« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

日本酒蔵元サミット in みなとみらい

相変わらず、更新が遅れていてスイマセン (⌒・⌒)ゞイヤァ

4月19日(日曜日)に横浜の赤レンガ倉庫で、50以上の蔵元が終結して試飲会があり参加してきました。

Mm212_3 この会は、グルメブロガーのkohyou さんに教えていただいて、初参加の totoです。

「日本酒蔵元サミット」は、横浜スタジアムの近くにある酒屋さん「丸十酒店」が中心になり、今年で 6回目を迎えるそうです。

この会は、2部制になっていて totoは第1部(12:30-15:00)に参加しました。

イベント盛りだくさん

Mm21_2Mm213_6 JR桜木町駅に少し早く着いたので、会場付近のみなとみらい21地区を少し散策してみます。

すると、駅の周辺では「みなとみらい21・大道芸2009」なるイベントがあちこちで行われていました。

Mm214Mm2161_2

.

毎年開催されるこのイベントも、今年は 横浜開港150周年 ということもあり、大変気合いが入っていて大いに盛り上がっています。

Mm212_2Mm211_2 会場の赤レンガ倉庫に向かう途中も、横浜開港150周年記念のいろいろな行事が準備されています。

Photo_2Photo_4 .

そして、赤レンガ倉庫に到着すると、そこでも「フラワーガーデン2009」というイベントが開催されていて、花の香りがふわ~ッと、いや・・・ぶわーっと香ってきます。

早速、会場の赤レンガ倉庫に入ると入場待合ホールは100名を越える入場待ちの参加者ですごい熱気です。

受付証明のリストバンドを着けてもらい開場を待ちますが、もう入り口付近は入場者でごった返しています。

時間前に開場

丸十酒店の店長の判断で、会場予定時刻より10分ほど早く開場になり、参加者は次々と会場に向かってゆきます。

Photo_5 会場は、2階と3階に分かれていて先ず totoが向かったのは 3階です。でも、この頃はまだまだ会場はすいていました(写真)

2_3 今回、まず向かったのは「作」を醸す清水醸造のブースです。

清水慎一郎社長と少しお話をさせていただき、「作・雅乃智」20BYの4GBをゲットです v(^▽^*)

その後に、totoが向かった秋田攻めの間に会場はすごいことになっていました。

会場一面、人・ヒト・ひと (^◇^ ;) スゴッ

Photo_8「来福」を醸す 来福酒造 では、醸造エンジニアリングの 加納良祐 氏とお話させていただきました。

最近は、酒造関係でも横文字の職業になりつつあるようです ヽ(▽⌒)カックイィー

その後も、あちらこちら会場を巡ります。

Photo_7

「会津中将」を醸す鶴乃江酒造では、蔵元のお嬢さまでセールスエンジニア(一級技能士) 林 ゆり さまと統括部長の 向井洋年 氏とお話できました。ゆりさま かっわい~ 「ゆり」おいし~ u(^▽^)

この頃になってくると、だんだん手ブレ・タイム!

Photo こちらも、福島の地酒 「星自慢」 を醸す 喜多の華酒造場 toto はお初です。

お写真は、とてもほがらかな代表社員 星 敬志 氏とお嬢さま方です。  パパさま 愛されています ヽ(∇≦)

ますます、酩酊状態になってきてブレブレですが・・・

Photo_2 「武勇」を醸す、茨城県の 株式会社 武勇 の製造部 高橋氏と深谷氏です。Photo_3

活性にごりがあったので、もう冷蔵庫状態もすっかり忘れてお買い上げ~ (* ̄ー ̄*)ニヤリッ

確かに、武勇さんのコーナーは会場の隅っこで暗かったんです。でも、ぶれぶれ~(´▽`;)ゝスンマセン

まだまだ、向かいたい蔵元さんがたっくさん来ていたのですが、もう、すっかり出来上がって会場を後にします....~~((((* ̄ー ̄))ノ ヒック

丸十酒店さま、スタッフの皆さま、そして蔵元の皆さま、本当に素晴らしい会に参加させていただきありがとうございます v(^▽^*)カンシャ

っと、気がつくと今回の試飲会情報をいただいた kohyou さんから連絡が来ています。

kohyou さんは、第2部への参加ということで少しご挨拶とお礼をお伝えして、バトンタッチ。

さてと、帰るとするか~!! っと思って赤レンガ倉庫を出ると・・・ん?!

宇宙人の侵略か!!!

Photo_4 何じゃ~!!あれは!      Σ( ̄ロ ̄lll) ギョエー

ぷしゅー、ノッシ!         ぷしゅー、ノッシ! 

っと人々を呑み込みながら、未知のクモ型 巨大生物 が闊歩しているではありませんか、それも二匹も・・・・

2_2

夢か!うつつか!幻か! 

とうとう toto も呑みすぎて白昼夢をみるようになってしまったのか!~~人(>_<。)クワバラ クワバラ(死語)

Photo_6逃げ惑う人々・・・? (゜o゜;)

いや、みなさん冷静に観察のご様子・・・?

Photo_7 実は、このクモさん達は横浜開港150周年記念にご登場願ったフランスの芸術家によるパフォーマンス・イベントだったのですね。

Photo_8確かに、近づいてみると10名以上のスタッフがクモの子のように乗り込んで、なにやら操縦している様子・・・ (^◇^ ;) ワォッ

宇宙人でも、未知の巨大生物でも、まして白昼夢でもなかったようです A ̄▽ ̄;)ヨカター

それにしても、すごい迫力! ビックリしました。

クモさんを追ってゆくと、あれ?

ハマスタだ!

横浜スタジアムでは、今日地元の横浜ベイスターズがなんとあの阪神タイガースと戦っている真っ最中ではありませんか!

これは、いちベイスターズ・ファンとしては応援しないで敵前逃亡するのは許されません! (`◇')ゞ リョウカイ

なぜか、都合良くポケットには「ベイスターズ友の会」のチケットが・・・(∂o∂)コレハ

この「ベイスターズ友の会」は、入会するとハマスタ開催の全他チーム戦の内野と外野の自由席が年間それぞれ1試合ずつ無料で観戦できてしまう上に、各種特典がついているという、ベイスターズファンにとっては素晴らしいことずくめの会なのです d(^ー゜)

Photo_9 今年も、スタートからずっこけ続きのダントツ最下位のベイスターズですが、この日は投打が見事にマッチして、昨年は食われ続けたタイガースを見事飲み込むことが出来ました (∇≦)ノ"イェーイ

タイガース・ファンのみなさん今日はご馳走さまです。 たまには勝たせてね m(。-_-。)m

本当に、充実して楽しめた一日でした \(⌒◇⌒)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

これからのイベント情報

5月以降のお酒イベント情報です。

  • 「2009吟醸新酒祭」
  • 「長野の酒メッセin東京2009」
  • 「灘の酒 レディースデイ」
  • 「日本酒フェア2009」

イベント @ 東京・有楽町━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2009吟醸新酒祭」2
  日  時 : 平成21年5月11日(月)
         ・ 第1部14:30~16:30
         ・ 第2部18:00~20:00
  会  場 : 東京交通会館 JR有楽町駅前
  会  費 : お一人様2,000円(当日券2,500円)
    詳細は、下記HPで
http://www.ginjyoshu.jp/event/09st/

イベント @ 東京・赤坂
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Photo
長野の酒メッセin東京2009
毎年ご好評いただいております恒例の大試飲会も、おかげさまで6回目となりました。
今回も、長野県内約80蔵の自慢の酒をお持ちして皆様にお楽しみ頂きたいと思っております。
お誘い合わせてお出かけいただけましたら幸いです。

  日  時 : 平成21年5月19日(火)
              13:00~20:00
         ・ 酒販・飲食店関係者13:00~
         ・ 一般のお客様    15:00~
  会  場 : グランドプリンスホテル赤坂
  会  費 : 2,000円(割引あり)
    詳細は、下記HPで   
http://www.nagano-sake.or.jp/

イベント @ 兵庫・神戸 (20歳以上の女性ペア限定)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
灘の酒 レディースデイ
灘五郷酒造組合では、11年連続11回目となる「灘の酒レディースデイ」を開催いたします。
  日  時 : 平成21年5月29日(金)18:30~
          第Ⅰ部 灘の酒トークショー
          ・ 島田律子氏トークショー「日本酒の魅力」
          ・ 桂吉弥師「古典落語」
          第Ⅱ部 灘の銘酒と料理を楽しむ会
           ~日本酒と料理との相性~
  会  場 : 神戸ポートピアホテル(兵庫県神戸市)
  会  費 : 8,000円(女性2名で)
  申し込み : 4月22日(水)まで
    詳細は、下記HPで   
http://www.nadagogo.ne.jp/topics/topics.html

