« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月23日 (日)

埼玉の地酒(神亀)

先日、またまたカミさんと プチ・ドライブ car foot

厚木市の山側、飯山にある「長谷寺」に行ってきました。

0 神奈川でも「長谷寺」というと、鎌倉にある紅葉やお花で有名なお寺さんがありますね。

1_2 ここ厚木の「長谷寺」も鎌倉の「長谷寺」と同じ坂東三十三箇所になっているそうで、建立もほぼ同時期の8世紀前半ごろ、そしてご本尊も同じ十一面観音さまです。

別名「飯山観音」と呼ばれ、春になると境内に植えられた桜cherryblossomが有名な観光スポットにもなっていますよ。

ほかにも、湯量はあまり多くないものの、天然spa温泉も湧き出ていて癒しスポットにもなっています(超アルカリ泉らしい)。

01_3 10_233

この「飯山観音」、境内には三十三体の観音様がいらっしゃいます。

一体一体、お顔立ちやお姿勢が個性的ですね。

緑豊かな境内も癒し空間になっています。

カミさんは「パワー・スポットみたい、癒される~」と言っていました。

Photo_2

そして、家に帰ってtoto の癒し酒(にごり酒)で一杯・・・

埼玉の地酒「神亀・純米活性にごり酒」です。

2 蔵元は、神亀酒造株式会社で蓮田市にあります。

創業は嘉永元年(1848年)で、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に神の使いである亀が棲んでいたという伝承が「神亀」の由来だそうです。

酒質をできるかぎり、自然に近いかたちであることを基本として、今から20年以上前の昭和62年度から全量純米酒だけを醸しています。

Photo 通常の「神亀」は2年以上熟成してから出荷されますが、今回のお酒は毎年この時期だけに出回る新酒・生の活性にごり酒です。

お米は、山田錦を60%精米で使用、アルコール度17.9%以下、日本酒度 +5~6、酸度 1.6~1.7、自家酵母を使っています。

1 栓を切ると、瓶内に勢いよく泡が上がってきて、すかさず栓を締めなおします。

なかなかの元気者です!瓶の中で下のにごりの部分が泡をからめてポコポコと湧いてきます。

栓の緩め具合を調節しながら、10分ほどで開栓成功 v(^▽^;)イエィ!

少し大きめのぐい呑みに注いでいただきます。

ジュワジュワの泡とキレの良い飲み口、あとからじんわりと旨味が広がります。

これまた、グイグイとすすんでしまいますね。

残りは、2日ほど冷蔵庫に置いて、炭酸が抜けかけてからお燗にしてみます。

少し炭酸が残ってピリピリとした舌さわりで、基本は変わりませんが旨味がさらに増して美味しいですね。

お値段は、4GB(720ml)が1,735円です。

いや~、癒されました v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

滋賀の地酒(浪の音)

Photo_5 先日、小田原でゲットした丸干しを炙って丸かじり、サヨリの中骨はちょっと堅くてお残ししてしまいましたが、イワシは頭から尻尾までバリバリ!

うまかった~ (^¬^)ムシャムシャ

ご馳走さまでした (ー人ー )ゴッ

そして、あわせて開栓したお酒は・・・

 滋賀の地酒「浪の音・純米酒・ええとこどり・生」です。

Photo 蔵元は、浪の音酒造株式会社 http://naminooto.com/ で大津市にあります。琵琶湖南部の西側湖岸にあります。湖まで100メートル?。

創業は1805年(文化二年) で長男の(十代目蔵元)中井孝さんをはじめ3人兄弟で力を合わせて蔵を守っています。

蔵に隣接した別邸の「余花朗(よかろう)は高浜虚子の弟子で現蔵元の祖父・八代目当主の俳号より名付けられたそうです。

Photo_2 琵琶湖の水をふんだんに取り入れた庭園を眺めながらのお食事が楽めるそうです。

でも季節限定そして、開業中も1日の食数限定の完全予約制お食事処として利用出来るようです。 o(^▽^)oイッテミタイ!

お米は、山田錦を60%精米で使っています。アルコール度15-16%、日本酒度+3、酸度1.8、協会901酵母で醸しています。

上立ち香は、ほとんど感じません。口に含むと実にマイルドで派手さはありませんが、じんわりと旨味が広がります。

お燗にすると、少し酸が出てきますがやはりマイルドで美味しい味わいです。 どちらの温度も、食中酒として食の味わいを引き立ててくれます。

お値段は、4GB(720ml)が1,155円、1SBは2,100円とリーズナブルです。

Photo_4 蔵元の中井孝さん(右)とは一昨年の日本酒フェアでお目にかかっているのですが、浪の音をなかなか関東圏で見つけることが出来ず、横浜のクイーンズ伊勢丹でやっと出会えました。ちなみに左手は同じ滋賀の北島酒造の北島専務さんです v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

小田原・早川漁港

今日は、メッチャ寒いですね!

関東地方も最低気温が軒並みマイナス、最高気温も一桁で神奈川もお天等さんsunが出て良い天気なのですが 6-7℃ほどにしかなりませんでした。 北風が冷たい! ((+_+))ブルッ

Photo_14 さて、先日カミさんと一緒に、箱根駅伝で選手達が走った国道1号線を平塚から小田原までのんびりとドライブ、お昼に美味しいお魚を食べに行きました。

Photo_8 今日向かったのは、小田原漁港すぐ脇にある「わらべ 菜魚洞(さいぎょどう)」です。

このお店は、隣が漁港ですから新鮮な旬のお魚が入るようです。

Photo_11 Photo_13

通年である魚もあるようですが、基本はその時期に水揚げされるお魚がメインです。 カミさんは、刺身二種(1,050円)の定食(+280円)。

お刺身は、ハマチ・イカ・ホタテ など10種類くらいの中からお好みで選べます。

Photo_6

カミさんは、一番好きと言っている 金目鯛 と、この時期脂がのっている ブリ の刺身をチョイス。

toto は、黒ムツの煮魚(1,100円)のアラ汁定食(+390円)

Photo_7当日の煮魚は他に 金目鯛 オシツケ(アブラボウズ)がありましたよ。 当日のメニューにオシツケがあるのに気が付いたのは注文した後・・・ (^◇^ ;) シ・シマッタ

ちなみに、オシツケ(アブラボウズ)って他の地方ではほとんど食べられないお魚のようです。

ここ小田原では金目鯛には及ばないまでもプチ高級魚。

煮付けはギンダラに近くトロっとしていてけっこう美味しい。

さて、注文した黒ムツは想像していたよりも小ぶりの20cm級が二匹。 脂ののりは少なかったものの、淡白で美味しかったですよ。

Photo_15 アラ汁もけっこう身が付いている中骨などが入っていて、大満足 v(^▽^*)

カミさんの刺身も少しつまんで、コレも美味しい! 二人でお腹一杯です。

さて、お店を出て駐車場の隣を覗くと・・・

3_2 魚がいっぱい干してあります。 めざし?

そうですね、鰯です。 隣には、口のとがったサヨリも一緒に目刺しになっています。

今では、ここ小田原から伊豆にかけても、ほとんどが機械乾燥の干物になっていますが。 コレは、本当の天日干しです。

っと、見ているとご主人らしき人物が出ていらっしゃいました。

22_4

造り方や、お値段などを聞くことが出来ました。

「鰯は一串100円だよ」って安ぅ!

「サヨリは、500円」とこちらも安い。

「中にもいろいろあるから見てきなよ」と 店内へ・・・

一間ほどの間口のお店の中は意外と広く、干物の加工場になっています。

ここで加工して、出荷しているようです。

そして、少し傷がある干物は格安で売っていますよ。アウトレットですね。

1_5 2_10

totoは、先ほどの鰯とサヨリの丸干しと珍しい太刀魚の干物をがゲットして帰路につきました。 

今日は帰ってから、コイツをあぶって、キュッと一杯、これまた楽しみです u (▽⌒)

Photo_16

また、来まーす ヽ(▽⌒)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

日本酒の温度による楽しみ

日本列島、冬真っ盛りですね。日本海側では大雪が続き、関東各地はカラカラ天気です。

Photo 毎日寒さが続くと、やっぱり鍋物やおでんなど温まる食べ物が恋しいですねぇ〜

そして日本酒、それも 燗酒 が合います (⌒▽)u ч(▽^*)イィネェー

Photo_3 去年の猛暑では、キィーンっと冷やした 冷酒 がおいしかったのに・・・

そうです!日本酒は、世界中のお酒で最も飲用温度の幅が広いお酒といわれてるんです ヽ(▽⌒)

温度による呼び方

温度によって味わいも変わってくる日本酒は、とっても奥が深いんですよねぇ!

そして、温度帯によってそれぞれこんな洒落た名前がついているのも粋でげすね〜 v(^▽^)

お酒の温度帯の呼び方(例)

雪冷え

ゆきひえ

5℃ くらい

花冷え

はなひえ

10℃ くらい

涼冷え

すずひえ

15℃ くらい

冷や(常温)

ひや(じょうおん)

20℃ くらい(室温)

日向燗

ひなたかん

30℃ くらい

人肌燗

ひとはだかん

35℃ くらい

ぬる燗

ぬるかん

40℃ くらい

上 燗

じょうかん

45℃ くらい

あつ燗

あつかん

50℃ くらい

飛びきり燗

とびきりかん

55℃ くらい

タイプごとに合う温度

お酒のタイプによって、冷やすと良いとか・燗上がりするなど温度ごとに向き不向きのお酒があったり

どの温度帯でも基本は変わらず同じ雰囲気を保つお酒や

温度ごとにそれぞれ別の顔を見せてくれるお酒などもあったります。

日本酒を4つのタイプに分けることがありますが、基本的にそれぞれに向く温度は次のように言われています。

  • 薫酒(華やかな香りのタイプ)

     適した飲用温度帯 : 10℃前後

  • 爽酒(軽快でなめらかなタイプ)

     適した飲用温度帯 : 5℃前後

  • 醇酒(ふくよかな香りとコクのあるタイプ)

     適した飲用温度帯 : 15〜45℃前後

  • 熟酒(練れた香りと豊潤な味わいの熟成タイプ)

     適した飲用温度帯 : 15〜35℃前後

3

それぞれの持ち味や特性を知ることによって、1つのお酒でいろいろな味わいを楽しめますね。

でも、これは同じ銘柄でも精米歩合や仕込み方、お米や酵母の種類、また生酒や火入れによっても違ってきますし、例外はいくらでもありますので参考程度にしてみてくださいね d(^ー゜)

2_3 季節や合わせる料理などにあわせて、皆さんも自分なりのベスト温度を見つけてみてください。

新しく開けたお酒をどの温度で飲むのか? 

ぜひ、色々と楽しんでください v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ドックと富士山と八海山と

先日、新年早々に人間ドックに行ってきました。

ドックの前日は、PM 9:00以降 飲食禁止 なのですが・・・

Photo_6 帰宅したのがPM 9:00ですから、一切気にしないでどんぶり飯と正月の残り「田酒」を少しだけ楽しんでPM10:00に断食に突入します。

といっても、明日の昼まで・・・ v(^▽^;)ネッ

年末からの暴飲暴食がたたって、メタボ体型になっていますからちょうどいいですね。

数年前に仕事が超多忙で、ドック当日の午前0時ごろ帰宅し、でもしっかり飲み食いした経歴がありますので、消化の早さには自信があります  (。_゜)☆\(ー_ー) ダメジャイ

  よい大人はマネをしないで下さい!!!

3 青空の下、職場近くの検診センターで受診します。

今年は、胃のレントゲンはパス! だって、あのバリウム&発泡剤が苦手なんです・・・ d ( ̄^ ̄)ヾ(’o’; )ダメダッテェ

  よい大人はマネをしないで下さい!!!

あとで、カミさんにバレてきっとお仕置きですね shock

さて、受付を済ませて、身長&体重測定です。

「身長***cm、体重**Kgですね」って、ヤッパリ 3kg以上お肉がついていました(照;)

胃のレントゲンを受けなかったこともあり、予定より早くすんなりと終了 (ーoー)ホッ

昼過ぎには自宅へ帰えってきました。

胃のレントゲンをパスしたお仕置きをされる前に、カミさんサービスを・・・

車で一緒に、久々の(10数年ぶり?)津久井から道志村を抜けて富士五湖の一つ「山中湖」へドライブ。

なぜか最近になって、この道が思い出されて 富士山 を見に行きたくなっていたんです。

昔は、すんごい超・ガッタガタだったこの道ですが・・・ 2_3 って、30年前の話ですけど(汗;)

とても良い道になっているのにビックリです。 

久々にワインディング・ロードのコーナリングを楽しみました。

途中には「道の駅」なども出来ています。

Photo_2 2

山中湖に抜ける峠を越えると、目の前に雄大な富士山が飛び込んできました。

湖畔に車を止めて、写真をパチリ shine

いやぁ~! やっぱり富士山はいいなぁ~~

2

帰りは籠坂峠を抜けて、御殿場から東名高速で帰ってきました。ここが、根性無しのオッサンたる所以ですね

家に帰って、撮ってきた富士山の写真をながめつつ、八海山・純米吟醸・生原酒で一杯。 これまた、オッサン(汗;)

Photo 本醸造の青文字「越後で候」は去年からありますが、今年から待望の純米吟醸 赤文字「越後で候」が発売になりました。

お米は、麹米に山田錦、掛米に五百万石を50%精米で使用しています。アルコール度18%、酵母は協会701号とM310を使っているようです。

Photo_2 生原酒の割には、けっこうあっさりとした飲み口ですね。スイスイといけます。

お値段は、4GBで1,835円、1SBが3,670円です。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

元旦・青森の地酒(田酒・山廃)

Photo お正月、関東地方はおだやかな天気にめぐまれtotoものんびりと過ごすことができました sun

1日は、toto の両親と兄じゃを呼んで我が家・恒例の新年会。

カミさんが作ったお節料理などで新年をお祝いします。

Photo_2 今年は、黒豆の出来がよかったとご満悦のカミさんです v(^▽^*)イェィ

そしてお酒は、まずはお屠蘇で邪気を払いみんなの健康を祈ります。

  toto って、邪気だらけですから・・・ ( ̄▽ ̄;)

続いて本日のメイン酒は、ここ数年恒例になって入る気がしますが・・・

青森の地酒「田酒・純米大吟醸・山廃」です。

Photo_3 蔵元は、西田酒造店 http://www.densyu.co.jp/ で青森市にあります。

創業は、明治11年(1877年)で青森市内では唯一の酒造蔵です。

お米は、40%精米の山田錦、アルコール度16-17%、日本酒度+2 、酸度 1.4で協会9号酵母を使っているようです。

Photo_4 今回も、お正月の特別バージョンで中に鶴の細工が入ったデカンタに入れてみました。

デカンタに移す時からいい香りが広がります。

上立ち香は、上品なお菓子のような甘い香りがします。 他にも複雑な芳香系の香り。おいしそう~

口に含んでも、香りのイメージどおりの味わい。やっぱり美味しい~

2 含み香は、口中で温められさらに花開きます。でも嫌味がなく洗練されていますね。

いつもこの田酒の山廃を味わうと、totoの中の山廃のイメージが音をたててガラガラと崩れていきます!

酒の旨味成分は沢山詰まっているのですが、旨味の種類が違うといいましょうか、洗練されているといいましょうか、山廃の中では別格ですね。

お値段は、1SB(1,800ml)のみのラインナップで 8,600円です。

集まった家族のみんなにも、とても喜んでもらいました。

Photo_6 初詣

新年会のお開きの後に、遅くなってしまいましたが、近くの氏神様まで初詣。

今年の無病息災をお願いして・・・ (ー人ー )パンパン

2_3 おみくじを引きます。

何が書いてあったのかな?v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

お屠蘇(おとそ)

みなさん、明けましておめでとうございます ヽ(▽⌒) アケオメ

やってまいりました、平成23年(2011年)元旦 。

今年も(今年こそは)良い年にしましょうね e(^O^ )9 オゥー!

Photo さて、お正月は雑煮やおせち料理ですが、いただく前に、 お屠蘇 から始めましょう。

「お屠蘇ってなに? お酒でしょ? 違うの?」

ということで、ちょっと解説を・・・

いつごろから?

正月に屠蘇を呑む習慣は、中国では唐の時代に始まり、日本では平安時代からと言われ、嵯峨天皇の頃に宮中の正月行事として始められ貴族だけの儀礼的なものだったようです。その後、江戸時代には庶民の間にも徐々に広まったようです。

屠蘇って、どういう意味?

Photo_3 「屠」は屠殺(とさつ)(動物など大きな生き物や家畜などを殺すこと)、「蘇」は蘇生(そせい)・(よみがえり・生気を取り戻す)というような意味になります。

つまり、「鬼・邪気・病などを追い払い、新しく魂を目覚め蘇らせる」というような意味になりますが、微妙に解釈が違ういくつかの謂(いわ)れがあるようです。

Photo_6 何を入れるの?

お屠蘇は、「屠蘇散」といわれる生薬を煎じたものをお酒や味醂(みりん)に漬け込んでつくります。

屠蘇散には、白朮(ビャクジュツ)、山椒(サンショウ)、桔梗(キキョウ)、肉桂(ニッケイ)、防風(ボウフウ)など、胃腸の働きを盛んにし血行をよくする働きのある漢Photo_7 方が入っています。

独特の香りと味がします。

ぜひ、飲んで美味しい お酒味醂 を使って漬けてくださいね。

地域によっては・・・

屠蘇散を使ったお屠蘇は、おもに関西以西で、関東以北では単に日本酒を元旦に飲むことも多いようです。

2 まあ、いずれにしても大切なのは形式ではなくて一家そろって、また来客と一緒に、皆の無事や健康を祈念してお迎えしようという心・精神だと思います。

この家族そろって、というのがこの頃はなかなか難しいのですけどね・・・

しかし、たとえ家族が一緒に新しい年を迎えられないとしても、屠蘇をいただくことでお互いの無事を願おうではありませんか u(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »