« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

感謝!50,000アクセス

(  ° ▽ ° ;) v ヤッタ~!

9月28日に totoブログ のページビューが 50,000アクセスを超えました!o(^o^)o

これもひとえに、

「 美味しい日本酒が飲みたい!」

「 興味がある~っ!」

という皆さまにご訪問いただき、励まされたればこそと感謝しまくっています。

これからも、どうぞよろしくお願いします m(。-_-。)m

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

「酒都奈良」~本物のうまい酒を求めて!~

Photo_7  先日ご案内した「酒都奈良」~本物のうまい酒を求めて!~ にいってきました~ v(^▽^*)

奈良県酒造組合は、平城遷都1300年を記念して初めて東の都・東京にお目見えです。

この催しは、地下鉄・表参道駅近く、青山通り沿いのスパイラルガーデンで平成20年9月26日(金)~27日(土)の2日間開催されました。

 奈良県には、酒の神「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀る大神神社をはじめ、杜氏の祖「活日(いくひ)を祀った活日神社、日本清酒発祥の地として名高い正暦寺など、日本酒との深い史跡や物語、多くの地名、風習が残っているそうです。 行ってみたいな~(=´∇`=) 2

 その悠久の流れが育んだ香り高い味わい豊かな地酒を、実際に手に取り、お飲みいただくことによって、その歴史や手造りで丹精込めた本物の味を体験できるイベントです。

Photo_4

入り口近くの受付では、奈良県酒造組合のハッピを羽織ったお嬢様方にお迎えいただき、吉野杉の間伐材で作った夫婦割り箸もいただけました。

1_2 今回の催しを応援するのは、一部で噂のあのマスコットキャラクター「せんとくん」です。

それも今回は「酒都奈良」限定、「せんとくん・コラボレーションラベル」での登場す。

しかし、さすがに神様のお使い「春鹿」には「せんとくん」が入っていませんね~

2_2 っと思ったら、なんと鹿の背中に・・・!Σ( ̄ロ ̄lll) ゲッ

いいんですかい?許されるものなんですかい?心配しちゃいます。

しかし、ニコやかに「今回は特別にキャラクターを使わせてもらっています。」と教えていただいたのはその「春鹿」を醸す今西清兵衛商店の今西清悟会長です。会長様が許すのでしたら、許されるのです。

恐るべし「せんとくん」 (゚Д゚;)

今回,今西清兵衛商店からは会長と一緒に、以前、横浜の某デパートの試飲販売会でお会いした櫻井由紀子さんのご主人、大貴さんも同行されています。

では早速、奈良のお酒を試飲させていただきますu(▽⌒)イタダキマース

 会場には奈良県の各蔵元から1種類ずつ、自慢のお酒が並べられています。奈良県の酒造組合のハッピを羽織った担当の女性の方に試飲用のコップをいただき、どれにしようかな?~♪

では、昨年の某試飲会で好印象のお酒「八咫烏(やたがらす)をお願いしま~すu(^▽^) すると、「このお酒だけはしっかり説明できるんですよ~」って、 ん? なんと「八咫烏」の蔵元、北岡本店の北岡真由美さまだったんです ヽ(^o^ ) totoナイス

今回は酒造組合の方だけではなく、各蔵元からおいでいただいているんですね。

その後、数種類を試飲させていただき、小休止してアンケートを記入して会場を少しぶらぶら・・・ 

Photo 宣伝が少し遅かったこともあり、会場はゆったりとしています。

 では試飲再開、今度は端から行けるとこまで、楽しませていただきましょう

2_4  お相手をお願いしたのは、なんと奈良県酒造組合の副会長「吉村酒造」の吉村隆博さまです。今回参加している31蔵のお酒を少しずつ味あわせていただきました。

吉村副会長から、各蔵元の産地や特徴などを説明していただき堪能させていただきました。どの蔵元のお酒も、個性豊かで手造りの丹精込めた本物の味を体験できました。

しっかりとした味わいのお酒が多く、会場では冷やして提供いただいたのですが、温めてお燗でいただくと美味しいそうなお酒もたくさんありました ч(´~`)

 中でも特徴があったのは、菩提山・正暦寺でつくられる「菩提もと」と言われる、生もと山廃もと造りのルーツという「酒母」を使ったお酒です。

現在の日本酒の原型である「諸白」そして、掛米も精白しできた酒を搾って「清酒(すみさけ)にすることを考案したのも菩提山・正暦寺といわれています。

Photo_12  平成8年に奈良県下の酒造会社14社が「奈良県菩提もとによる清酒製造研究会」を発足し、奈良県工業技術センターと共同研究の末、平成10年にこの「菩提もと」を再現したそうです。

そして、寺院として初めて酒母の製造免許を取得した菩提山・正暦寺が、寺領の米で仕込んだ「酒母・菩提もと」を、研究会の14社が自蔵へ持ち帰り、蔵ごとに個性を出して仕込むようになったそうです。