イベント @ 東京・池袋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本酒フェア2009
『日本酒フェア 2009』は、「平成20酒造年度全国新酒鑑評会公開きき酒会」と「第3回全国日本酒フェア」を同時開催するものです。
この「公開きき酒会」では、この冬に仕込まれた最高水準の入賞酒約500点をきき酒することができ、「第3回全国日本酒フェア」では各地域における自慢の日本酒をご堪能いただき、そしてお好みの日本酒を探
してみるまたとない絶好のチャンスです。
この機会に皆様ふるってご参加ください。Photo_4

 日  時 : 平成21年6月17日(水)
        【第1部】10:00~13:00(入場は12:00まで)
        【第2部】16:00~20:00(入場は19:30まで)
 会  場 : 池袋サンシャインシティ「ワールドインポートマート」
 会  費 : 【公開きき酒会】
          [第1部・2部] ともに前売券3,000円、当日券3,500円
        【全国日本酒フェア】
         公開きき酒会の入場券にて、入場できます。
         全国日本酒フェアのみ参加を希望は、1,000円(当日券のみ)。
    詳細は、下記HPで
http://www.japansake.or.jp/sake/fair/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

toto も、東京開催のイベントは、可能な限り参加予定です。 
楽しみです v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

第15回 地酒蔵元会の試飲会

いってきました v(^▽^*)

Photo

地酒蔵元会の第15回の試飲会が、東京の日本橋にある地酒蔵元会の事務局(K&K国分株式会社)で開催されました。

今回参加された蔵元は、

  • 北海道  男山      : 男山
  • 青森   六花酒造   : じょっぱり
  • 秋田   秋田酒類製造: 高清水
  • 福島   名倉山酒造 : 名倉山
  • 東京   JFLA酒販    : 加賀の井など
  • 新潟   白瀧酒造   : 上善水如
  • 新潟   新潟銘醸   : 長者盛
  • 新潟   大洋酒造   : 大洋盛 
  • 石川   鹿野酒造   : 常きげん
  • 石川   福光屋    : 福正宗
  • 岐阜   古田酒造   : 雪中寒梅
  • 岐阜   千代菊    : 千代菊
  • 京都   玉之光酒造 : 玉乃光
  • 高知   司牡丹酒造 : 司牡丹
  • 大分   萱島酒造   : 西の関

          の15蔵です。

Photo_5

ここからスタート

先ず向かったのは、あの農口杜氏が山廃で醸す「常きげん」の鹿野酒造さんです。

下原営業部長さまに「山廃純米酒」などをいただきながら、いろいろとお話をうかがいました。

農口杜氏の下で2年間ほど修行された横坂氏は、自分で育てた稲穂からお酒を醸す夢を実現させるべく、千葉県に移り住まれているそうです。

Zero お隣は

金沢の福光屋さんです。加賀鳶や黒帯がメジャーな銘柄ですが、福光屋といえばやはりコレ「福正宗」! 

今回は、糖類ゼロで日本酒度+12の超辛口純米酒「ZERO辛(KARA)の初披露です。

角間東京支店長にお話をうかがうと「伝統の技と先端技術を駆使した製法により、糖類ゼロを実現させた」そうです。また「糖類はゼロなのですが、糖質は含まれており旨味のバランスをとりつつ、すっきりとした味わいを目指した」そうです。

ラベルは、「0」を強調したシャープなイメージ(なんとなく某・発泡酒にも感じが・・・) そして、お値段も大変リーズナブル(1SB:1,764円、4GB:924円) (゜▽゜;)ヤルモンダ

次は雪中寒梅 の古田酒造さんです。

Photo_3今回は、全量麹米を使用している純米酒「雪中寒梅 Asp」や三年古酒の「不老蔵」など特徴のあるラインナップです。

ちなみに「Asp」は、麹菌の学名:Aspergillus oryzae から付けられているそうです。

また「不老蔵」のネーミングは、蔵にありどんな干ばつでも常に清水を湛えているという井戸「不老の井」から名づけられたそうです。縁起も大変良いですよね。

.

吉田竜悟専務、いい笑顔です ヽ(^▽^)

京都の

Photo_6玉乃光では通常のルートでは出荷しない無濾過・純米吟醸「なまざけ・玉乃光」をいただきました。

やはり大店だけあって流通も複雑になるでしょうし、直送をメインにしないと生酒の酒質を管理するのは難しいようです。

また、季節限定の「備前雄町ぷれみあむ・春しぼり」は、まさに花見にもってこいというようなパッケージとラベルですね  d(^ー゜)グッ

坂本営業課長、男前です キャー(≧∇≦)カックイィー

そして、例のパック入り純米吟醸酒に関して toto からも一つアイデアをお伝えしましたが、いかがでしょうか?

うれしい再会

そんな中、会も中盤に差しかかった頃に前回の試飲会でお会いした松本さまに再会することができました。

ご一緒に試飲もさせていただき、いろいろとお話もうかがえてありがとうございます。 お近くにお住まいとのこと都会人でいらっしゃる (´▽`;)ゝウラヤマシィ

松本女史は、サンシンさんのコーナーで、錫製のチロリでの味わいの違いに大変感動されていました。

まだまだ、つづく

後半は、調子に乗ってしまい写真なしです ((+_+))スイマセン

新潟の 大洋盛 さんは、数年前から杜氏自ら作付したお米をはじめ、地元のお米を100%使用して「本当の意味でも地酒蔵に成れました思っていますと」誇らしげに語られていました。その分ご苦労も多いようですが頑張っています。

新潟でも100を超える酒蔵が、個性をもって酒蔵同士がお互いに協力しながらも切磋琢磨して 新しい越後酒 を醸す活動が盛んになっているそうです。

そしてこちらも新潟から参加の白瀧酒造さん、今年からメイン銘柄の「上善水如」は、ボトルのデザインを一新して発売初期と同じように純米酒のみに切り替えたそうです。そして「熟成」「純米大吟醸」バージョンなどのバリエーションも豊富になり進化をし続けています。

味のコラボレーション

他にも、男山、西の関、じょっぱり、名倉山、千代菊、加賀の井、長者盛 などすべての蔵元さまに立ち寄らせていただき、ご当地の美味しい酒のアテを持ち寄って楽しませていただきました。

やはり、地酒と地の味わいのコラボレーションは見事にマッチしていて日本の味わい、食文化の深さを存分に堪能させていただきました o(^▽^)o 感謝!

また、会いましょう!

そのあとも、司牡丹さんでは、麹菌に続いて今年からは種籾も宇宙帰りの「純米吟醸・宇宙酒」をいただき、また来月別の試飲会での再会をお約束して会場を後にしました。

今回参加させていただいたこの会で、各蔵元さんのいろいろな形でのアイディア努力チャレンジなどがヒシヒシと伝わってきました。 

とてもいい刺激を感じることが出来て大変有意義な会に参加させていただきました。

K&K国分株式会社をはじめ、地酒蔵元会の関係者の皆様、本当にありがとうございます \(⌒◇⌒)マタキマース

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

リニューアル?

ブログのデザイン設定画面と にらめっこ すること ・・・

    約 3時間 (;-_-;) ゞ゛ウーム

やっと、春バージョンにリニューアルできました。

        えっ( ̄~ ̄;)?? ほとんど変わっていないって?!

     コレが toto の限界です・・・ v(⌒ー;)

早く寝なくては、明日15日は(もう今日です)午後から試飲会のダブルヘッダーの予定があるのだ! A ̄▽ ̄;)

また、新たなる伝説(失態)を創らないように、酒量には十分気をつけよぅー     ヾ(-_-;) オイオイ、ノミスギルナヨ

  ↓↓↓  ランキングに参加しています。

みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

祝・10万アクセス!

ブログ「美味しい地酒・日本酒」の開始から二周年を前に、総アクセス数が100,000件を超えました。

コレはひとえに、毎度つたない内容の記事を読んでいただいている皆さんや、「ん?美味しい地酒?日本酒?」と興味をもっていただける方々のアクセスの賜物と感謝しております。

この場をお借りして、御礼申し上げます  m(。-_-。)m カンシャ

しかし、コレを機に内容の充実や更新頻度改善などとは、一切考えておりませんのでご了承ください d ( ̄ ・ ̄)ヾ(^o^; ) オイオイ、イバルナ!

とりあえず、細く長くマイペースで続けて「美味しい地酒」のご紹介や日本独自の伝統文化」である日本酒について少しでも多くの方に知っていただくきっかけにでもなればと思います。

残念ながら、toto は基本的にマメな性格ではないものでご容赦ください A ̄▽ ̄;)

しかし、せっかくの区切りなので、多少のデザインのリニューアルを考えています v(^▽^*)チョットマッテテネ

また今後も、「ぼちぼち」更新してゆきますので「ぼちぼち」見に来て下さいね オマチシテマース!・・・オマケに下記の「ポチポチ」もよろしくお願いします。

ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

愛知の地酒(醸し人九平次・件の山田)

このお酒を入手したのは2月だったのですが、今まで引っぱってしまいました  (´▽`;)ゝ

愛知の地酒「醸し人九平次」純米吟醸・件の山田( くだんのやまだ )・生

蔵元は、株式会社 萬乗醸造で名古屋市の緑区にあります。HPはありません v(^▽^*)

Photo_10 創業は、寛政元年(1789年)の老舗で、創業当時からの施設が良好に残っており現在も酒造りに使用されています。

(くだん)とは「例の」とか「その」「いつもの」という意味です。

そして、今回ご紹介する「件の山田」は、蔵元が酒米・山田錦を使って新しいベーシック純米吟醸として位置づけるお酒で 「 いつも飲める山田錦の酒 」 として身近な存在になって欲しいとの願いから命名されたそうです。この生酒バージョンは、冬のしぼりの時期だけに出荷されます(いつもじゃないけど;汗)

みなさんにとって、日本酒がもっと “幸” 多きものとなることを願い私たちは精進を続けてまいります。 何卒今後とも日本酒のことを応援、宜しくお願い申し上げます。(裏ラベルより)

九平次さま、本当に日本酒の未来を見据えていらっしゃるのが、ヒシヒシと伝わってくるお言葉です。

お米は、件の 山田錦 を55%精米で使用しています。アルコール度は16%です。他の詳細は不明なところが多いのですが酒屋さん情報によると、日本酒度±0.0、酸度1.6-1.7で協会14号酵母を使用しているようです・・・(たぶん;汗)。

上立ち香は、微かに甘酸っぱい香りがあるくらいです。口に含むと、冷やした状態では硬く酸が強く感じられます。冷や(常温)では酸味は多いものの旨味成分も多く感じられてバランスがよく美味しいですね。含み香も甘酸っぱさの中にヨーグルトのような乳酸製品っぽい香りが混じります。

温めてみましょう。ぬる燗から人肌燗くらいではやや酸が多めに感じられてしまいますが、上燗くらいまで上げると旨味が引き立ってきて、すごくいい感じになってきました。個人的には 45℃前後が好みです u (▽⌒) オイシー

Photo  

お値段は、4GB(720ml)で1,571円、1SB(1,800ml)が3,143円です (・ ・ ?) なんでこんな半端な値段なの??

昨年の9月27日(土)には、10月1日の「日本酒の日」を前に 久野 九平次氏の呼びかけに応じた多くの有志により銀座で「乾杯は日本酒で!」をアピールするデモ・パレードが行われました。

toto は、残念ながら参加できなかったのですが、少しでも本当に良い「美味しい地酒・日本酒」が復権することを願っています。

今年は、参加したいな~ \(⌒◇⌒)オー

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

新潟の地酒(鶴齢)

本日のお酒は、toto の兄じゃから新潟土産で頂きました。

新潟の地酒「鶴齢(かくれい)」特別純米・山田錦・無濾過生原酒

蔵元は、青木酒造株式会社 http://www.kakurei.co.jp/index.shtml で南魚沼市の塩沢にあります。

2_2 創業は1717年(享保2年)と、300年近く絶える事なしにお酒を醸し続けてきた歴史のある老舗です。 

蔵元では、「雪国ならではの味の発信」「米のもつ特徴をとらえた酒造り」を目標に掲げて、淡麗辛口が多い新潟の酒の中で、酒本来の旨みを残した酒造りを目指し、手造りに徹したこだわりをもって約2,000石の酒造りをしているそうです。

酒銘の鶴齢(かくれい)は、江戸時代後期・塩沢出身で、雪深い魚沼の生活を全国に紹介した北越雪譜(ほくえつせっぷ)を世に送り出した鈴木牧之(すずき ぼくし)がつけたと伝えられているそうです。

さて、今回ご紹介する純米無濾過生原酒の鶴齢は、全国でも限られた特約店のみに蔵出しされる限定醸造の人気シリーズで「美山錦」「越端麗」そして「山田錦」の三種類のお米違いがあるそうです。

お米は、山田錦を55%精米で使用しています。アルコール度17-18%、日本酒度+1.0、酸度1.8、アミノ酸1.3で、協会701号酵母を使用しています。

上立ち香は、ほとんど感じられませんが微かに酸?、口に含むとしっかりと爽やかな酸味がきて、旨味がじんわりと広がります。旨味の濃度もしっかりと感じられますね。喉ごしのキレは、これまたさっぱりとした酸味が味を引き締めてくれます。Photo_3

含み香も新酒らしさのある爽やかさがありますね、ほのかな甘い香りとしっかりとした酸が香ってきます。

印象は、フレッシュ & どっしり ! とても満足できるお酒でした。

お値段は、4GBで1,680円、1SBは3,360円です。

兄じゃ、おいしくご馳走になりました v(^▽^*)

お・ま・け

青木酒造の創業の前年(1716年)には、TV時代劇シリーズ「暴れん坊将軍」で有名な徳川吉宗が将軍になり、大岡越前守忠相南町奉行に就任したのがちょうど創業と同じ1717年になるそうです。

Photo_3Photo_4 

江戸町火消し「いろは48組」の編成、目安箱の設置、小石川養生所の開所や米価や物価の安定政策、貨幣政策なども行なわれた「享保の改革」が推進された、まさに江戸中期の大改革の時代だったようです。

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

--- 櫻 ---

ここ数日の陽気ですっかり春めいてきましたね。

そして、 toto の地元でもやっと が満開となりました v(^▽^*)サクラサク

3

こうなると、花見 をしたくなるのが 日本人の性(さが)ヽ(^▽^ゞ)ハナミー

しかし、朝っぱらから花見酒というわけにもいかないので、カミサンと一緒に車で近くの桜の名所へ出かけました。

Photo_6

さすが、皆さんも待ってましたとばかりに の満開にあわせて、近くの自治会やら家族ずれ、仲間内での花見見物や宴会の準備が着々と進められていました。

4_4 たっぷりと  の元気をもらって癒されてきました。

そして、撮ってきた の写真を眺めて自宅でもう一度 花見 気分。

今宵も一献傾けながら、次なる 「 特集 」? を楽しみに練っています u(ー^ )  

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

特典のお酒が キター!!

「全量純米蔵ファンド2008」 の 投資特典の 蔵元特製・純米酒セット が届きました v(^▽^*)

先日、全量純米蔵を目指す会 http://www.zenryojunmaikura.jp/ のファンド参加蔵のお酒 300ml入り6本が宅急便で送られて来たのです!

52_3

今回送られてきたお酒は、ファンドの資金で一括購入された徳島県阿波町産の山田錦で醸された出来立ての生酒

  • 神亀:純米搾り立て 生酒
  • 秋鹿:純米吟醸 無濾過 本生
  • 諏訪泉:純米酒 生
  • 京の春:純米酒
  • 昇龍蓬莱:槽場直詰 無濾過生原酒

どれも美味しそう!ヾ(^¬^; )

届いたその晩に、6本中に2本入っていた「秋鹿」を早速開封!

酸度ちょい高め、出来立ての微炭酸が心地好く、あっという間に完飲してしまいました v(^▽^*) 

ということで、写真は5本です。

PhotoPhoto_22

Photo_8Photo_6次回は10月頃に ひやおろし がまた6本送られて来るとのこと、今からワクワクして待ち遠しいです o(^▽^)o

.

ちなみに、こちらは以前に 「ファンド出資証明証」 代わりに送られてきた特性の盃です ↓↓↓

Photo_10Photo_11

― 全量純米酒をめざす会 ―

全量純米蔵ニュースは、こちらから http://www.musicsecurities.com/blog/artist_article.php?st=ls&bl=60

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »