« ゆき~! | トップページ | にごり酒(天青) »

2010年2月 4日 (木)

どぶろく フェスタ 2010

Tokyo2010

行ってきました! 「どぶろく フェスタ 2010」 ヽ(▽⌒)

Photo 当日は半日勤務のtoto、会場の東京農業大学・成人学校グルーンアカデミーホールに何とか開場ぎりぎりに到着しました。

受付をしていると、色の異なる紙が綴じられたボードがたくさん用意されています。

受付の方の説明によると、どうやら初めにテーブルごとに用意された「どぶろく」を審査するそうです。

ボードに綴じられた審査表を見ると、会場にテーブルが5つあり、各テーブルには15種類ほどの「どぶろく」が並んでいるようです。

スゴイ数の ど・ぶ・ろ・く

2_4 会場には予定の数をかなり超えた参加者さんが集まっています。

そして酒の伝道師のお一人、松崎晴雄氏のお姿もありしました。

現在、全国のどぶろく特区で造られている「どぶろく」の数は、130種類くらいあるそうです。

今回、集まったのは70種類以上!

日本、いや世界一の規模の「どぶろく」試飲会です \(⌒◇⌒) と、司会の方からお話しがありました。

いや~!日本全国にそれだけ沢山のどぶろく生産者がいらしゃることにビックリです

そして、これだけ多くの「どぶろく」を集められた主催者さんの努力に脱帽です!\(▽⌒*)エライ

審査開始

では早速、totoも利き酒ならぬ「利きトブ」開始です。 当然のコトながら、どれもドロッドロです。

米粒の形が半分残っているような「お粥」状態のモノもがほとんど。

Photo_3 それから見た目で、元々のお米の色合いや酵母が産生する色素により種々な色の「どぶろく」も並んでいます

さて味わいは、これまたイロイロですね。

酸の多いもの少ないもの、甘味が残り多く感じられもの、苦味が混じるものなどなど。

中には、地酒のにごり酒並み(以上)に旨み成分たっぷりのものまで、まさに百花繚乱です。

1_2実に驚きいっばい、実に楽しさいっばいです! o(^▽^)o ワクワク

さて、totoが審査するテーブルには15種類の「にごり酒」が並んでいます。

一本づつじっくり試飲?(試食?・試噛?)します。 

あくまでも「toto基準」ですが u( ̄▽ ̄;)ナニカ?

何せ、どぶろくの飲み比べなど初体験ですから・・・

コメントも「酸多い」「甘い」「スッキリ」「ピリピリ」など、いたってシンプル。 って、いつものブログと一緒じないか!(゜o゜)\(-_-;)ツッコミ あと、「米固い」なんてコメントも・・・?

その中でも、今回審査した15本の中から、好みの二本に〇印をつけるようになっていて審査表を提出します。 この参加者の審査を集計して最終選考をするようです。

一次審査終了

Photo_6 しばらくして審査終了時間が終了すると、後は他のテーブルも含めて自由に試飲タイムになります。

 

また今回は一部の生産者さんも会場にお見えになっていて挨拶をされていました。

Photo_4ステージでは、どぶろくの歴史を題材にした「ひとり芝居」も上演されみなさん熱心にご覧になっています。

最終審査

その後、集計結果から各テーブルの人気No.1と次点から得票数の多かったもの合わせて7本の最終審査が始まります。

2_5 最終の公開審査は、東京農業大学教授の高橋康次郎氏、日本酒ジャーナリスト松崎晴雄氏、ソムリエ・バーテンダーの向井畝津子氏、All About日本酒・焼酎ガイドの友田晶子氏、そして今回の主催者・酒文化研究所代表の狩野卓也氏の5人の専門家と会場から代表の5人の計10人で行われました。

凄い豪華メンバーですね (゜▽゜;) ワオ

Photo_5 そして、見事に初の「どぶろく大賞」を受賞したのは

「どぶろく卓」(新潟県上越市の農家民宿・どぶろく荘)です。

生産者の中川卓夫氏に記念のトロフィーが酒文化研究所代表の狩野卓也氏より贈呈されました。

会場からも大きな拍手が沸き起こりました。 おめでとうー! o(^▽^)o ヤッタネ

出品一覧はコチラから(残念ながら3種類ほど会場に届いていませんでしたが・・・)http://www.sakebunka.co.jp/event/orgEvent/doburoku10/entryList.html

優秀賞の15点の一覧はコチラからhttp://www.sakebunka.co.jp/event/orgEvent/doburoku10/index.html

新たな出会い

会の途中で、なんと東京農業大学の高橋康治郎教授とお話をさせていただきました。 今日、会場でお手伝いをされている若者達は先生の教え子さんたちだそうです。

また、食を中心に執筆活動をされている吉澤実祐さんともお話をさせていただきました。 またどこかでお会いすると思いますのでよろしくです ヽ(▽⌒)

めでたく盛会裏のうちに会もお開きになりました。帰りには、女性限定でお土産「どぶろく」がのプレゼントもありましたよ~!

さすがに、髭オヤジはもらえませんでした v(^▽^*)チョット残念

Photo 自宅に帰り着く頃には、「どぶろく」のように真っ白でキレイなお月様も顔をのぞかせていました。 

とても楽しい会でした。 来年も参加できますように、お月様にお願いした toto です (-人-。) パンパン

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« ゆき~! | トップページ | にごり酒(天青) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

どぶろくを飲んだこと無いので、よく分かりませんが、
さすが、totoさん、研究熱心ですね、
そして、新たな出逢いなんかもあって良かったですね。
でも、ひげオヤジには、お土産無しですか、残念でしたね(^_^;)

投稿: kohyou | 2010年2月 4日 (木) 03時02分

毎度!
想像するだけでめちゃくちゃ面白い利き酒ですね。
「濁り」じゃなくて「どぶ」なんですよね。1位に輝いたそのどぶを飲んでみたいな~。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 4日 (木) 20時38分

kohyouさん
 どぶろくは酒の原点ですから
 和民族の心に訴えかけてくるものがあります!
 いろんな味にすごく刺激を受けてきました (´∇`*)
 お土産どぶろく、和民族は女性にやさしいんですネ♪
 

投稿: toto | 2010年2月 4日 (木) 22時20分

酒恋さん
 実は、「どぶろく卓」私の審査したテーブルだったんです。
 自分が審査させてもらった中でもtoto好みNo.1でした。
 ちょっと嬉しい (⌒・⌒)ゞ
 関西圏からは兵庫・篠山市や岡山・美作市などから
 参加されていました。

投稿: toto | 2010年2月 4日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/47400149

この記事へのトラックバック一覧です: どぶろく フェスタ 2010:

« ゆき~! | トップページ | にごり酒(天青) »