« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月25日 (水)

キッド・スペシャル

和歌山の注目蔵 平和酒造 http://www.heiwashuzou.co.jp/ が醸す 「紀土-KID-」 

美味しくてコストパフォーマンスが高いと評判です。

今回紹介するのは、

Sibatas_2 杜氏の柴田英道氏の名前を冠する

紀土・純米吟醸・Shibata's です。

無濾過・生原酒です。



お米は、山田錦を50%精米で使用しています。アルコール度16.5%で酵母は協会9号を使用しています。

通常バージョンは15.5%の火入れですね。詳しくは、以前の記事コチラで http://totosake.way-nifty.com/blog/2008/11/post-31cc.html でうぞ ヽ(▽⌒)

一緒に飲み比べているわけではないのですが、一度火入れの通常版「紀土」よりも若々しさも残しつつ、旨味度アップというイメージですね u(^▽^)

お燗にしても u (▽⌒) オイシー

お値段は、1SB(1,800ml)のみのラインナップで 3,150円です。

オレンジラベルの「紀土・大吟醸」も予定されているようです。

ドンドン進化する「紀土」三年目の造りとなる今期もとても楽しみです! ヽ(▽⌒)

鶴梅

103 実は平和酒造さん、あの有名な漫画「美味しんぼ」に出ているんです。

Photo_16 最新刊103巻「日本全国味巡り・和歌山編」で、完熟・南高梅で漬けた梅酒の取組みを取材されています。

平和酒造の山本専務柴田杜氏ご本人も、山岡士郎や海原雄山と一緒にゲスト出演?していますよ。

平和酒造は、この梅酒「鶴梅」http://www.tsuru-ume.com/index.htmlでとても有名なんです。

Photo 昨年は、不○屋・ネクターのように濃厚な「完熟にごり」もラインナップされています。

梅酒へのこだわりと味だけではなく、その品揃えも梅酒界の先端を行く勢いです。

是非、鶴梅のロックを飲みながら

「美味しんぼ」103巻「日本全国味巡り・和歌山編」を読んでみましょう v(^▽^*)ネ

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

一都三県の地酒

またまた、更新をサボってしまいました・・・

お許しをー!m(T-T)m 

11月10日に toto 的には、年内最後になるSAKEイベント

銀座で開催された「一都三県蔵元交流会」に行ってきました。

20会場に向かう途中、銀座和光のショウウィンドウには「天皇陛下御在位20周年をお祝いする写真が飾られています。

おめでとうございます

    m(。-_-。)m

それにしても、銀座はいつもにぎわっていますね。

この会は、東京国税局管内の一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、山梨県)の酒造組合が中心になって、日本酒、焼酎、地ビールメーカーが銀座に集い、初めて開催する「きき酒会」です。

また、同時に平成21年東京国税局鑑評会入賞酒も「きき酒」できるそうです。

Photo_17 さて今回の会場、東銀座にあるフェニックス・プラザに到着して、館内の二階会場へと続く階段の列に並びます。

なんと、数人前にQchanpapaさんがいらっしゃいます (´▽`)ノ"ドモ

Qchanpapaさんから先日の「青森地酒を楽しむ会」や10月にあった「千葉の酒フェスタ」のお話などをうかがいながら、楽しく開場を待ちます。

オープン

1特に、挨拶とかもなく開場と同時にサクっと会が始まりました。

会場に入ると、結構広い会場で向かって右手に千葉、左に山梨、正面右側に神奈川、そして正面左側に東京となっているようです。

Photo_2 まずは、相模灘久保田酒造のブースへ、晃さんがいらしています ヽ(▽⌒)

すでに今期の酒造りは始まっているのですが、今日は弟の徹さんに託して参加されてます。

今期も蔵に訪ねるお約束をさせていただきました v(^ー゜) タノシミー♪

昇龍蓬莱の大矢さんは、造りに専念しているらしく残念ながら欠席です。

年明けには「神奈川の蔵巡りツアー」の募集を予定したいと思います。乞うご期待!

Photo_6

協同銘柄

銘酒開発協同組合の企画銘柄

「吟の舞」「ぎんから」「やわくち」「清涼吟醸粋」 

の醸造一覧ポスターもありました。 

この手づくり感がいいですね~ v(^▽^*)

東京酒

Photo_5 東京にも地酒があるんです!

日本酒だけでなく、焼酎、地ビールを醸す多くの蔵元があります。

伊豆七島に点在する焼酎蔵の超プレミアム銘柄も並びます。

千葉酒、山梨酒

同じ首都圏でも、なかなかこれだけの蔵元のお酒を楽しむ機会はいままでないです。

少しずつ、じっくり味わせていただきたいと思います v(^▽^*)

Afs こちらの方が、高温山廃酒母という超個性的な造りのAFSを醸す木戸泉酒造の荘司社長です。

AFSの文字はこの商品開発に携わった3名の頭文字(A:安達氏、F:古川氏、S:荘司氏(木戸泉酒造三代目蔵元))から取っているそうです。

ガツンと来ます! d(^ー゜)イイデスネー

Photo_7 不動を醸す鍋店(なべだな)株式会社、どのランクのお酒もとてもいい感じです。 toto 好み (´∇`*)

そして、コストパフォーマンスがすごいんです。 大丈夫?

Photo_9こちらの千葉 稲花正宗も、初ですね。 

  「絆」 いいネーミングです d(>_・ ) グッ

お写真は、稲花酒造の秋場貴子取締役と営業の・・・?さんです A ̄▽ ̄;)スンマセン

.

Photo_11 山梨の老舗、春鶯囀(しゅんのうてん)を醸す萬屋醸造店の中込元一郎社長です。

かの歌聖・与謝野晶子が詠じた和歌

「法隆寺などゆく如し 甲斐の御酒(みき) 春鶯囀のかもさるゝ蔵」

から名づけられた銘酒ですね d(^ー゜)

他にも一都三県の多くの銘醸・銘酒を楽しませていただきました。

また来年もこの会が開かれ、新たな出会いができることを楽しみにしています。

蔵元の皆さま、各都県の酒造組合をはじめ日本酒造組合東京支部の方々ありがとうございます。 

来年もよろしくお願いします m(-o-)m

さてさて、これからは新酒の季節になりますね~ 楽しみ (=´∇`=)楽しみ ❤

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

富山の酒とかまぼこフェア

Photo_14 11月3日は文化の日 

日本酒は日本の文化だ!

Photo_3 ということでお天気の良い休日に、有楽町駅前の東京交通会館において毎年恒例になった「富山の酒とかまぼこフェア2009」が開催されました。

格安で広く参加者を集める日本酒の会は、回数を重ねるるほど2部制になっているところが多いですね。 みんなに人気! 

ただし、参加料が10,000円以上だとさすがにセレブチックにおこなわれるようですが・・・ 貧乏toto には無縁の世界 (ToT)イッテミタイナ-

さて、毎年人気のこの会も、二部制になっています。

大盛況

Photo_4 そして、toto が参加した第一部 12階の会場前はすごい人、会場待ちの列はエレベーターホールをつきぬけて階段で階下の廊下までいっぱいに並んでいます  (^◇^ ;) ヒョェー

今年の開催が休日ということまあリ、大盛況ですね。

1 まずは、樽でもパチリ

蔵元さんブースへ

まずは、さんへ伺います。

さすがに今年の出来もいいですね~ u (▽⌒) オイシー

昨年はココ、曙さんだけだった富山県推奨の好適米「夢の香」で醸したお酒、今年は曙を含め3蔵で挑戦しているそうです。

県の推奨米のという事からすると、やや少ないイメージかな? レッツ・チャレンジ!