「春鹿」の今西会長に教えていただきました ( ゜ー^ )b ありがとうございます

さすがに「生もと」のルーツだけあって、非常に濃醇旨口でしっかりとした飲み応えがあるお酒が多いですね。 でも、個性いろいろ d(^▽^ )Photo_13

日本清酒発祥の地としても有名な奈良において、日本酒の(古くて?)新たな味わいのが再現されています。

  東京圏で「奈良のお酒」は「春鹿」以外はなかなか購入できる機会がありませんが、さすがの実力をあじあわせていただきました。

今後、奈良の銘酒が次々に関東圏に進出してくるのではないでしょうか。来年も楽しみにお待ちしています。 v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

秋のイベント2008 (その四)

さぁ~、toto が総力o(`^´)o?をあげて収集した「2008 秋のお酒イベント」の最終回です。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

「酒都奈良」~本物のうまい酒を求めて!~

Photo_3 奈良県酒造組合が、手造りで丹精込めた本物の味を体験できるイベントを開催します。Photo

 先着で平城遷都1300年祭、あのマスコットキャラクター「せんとくん」「せんとくん割り箸」のプレゼントがあるようです。

toto は、ご遠慮申し上げます (¬、¬;) ・・・

 日時:平成20年9月26日(金)~27日(土) 11:00~20:00

 会場:スパイラルガーデン  地下鉄 表参道駅

 会費:入場・試飲ともに無料

詳細につきましては、コチラをご覧ください。 http://www.yamato-umazake.com/

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

上野恩賜公園試飲・販売会

Photo_4 秋の酒・好評の定番商品など取り揃、季節のお酒をお楽しみください。

激安!100円の試飲料で全てのお味見ができます。「せともの祭り」も同時開催ですのでご家族そろってお楽しみください。

 日時:2008年9月27日(土)~28日(日)10:00~17:00

 会場:上野恩賜公園 噴水横広場 * 屋外のため荒天の場合中止

 試飲料:100円

詳細につきましては、コチラをご覧ください。http://www.tokyosake.or.jp/index3.php?page=0&id=239

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

「しまねの清酒まつり」 ~しまねの地酒 ’再発見!!’~

Photo_3 島根県酒造組合では、県内蔵元の地酒と品評会出品酒など、いま話題のお酒をおいしい料理とともに味わえる「しまねの清酒まつり」が開催されます。

島根県内各蔵元の地酒、品評会出品酒など 今話題のお酒を料理と共に味わえるようです。当日は、バイオリン演奏や豪華賞品が当たる抽選会もあり、お土産も用意されているよです。

 日時:平成20年9月28日(日) 17:00~

 会場:ホテル一畑  松江市

 会費:3,000円(事前チケット:島根県内の各蔵元にて販売中)

詳細については、コチラをご覧ください。 http://www.shimane-sake.or.jp/

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

「日本酒の日」記念振舞酒

Photo_2 10月1日が「日本酒の日」に制定されて、今年で30年目を迎えます。

この「日本酒の日」を記念して、日本酒造組合中央会では「四斗樽の鏡開き」を行い、樽酒が振る舞われます。

各回とも先着300名に「2008年日本酒の日」と刻印された記念枡がプレゼントされます。

 日時:平成20年10月1日(水) 1回目12:00~、2回目17:00~

 会場:日本の酒情報館 東京都港区西新橋

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

「島根の地酒をきき酒する会」 ~しまねの地酒フェア~

’今燃える 悠久の島根’ 出雲大社大遷宮そして世界遺産登録の「石見銀山」がある島根県酒造組合から「しまねの地酒フェア」のお知らせです。

Photo_11 日時:平成20年10月13日(月)

           業界関係者       13:00~19;30

           一般対象・酒セミナー 15:00~16:00

           一般来場者きき酒   16:00~19:30

会場:東京交通会館 JRー有楽町駅前

参加費:1,000円

  主  催:島根県酒造組合 http://www.shimane-sake.or.jp

  協  賛:(社)島根県物産協会

  申込み:住所、氏名、電話番号を明記の上、メールまたは、FAXにて島根県酒造組合へ申込みください。 shimane-sake@shimane-sake.or.jp

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

「酒サムライ」きき酒会(一般公開)

Photo_6 日本酒造青年協議会は、我が国有数の酒どころである「京都・伏見区」の2つの酒蔵で、全国各地の蔵元から集めた自慢の銘酒300種類を味わえるイベントを開催します。

  日時:平成20年10月18日(土)10:00~15:00

  会場:月桂冠㈱昭和蔵および伏見夢百衆(旧月桂冠本社)

  参加費:1,000円(きき猪口、出品酒一覧表付)

          参加証の提示により、2つの会場のきき酒ができます。

詳細につきましては、コチラをご覧ください。http://www.japansake.or.jp/sake/asp/ivt_vew.asp?id_no=570&mode=&form0=2008&form1=New&form2=0

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

第13回「群馬のお酒フェスタ」

水がいい 空気がいい そして自然がいい 今宵も一献

Photo

 群馬の地酒 県内参加蔵元による酒販店等を対象とした「群馬の地酒きき酒会」と一般のお客様を対象とした「群馬の地酒を楽しむ会」が開催されます。

 日時:平成20年10月23日(木) 14:00 ~20:30

      第一部 「群馬の地酒きき酒会」 14:00~17:00 業者向け

      第二部 「群馬の地酒を楽しむ会」 18:30~20:30 先着120名

 会場:ウェルシティ前橋(群馬厚生年金会館・新前橋駅前)

 参加費:4,000円(要事前申込み)

 主催:群馬県酒造協同組合

 申込み:下記URL「群馬の地酒HP」よりメールにてお申込みいただくか、酒販店などに置いてあるチラシに必要事項を記入し、FAXまたは郵送にて10月7日(金)までにお申込みください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

首都圏キャンペーン ~宮城県酒造組合 日本酒サポーターズ倶楽部~ 

Photo_7

 日時:平成20年10月31日(金)

 会場:「北とぴあ」東京都北区王子

    第一部 「宮城の純米酒を知る会」13:00~16:00 業者対象

       第二部 「宮城純米酒の夕べ」19:00~20:30 一般の方が対象

 会費:第一部無料、第二部2,000円(おつまみ付き)

詳細につきましては、コチラをご覧ください。申込締切は10月10日です。 http://www.miyagisake.jp/2008Event/20081031.pdf

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

みやぎ純米酒倶楽部「穣りの宴」

Photo_9 年に一度の宮城の純米酒ファンの大宴会「穣りの宴」が地元・仙台で開催されます。

.

 日時:11月5日(水)18:30~

 会場:勝山館 仙台市青葉区

 会費: 5,000円

 締切り:10月20日ですが、定員(350名)になり次第締切り です。

詳細につきましては、コチラをご覧ください。http://www.miyagisake.jp/2008Event/20081105.pdf

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

さて、

「2008年の秋の酒イベント」のご紹介も今回が最終回です。皆様のお近くでの開催はありましたでしょうか?

素晴らしい、日本の酒文化が皆様をお待ちしています。

日本酒の初心者の方も、是非お誘いあわせの上、ご参加ください v(^▽^*)

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

富山の酒とかまぼこフェア2008

Photo_3 今年も楽しんできました!

「富山の酒とかまぼこフェア2008」

Photo_4 今年(2008年)も、9月20日にJR有楽町駅前にある「東京交通会館」で開催されました。

昨日から心配された、のろのろ台風13号はこの日のために?昨夜から足早なって見事に関東地方をかけ抜け、午前中には青空も顔を覗かせてくれました。

Photo 毎年、富山県酒造組合が開催する「富山の酒フェア」。今年は4回目ということで、さらにグレードアップして「富山のかまぼこ」とのコラボレーションです。

ん~、美味しいお酒とおつまみの組み合わせ、最強タッグですね!

 参加費は1500円の前売りですが、この入場券にはお酒かまぼこ、それぞれ 300円の割引チケットが付いています。    実質、900円と激安ですね!Photo_2

 さて会場に到着すると、おぉ~すごい 人・ひと・ヒト

会場の入り口前はごった返しています。

Photo_7 ん?でも・・・半分はお隣の会場で開かれているバーゲン目当ての方々のようです (^◇^ ;)エガッタナ   それでも、年々参加者が増えていますね (^o^ )

みなさん、おいしいものには敏感ですね~。

Photo_9 会場の入り口でチケットを確認していただき「TOYAMA」をアピールするパンフレットと一緒に富山のミネラルウォーター、そして「とやまの酒」の名入り特製グラスと今日集まったお酒とかまぼこのリストをいただきました。結構なボリュームです ('◇'*)

 では、どちらの蔵元さんから伺おうかな~っと、パンフレットの会場案内図を見ていると、お声をかけられました・・・ん?

そこには先日、若手の蔵人の会「第二回若手の夜明け2008」でお会いしたアメリカのサンフランシスコでいち早く日本酒を紹介して、広めた日本酒専門店「TrueSake」の miwaさまが、「来ちゃいました」っとニコニコと素敵な笑顔でいらっしゃいます (⌒▽⌒)/ ハーイ

ブログ&メールでは、toto の勘違いでご迷惑をおかけしたにもかかわらず、m(T-T)m ゴメンナサイ

この会を教えていただいてよかったわ。会場もわかりやすくて、すぐこれました ❤」っと喜んでいただけました。喜んでいただけてtotoも幸せです (=´∇`=)    いい、みやげ話になればな~っと思います。

 ではtoto も、会場に溶け込んで楽しませていただきますか~

Photo_10 まず、はじめのブースは以前に toto ブログにもご登場ねがったオレンジ色のにくい奴、「三笑楽」さんです。

お写真は「三笑楽」の杜氏(次期当主)の山崎英博氏です。  世界遺産にも指定されている、県内でも屈指の豪雪地帯「五箇山」からエントリーです。 ん~、今年もしっかりとした味わいのいいお酒です。

