« 天ぷら | トップページ | 5月の酒イベント »

2010年3月31日 (水)

岐阜の地酒(房島屋)

cherryblossom 桜の花 が開き始めたと思ったとたんに、一気に冷え込んでしまいましたねぇshock サブッ

今日から少しずつ暖かくなるようてすが、まだまだコタツはしまえそうにありません。

さて本日の一本は岐阜の地酒、房島屋(ぼうじまや)・純米無濾過生原酒です。

Photo 蔵元は、所酒造合資会社 http://www.ibi.or.jp/~bojimaya/ で揖斐郡揖斐川町(いびかわちょう)にあります。

同じ斐川町でも福井県の県境近くの山奥にある徳山ダムは、揖斐川をせき止めて建設され日本一の総貯水量を誇っているそうです。貯水量はなんと浜名湖の約2倍の6億6,000万立方メートルもあるそうです。 単位が大きくなるとよく判らなくなりますが・・・ 凄いらしい (´^`)ゞ ンー

Photo_2

蔵の創業は明治の初頭で、現在で4代目になそうです。そして所酒造といえばこちら、次期当主で杜氏をつとめる所 優(ところ ゆう)氏。

梅錦酒造で修行した後に蔵に戻り「自分がほんとうにおいしいと思えるお酒をつくりたい!」と、10年前からこの「房島屋」を立ち上げたそうです。

昨年、東京で開かれた岐阜県酒造組合主催のイベント「岐阜の地酒に酔う」のお写真です。

優しい笑顔ですが、県酒造組合の青年部の会長として若手をまとめる兄貴的存在です  ヽ(^▽^ゞ)アニキー

コチラで http://tokoroyuu.blog.ocn.ne.jp/ 所さんのブログ「房島屋日記」が見れますよ。

お米は、麹米ににしほまれ、掛米に五百万石をそれぞれ65%精米で使っています。アルコール度17-18%、日本酒度+5、酸度2.2、アミノ酸1.6で協会9号酵母を使用しているそうです。

わずかに残る炭酸が若々しく爽やかな酸とあいまって口中を刺激します。そして、甘味・旨味がふわぁーっと広がります。 含み香は、爽やかな華のあるフルーティーな香りがします u (▽⌒) オイシー

さて、恒例のお燗ですが少し酸が多くなる傾向で、ひや(室温)やからぬる燗程度までにとどめておいた方が無難なようです。

お値段は、720mlで1,260円、1SBは2,520円です。

協会6号酵母で醸した別バージョンもあるようなので、機会があれば是非飲み比べをしてみたいと思います。

そしてにごり好きの toto としては、夏の時期に出る にごり生酒 「兎心」 (ウサギのこころと書いて ところ と読みます)とても楽しみです v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 天ぷら | トップページ | 5月の酒イベント »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

岐阜」カテゴリの記事

コメント

「房島屋」って名前は聞いたことありますが、
自分が行く居酒屋さんでは、見かけたことありませんね。

小左衛門は、けっこう呑む機会があるんですがねぇ~
確か、御代櫻も岐阜でしたよね、岐阜のお酒は良いのがありますね。

投稿: kohyou | 2010年4月 1日 (木) 13時16分

毎度!
房島屋は大阪でも取り扱ってるところは少ないですね。
でも、私の買ってるお店ではおいてます。
以前、一度購入していただきました!
同じ岐阜の小左衛門とは少し酒質が違いますよね。こちらの方が少しライトな味わいかな・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年4月 4日 (日) 09時37分

kohyouさん
 はい、房島屋や小左衛門そして御代櫻も岐阜ですね♪
 あとは、にごり酒のパイオニア白川郷もありますし
 他にも多くの銘醸がありますよ~!
 見かけたら試してくださいね ヽ(▽⌒)

投稿: toto | 2010年4月 4日 (日) 18時24分

酒恋さん
 本当に同じ地域や、同じお米・酵母を使って醸されたお酒でも
 酒質が違ってきますね。
 やっぱり杜氏さんの強さや優しさなど性格が出るんですかねぇ。

投稿: toto | 2010年4月 4日 (日) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/47499247

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜の地酒(房島屋):

« 天ぷら | トップページ | 5月の酒イベント »