« 吟醸酒を楽しむ会 2010 | トップページ | 一都三県・蔵元との交流会 2010 »

2010年11月 7日 (日)

日本酒天国 2010

昨日・今日と、今年の日本シリーズは壮絶な戦いが繰り広げられています ヽ(゜▽゜;) ガンバレ

Photo_4 さて、10月29日に例年通り新宿京王プラザホテルで開催された「日本酒天国 大試飲会」に今年も参加してきました。

会場の京王プラザホテルには、第一部の開始時間より30分ほど前に到着です。

列に並んでしばらくすると、日本名門酒会・岡永のスタッフさんから、首掛けの長い紐が付いたお酒のリストが配られます。Photo_3

そのうちに会場待ちの列は前のエスカレーター・ホールをグルッとまわり、最後尾はまったく見えない状態に・・・

Photo_7

しばらくすると「時間前ですが開場します」と列が動き出します。会場の入口前で、係りの方から鈴半の弁当「日本酒天国・2010」と書かれた底に蛇の目があるミニ利き猪口を受け取って会場入りします。

Photo_6 龍馬

広い会場に入って、まず目に飛び込んできたのが司牡丹の竹村社長が扮するあの「坂本龍馬」が! 今年もさらにパワーアップしているようです!!

お写真をお願いすると、快く 「じゃあ、お決まりのポーズで」 と、

オォ!龍馬が日本の明日を見つめている写真とそっくりそのまま!

こじゃんと決まってますね! ありがとうございます ヽ(▽⌒)

さて、テンションが上がったところで向かったのが、長州・山口の五橋です。

先日の「やまぐち地酒維新」でもお世話になった専務の酒井秀希さんがいます。お話をうかがうと、杜氏の仲間さんはすでに蔵で今期の造りに集中されているそうです。

そして、いち早く搾られたにごり酒もいただきました。 スペックは普通酒のにごり酒だそうですがなかなかの酒質で、にごりジャンキーの toto にもスッと馴染める味わいです。 さすが仲間さん!

「9」

9 コチラは、岡山の御前酒(ごぜんしゅ)「9(ナイン)シリーズです。

今回もお話をうかがった七代目蔵元の辻総一郎さんやお姉さんの辻麻衣子杜氏を中心とした9人の若い蔵人により醸されたお酒になります。そして、使用している酵母も9号です。 だから「ナイン」! 古くて新しいお酒です。 ボトルもおしゃれです。

YAEGAKIPhoto_8

こちらイケメンの長谷川雄介GMにお持ちいただいているのもニュージェネレーションのお酒「YAEGAKI」です。

ヤヱガキ酒造は「無」シリーズが有名ですが、この「YAEGAKI」は日本酒度がみんなマイナスになっています。

日本酒度がマイナスになると甘口?っと思う方もいると思いますが、最近のトレンドでは旨味成分のギュッと詰まった旨口のお酒が多く出てきているんですよね d(^ー゜)! このお酒もそんな旨口のお酒です。

お酒は、愛飲家それぞれの好みですが「酒は辛口」の一辺倒から、そろそろ「酒は旨味のバランス」へシフトしてきているようです。

その後も、中国地方の蔵元ブースをいくつも周って、ここだけで出来上がってしまいそう....~~((((* ̄ー ̄))ノ ヒック

お弁当

ここらで一度、小休止! 「お弁当&和らぎ水」 タイム。

1_2 2_2

九つのマスに分かれた松花堂弁当ですね。 美味しそうですね~!

右手前のマスが空いてます。 一品おかずの入れ忘れ・・・? 

いえいえ、このマスには試飲用のお猪口がちょうど収まるようになっているんですね。 このお弁当を持ってブースを周ることも出来るようになっているんです。

おいしかったですよ~ v(^▽^*)

新趣向

今回から、会場の中央で各地蔵元のお薦めおつまみの販売も行われています。 一品500円の均一価格で、人気のおつまみは早々に売切れになっています。

そしてもう一つ、樽酒も皆さんに振舞われていました。司牡丹の竹村龍馬さんも手伝って会場のあちこちに打って出て大変好評で時間前に無くなってしまったようです。

さて toto は後半戦、東北地方のエリアに向かいましょう。

Photo_13 Photo_15

天寿でもやしもんラベルの話をしたり、新政の祐輔さんとはもう少しでそろう四つの「鑑評会用出品チームバトル酒」のことや四聖獣のお酒のことなどを教えていただきました。

ほかのブースでも、美味しいお酒とお話をさせていただきました。

締め?

さて、そろそろ帰ろうかな~っとぶらついていると、気になったのがコチラ

今回も、日本酒メーカー44蔵と一緒に焼酎メーカーが5蔵、そして信濃錦の甘酒とCOEDOビール、そして角田文治郎商店の「三河みりん」が参加しているんです。

本物のみりんは美味しくて飲んでもいけるとは知っていたのですが、実際に飲んだことはなかった toto 。

Photo_9 興味はとてもあったんです。 

そこで、角谷利夫社長にお話をうかがいながら、ちょっとだけ試飲させてもらいました。

んっ?カラメル色  あんっ~~~・・・ 甘っ!!! u(▽ ゚*)

超・甘いです! でも、砂糖なんて一切使われていません。 純粋にお米の麹の甘さなんですね。

甘いといっても、ひつこい感じではなくサッパリとしていています。 コレは凄い!

Photo_10 4GB一本のみりんを造るのに1SB一本分の米麹を使うそうです。

このみりんで漬けた梅酒もいただきましたが、これまた甘!旨!です。

最後にいただいたこのみりんの印象があまりに鮮烈で、会場外のお土産酒売り場でもお買い上げしちゃいました。 楽しみ~♪

今年もお世話になった蔵元の皆さん、岡永の皆さんありがとうございました \(⌒◇⌒) 楽しかったよ~!

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 吟醸酒を楽しむ会 2010 | トップページ | 一都三県・蔵元との交流会 2010 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。

私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。

貴サイトを拝見し、情報がとても充実しているサイトだと感じました。
ぜひオススメの商品・サービスに関連する広告バナーの掲載にご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特典もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。

http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『172』 、サイトURL『http://totosake.way-nifty.com/blog/』
※12/20までに広告掲載にご協力いただいた方が特典対象となります

この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

投稿: “My”アフィリエイトスカウト事務局 | 2010年12月11日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/49888396

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒天国 2010:

« 吟醸酒を楽しむ会 2010 | トップページ | 一都三県・蔵元との交流会 2010 »