Photo_11 コチラは、おいしいお魚が水揚げされる氷見漁港の近くにある「高澤酒造場」が醸す「曙」です。

お写真は昨年に引き続きご登場をお願いする、七代目蔵元兼杜氏の高澤龍一杜氏ご夫妻です。  昨年とは法被(はっぴ)の色が違っているような気がします。おしゃれです ( ^ー゜)b

今年はなんと、富山県の最新・高級酒米「富の香(とみのかおり)富山酒69号)を、ほかの蔵に先駆けて使ったお酒をもってこられているとの情報をもとに突撃取材です。

「新しい酒米で、まだまだ試験的ですがいい感触があります。大切に育てて生きたいと思います。」とのこと、toto も試飲をさせていただくと・・・、いい感じですね~ d(>_・ ) グッ 

toto は、即ゲットしちゃいました o(^▽^)o

この催しでは、蔵元さんが持ちよってきたお酒を試飲して、その中からお好みのお酒をその場で直接販売していただけるんです。

2_2 この形式は、私たち参加者も楽しみにしてますし、蔵元さんも売り上げという形で、直に消費者の反応が伝わってる、とても良いかたちではないでしょうか?

 toto もこの日、気に入ったお酒を(かなり迷いましたが・・・)数本セレクトして購入させていただきました ((* ̄ー ̄))ノ楽・タノシミ!

ほかにも、全部で15蔵が参加されていて、どれも美味しく味あわせていただきました。

お写真も撮らさせていただいたのですが、上手くメモリーできなかったようで、ご紹介できなく大変失礼しました (ToT)>゛スミマセン

どうも、後半はダメダメですね~ (。_゜)☆\(ー_ー) 懲りんな~

  • 黒部峡 : 林酒造場1_2
  • 幻の瀧 : 皇国晴酒造
  • 銀盤   : 銀盤酒造
  • 北洋   : 本江酒造
  • 満寿泉 : 桝田酒造
  • 風の盆 : 福鶴酒造
  • おわら娘: 玉旭酒造
  • 羽根屋 : 富美菊酒造
  • よしのとも:吉乃友酒造 2_3
  • 曙   : 高澤酒造場
  • 勝駒  : 清都酒造場
  • 苗加屋 : 若鶴酒造
  • 成政  : 成政酒造
  • 若駒  : 若駒酒造場
  • 三笑楽 : 三笑楽酒造

そして、忘れてはならないのが「かまぼこ」 見事な細工かまぼこ

  • 生地かまぼこPhoto_3
  • 梅かま
  • 滑川蒲鉾
  • 河内屋
  • 麻善蒲鉾
  • 天野屋蒲鉾店
  • 女傳商会
  • 新湊かまぼこ
  • 上久

こちらも、富山県蒲鉾組合から9社が出店され、参加されたみなさん「旨い、おいしい」っと、いろいろな種類の蒲鉾を楽しんでお土産にしていました。

toto も、某蔵元さんお薦め蒲鉾屋さん(おでんのサービスが大人気)のブースで、おいしかった焼き角?と、赤巻かまぼこを購入させてもらいました ヾ(^¬^; )ツマミヨーッシ!

  また今日は久しぶりに、日本酒写真家の鈴木潤氏ともお会いできてお話させてもらいました。

これから蔵元さんと同様に、忙しい季節を迎えるようです e(^。^)9ガンバッテクダサイ

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

岐阜の地酒(醴泉)と居酒屋「いち」

本日の一本は、岐阜の地酒「醴泉(れいせん)」純吟・雄山錦です。

Photo 蔵元は、玉泉堂酒造株式会社 http://www.minogiku.co.jp/ で養老群養老町にあります。

最寄り駅は、近鉄養老線の美濃高田駅で徒歩5分ほどの街中にあります。残念ながら蔵見学は行っていないようですが、りっぱなビルですね~ (゜▽゜;)

 蔵の創業は、文化3年(1806年)に、初代の山田了造氏が美濃國養老(現在の養老町)で酒造業を始めた老舗です。

奈良時代に元正天皇がこの地を訪れ、滝の水が甘く、健康に良いという中国の泉の名前をこの地に名付けて行かれたそうです d(゜O゜)

Giyokusendobill1111  創業八代目になる山田敦社長は、「醴泉」の目標となる酒質を「垢抜けて、品格のある酒」とし、醸した時に「凛」とした緊張感のある味とうっすらとした上品な香があり火入れして熟成した時に疲れずに飲めて上品な味わいのある酒を目指しているそうです。

玉泉堂の地元、養老群では「美濃菊」名が通っています。今回ご紹介する「醴泉」は限定流通銘柄として酒販店を限定して出荷しています。

 酒米の「雄山錦」は、「ひだほまれ」を母、「秋田酒33号」を父として、平成8年より「富山酒45号」という地方番号が付けられ、酒造会社による試験醸造を行ったところ有望との評価を得たて平成10年に「雄山錦」と命名されたそうです。

大粒で心白が大きく、お米の旨みがそのまま出やすいそうで、濃醇なタイプに仕上がるようです。

 この富山県南砺産の「雄山錦」を55%まで磨いて使っています。アルコール度は15-16%、日本酒度+2、酸度1.6、アミノ酸度1.4で酵母は「金沢9号酵母」を使っています。

上がり香は穏やかに蜜のように甘い香りがあります。口に含むと、まずすぅッと酸味がさしてから旨味と甘みが広がります。含み香はやはり微かに穏やかな甘めの香りがします。 

お燗にすると、酸味はひかえめになり、穏やかな旨味がやんわりと広がります。

冷やしても、温めても食事と一緒にいただくことで、美味しさをしっかりサポートしてくれますので、食中酒としてお薦めします。

お値段は、1SB(一升瓶・1,800ml)で2.625円、4GB(四合瓶・720ml)で1,313円とお買い得です。

Photo_2

このお酒は、相模原・上溝の枡屋酒店さんで購入しました。そして、当日は待望の銘酒居酒屋「気まま屋 いち」に寄って、お酒と食事を楽しませていただきました。Photo_4

このお店はなんと、酒屋さんのその奥に抜ける通路があり (・・ ?)キョロ ( ゜゜)ゝキョロ・・・

その先に隠れ家的に散在しているんですね~ ( ^ー゜)b アッタ

Photo_3

「気まま屋 いち」は、ご主人「味番長」と升屋酒店の信泰店長、そしてお母さまの3人で切り盛りしています。

ご主人の「味番長」さんは、がっしりとした体形ですが、番長の名はその腕前とお見受けしました d(>_・ ) グッ

 この日のおススメから「黒カレイの煮付け」をチョイス、新鮮でしっかりとしたその味と縁側付近のコラーゲン?味付けも素晴らしく、絶品でした ヾ(^¬^; )ウマ~ィ

その他にも、付き出しの親子豆腐?(冷奴に枝豆を擂ったペーストがのっている)イカの塩辛などをいただきましたが、どれもとても美味しくお酒が進みます ヽ(▽⌒) サスガ味番長!  

お酒は、「醴泉」雄山錦山田錦そして、今年呑みそびれた「龍力」にごりをいただきました ч(´~`)オイシぃ~

升屋のご主人も、お客さんのお出迎えと店番を兼ねて、「気まま屋 いち」では酒ソムリエ?と一人三役ぐらいで頑張っています。

お母さまとの親子三人のいきもぴったりと、アットホームな雰囲気で、常連さんも次々に顔を出して見えていました。

食事が美味しく、いいお酒がすごい種類(サスガ酒屋とのコラボレーション)

たいへん繁盛しているのも納得ですね~

みなさんも、枡屋酒店にお寄りの際は、「気まま屋 いち」で 一杯いかがでしょうか? 車での来店時はダメですが・・・ o(>_<)o ザンネン

また、寄らせていただきます (´▽`)ノ" ヨロシク

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

第二回 若手の夜明け2008 ~ 後編 ~

前回に続き、後編です。

~ 次世代の日本酒を醸せ!~

  第二回若手の夜明け2008

さて、次の蔵元は「わしが國」を醸す「山和酒造」さんです。こちらもお初です。

Photo_4 今回は、伊藤大祐氏が立ち上げた「山和(やまわ)ブランドのみの出展です。

ん~、これもいい出来ですね~!

ラベルに、ふっと気が付いてひやおろしだけラベルが少し違いますが・・・」っと伺うと

大祐氏「ハイ!季節商品だけに、ラベルも個性を持たせて見ました。山和の筆文字もこれだけ別の方に書いてもらっています」というお答えです。

「ラベルのデザインはすべて私がやります。ラベルは、お酒の顔ですから他人任せの手抜きは出来ません!!」っと、すごいこだわりです。

お酒の味にも、このこだわりが反映されているのですね!

会場での出会い編 

そしてtoto サプライズ!!

 会場で、miwa(三和)さまにお会いすることが出来ました。

Miwa21 某蔵元ブース前で何気にお声をかけていただいた素敵な ご婦人。

お話を伺うとmiwaさまは、アメリカのカリフォルニアで日本酒専門ショップ「TrueSake」を Beau Timken氏と一緒に切り盛りされているとのことです。

ん?どこかで聞いたような・・・

 お写真は、HPより

某大手地酒蔵元「T・B」の、T社長のブログで読んだような・・・?

そうです、アメリカにおいて初めて日本酒を専門に扱うSHOPの第一号店、その名は「TrueSake」。Logo_lg1_2

HPはコチラ  :http://www.truesake.com/

Google翻訳済:http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.truesake.com/&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3DTrueSake%26hl%3Dja%26lr%3D

えぇ~!! このような席でお会いできるなんて、感激です o(^▽^)o

聞くところによると、来日中?、昨日に東京の某有名酒販店でこの会があることを聞いて駆けつけてくださったそうです。

miwa :「このような会にたくさん参加されているのですか?」

toto   :「ハイ!この秋も目白押しです (´▽`;)ゝ」

miwaさまは、今月の24日にはサンフランシスコへ帰国?されるそうです。

toto   :「それでしたら、9月20日に富山県酒造組合が有楽町駅前の交通会館で試飲会を開きますよ ヽ(▽⌒) ご都合が合えば是非いらしてください♪」

っと自分が開くわけではないのに、お誘いしちゃいました    (⌒・⌒)ゞ エヘ

また、お会いできることを楽しみにしつつ、お互いにまた違うブースへ向かいます。

 某ブースでtoto が秋上がりをください」というと、蔵元さん「ウチはひやおろしになってます~」っと失礼 (^◇^ ;)ゴメンネ

その掛け合いを聞いていたエンジ色のジャケットの素敵な紳士から「秋上がりって、ひやおろしと同じなんですか?」っとたずねていただきました。

toto  :「はい、ほぼ同じ意味です。ひやおろしは気候が涼しくなって出されるお酒。秋上がりは秋になって熟成して味が乗ってきたお酒という意味なのですよ~ d(^O^)」っと、手短にご説明さし上げました。これ以上、くどくど説明すると嫌がれるので・・・

 しかし、土地柄なんでしょうか?こちらの紳士といい、お若い方々(女性も多い)といいファッションセンスが洗練されているといおうか、ピッと決まっている(死語?)方が実に多いです。

そして、ゆっくりと会場を見回すと、大変混雑していますが、若い方が実に多く参加されています。

若手の蔵元に、若手の飲み手! 日本酒の未来は明るい!!っと感じて、会場を後にしました。

蔵元の皆様、そして酒販店の皆様。このように素晴らしい会を催していただき、本当にありがとうございます。

今回、ご紹介できなかった蔵元のお酒も実に素晴らしかったです。

また、来年も期待しちゃいますよ~  (^0^ )/ ヨロシクネ~

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

第二回 若手の夜明け2008 ~前編 ~

昨日、9月14日に

~ 次世代の日本酒を醸せ!~

  第二回若手の夜明け2008

                                 へ参加してきました。

 会場は、井の頭線で渋谷から2駅目の「駒場東大前駅」で下車し、徒歩で5-6分の「こまばエミナース」です。

会場入り口で参加を確認していただき、参加蔵と今回持ち寄っていただいているお酒の種類か書かれている冊子をいただきました。

2  会場に入ると、おぉ~!来てます来てます! たくさんの参加者ですごい活気です (゜▽゜;)

toto はまず、先日お世話になった山本専務を探して「紀土-KID-」を醸す「平和酒造」のブースへ向かいます。

山本-KID-典正専務にご挨拶させていただき、今日の来場者の感想をうかがうと「とても評判がよく、いい感触です」ということです。

お話を伺っている最中にも、次々に「純米ください」「おいくらなんですか」「おいしいですね~」「紀土-KID-」をもとめて来場者が引きも切らさず訪れ、対応に追われています。

そんなお忙しそうな中「今日はお燗でも試してください」純米紀土を温めていただきました。ありがとうございます。

 さて、それではじっくりと「若手の夜明け」を味あわせていただきますか~

どちらの蔵元さんも素晴らしく美味しいお酒を持ちよっていいただいていましたが、toto の「独断」とあくまで「好み」でコメントさせていただきます (⌒▽⌒)9

「高嶋酒造」さんの「白隠正宗(ハクインマサムネ)は、お初です。

どのお酒も美味しく、中でも「山廃純米・ひやおろし」が特にいい感じです!

Photo 「楯の川酒造」「楯野川」いいですね~佐藤淳平社長!

特にこの「源流 冷卸」純米原酒、キテいます。

通常の楯野川とは書体を変えてあり、流れるようなやわらかいラベルです。そして、あえて「ひやおろし」を漢字で書いてあります。

気合のいれかたの違いが感じられます e(^。^)9

Photo_3選挙演説ではありません!

「萩の鶴」を醸す「萩野酒造」の新しいブランド「日輪田」こちらも佐藤さん。次期当主の曜平さんです。

ちょうどブースへ邪魔したタイミングで、この日、2回目の各蔵元のアピールタイムが回って来ちゃいました。

お若くても、凛々しく「日輪田」をアピールされています。熱い思いがヒシヒシと伝わってきます ヽ(▽⌒)

 そのほかにも、何度か味あわせていただいている「町田酒造」さんや「浅間酒造」さん、相変わらずいいお酒、美味しいですね~ ч(´~`) オイシイ♪ 

さてさて、お次は・・・   つづく o(´^`)o ウー 

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

全量純米蔵ファンド2008

Photo_2 純米酒ファンド、見事購入できました。

全量純米蔵を目指す会 music securities が企画する「全量純米蔵ファンド2008」が本日解禁になりました。

 18:00から受付開始ということで、今日は仕事をさっさと片付けて雑用をこなしながら、待ち構えていました。

 ところが、18:00を過ぎても新ファンドの受付画面が表示されず、またアクセスが多いためなか、music securities のサイトが重くて表示に時間がかかったりと、ドキドキ (゚Д゚;) してましたが 18:30過ぎに受付画面が表示され、なんとか購入までの手続きをすることが出来ました ヽ(▽⌒)

 今回で3回目になる「純米酒ファンド」は、神亀酒造を始めとした全国11の酒蔵が作る「全量純米蔵を目指す会」で募集しています。

そして、今回のファンドのプロフィールは次のとおりです。

 皆様にご出資いただいた資金で徳島県阿波町産山田錦を一括購入、合計11の参加蔵(詳細は「対象銘柄情報」参照)に振り分け、その米を活用して、各蔵が共通して「なましぼり」「ひやおろし」「2年熟成酒」の3種類の純米酒(詳細下記参照)の製造・販売を行います。

 また、参加蔵は、製造の研究会や販路の相互紹介などの協力を行いながら、よりよい純米酒造りおよび販売を行ってまいります。

 出資者の皆様には、各蔵の売上代金の合計の一部を分配させていただくほか、ファンド期間中、出資者様限定の純米酒(300ml)×6蔵分を合計3回、計18本をお届け致します。

この出資者限定の純米酒、はっきり言ってそそられます (⌒。⌒)ゞ

皆さんも、ファンドをとおして やる気 ・ 元気 ・ 本気 の純米蔵を応援しましょう e(^。^)9

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ついに募集開始!!

美味しいお酒を応援する方々が、かねてより待ちわびていた「全量純米蔵ファンド2008」 が、ついに募集を開始しました!!

Photo_3 今日の、明け方にメールが発信されていたようです。

時間が無いので、詳しい内容は、届いたメールをそのまま掲載させていただきました。以下をご参照ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□純米酒情報
  純米酒ファンド第3弾「全量純米蔵ファンド2008」
  10日18時(予定)よりついに募集開始!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お待たせしました!
先日からお伝えしている「全量純米蔵ファンド2008」の募集が、
いよいよ10日18時(予定)より開始いたします!

募集開始告知後、各方面から大きな反響を頂いる本ファンド。
本日もファンド参加蔵の一つである大矢孝酒造さんが、
テレビ東京「モーニングサテライト」にて特集で取り上げられております。

映像はこちら↓

http://www.tv-tokyo.co.jp/biz/nms/days/080909/o1.htm

過去の「神亀ひこ孫ファンド」「秋鹿ファンド」ともに、
募集開始から数日で売り切れてしまっております。
(皆様の中にも買い逃してしまった方がいらっしゃるかもしれませんね)
今回も反響の大きさから考えると、早々の売り切れが想定されます。
お申し込みはお早めにどうぞ。Photo

なお、本ファンドにつきましては出資証明書代わりといたしまして、
「全量純米蔵ファンド2008」限定おちょこを一口につき一個贈呈します。

画像はこちら↓

http://www.musicsecurities.com/blog/artist_article.php?ba=b10760a30508

本ファンドに参加した方にしか絶対手に入らないこのおちょこ、
しかもロゴデザインは知る人ぞ知る「太田和彦」さんデザインです!
限定おちょこと純米酒を用意して、秋の夜長に備えましょう!

【ファンド概要】
ファンド名:全量純米蔵ファンド2008
ファンド総額:3,335万円
1口価格:5万円(上限2口、最低出資金額5万円)
募集期間:9月10日~10月31日
    (出資金額が募集総額に達し次第、募集は終了となります。)
募集ページ:全量純米蔵を目指す会HP

      http://www.zenryojunmaikura.jp/
    (お申し込みは10日18時(予定)に開始とさせて頂きます。)
運用期間:3年
投資家特典:口数に応じて毎年本ファンド参加蔵製造純米酒300ml×6本の贈呈

※本ファンドへのお申込には、出資金(元本)が減少し返還される等の
 リスクがございます。ご理解のうえ、お申込ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のファンドは、600口以上用意されているようですが、争奪戦は必至かと思われます!

 toto も一口、応援させていただきたいと思います。

本日、18:00からの申し込み。 急げ~~~sweat01

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

秋のイベント2008 (その三)

秋のお酒の会をご紹介する第三弾です。

まずは、

 昨日、毎年この時期に開かれる「福井県の地酒・味わいの会」の内容が発表になって前売り券の売出がありました。 http://www.chuokai-fukui.or.jp/~sake/ivent_data.asp?id=45&evmode=1

Photo_2 toto も数年前にこの会の情報を手に入れてから毎年参加したいな~っ、と狙っているのですが、仕事関係の集まりがあったり、日にちを間違えたりで一度も参加できていません。291

今年こそはと、前売り券の発売初日に福井県のアンテナショップ「ふくい南青山291」へ向かったのですが(今年は直接販売のみ、当日券もなし)、到着したときにはすでに遅く!

「残念ながらすべて売り切れました~」って (T-T ) グス;   なんと一瞬で(開店前から行列が出来ていて、一時間ほどで)売り切れたそうです。

黒龍をはじめおいしい地酒がひしめく福井のお酒、人気があるのもわかりますけど・・・

だれか~、もしチケットが余ったら、totoにお声を掛けてくださいネ・・・  m(゜゜)オネガイ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 さて、気を取り直して 次です ヽ(▽⌒)

急なお知らせです。あと1週間しかないのですが・・・

有望な若手蔵人が醸した、今後のプレミアム酒になるであろうお酒を味わえるチャンスです (≧∇≦)

~ 次世代の日本酒を醸せ!~

第二回若手の夜明け2008 in こまばエミナース2_3

今年で「若手の夜明け」もおかげさまで第二回目を迎えることとなりました。全国の若き蔵元の熱き思いを感じながら、情熱で醸した極上の一滴を味わってください。

■ 参加蔵元

  • 青森県 陸奥八仙 八戸酒造株式会社
  • 秋田県 一白水成 福禄寿酒造株式会社
  • 宮城県 日輪田・萩の鶴 萩野酒造株式会社
  • 宮城県 山和・わしが國  株式会社山和酒造店
  • 山形県 楯野川  楯の川酒造株式会社
  • 群馬県 浅間山  浅間酒造株式会社
  • 群馬県 大盃    牧野酒造株式会社
  • 群馬県 町田酒造 株式会社町田酒造店
  • 長野県 澤の花  伴野酒造株式会社
  • 静岡県 白隠正宗 高嶋酒造株式会社
  • 和歌山県 紀土  平和酒造株式会社

■ 日時:2008年9月14日(日)13:30 ~15:30

■ 会場:こまばエミナース (京王井の頭線 駒場東大前駅)

■ 会費:1,000円

という内容です。お申し込みなど詳しくはコチラで・・・ http://www.kagataya.net/0914.pdf

目黒にある、KGT屋の有名な 丸顔編集長 が一枚からんで(参画して)いるようです d ( ̄・  ̄) サスガ~

先日お会いした、平和酒造の 山本-KID-典正 専務もいらっしゃるようです。楽しみです o(^▽^)o

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 そしてもうひとつ、申し込み期日が迫っています(9月10日まで)。

コチラは、飲食店ホールマネージャー・スタッフさんを対象にした会です。

もっと日本酒を飲んで欲しい、「0杯から1杯へ」をコンセプトに昨年設立された、20の蔵元と23の酒販店の会「和醸和楽」が企画した「SAKE ACADEMY TOKYO 2008」です。Sake

  • 日時 : 2008年10月5日(日) 13:00~
  • 対象 : 日本酒に興味のある飲食店ホールマネージャー・スタッフ
  • 会場 : ぐるなび大学
  • 参加費: 2,000円
  • 申込 : 2008年9月10日(水)まで
  • 内容 : 基調講演 + 2講座
  • 主催 : 和醸和楽

という内容です。お申し込みなど詳しくはコチラで・・・ http://wajowaraku.exblog.jp/

コチラも、丸顔編集長 が一枚からんで(キャッチコピー)いるようです d ( ̄・  ̄) ヤルモンダ~

日本酒に興味のある飲食店さ~ん!

おいしい日本酒を盛り上げて、ドンドン売り上げをアップしてゆきましょう e(^。^)9

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

チョットお先に、ひやおろし

先日(8月31日・9月1日)、地元の酒屋さん(望月商店)「ひやおろし」の試飲会がありました。

お店には、18蔵から24種類のお酒が届けられ、どれも皆いい感じに味が乗ってきていましたよ~ \(⌒◇⌒)

今回、集まったお酒たちは、

  • 日高見
  • 翠露
  • まんさくの花
  • 昇龍蓬莱
  • 天青
  • 丹沢山
  • 雨後の月
  • 天寶一
  • 夜明け前
  • 村祐
  • 国権
  • 尾瀬の雪どけ
  • 出羽桜
  • 開運
  • 明鏡止水
  • 麓井
  • 上喜元
  • 雅山流

同時に、この秋からお店で取り扱うお酒の試飲もありました。

七田の新定番「山廃純米」そして、和歌山県の平和酒造から「紀土」 きど (¬、¬)?

Kid_2 いえいえ、KID(キッド)なんです!

平和酒造の山本氏が醸す新しいお酒なんです。

山本KID?? 強そうです e(^。^)9 

でも、お味は・・・、ん~旨いです ч(´~`)

お値段は、純米酒が驚きの1SB(一升瓶1,800ml)が1,890円、純米吟醸酒でも2,500円と、とてもリーズナブル (゜▽゜;)マジ! 

山本典正専務曰く、いままでは、地元向けのお酒中心でしたが、新たな展開として、酒質にこだわったこの「紀土 KID」の販売でより多くの方に試していただきたい。  とチャレンジ精神旺盛です。

この「紀土 KID」は今年度からの新発売で間もなく店頭に並べられるそうです。

また、お酒が手に入りしだい紹介させていただきます。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »