« あけまして おめでとうございます (´▽`)ノ | トップページ | にごり酒(相模灘) »

2010年1月 5日 (火)

お屠蘇の代わりに・・・

昨日から仕事始めの toto 、初っぱなから全力疾走で息切れが    ...((((*。>ω<)ノ  ハァハァ・・

さて、年末年始の贅沢特集、最後を飾るのは・・・

長期氷温熟成・純米大吟醸

梵・超吟 v(^▽^*) いいぇぃ~!!

Photo 元旦に お屠蘇の代わりに封切しちゃいました。

蔵元は、合資会社 加藤吉平商店 http://www.born.co.jp/ で福井県の鯖江(さばえ)市にあります。

創業は、万延元年(1860年)。 幕末・桜田門外の変が起きた年です。

十一代目当主の加藤団秀(あつひで)社長の印象は、私もそうですが何人かの愛飲家に伺っても、本当に日本酒を愛される方々を大切にされている姿勢が伝わってきます。Photo_4

蔵元の醸す「梵」は、地方の日本酒(地酒)として初めて昭和天皇の即位の儀式(御大典の儀)で採用されたことをはじめ、その後も国際的な行事でたびたび海外の要人などをお迎えする国酒として知られています。

しかし、蔵元は「地元の人から 地元の宝 と言ってもらい、全ての方々に同じように喜んで頂きたい」と考えていらっしゃるそうです。

そんな中でもこの超吟は、蔵元のいや日本酒の究極の一本に数えられ数多くの賞も受賞して正にフラッグシップというべき一本です。 そして、このクラスの限定酒としては他の蔵元と比較して入手のしやすさもアリガタイ!

Photo_3 お米は、兵庫県の特A地区で契約栽培された山田錦をなんと 21% まで精米しています ヾ(^◇^ ;)ナニモソコマデ・・・

アルコール度 16%、日本酒度 +2、酸度 1.3で 自社保存のKATO 9号酵母を使っています。

この超吟は、他の「梵」同様に低温長期保存をして出荷されています。 その熟成期間は、マイナス8℃で5年以上に及び世に送り出されるそうです。

Photo_6 このことにより、高精米にありがちな枯れた印象ではなく、上品でありながら酒としての旨味と広がりを実現しているのでしょう。

被せ紙は金色に白い絵柄が入った厚手の和紙で、金色の飾り紐(ゴム紐じゃないよ)で縛っています。

栓は、コルク栓になっていて、開栓し立ては瓶の形状からグラスに注ぐと トクトク・・ といい音がします。

2_2 上立ち香は、ほのかに甘い花の蜜のような香りを感じます。

口に含むと、やや甘めの旨味がきて後から落ち着いた酸が味を引き締めます。そして、上品な香りが鼻を抜けてゆきます。上立ち香にプラスして、ほんの僅かですが醤油や味噌といった醸造製品の香りも混ざり日本人の心を擽り(くすぐり)ます。

このお酒もまた、試す人はほとんどいないであろうお燗に挑戦!

基本は変わらず全体的に悪くはないのですが、
あえて表現するならば・・・

 人肌くらいの温度では、やや暈けたゆるい感じを受けます。

 ぬる燗くらいまで上げると、ちょっとピリピリ感が出てきます。

やはり、このお酒は花冷えくらいがもっともパフォーマンスを発揮できる温度帯なのではないかと思います。

お値段は、4GB(720ml)で 驚きの10,500円!!  豪華な漆箱入りのスペシャルバージョンは、12.600円になります Σ( ̄ロ ̄lll) ゲゲッ!

でも、旨ぁ~い! u(∇≦) トロケルー

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« あけまして おめでとうございます (´▽`)ノ | トップページ | にごり酒(相模灘) »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

福井」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
・・・ってtotoさん。。。
大晦日から磯自慢、田酒、そして梵・・・すごい、すごすぎます!なんか読んでて稲妻に打たれたようです!

でもなんか不思議ですね、うらやましいのを通り越してこっちまで嬉しくなっちゃいます^^そして美味しくなっちゃいます^^

今年もよろしくです〜。旨い酒呑みましょう!

投稿: | 2010年1月 6日 (水) 00時00分

陶さん
 明けましておめでとうございます。
 コチラこそよろしくお願いします。
はい、贅沢三昧の年末年始でした。
 同レベルのお酒を飲み比べてみると
 また新たな発見があったりして
 勉強させてもらっています。
今年はどこかで陶さんとご一緒できると
 嬉しいな~ ヽ(▽⌒)

投稿: toto | 2010年1月 6日 (水) 00時14分

美味しい日本酒で謹賀新年!
もう最高のお正月(^0^/

投稿: たかりょう | 2010年1月 6日 (水) 11時08分

たかりょうさん
 多くの人がお正月にはお節料理を食べるのに
 日本人なのになぜか日本酒離れ・・・
 和食には日本酒が一番合うのになぁ~
 今年ももっと日本酒・地酒を応援しましょう ヽ(^◇^)9 オゥー!
 

投稿: toto | 2010年1月 6日 (水) 20時06分

毎度!
すげえ酒飲んでますね。
超吟ですか!
めちゃくちゃ旨そうですやん!
来年の正月は、totoさんのお家におよばれに行きたいです。
でも、外で飲むことを考えると家で飲むって贅沢しても安いよね。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年1月 7日 (木) 20時16分

いろいろな面で、家呑みのメリットは大きいですね~!
 でも、旨い酒 プラス 美味しい料理を供してくれる
 外呑みも、これまた魅力いっぱい♪~
 結局、毎日お酒の誘惑に負ける日々になっています (´o`;)ゝ

投稿: toto | 2010年1月 8日 (金) 01時08分

>今年はどこかで陶さんとご一緒できると
 嬉しいな~ ヽ(▽⌒)

是非是非!去年は殆ど外呑みしなかったので今年は少し飛び出そうかと思ってます^^是非一緒に呑みたいですね^^

投稿: | 2010年1月 9日 (土) 12時03分

陶さん
 是非、よろしくお願いします (´▽`)ノ タノシミー

投稿: toto | 2010年1月 9日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/47154046

この記事へのトラックバック一覧です: お屠蘇の代わりに・・・:

« あけまして おめでとうございます (´▽`)ノ | トップページ | にごり酒(相模灘) »