていただきました  v(^▽^*)  

2_9

フラッグシップの「秋津」から始まり

 「米のささやき」「純吟」「特純」などなど・・・

 シ・ア・ワ・セ・・・♪ 

本田商店で働いていらっしゃる皆さん、本当に礼儀正しくご挨拶や対応をしていただき本当にありがとうございました。

夜は、姫路市に戻って本田龍祐さんオススメの居酒屋「みちのく」さんで新鮮なお造りや料理をおいしい「龍力」で楽しませていただきました。

31 33

34_2

また、ハシゴをしたお店にもやっぱり「龍力」

38_2

 さすが、お膝元ですね d(▽⌒)

     ご馳走様でした。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年6月 »