高澤社長の奥様のお姿が見えなかったのですが、少し遅れてお子様とご一緒においでになりました。 パパさんになられたんですね。おめでとうございます。

毎度! ヽ(▽⌒)

コチラも toto お気に入りの蔵元のひとつ、若鶴酒造のブースには、営業部のホープ 鳥田さんがいらっしゃいます。

Photo_7苗加屋(のうかや)純米吟醸の無濾過生原酒の20BY(昨年の造り)と19BY(一昨年)の飲み比べをさせていただきました。 20BYも半年以上たっていることで、落ち着きの中にもフレッシュ感が感じられます。19BYは低温熟成されたことで、もう一段まろやかさがアップしてますね~! u (▽⌒) オイシー

鳥田さんからそこで、追い討ちが!「実は試飲には出していないんですが・・・」っと取り出したのが、18BY (゜▽゜;)オォー

鳥:「お代官様、コスト据え置きデッセー」 

to:「ムムム!卑怯な! ウヌも悪よのぅ~(笑;)」

  思わず、即買いです! (´▽`;)ゝ

そうなんです、この会は試飲をしてお気に入りのお酒をその場で購入することができるんです。 

その上に、入場チケットの半券には「富山の酒 300円」「富山のかまぼこ 300円」分の割引券がついているんです d(▽^*)イイネー

家に帰ってから、じっくりと富山の酒とかまぼこを堪能できるんです。

その後も、やっぱり安心して旨い満寿泉さんや成政さんなどをまわります。

それにしても、どこのブースも混んでます。 蔵元さんもみなさん忙しそうです。

蒲鉾も

Photo_10 会場の入り口近くには、このように立派な飾り蒲鉾も置いてあります。

10社近くの蒲鉾屋さんのブースでは、各社ご自慢の蒲鉾の試食販売をしています。

Photo_15 富山の蒲鉾の特徴は、板についていないこと!?

昆布と一緒に巻き込んだ「渦巻状」の蒲鉾は有名ですね。

toto もいくつかお土産に購入します。もちろん、300円の割引チケットも利用させていただきます。

行列

Photo_8 会場内で、今年も行列を作っていたのはコチラの「おでんコーナー」

販売用のおでんのサンプルが大人気です。

小腹にも貯まるし日本酒のツマミにはいいですよね。

またその後ろ側では、錫製のぐい呑みや方口などの酒器の販売もしています。

富山でも錫器の生産は盛んなのでしょうか?

change

昨年なで参加していた三笑楽さんは、残念ながら今回欠席です。

代わりかな? 初参戦は、千代鶴さん。 小さい蔵だそうですが、なかなか良いお酒を醸しています。

地元のテレビ局も密着取材をしていました。 また、楽しみにしてますよ~ o(^▽^)o

大阪開催をアピール

Photo_11 会場入り口付近には、当会の関係者さんが数名いらっしゃってアンケートを受け付けています。

そのお一人、富山県の観光・地域振興局地域振興課の岡田氏とお話させていただきました。

この会は、やはり富山県としても積極的に後押しをしていらっしゃるそうです。心強いですよね。

そこで、いつもお世話になっている酒恋倭人さんの地元大阪での開催もしっかりアピールしておきました。 岡田氏も前向きにご検討くださるそうです。 期待しちゃいます♪

撤収

全ての蔵元ブースを回りましたが、なかなかお話もままならずちょっと残念でした (´▽`;)ゝ

時間がたつにつれ、会場も少しは落ち着いてきましたが、私も少し疲れたので終了前に会場を後にして3階にある休憩します。

Photo_12 出会い

第2部に参加される日本酒応援隊のブロガーのハツさんと待ち合わせて、少しお話をうかがう時間を作っていただきました。 ハツさんは、仕事をしながらジャーナリストを目指す学業に励んでいるそうです。

ご自身のご出身はもろ焼酎圏だそうですが、学校の発表で日本の伝統的な酒造りを選択していろいろと調べていくうちに、本物の日本酒の香りや味わい、若い蔵元さん達の新しい取り組みなどにとても興味をもたれたそうです。

若々しい感覚で、これからの日本酒を応援して行っていただきたいものです v(^▽^*)ヨロシク!

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

2009秋・吟醸酒を味わう会

10月28日に東京で 2009 東京秋の吟醸酒を味わう会 が開催されました。

相変わらずtoto、更新が遅いです (^◇^ ;)ゞ

この日も、とてもよい天気で暖かな日差しが降り注いでいます sun

Metoroporitannedomonndo JR飯田橋駅から歩いて5分ほどのホテル・メトロポリタンエドモンドへ向かいます。

toto が参加した第一部は、15:00からで、今回はちゃんと時間前に到着!

2階の会場前でQchanpapaさんとUさんに会うことができ、Qchanpapaさんから先日の「島根の会」でのハプニングの話しなどをうかがちゃいました (^◇^ ;)大変でしたね。

開場時間が近くなると、蔵元さんも会場まえを忙しそうに往き来されてます。 そんな中、QchanpapaさんとUさんは、田酒の西田社長さまや満寿泉の桝田社長さまとも談笑されてます。流石にお二人とも顔が広いですね!

スタート!

さて開会の時間になり、お二人と一緒に向かったブースはやはり田酒西田酒造です。斗瓶取りなど、さすがの旨さですね u (▽⌒)

Photo_2 その後も、まんさくの花(山本氏)やくどき上手(今井専務)そしてお写真の夢心(東海林社長)など数蔵を廻ったところで、お二人とはお別れして一足お先に、もう一つの西日本会場へ

今回も50を越える銘醸が集まり、ご自慢の吟醸酒をたくさん持ち寄っています。 さすがにすべての蔵元ブースを周ることができませんし、1つの蔵で試飲するお酒の酒類も数を絞らなければ途中でダウンしてしまいます。 ないいて贅沢な悩みなんでしょう A ̄▽ ̄;)

西日本会場

こちらの西日本会場では、toto お気に入りの御代櫻のブースからスタートです。 渡邉社長にご挨拶、酒匂杜氏はすでに造りに専念しているとのことで、残念ながら欠席です。 気合が入った今年の造り、大いに期待しています。

Photo_9 そして、蓬莱泉、龍力、誠鏡、梅錦、雲乃井などをご挨拶しながら周り、少しずつ試飲させていただきます u (▽⌒) どれも美味しいです。

.

Photo_8 富久長を醸す今田酒造のブースでは、今田美穂杜氏に8月にお酒をご紹介した際 http://totosake.way-nifty.com/blog/2009/08/v-24cb-4.htmlにお写真がなかったことをお伝えして、快く、優しい笑顔でパチリ

お燗酒コーナー

西日本会場の脇にある「お燗酒コーナー」

このコーナーには、各蔵元さんからお燗向きのお酒を集めてあるです。

Photo そしてお好みのの温度に温めて試飲させてくださいます。 toto も今日気になった銘柄を数種類試させてもらいました。

予想とおりの味の広がりをみせるお酒ばかりですね u(^o^ )ホッコリ

写真は広島の誠鏡の純米吟醸酒で、コレもおいしかった。 toto 的にはただの純米酒も好きなんですが、なにせこの会は日本吟醸酒協会が催す「吟醸酒を楽しむ会」ですから、吟醸酒以上のお酒しか参加できないんです。 すごく贅沢な造りのお酒だけしかエントリーできない会なんですよ。

ちなみに、今年から日本吟醸酒協会の加盟蔵元の担当者が持ちまわりで更新を行うブログ「日本吟醸酒協会 加盟蔵元ブログ」http://blog.ginjyoshu.jp/が始まっています d ( ̄O ̄)ヾ(^o^; )マンマヤ! 更新頻度は、toto よりも少ないですが、ガンバッテクダサイ e(^。^)9 

さて、そうこうしている間に終了時間が・・・。 残念ですがコレにて撤収!

お土産・吟醸酒

Photo_10Photo_2 そして、毎年コレも楽しみな「お土産・吟醸酒」、今年の袋の中身ははコレ!「大観・大吟醸」楽しみにいただきます。

ちなみに、第二部の受付にはお弁当が並んでいました v(^▽^*)オイシソー

蔵元のみなさん、日本吟醸酒組合のみなさん、ありがとうございました。 次回も楽しみにしていますヨー! ヽ(▽⌒) 

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

日本酒天国 2009

10月23日 秋晴れの午後、東京・新宿の京王プラザホテルで催された「日本酒天国2009東京大試飲会」に行ってきました。

Photo この会は、株式会社 岡永さんが主催する日本名門酒会が毎年開催している、50以上の蔵元が集まる一大イベントです。 

toto は15:00からの第一部に参加です。

先日の福井の会では、チケットを忘れそうになりとんだ時間ロスをしてしまいましたが、今日は大丈夫!

   あっ・・・ 名刺を忘れた (^◇^ ;) ヤバ

やっぱり、ドジな toto です (ー_ー;) ヤレヤレ

しかし、会場に入れないわけじゃないし、のんびりと楽しむことにしましょう。

そしてホテルに着き、会場待ちの列で待つこと暫し、定刻になり列が流れ始めました。

受付?でチケットの半券を切ってもらい、首欠け式のパンフレット「お酒の手帳」を受け取り、鈴半のお弁当とガラスのお猪口をもらい会場入りします。 

とても大きなな会場です。 会場の周りに52の蔵元ブースがあり中央部にはテーブルや和らぎ水のサービスコーナーなどがあります。 

皆さん早速、思い思いの蔵元で楽しげに試飲を始めてらっしゃいます。

さてと、toto も楽しませていただきましょう o(^▽^)oワクワク

五橋

Photo_2

昨年同様、まずはコチラへ!

専務の酒井秀希氏と杜氏の仲間史彦氏です。

秀希氏とは昨年の日本酒フェアでお会いしています。 仲間杜氏とは先日の「やまぐち地酒維新」でお会いしています (⌒・⌒)ゞドモ

昨年はおなかが大きい雅恵奥様がいらしていてお話をうかがいました。 今春に無事男の子が生まれたそうです ヽ(▽^*)おめでとうございます。

秀希氏から木桶仕込みのことなど、いろいろと教えていただきました。 来春も楽しみにしてますよ~♪

酒井酒造を取材して、地元のKRY・山口放送が作成した番組「正直に、酒」のDVDもいただいちゃいました。ありがとうございます。

Photo_4 華鳩

昨年は、大人気で後から回ろうと思って、行きそびれた榎酒造さん。

上品な貴醸酒を得意とされています。

お写真は笑顔が素適な榎真理子さまと「華鳩・ひやおろし」です。

このお酒のスペックは、もと・貴醸酒・無濾過・生・原酒・ひやおろしです ヽ(∇≦)スゴッ

確かに甘いですが、旨味や酸もしっかりとしていて、toto 的にはストライクです!

TAKAさん & Uさん

会場で辺りをキョロキョロ見渡すも、広くてなかなか知った顔に出会えないだろうな~っと思っていると

「あっ、ココに居たんだ、お久しぶりです \(⌒◇⌒)」っと、早速 TAKAさんに見つけてもらえました。 

最近、お仕事が忙しくて、今日は久しぶりに試飲会に参戦のTAKAさん

ご一緒に数蔵を周ったところで、お弁当が重たくなり「食べちゃいましょうヾ(^¬^; )」とテーブルで今半のお弁当をパクついていると、

「あっ、toto さん見っけ!」っと Uさん 登場 ヽ(▽⌒) 

すでに、お目当ての蔵元さんをいくつも周ってきているようです。 TAKAさんをご紹介して、来週の吟醸酒を飲む会での再開を楽しみに人波の中に消えていかれました。

Uさんは知識豊富で、ステップも軽やかに行動力も凄いです。

司牡丹

Photo_5 司牡丹の地元、佐川町にも関係がある幕末の風雲児・坂本龍馬。

来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」にちなんで竹村社長は、自ら坂本龍馬に扮してアッピールされていました。

地元・佐川には佐川龍馬神社なる施設も10年ほど前に建てられているそうです。

いただいたお酒はもちろん「司牡丹・純米 船中八策」

toto は、竹村龍馬さまから、じきじきに土佐弁をレクチャーしていただきました。 「こじゃんと、うまいぜよー!」

それにしても社長、いつの間にロン毛になったのでしょうか?Photo_7

新政

専務の佐藤祐輔さんから、今年から秘醸酒シリーズとして発売されている4つのお酒について、突撃インタビュー!

中国の風水の発想による四神獣(青龍・朱雀・白虎・玄武)を模し、ちょっと変わった酒造りに挑戦した NEO・新政
 貴醸酒 : 『陽乃鳥』
 純醸モト : 『翠竜』

 『玄武』と『白虎』は残念ながら、思った方向に進まなかったので今年は断念されたそうです。

どんなお酒になっても売れてしまいそうですが、そこは妥協を許さない、強い信念に感服しました! 来年の四神獣楽しみにしてますよ~\(⌒◇⌒)

千代の亀

Photo_8 TAKAさんお奨めの、にごり酒を持ってきているのは千代の亀さんです。

生の活性にごり酒で、酸も効いていておいしいですね u (▽⌒)

このお酒の名前は一風変わっていて「名称募集」です。

ん~・・じゃあ、こんな名前は?と、totoも考えていると

「いや、名称募集という名前なんです。 真剣に名前を考えてきてくださる方もいらっしゃいますが、これがこのにごり酒の名称なんです。かわっているでしょ♪」 と教えてくださったのは、蔵元のお嬢さま 取締役の齋藤晶子さまです。

良く見ると首掛けラベルにも小さい字で という名前のお酒です と書いてあります。

やっぱ、皆さん名づけ親になりたくなる銘柄「名称募集という名前のお酒ですですね。 二度と忘れない (^◇^ ;)

感謝

今回の試飲会もTAKAさんのお陰で、楽しく蔵元さんブースを周ることができました v(^▽^*)感謝!

Photoこの会ではお帰りがけに、各蔵から1-2種類づつ販売用に用意したお酒を購入できるんです。

totoセレクトの一本はコレ ・・・ 渡会本店さんの「出羽ノ雪・ 雪 純米」ラベルがおしゃれです。 もちろんお味もGood d(^ー゜)グッ そして、お値段なんと4GBで1,000円ジャスト! d(^▽^)ベェリーグッ!

ちなみに、TAKAセレクトの一本は「西の関・上撰 手造リ 純米」です。 コチラも晩酌に最高! u (▽⌒)ウマッ

帰りがけTAKAさんに、埼玉の銘醸巡りの企画のお願いをしてお別れ (´▽`)ノ"マッタネー

蔵元の皆さま、日本名門酒会・岡永の皆様おつかれさまです。楽しかったですよー! また来年を楽しみにしています。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

ひやおろし第3弾

ひやおろしのご紹介の第3弾です。

このままのスローペースを続けていると、ひやおろしの紹介が終わるのは来年の秋になってしまいそうです  ヽ(^◇^ ;) ノ ヒエーッ!

本日の一本は、三重の地酒
酒屋 八兵衛(さかや はちべえ)・純米・ひやおろし です。

Photo_3 蔵元は、元坂酒造株式会社 http://gensaka.com/ で、多気郡(たきぐん)大台町(おおだいちょう)にあります。 蔵元のHPによると「長閑としたところです(^^)」とのこと、いいですね~。

JR紀勢本線の栃原駅から東へ4kmほど行った所にあり、近くには宮川が流れています。

創業は、文化二年(1805年)と200年以上の歴史がある老舗蔵です。

元坂酒造といえば、蔵元の元坂新さんの奥様で有名なブロガー、とうこの ほろ酔いブログ http://gensaka.seesaa.net/ を書かれいる元坂桐子さんファンの方も多くいらっしゃいますね。

女性の目線でユーモアとウィットにとんだ記事で人気です ヽ(▽⌒) ミテマスヨー 

でも、toto はやっぱり男なのでご主人の味方をしてしまいそう
 (⌒・⌒)ゞイヤー 判らんでもないが、そこはそれ・・・

Photo_4

さて今回のひやおろし、麹米に山田錦、掛米に五百万石をそれぞれ60%精米で使用しています。アルコール度16-17%、日本酒度+4、酸度1.5、アミノ酸1.4で三重MK-1酵母を使っているようです。

上立ち香は、ふっと麹香と爽やか系のちょと不思議な香りが混ざっている感じがします。何だろう?

口に含むと、旨味がじんわりと広がり後から酸がスッと引き締めてくれ切れて行きます。味の調和がすごくいいですね~!

Photo_5 では、お燗にしてみます。 温めたことで旨味スパーク! u (▽⌒) オイシー
 そして、酸は押さえ気味になります。含み香にはセメダイン香が少しでてきますけど、これはお好みでしょう。

お値段は、4GBで1,200円、1SBが2,500円と、とてもお買い得です v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

若狭・福井の酒 「味わいの会」

またまた記事が遅くなってしまいました。

10月12日・体育の日に表参道にある福井県のアンテナショップ 「南青山291」 で 若狭・福井の酒 「味わいの会」 が催されました。

この会の存在を知ってからたぶん 5年間、毎年・毎年仕事などで参加できなかったこの会!

今年の参加を とても楽しみにしていました。

Photo自宅を時間に余裕を持って出発して最寄り駅で、乗り継ぎ時間などを調べているとふと、あることに気が付いて冷や汗が・・・

ゲゲ!Σ( ̄ロ ̄lll) ・・・ チケットを忘れた~~~

慌てて家まで引き返し、とんだ時間ロスをしてしまいました。

どう見てもオープニングには間に合いそうもありません・・・ (ToT;) アセアセ

それでも、10-15分遅れで会場の福井県のアンテナショップ「南青山291」に到着できました。

2階の試飲会場の受付でチケットの半券を切ってもらい、焼き物のぐい呑をいただいて試飲開始です。

まずは・・・

さて、まずは 加藤吉平商店さん に向かいましょうかね~、ってみなさん考えることは同じようで20名ほどの方がなればれています。

toto も列に並び、その間に参加蔵元さんの顔ぶれや会場の雰囲気を見渡します。おなじみの蔵元さんのお顔もちらほら見受けられます。

Photo_2 しかし、すごい渋滞で団秀(あつひで)社長も困惑気味です。 あっ、今日は奥様もご一緒にブースに立たれています (´▽`#) オウツクシー

順番が来て 超吟 をぐい呑になみなみ注いでいただいちゃいました。

お忙しそうなのでお話はまたあとで・・・お次の方どうぞ~

一口目が超吟! うわぁ~さすがにうまい!! とろけそうです (=´∇`=) ❤

会場には。最近見かけるようになった20リットルくらいのボトルタンク式のミネラルウォーター・サーバーが2台設置されています。ナイスアイディアですね。

福・ブラザース

E75e3abfc6e4814ed69ec57f91fcb0ec1 そして、すぐお隣に陣取っているのは山廃仕込のお酒にこだわり 福千歳 を醸す田嶋酒造のご兄弟、

お兄様の孝太郎さんと弟様の雄二郎さんです。

2_2・・・ って、お写真を撮らせていただいたのですが、毎度のことで上手く保存できなかったようです A ̄▽ ̄;) アセ

代わりに、福千歳カップ・三羽フクロウの写真にてご勘弁ください m(T-T)m ゴメンネ!

蔵元の奥様をはじめ、ご兄弟もそろってブログを書いていらっしゃいます。日常の一コマや本物の日本酒をアピールして綴っています。 見てますよ~!

さま :“福” が 好きっ!http://blog.goo.ne.jp/fukuchitose 
お兄さま:企画日本酒蔵【kofuku】代表のブログhttp://ameblo.jp/nihonnyu-fukutitose/
お弟さま:新・いなかもん語りhttp://blog.goo.ne.jp/inakamon_07

岬・ブラザース

Photo_2 そして、コチラもたのもしい跡取りのご兄弟 岬ブラザース!

越前岬を醸す 田邊酒造の専務 田邊 啓朗さんと弟の丈路さんです。

実は、この蔵元は全国新酒鑑評会で6年連続金賞を受賞されている実力蔵なんだそうです w(°▽°)w ワォ

今後も要チェックですね d(^ー゜)

Photo_8 花・にごり~

コチラのにごり酒も Good ですね! d(^ー゜)

南部酒造場の花垣からは、隆康社長がおいでになってます。

この季節になると、禁断症状が出てくる toto です。

時々、補給しなくちゃネ  u(^¬^)

まいど!

Photo_9 東京で試飲会といえば、かなりの高確率でお会いできる有名人!

一本木久保本店の営業課長 道林さんです。

秋あがりの伝心でパチリ!

日本酒天国でもよろしく~ (´▽`)ノ"

Photo_10 HAKUKOMA・ファミリー

白駒酒造さんは、京藤社長とご家族そろってのご参加です。

今でもモダンな黒ラベル「HAKUKOMA」は、コチラの会長さんが手がけたのでしょうか? 聴き忘れてしまいました。

皆さん笑顔が素適です (´∇`*)

美人~?

Photo_12旨酒・舞美人を醸す美川酒造の六代目、欽也社長兼杜氏です。

美人と名がつくだけで、引かれてしまう toto です (⌒・⌒)ゞ

桜の木でできた木槽で搾りるお酒は、しっとり美人といった風情でしょうか?  u (▽⌒) オイシー

しかし、木槽搾りの酒造りは体力も要り大変なご苦労でしょう!ガンバッテください  e(^。^)9

Photo_13 ダンディー

コチラも手づくり旨酒の安本酒造の白岳仙。

蔵元兼杜氏の安本岳史氏とてもお洒落です d(^ー゜) ダンディー

蔵の経営、酒造りそして・・・このバランス感覚、さすがです。

新たな出会い

Photo_14 そして、toto 初呑みになる蔵元さんも多くいらしていました ヾ(^¬^; ) 楽しみ~!

伊藤酒造の越の鷹からは伊藤抵治(やすはる)さんが見えています。

お聞きしなかったのですが、次期蔵元になられるのでしょう。

初呑みですが、レベルの高い酒質です。

関東圏では、なかなかお目にかかれない銘柄ですが、頑張ってください。

Photo_15 つづいて福駒を醸す久保田酒造の直邦社長は、自分達で作った山田錦を袋吊りで搾った超限定酒・鬼作左というお酒を持ってきています。

力強くも旨味たっぷりです。

直送をしていただけるとのことなので、申込書をいただきました。 楽しみです。

Photo_17 んっ? 桂月というと四国にもあったような・・・

「はい、同じ名前はダメなのでウチは越のがついています」とご説明していただいたのは、越の桂月を醸す毛利酒造の社長、毛利徹郎さんです。

コレも美味しいですね~ ч(´~`)

やはり、関東圏にはほとんど出回っていないようです。

Photo_18

中国では樺(かば)の灯火を華燭と言い、途中で消えないので縁起が良いとされ、華やかな結婚式を祝い華燭の典といいますね。

そんな縁起のよい酒銘、華燭を醸す豊酒造です。親子で参加、凛々しい息子さん心強いですね!

その名もズバリ!「ぬる燗・純米」をお燗でいただきました。 

ずるずると呑めてしまいそう ч(▽^*)ヤバイ

あっという間に・・・

Photo_5楽しい時間は、すぐに過ぎてしまい第一部の閉会時間です。

受付では、酒造組合の方や助っ人のお嬢さま方がお見送り。

蔵元の皆さまをはじめ、関係者の皆さま本当にありがとうございます。おつかれさまです。

Photo_3 終了後、会場「南青山291」前のベンチでしばし休憩 ・・・ 

建物の上に 秋空 が広がっています ・・・ いい天気ですね~ (´∇`*)

今年からこの会、二部制になったんですね。

QchanpapaさんやUさん、水酒案内人さんなどは、第二部に参加予定らしいんです。 しばらくポーッとしていると、いらっしゃいました。  皆さん今日は島根県のイベントと掛け持ちだということで気合が入っています。

ご挨拶して、会場内の雰囲気をお伝えしてお役御免 (´▽`)ノ" マタネー

少し酔い醒ましに散歩でもして帰ろうかな~っと気楽な感じで新宿まで歩くことにしました。

Photo_4 国立競技場では、陸上の競技会があったらしく、スポーツマンたちがウォームアップやストレッチをしていました。

そうだ、きょう10月12日は「体育の日」なんですねそれにしても、いざ歩くと結構距離がありますね~そろそろ息切れが・・・

何とか新宿駅まで到着。 酔い覚ましの散歩が効いて、帰りの電車は寝過ごすこともなく無事に帰着できました。

若狭・福井の酒 「味わいの会」 楽しかったです。

来年もまた来れますように v(^▽^*)

初稿の福千歳 様 および 越前岬 様 の記事において toto の記載に誤りがありました。 蔵元様ならびにご関係者、ブログをご覧の皆さまに困惑とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 まことに申し訳ございません m(T-T)m スンマセン ハツ様、ありがとね (^人 ^)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »