« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

2010秋・イベント情報(パート2)

もうすぐ10月、すっかり秋めいてしまいました。 

あの猛暑の日々は何だったのでしょうか?!

海水温の上昇が原因なのか?秋刀魚の水揚げ量が少なく高値が続いていますね ≶ ゜)◅ ###>◅

先日、地元密着型スーパーの鮮魚コーナーをのぞくと、こんなに大きな平貝(25cm以上)を発見しました! それもワンコイン(500円)で即ゲット! 2713cm_2 かなり嬉しい v(^▽^*)ヤッター  

貝柱の何ともいえない食感とヒモのコリコリとした歯ざわりを楽しみながら、蔵直で送ってもらった山口の地酒・五橋の燗をあわせて満悦 u( ̄~ ̄*) シアワセ

さてさて、日本全国の蔵人が平成22年度の酒造りを前に、旨みがのった ひやおろし・秋あがりのお酒を紹介するイベントが各地で開催されています。 

そして、同時に10月22日(金)に開催される 全国きき酒選手権大会 の都道府県の予選大会も全国で開催されて次々に代表者が選出されているようです・・・ ようです・・・ ようです・・・ 神奈川ではやっていない(涙)

気を取り直して、2010秋の酒イベント紹介の第二段です。

申し込みが終了しているものもありますがご了承下さい  m(。”。 )m

────────────────────────

埼玉35酒蔵 大試飲会
~ひやおろし・燗酒・各蔵自慢の地酒のお酒飲みくらべ~

102_2 ひやおろし・燗酒 各蔵自慢旬の酒飲みくらべ!   
(埼玉県すべての酒の試飲ができます)

10_6 会場:大宮ソニックシティ(第1展示場)
日時:平成22年10月5日(火) 当日参加大歓迎
        第1部 酒販店様及び飲食店様     14:30~15:30
        第2部 一般消費者様(参加費500円)16:00~19:00

────────────────────────

2010千葉の酒フェスタ
~ ちばの「酒」めぐり&「味」めぐり ~

101_2 「千葉の酒めぐり」ブースでは約20蔵150種類以上のお酒を「きき酒」できます。
「ちばの味めぐり」ブースでは、県内名産品販売業者の方々が出店しますので、「おつまみ」や「お土産」として名産品を購入できます。
「きき酒で銘柄あてクイズ」を予定しています。詳細は当日発表いたします。

時間:午後5時30分~8時30分(受付開始5時より)
会場:東京ベイ幕張ホール No.1~3
参加料:事前予約を原則とし、お一人様 1,000円です
特典:ちばの味めぐりチケット500円分とミニきき猪口付きです
定員:700名限定
申込:9月30日(木)までの予定でしたが申込者多数により締め切りになったそうです

所在地銘柄蔵元名
酒々井町 甲子正宗 (株)飯沼本家
成田市 長命泉 (株)滝沢本店
佐倉市 旭鶴 (株)旭鶴
君津市 峯の精 (株)宮崎酒造店
君津市 福祝 藤平酒造(資)
富津市 東魁盛 小泉酒造(資)
富津市 聖泉 和蔵酒造(株)
鴨川市 寿萬亀 亀田酒造(株)
一宮町 稲花正宗 稲花酒造(有)
勝浦市 腰古井 吉野酒造(株)
勝浦市 東灘 東灘醸造(株)
大多喜町 大多喜城 豊乃鶴酒造(株)
いすみ市 木戸泉 木戸泉酒造(株)
御宿町 岩の井 岩瀬酒造(株)
山武市 梅一輪 梅一輪酒造(株)
山武市 総乃寒菊 (資)寒菊銘醸
山武市 舞桜 守屋酒造(株)
香取市 東薫 東薫酒造(株)
成田市 仁勇・不動 鍋店(株)
野田市 勝鹿 窪田酒造(株)

────────────────────────

地酒蔵元会・展示利酒会

10_3 2010年展示利酒会の概要が確定しましたので、お知らせいたします。地酒蔵元会サイトからご登録いただいた会員様には素敵なプレゼントもご用意させていただいておりますので、皆様是非お申し込みください。

日時 : 10月13日(水) 17:30-20:00 
会場 : ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 5F
会費 : 1,500円 事前申込みで和ぎ水グラスをプレゼント

北海道 男山 北の誉酒造 高砂酒造
青森県 六花酒造
岩手県 酔仙酒造

秋田県
秋田酒類製造 阿桜酒造 飛良泉本舗
山形県 小嶋総本店 古澤酒造
福島県 奥の松酒造 名倉山酒造
東京都 石川酒造 田村酒造場 JFLA販売
山梨県 萬屋醸造店
富山県 銀盤酒造 皇国晴酒造
石川県 鹿野酒造 加越 やちや酒造 福光屋
新潟県 お福酒造 菊水酒造 新潟銘醸 柏露酒造 原酒造 妙高酒造 白瀧酒造
長野県 黒澤酒造 七笑酒造
岐阜県 三輪酒造 髙木酒造 古田酒造 千代菊
愛知県 中埜酒造
三重県 宮﨑本店
京都府 山本本家 齊藤酒造 玉乃光酒造 松本酒造
兵庫県 江井ヶ嶋酒造 白鷹
岡山県 室町酒造
広島県 醉心山根本店 賀茂鶴酒造
山口県 永山酒造
徳島県 本家松浦酒造場
愛媛県 梅錦山川
高知県 司牡丹酒造 土佐鶴酒造
大分県 萱島酒造

────────────────────────

平成22年 東京秋の吟醸酒を味わう会

10_2 日時 : 10月19日(火)
      第1部 15:00~17:00(受付開始14:30)
      第2部 18:00~20:00(受付開始17:30)
会場 : ホテルメトロポリタンエドモンド(飯田橋)
会費 : 第1部 事前申込:3,500円、 当日券:4,000円
      第2部 事前申込:5,000円(酒肴付き)当日券5,000円

平成22年 大阪秋の吟醸酒を味わう会

10 日時 : 10月8日(金)18:00~20:00(受付開始17:30)
会場 : 天満橋・大阪マーチャンダイズマート(OMM)2階Cホール
会費 : 4,000円(当日券4,500円)/吟醸酒720ml、1本のおみやげ付き

────────────────────────

日本酒天国・2010東京大試飲会

10_4 今年13回目となる「日本酒天国 東京大試飲会」。今年も全国各地から約50蔵が自慢のお酒を持ち寄り、日本酒を中心にその数300種類を試飲できます。
地域性、個性豊かなお酒の数々、それぞれの味わいをお楽しみください。

日時 : 2010年10月29日(金) 第1部 15:00~17:00 
                     第2部 18:30~20:30
会場 : 京王プラザホテル 5F コンコードボールルーム
入場料: お一人様4,000円(税込、特製折詰め付)
定員 : 第1部、第2部とも各1,000名様

────────────────────────

第5回 若手の夜明け2010秋 in 渋谷シダックスホール
~ 日本酒十八人の侍 次世代蔵元Shibuyaをジャック!! ~

 次世代を担う全国の若き蔵元が渋谷に大集合!サムライ達が熱き想いと情熱で醸した極上の日本酒をお披露目いたします!皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。 会場にクロークはございません。予めご了承ください。

10_5 日時 : 10/31(日) 第1部 11:15-13:00
      第2部 14:00-15:45、第3部 16:45-18:30
会場 : 渋谷シダックスホール
参加費: 前売券 1,000円 、 当日券 2,000円(数に限りが有り)
参加蔵元: ■青森 陸奥八仙 ■宮城 日輪田 ■宮城 山和
               ■秋田 一白水成■山形 楯野川 ■福島 写楽
               ■福島 磐城壽 ■茨城 百歳■栃木 大那
               ■群馬 町田酒造 ■神奈川 相模灘 ■長野 澤の花 
               ■静岡 白隠正宗 ■滋賀 七本鎗 ■和歌山 紀土
               ■高知 文佳人■大分 豊潤 ■大分 ちえびじん

────────────────────────

奈良県、青森県、富山県、一都三県については、まだ不明です v(^▽^;)マッテテネ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

ゲンロク

元禄といっても お寿司 ではありません v(^▽^*)

本日の一本は、東京の地酒「澤乃井・元禄(げんろく)です。

Photo 蔵元は、小澤酒造株式会社 http://www.sawanoi-sake.com/ で青梅市にあります。

澤乃井(さわのい)の由来は、蔵のある地名が昔「沢井村」と呼ばれていたことから命名したそうです。

元禄15年(1703年)ごろにはすでに創業していて酒造りを営んでいたという記録が残されていて 300年以上の歴史がある老舗蔵です。  

元禄15年というと 忠臣蔵 で知られる赤穂浪士による吉良邸への討ち入りの年になるんですね ( ^ー゜)b

Photo_2 今回紹介するこのお酒は、蔵元が創業当時の元禄時代の古文書を頼りに当時の造りを再現して醸したそうです。

このお酒の存在を知ったのは、2007年の澤乃井・利き酒会です コチラ→ http://totosake.way-nifty.com/blog/2007/10/2007_b5b3.html

そのときの精米歩合は90%と言うことでしたが、その旨味に驚いたものです u_(゜▽゜;)コレハ・・・

今回 ゲットした元禄は、それを遡ることさらに2年、2004年8月瓶詰めということは15BYですね。 某・酒販店さんのマル秘ストックを別けていただきました。

お米の種類は不明(非公開?)ですが、この15BYの精米歩合は麹・掛ともに 88%! ほとんど食べるご飯と同じ精米歩合です。

最近は低精米のお酒がいくつか出ていますが、88%は飛び切り低いのではないでしょうか w(°o°)w

Photo_4 アルコール度15-16%、日本酒度 -10、酸度2.3-2.5になります。

いつもとは違って、ひや(常温)からのスタートです。

上立ち香は、ほのかに綿菓子のような、黒糖のような、まろやかな甘い香りがあります。癒される香りですね (´∇`*)ホンワァ

さすがに7年の月日で雰囲気は若干、古酒っぽい味わいも混じりますが、その旨味がさらに熟成しているように感じられます d(^ー゜) グッ! 酒屋さんの保存状態が良いのですね!

コレが元禄の味、お米の酒の味なんですね♪

日本酒度 -10 ですが、あくまでもスペック上で決して甘いお酒でなく、旨味がたっぷりです。

Photo_3 お燗して徐々に温めてゆきます。  旨い、旨味がさらにグレードアップ!u(=´∇`=)

ラインナップは720mlのみで、お値段は 1,260円です(お値段も当時のまま1,200円+税 感謝)。ちなみに現在はチョットだけ値上がりして 1,313円(税込み)になります。 toto 的にはかなりのお買い得です。

Photo_5 キャップの沢ガニのマークは、旧バージョン。 清流の流れにハサミを躍らせています。

超低精米でこの旨味、このバランス、さすが300年の底力!

そして、さすがです田中杜氏 v(^▽^*)旨かった~!

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

ニュー魚バカ

3 昨日は、十五夜お月さん

そして、今日は秋のお彼岸

朝からカミナリがとどろく中、お墓参りに行ってきました。

途中は豪雨だったのですが、お参りしている時だけは雨が上がってくれました。

きっとご先祖さまが雨を止めておいてくれたのでしょう (ー人ー )ナム

さて、今年も どん底の最下位 が確定している横浜ベイスターズですが、先月観戦前に、以前から気になっていたお店へチョットよってみました。

Photo_4 Photo_3

ニュー魚バカ・桜木町 活魚センター

桜木町駅からすぐ近く、JRの高架下にある ファミレス・ジョナサン や 餃子の王将 の奥にあるこのお店。

1 パッと見では気がつかない店構えなんですが・・・

見学自由・卸小売致します、って魚屋さん??

開店前の昼間は近くに行ってもよく判りません (^◇^ ;)

2_4 しかし、開店するとすぐに客席が埋まってしまう繁盛店のようです。

toto も開店間もなく入ったのですが、すでにお客さんが入っています。 toto は、一人なのでカウンターへ通されます。 このカウンター、板さんのまん前です v(^▽^*)ラッキー

まずは、お酒(美味しい日本酒)があるかをすかさずチェック!

種類は少なめですが、なかなか良さげな純米酒などがあります d(^ー゜)イイネー

店員さんに肴のお薦めを聞くと、やはり新鮮な「刺身5点盛り」

Photo_9 でも、一人ではきついな~!と言うと、板さんが「ハーフサイズも出来ますよ」って、それはありがたい!

あと、茄子田楽 をお願いして、お酒は 亀齢 辛口純米酒を冷酒で

キリっとしていてお刺身に合いますね~!

板さんにいろいろとお話を伺いながら楽しみます♪

実は、板さんは料理長さんでお若いのですがこの店を切り盛りされているそうです。 若い頃の筧利夫に似ています ヽ(▽⌒) カックイィー   

そして、同じグループ系列店が銀座や新宿にあるそうで、千葉の漁港から新鮮なお魚を仕入れているそうです。 店名にあるようにみんなお魚にはかなりのこだわりがありようです。 そういえば、新宿で見かけたような・・・

Photo_8 お酒はお燗にもしてくれるということで、天青純米吟醸を上燗でお願いします。

ホカホカの茄子田楽も来てちょと甘めの味噌とジューシーな茄子が天青燗の旨味にマッチしています。

もう少し、長居をしたかったのですが今日はベイスターズの応援がメインなので残念ながら席を立ちました。

お勘定は、お通しを含めて3,400円也。 また来ますね v(^▽^*) ご馳走さま

2_2 さて、ほろ酔い気分で向かった試合は、中日ドラゴンズ相手に健闘はしたものの 3点差で惜敗 ~(>_<。)ザンネン

来期は態勢を立て直して がんばろうー! e(゚O ゚*)9 オゥー

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

福岡の地酒(庭のうぐいす)

暑さ寒さも彼岸まで、空の高さが秋の到来を教えてくれています。

Photo_5 関東地方は、23日の秋分の日を境に気温も落ち着いて秋本番を迎えるようです。

秋のおいしい恵みを楽しみにしています。もちろん、秋あがりのお酒も v(^▽^*)マッテマシタ

今年の秋あがりの第一弾は・・・

Photo 福岡の地酒、庭のうぐいす うぐいすラベル・特別純米酒 です。

蔵元の合名会社 山口酒造場 http://niwanouguisu.com/index.php は久留米市にあります。

1832年(天保3年)に当主の山口利七(りしち)氏が有馬藩から酒造業の免許を与えられ蔵をはじめたそうです。

酒銘の「庭のうぐいす」 は、蔵が北野天満宮の参道沿にあり、創業当時に蔵の庭にあった清らかな湧水に天満宮からうぐいすが飛来し喉を潤す姿を眺めた山口利七(りしち)氏が、北野天神の名に恥じない酒を造ることを決意したことに由来するそうです。

蔵のHPにとると、「うぐいすラベル」は蔵の行動規範を製造に反映させた基準酒という位置づけ。特別純米酒はその一つである「継承」がテーマで、蔵の伝わる伝統技術を忠実に守りながら純米酒造りを追求しています。Photo_6
やさしく爽やかな米本来の香味と繊細な酸味が調和した辛口タイプの特別純米酒。秋バージョンではラベルのうぐいすが大きくなり、味に膨らみを増します。
とのことです。

ラベルにはカワイイ鶯の絵が描いてあります。そして、秋あがりとして出荷されるこの時期のラベルの鶯は、春先に出荷される鶯よりもずっと大きくなっています。

お米は、麹米に地元産契約栽培の山田錦と掛米にやは地元産の夢一献をそれぞれ60%精米で使用しています。アルコール度は15.5%。日本酒度+3、酸度1.5、アミノ酸1.3で酵母は熊本9号系を使用しています。

上立ち香は、穏やかなのですがナゼか?少し粉っぽい印象があります??嫌な感じじゃないのですが特徴ですね。 口に含むと、はじめに落ち着いた酸がきてから じわっとバランスの良い旨味が膨らみます。 含み香も上立ち香と同じ感じですね(粉っぽい?笑)。

温めてみます。 徐々に温度を上げていっても、ほとんど同じ雰囲気で美味しくいただけます。 凄いことですね! やはり、秋あがりのお酒はこうでなくちゃ d(^ー゜) グッ

お値段は、4GB(720ml)が 1,229円、1SBが2,457円になります。

Photo_4 同じく、うぐいすラベルには紺色の鶯の純米吟醸があります。

キャップにもカワイイ鶯の絵が書かれていますよ (´∇`*)

久々に、ゆっくりとした連休を過ごさせていただきました。 ブログも3日連続更新! v(^▽^*) 

次回からは、またいつものペースに・・・(汗;) 

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

純米酒ファンド

9 先々週、観測史上初めて日本海から関東へ突き抜けるという暴挙にでた台風9号の最中、靴の中までびっしょりになりながらも行ってきました。

このブログでも何度か紹介している純米酒ファンドを立ち上げているミュージック・セキュリティズhttp://www.musicsecurities.com/のセキュリテ報告&懇親会へ参加してきました。

みなさんが、それぞれ応援する会社や団体の資金提供を目的に一口の出資額が数万円程度のファンドを立ち上げています。

0 このファンド、なんといっても出資者でしか手に入りにくい特典が魅力です v(^▽^*)限定

さて会場は、なんと東京駅のまん前「新丸ビル」それもビジネスエリアにある会員制のラウンジです(汗;)

Photo totoのような一般人が普段足を踏み入れるような所じゃないですね。

小心者のtotoは、ドキドキしちゃいました。

もともとは新しいアーティストを応援する音楽ファンドを立ち上げていたミュージック・セキュリティーズさん、今は純米ファンドのほかにも食品、スポーツ、マイクロファイナンスなどなど幅広い活動をしているそうです。

1 2 3

4 5 6

会場では、セッティングが進んでいました。 コチラが懇親会用の全量純米蔵を目指す会のブースのようです。Photo_6 Photo_7

しばらくして、説明会が始まり現在運用中のファンドの状態や、新規にスタートするファンドの説明など皆さん熱心に報告されていました。いつの間にか会場もほぼ満席となる100名近い参加者さんが熱心に説明を聞いています。

そして、お待ちかね懇親会が始まり10くらいあるブースでそれぞれ参加者さんが熱心に話をしていました。

Photo_10 こちらが、純米酒ファンド担当の朝香氏とミュージック・セキュリティーズ代表の小松氏です。 新しい会社ですが、働いている皆さんも若い!

現在、全量純米蔵を目指す会の奥播磨と天満星のファンドを募集中です。 ご興味がる方は、応援して特典をゲットしてはいかがでしょうか v(^▽^*)

ただし、中には投資元本を下回る場合もあるそうなので、判断は自己責任者でね d(^ー゜) 

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

熱気(あつぎ?)

熱いです(汗;)

いま、B級グルメの祭典「B-1グランプリ」の会場に来ています!

2_2

神奈川の厚木市で、今日と明日の2日間開催されています。

晴天のもと、日射しも暑いのですがそれ以上に集合した食いしん坊の熱気が熱いんですv (^▽^;)アツイゼ!

並んだ(汗;)

Photo_9 会場には、報道関係の方も多く詰めかけています。 朝の番組「ズームイン・サタデー」でもコーナーを組んで開場前の様子や参加している料理を放送ていました。

これから「八戸せんべい汁」「あいがけ神代かれー」「駒ヶ根ソースかつ丼」などのご当地グルメに挑戦しようと思います (^-^)/

Photo_7Photo_5Photo_6 かつ丼は、半分食べちゃいました(汗)

一番右に写っているような各店で出す割り箸をグランプリへの投票に使います。 美味しかったと思う投票箱へ箸を投入して、その重量でグランプリが決まる仕組みになっています。 toto も投票

キィーン

その後に、地方ではなかなか味わうことの出来ないアサヒビールの特設会場に寄って、Photoキィーンと冷えたビール「エクストラ・コールド」beerをグィっとやりたいと思います (^o^)v

ビールの注ぎ口までマイナスの温度にしたビールサーバーで、のど元まで冷たーいビールが駆け抜けてゆきます。銀座などにこのサーバー設置の店があるようなのですが、田舎ではまず飲むことが出来ない体験です!

Photo_2 ココは、がらがらにすいていました。

でも、のどごしは最高! ч(O^*)プハァー

ロコ・フード

そして、もう一つ同時開催のイベント「ロコフードフェスタ・かながわ」で、春の神奈川フードバトルでワン・ツーを飾った「なつかしい給食揚げパン」と「てるてラ~メン」を平らげて終了!!

Photo_12 コッチの開場の方が少しはすいてる感じですね。 でも、熱気は負けてません!

ごちそう様でした (~q~;) クッター

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

赤い無双

9月に突入しても昼間は毎日35℃近くの猛暑日が続いています。Illust2695_thumb1しかし、さすかに明け方になると涼しい風が吹いてくるようになってきましたね。 秋が近づいています。

そして、町の酒屋さんの棚や冷蔵庫にも日本各地の やおろし・秋上がり のお酒が並ぶようになりました o(^▽^)o ワーィ

本日の一本は、赤トンボの赤よりも鮮やかな赤いボトルのお酒です。

山口の地酒、純米酒・日下無双(ひのした むそう)・生酒です。

Photo_8 蔵元は、金冠黒松を醸す村重酒造で岩国市、新幹線のJR新岩国駅のすぐ裏手にあります。 日本一の「大杉球」は見物ですよ♪

さて、ご紹介するこのお酒、その特徴はなんといっても一目で

    Photo_9 瓶が 真っ赤! 目立ちます!

ビンの赤色を生かすためにラベルも透明フィルムなんですね。

以前にも赤い瓶の日本酒はあったのですが、ここまで鮮やかな は初めてでしょう!

そして、ネーミングの「日下無双(ひのした・むそう)は、重松酒造の杜氏・日下信次(ひのした・しんじ)氏から名付けられています。HPによると

 杜氏の名前を冠したこのお酒は、世界、天下にならぶものがないほど優れているという意味を持ち、その名に恥じない酒造りをするために、伝統に学び、時に新しい技術を取り入れながら常に成長し続ける日本酒。  を目指したそうです。

Photo その技術の一つが、ナノ・バブル技術の導入。

お酒の劣化防止のため、出来あがったばかりの生酒に専用の装置でナノ・レベルの気泡で窒素を溶け込ませるという日本酒業界でも初の試だそうです。

他にも精米地の発熱を抑える超低速精米や500kg仕込みの少量生産などのこだわりが随所にこめられているそうです。

村重酒造でも限定流通商品の「日下無双」ですが、通常は瓶火入れ出荷が今回のお酒は 生酒 になります。  7月に蔵にお邪魔させていただいた際に購入できました  v(^▽^*)ラッキー

さて、お米は県産の西都の雫を60%精米で使用しています。アルコール度16-17%日本酒度+3.0、酸度2.0で、蔵のオリジナル酵母 MS-1 を使用しています。

上立ち香は、ほのかにしっかりめの酸が感じられます。

口に含むと、味は濃いめ、旨味・酸味しっかりで瓶の見た目から受けるおしゃれなお酒のイメージとは違い線の太いお酒です。

常温にして試ても、酸の多いしっかり味は変わりません。お燗、それも上燗位に温めても、やっぱり・しっかり・どっしりした飲み飽きのしない旨味を味わえます。

お値段は、4GBで720mlが1,365円です。

今回ご紹介した純米酒のほかに兵庫県特A地区産の山田錦を45%精米した純米大吟醸・袋吊り斗瓶取りバージョンがあります。お値段なんと2,148円とリーズナブルです。 是非、試してみたいと思います u(▽⌒)ゼヒ Photo_15Photo_11

ココにもこだわりが・・・!

普通は右手の黒を基調に松の枝をデザインしたキャップですが、しっかりと赤バージョンです。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »