« 第二回 若手の夜明け2008 ~ 後編 ~ | トップページ | 富山の酒とかまぼこフェア2008 »

2008年9月19日 (金)

岐阜の地酒(醴泉)と居酒屋「いち」

本日の一本は、岐阜の地酒「醴泉(れいせん)」純吟・雄山錦です。

Photo 蔵元は、玉泉堂酒造株式会社 http://www.minogiku.co.jp/ で養老群養老町にあります。

最寄り駅は、近鉄養老線の美濃高田駅で徒歩5分ほどの街中にあります。残念ながら蔵見学は行っていないようですが、りっぱなビルですね~ (゜▽゜;)

 蔵の創業は、文化3年(1806年)に、初代の山田了造氏が美濃國養老(現在の養老町)で酒造業を始めた老舗です。

奈良時代に元正天皇がこの地を訪れ、滝の水が甘く、健康に良いという中国の泉の名前をこの地に名付けて行かれたそうです d(゜O゜)

Giyokusendobill1111  創業八代目になる山田敦社長は、「醴泉」の目標となる酒質を「垢抜けて、品格のある酒」とし、醸した時に「凛」とした緊張感のある味とうっすらとした上品な香があり火入れして熟成した時に疲れずに飲めて上品な味わいのある酒を目指しているそうです。

玉泉堂の地元、養老群では「美濃菊」名が通っています。今回ご紹介する「醴泉」は限定流通銘柄として酒販店を限定して出荷しています。

 酒米の「雄山錦」は、「ひだほまれ」を母、「秋田酒33号」を父として、平成8年より「富山酒45号」という地方番号が付けられ、酒造会社による試験醸造を行ったところ有望との評価を得たて平成10年に「雄山錦」と命名されたそうです。

大粒で心白が大きく、お米の旨みがそのまま出やすいそうで、濃醇なタイプに仕上がるようです。

 この富山県南砺産の「雄山錦」を55%まで磨いて使っています。アルコール度は15-16%、日本酒度+2、酸度1.6、アミノ酸度1.4で酵母は「金沢9号酵母」を使っています。

上がり香は穏やかに蜜のように甘い香りがあります。口に含むと、まずすぅッと酸味がさしてから旨味と甘みが広がります。含み香はやはり微かに穏やかな甘めの香りがします。 

お燗にすると、酸味はひかえめになり、穏やかな旨味がやんわりと広がります。

冷やしても、温めても食事と一緒にいただくことで、美味しさをしっかりサポートしてくれますので、食中酒としてお薦めします。

お値段は、1SB(一升瓶・1,800ml)で2.625円、4GB(四合瓶・720ml)で1,313円とお買い得です。

Photo_2

このお酒は、相模原・上溝の枡屋酒店さんで購入しました。そして、当日は待望の銘酒居酒屋「気まま屋 いち」に寄って、お酒と食事を楽しませていただきました。Photo_4

このお店はなんと、酒屋さんのその奥に抜ける通路があり (・・ ?)キョロ ( ゜゜)ゝキョロ・・・

その先に隠れ家的に散在しているんですね~ ( ^ー゜)b アッタ

Photo_3

「気まま屋 いち」は、ご主人「味番長」と升屋酒店の信泰店長、そしてお母さまの3人で切り盛りしています。

ご主人の「味番長」さんは、がっしりとした体形ですが、番長の名はその腕前とお見受けしました d(>_・ ) グッ

 この日のおススメから「黒カレイの煮付け」をチョイス、新鮮でしっかりとしたその味と縁側付近のコラーゲン?味付けも素晴らしく、絶品でした ヾ(^¬^; )ウマ~ィ

その他にも、付き出しの親子豆腐?(冷奴に枝豆を擂ったペーストがのっている)イカの塩辛などをいただきましたが、どれもとても美味しくお酒が進みます ヽ(▽⌒) サスガ味番長!  

お酒は、「醴泉」雄山錦山田錦そして、今年呑みそびれた「龍力」にごりをいただきました ч(´~`)オイシぃ~

升屋のご主人も、お客さんのお出迎えと店番を兼ねて、「気まま屋 いち」では酒ソムリエ?と一人三役ぐらいで頑張っています。

お母さまとの親子三人のいきもぴったりと、アットホームな雰囲気で、常連さんも次々に顔を出して見えていました。

食事が美味しく、いいお酒がすごい種類(サスガ酒屋とのコラボレーション)

たいへん繁盛しているのも納得ですね~

みなさんも、枡屋酒店にお寄りの際は、「気まま屋 いち」で 一杯いかがでしょうか? 車での来店時はダメですが・・・ o(>_<)o ザンネン

また、寄らせていただきます (´▽`)ノ" ヨロシク

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 第二回 若手の夜明け2008 ~ 後編 ~ | トップページ | 富山の酒とかまぼこフェア2008 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

岐阜」カテゴリの記事

神奈川」カテゴリの記事

コメント

升屋さん、「いち」さんへ行かれたのですね
私も昨日(金曜日)升屋さんで
醴泉(純米のほう)を購入しました
このお酒のいいところはいろんな温度で
飲んで楽しめることですね
しかも本醸造でも抜群にうまい
きちっと丁寧に作ってある印象です
もう少し涼しくなったら鍋で燗ですね

投稿: こぶ | 2008年9月20日 (土) 18時24分

こぶ様 コメントありがとうございます。
はい、純米・山田錦ですね~!
私も迷ったのですが、今回はコチラの雄山錦にしました。
じつは、醴泉をいままで呑んだことがなかったのですが、美味しいですね ヽ(▽⌒)
良いお酒を紹介していただき、枡屋さんには感謝です。
寒い季節の鍋にお燗、最高ですね♪
心まで温まるようです(^▽^)

投稿: toto | 2008年9月21日 (日) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/42406765

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜の地酒(醴泉)と居酒屋「いち」:

« 第二回 若手の夜明け2008 ~ 後編 ~ | トップページ | 富山の酒とかまぼこフェア2008 »