« 新政 1・弐・3 | トップページ | 箸をにぎりしめて、待て。 »

2010年5月 3日 (月)

新政 1・2・参

全国的にゴールデンウィークですね v(^▽^*) 

でも、数年後には地域ごとに休みの時期をずらすなんて案が国会で審議されているなんて話題がありました。 今もっと、考えなければならないことがた~くさんあると思うのは皆さんも同じですよね?? (ー_ー)ゞ゛ウーム

さて、お天気に恵まれてスタートしたゴールデンウェーク、皆さんはどこかへお出かけになるのでしょうか? toto は、地元でのんびりと休養です v( ̄ー ̄*) ノーンビリ

ブログを書く時間も確保できるので、こちらも完結します。 秋田の地酒「新生・新政」をご紹介しちゃう最終回です o(^▽^)o

二〇一〇年度 新政 秘蔵酒 其の弐 純米仕込・貴醸酒・陽乃鳥(ひのとり) 生酒 です。 

Photo_4 前回の「亜麻猫」同様に古来より都を守る風水四神青龍、朱雀、白虎、玄武)をもじっている秘醸酒シリーズは、新生・新政が贈る特別な造りに挑戦した限定酒になっています。  

陽乃鳥のモトになっているのは、朱雀(すざく)。南方を守護する聖獣で翼を広げた鳳凰状の鳥形で表され、不死鳥と同一視されることがあり、インド神話のガルーダやフェニックス伝説とも合致するそうです。

蔵元メッセージとして「ライトタイプ貴醸酒「陽乃鳥」の生酒です。これはご予約をいただいた方にのみ限定で200本の詰めしか行っておりません。今年は、昨年よりもさらに軽快になるように設計し、徹底的な低温発酵で、上槽時アルコール分14度前半を達成しました。昨年はアルコール16%あり、がっしりした印象でしたが、今年は甘酸っぱく、派手ですが、アルコール分が低いだけに、すらすら飲めてしまうタイプです。蔵見学に来られた女性で、「昨年はブラッドオレンジみたいだったけど、今年は蜂蜜をかけたグレープフルーツみたい」とおっしゃられた方がおりました。さらにトロピカルさを増した「陽乃鳥」にご期待ください。」とのことです。 200本のみとはレアな経験が出来ます。

Photo_5 さて、恒例の裏ラベルには・・・

Photo_2貴醸酒とは、水のかわりにお酒で仕込んだ濃厚な日本酒のこと。「陽乃鳥」は、純米吟醸を用いて仕込み、徹底的な低温発酵で、ボディー感と飲みやすさを同時に追求した珍しいライトタイプの貴醸酒です。二年目となる今年は、14%と低いアルコールで搾ることに成功。また、甘みと酸味を高めて、さらなるトロピカル感を演出しました。目を覆う原価率の高さが可能にした(?)、南国の果実のような豊かなふくらみをお楽しみ下さい。飲み方は、冷やから常温までお好みで。また、原酒ですのでロックや水割りもお試しください。 とのことです。

期待が高まります!

お米は、麹米に山田錦、掛米は美山錦をそれぞれ60%精米で使用しています。アルコール度14%、日本酒度 -22、酸度 2.3、アミノ酸度 1.2で酵母はやっぱり新政・六號酵母で醸されています。 

原酒でアルコール度が14%、なおかつ日本酒度が-22! まさに異端児です (^◇^ ;)スゴッ

上立ち香は、まさにトロピカルフルーツ!

口に含むと、グワっと一気に濃厚な旨味と甘みが広がります。 しっかりとした酸もありバランスが取れた味わいになっています。 甘み成分が多い分、食後にデザート感覚で楽しむのもありですね。

お燗にしてみると基本は同じなのですが、甘みが抑えられ酸がはっきりと感じられてきます。ふんわりとした少し甘い香りとマッタリとした味わいがいい感じです u (▽⌒) オイシー

Photo_2 お値段は、4GB(720ml)1,400円、1SB(1,800ml)2,800円とこれまたサービス価格です!お買い得 v(^▽^*)

5月のになり火入れバージョンも発売になったようです。楽しみ~!

ところで、あの十円玉に描かれている平等院。 屋根の上には、しっかりと?鳳凰が描かれているんです。 102 3_2

本物とはかなりの違いが・・・って、ニワトリかっ?? (^◇^ ;)コケコッコー

ちなみに、10円玉の発行初年度(昭和26年)の鳳凰だけは、足長のヒヨコ型らしいです (^▽^;)ピヨ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 新政 1・弐・3 | トップページ | 箸をにぎりしめて、待て。 »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

秋田」カテゴリの記事

コメント

無事完結!
お疲れ様でしたぁ^^

これがら、まだまだ続々入荷の新政、乞うご期待(^0^)

投稿: たかりょう | 2010年5月 3日 (月) 11時02分

たかりょうさん
 本当に、新生・新政はこれからも楽しみですね♪

投稿: toto | 2010年5月 3日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/48169982

この記事へのトラックバック一覧です: 新政 1・2・参:

« 新政 1・弐・3 | トップページ | 箸をにぎりしめて、待て。 »