« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

福島の地酒(飛露喜)

本日の一本は、福島の地酒「飛露喜」特選純吟です。

Photo_3 蔵元は、合資会社 廣木酒造本店で河沼郡会津坂下町(あいづばんげまち)にあります。ホームページはないようです。

 会津盆地の西部に位置する会津坂下町は、馬の刺身(馬刺し)や馬油、馬革製品などのほか桐製品などが名産です d(゜O゜)

四季を通じお祭が多く、8月には名物「ばんげねぶた」・花火大会などの夏祭り、1月には巨大な米俵を下帯一本の引き子が豪快に引合う400年の伝統「大俵引き」があり、この引き子は公募もしているようです。totoも、もう少し肉体的に魅力があれば参加したいところなんですが・・・ d ( ̄ ・ ̄)ヾ(`▽´; )ハジメカラムリダロ!Photo_9

お祭好きの活気にあふれた町のようです。

 蔵元は、JR只見線の会津坂下駅からほどなくの街中にあります。創業は、江戸時代後期の文化文政年間で、地元では「泉川」の銘で醸してきました。

全国的にも有名になった「飛露喜」ですが、1996年に、杜氏が高齢のため引退され、翌年から廣木健司氏と先代のお父さまが造りを始めたそうです。しかし、その翌年にはそのお父さまが逝去し健司氏は「一時は廃業も考えた」そうですが、34歳の若さで蔵を継ぐことにきめたそうです。

Photo_5 そてし、「一歩でも自分の酒造りの質を向上させたい」「濃密な透明感のある、存在感のある酒を造りたい」と言う一心で「喜びの露が飛ぶ」旨酒を目指して仕込んだそうです。

1999年に発売された「飛露喜」は、地酒ファンの間で瞬く間に話題になり、現在はその仕込みの少なさも加わり幻の酒になりつつあります。「飛露喜」のラベルの文字は、健司氏のお母さまの「浩江」さんによるものです。発売当時、急激な人気にラベル印刷が間に合わず、「浩江」さんが一枚一枚手書きで書いていた時期もあったそうです。

 飛露喜では、それまでは1SB(一升瓶1,800ml)のみのラインナップでしたが、昨年(2007年)からこの特選純吟で初めて4GB(四合瓶720ml)を出しています(特選純吟は4GBだけのラインナップ)

お米は「山田錦」を麹米40%精米、掛米50%精米で使っています。アルコール度は16.3%、日本酒度+2、酸度1.7です。

  上がり香は強くはないのですが、洋ナシやバナナのように熟したフルーツのような香りがあります。口に含むとまず、すぅッと酸味がきてから、トロッとした舌触りとともに濃厚な旨味と余韻にかけて甘みがわぁッと広がります。含み香はやはり熟したフルーツ系、上がり香りにパイナップルも加わったような甘めの香りがします。余韻が楽しい (=´∇`=)♪~

お燗にすると(たぶん誰もやらないと思いますが・・・) 酸味は少し増すようですが、これが嫌味のない爽やかな酸味で、暖めたことにより旨味が増加されて、これまたおいしぃ~です ч(´~`)

お値段は、4GB(四合瓶・720ml)で2.625円 です。

この特選純吟の箱には、小さな文字でこう書かれています。Photo_7

  Japanese Sake Hiroki 

    飛・とぶ/露・つゆ/喜・よろこぶ

       喜びの露がほとばしる

toto 情報が参考になったら、ポチッと応援願います。 ↓↓↓  ランキングに参加しています。 みんなが書いた、楽しい「酒ブログ」がてんこもり ヽ(▽⌒)

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

秋のイベント2008 (その二)

10月1日は「日本酒の日」です。

 という漢字は、古来中国で酒壺の形をあらわす象形文字からできた「酉」という字が用いられていたそうです。そして、水を意味するサンズイが付いて今の字になったといわれています。

また、十二支の10番目の干支が「酉(とり)であることから、10月とお酒は切ってもきれない関係になっています。

また、以前は10月から酒造年度が始まっていたこともあり(今は7月)日本酒造組合中央会は10月1日を「日本酒の日」に制定して「日本酒をPRしよ~」っということになっています。

そのような10月に近づくこのシーズンはいろいろな「美味しいお酒のイベント」が日本各地で開かれます。

Photo_6 ということで、toto が総力?をあげて収集した9月から10月に行われる「お酒イベント」のご紹介第二段です。

今回は東京開催に限らず、北は秋田から西は広島まで全国各地のイベントを集めてみました。

「秋田の酒で乾杯する夕べ」 -今が飲み頃 ひやおろし- ・・・秋田県酒造組合

Photo_52_4 

秋のOsakeテラピーパーティ「日本酒のチカラ」 ・・・広島県酒造組合

「茨城の酒を楽しむ会2008」 ・・・茨城県酒造組合Photo_5

「三重の酒を愉しむ会 IN 神楽坂ラリアンス2008秋」 ・・・三重県酒造組合

埼玉35酒蔵 旬の地酒大試飲会   ・・・埼玉県酒造組合Photo

「日本酒で乾杯 総会・フォーラム・懇親パーティ」 ・・・日本酒で乾杯推進会議 ・日本酒造組合中央会

  • 平成20年10月2日 東京會舘 (東京)
  • 会員向け「日本酒で乾杯」メールマガジンで紹介されています。 
  • 入会はこちらから→ http://www.sakedekanpai.jp/Photo

大阪 秋の吟醸酒を味わう会 ・・・日本吟醸酒協会 

  • 10月3日(金) 天満橋・大阪マーチャンダイズマート (大阪)
  • http://www.ginjyoshu.jp/h20akiosakayoko.htmPhoto_4

「第21回静岡県地酒まつり2008」 ・・・静岡県酒造組合

「純米酒フェスティバル2008秋」 ・・・純米酒普及推進委員会 ・株式会社フルネット(事務局)

「長野の酒メッセ2008」 ・・・長野県酒造組合

「とやま日本酒の夕べ&かまぼこフェスタ」 ・・・富山県酒造組合

「日本酒天国2008東京大試飲会」 ・・・日本名門酒会

東京 秋の吟醸酒を味わう会 ・・・日本吟醸酒協会 

などなど、盛りだくさんですね~

 さて、皆様の活動範囲での開催はありましたでしょうか?

事前申し込みで定員制がほとんどのようです。また、人気が高くすでに満員で締め切っているイベントも出てきているようです。ご希望のイベントへは早めに申し込まれることをお勧めします。

 秋の一日、日本の酒文化にどっぷりと漬かってはいかがでしょうか

この他にも「酒イベント」の情報をお持ちの方は、是非コメントにご紹介ください。

お待ちしています (´▽`)ノ" 

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

神奈川の地酒(相模灘)

 本日のお酒は、相模灘 純米吟醸酒・瓶囲い・無濾過・生詰、酒米違い三本の飲み比べです。

32

 蔵元は、久保田酒造 http://www.tsukui.ne.jp/kubota/ で相模原市の津久井町にあります。 

 相模原市は神奈川県の北東部に位置し、平成18年から19年にかけて旧・津久井郡の津久井町と相模湖町、藤野町、城山町が編入合併し、人口が70万人を超える全国でも有数の巨大自治体です (^▽^)b

 久保田酒造の創業は、1844年(弘化元年)という老舗で、裏山から湧き出る丹沢山系の伏流水を用いて、仕込みをしています。そして「相模灘」の酒銘は、剣崎から石廊崎まで神奈川県の南方に広がる海にちなんで付けられたそうです o(^▽^)o 2

この相模灘のラベルは、美的センスをお持ちの専務の久保田晃氏がデザインをしたそうです。

 じつは晃氏は、もともと日本画の勉強をされていて違う道を歩まれていたそうですが、数年前にお父様(社長)が蔵を継がれ蔵人として酒造りにたずさわり、また3年前には前杜氏が急遽蔵元にこられなくなってしまったことから27歳という若さで杜氏を務めることになったそうです。そして、弟の徹氏と共に、酒造りへの厚い情熱をもって、おいしい酒、本物の日本酒を醸すことにこだわった酒造りを押し進めています d(>_・ ) グッ

さて今回のお酒ですが、酒米違い三本のそれぞれのスペックは酒米を除いてはほぼ同じ造りになっています。

2 酒米の記載がない純米吟醸は「美山錦」、雄町は「備前・雄町」、山田錦は「播州・山田錦」をそれぞれ50%精米しています。そして酵母はすべて協会9号を使用して、アルコール度は16〜17%になっています。

 まず「美山錦」です。上がり香は、かすかに白ブドウ「マスカット」っぽい香りがします。口に含むと旨味・甘み、そしてやや弱めの酸味のバランスがtoto好みですね〜。後口は、ほわぁーんとした旨味の余韻が楽しめます。2_8

 つづいて「雄町」です。上がり香は、爽やかなフルーツ系の香りとし っかりとした木のような香りが混ざり合っています。口に含むと香りと同様にきれる酸と同時にしっかりとした旨味が感じられます。含み香もしっかりとしたやさしい香りがします。これはお燗するといいのでは・・・ o(^▽^)oワクワク  冷たいと少し野暮ったさを感じたこのお酒、温めるとこのお酒の本来の味が目を覚まします!バランスの取れた味わいがふぁーと押し寄せてきます。少し濃い目の味付けのつまみとでも合いそうな食中酒としてすすみそうです。

2_3  そして「山田錦」です。上がり香は、美山錦よりもう少し甘めな香り爽やかなブドウっぽい香りです。口に含むとトロッとした舌触りで酸味と同時に旨味・甘みのハーモニーが広がります。後口もすこし長めの旨味の余韻が楽しめます。含み香はしっかりとしたやさしい香りがします。

さて、お米以外はほぼ同じ造りをしているにもかかわらず、それぞれ個性が引き出されているこの三兄弟のお値段は、4GB(四合瓶・720ml)で「美山錦」が1,450円、「雄町」が1,700円、「山田錦」が1,800円です。1SB(一升瓶・1,800ml)はそれぞれちょうど2倍の価格設定になっています。

今回は、瓶詰してから1回だけ火入れをした「生詰」ですが、春先には「無濾過・生酒」も味わえます。こちらもフレッシュでおいしいですよ〜 ヽ(▽⌒)

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

秋のイベント2008 (その一)

Photo_4  まだまだ、暑い日が続いていますが、9月に入ると、ひやおろしのお酒が出回ってきます。少し涼しくなった夕べに、中秋の名月(十五夜さま)を眺めながら「月見酒」なんて、風情 がありますね ч(´~`)

 現在オリンピックが開催されている中国では、奇数は縁起のよい「陽の数」とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」の節句としてきました。そして、この重陽の節句(旧暦の9月9日)に長生き効果のあるという「菊の花の酒」を飲みかわし無病息災と長寿を願ったそうです。

これにちなんで、9月9日は「ひやおろしの日」なんです。

毎年、春に絞られた新酒は、しぼりたての香りやフレッシュな味わいが魅力ですが、時に荒々しさが残ったり、酸味が強く出ることもあります。それを約半年間熟成させることで味に円(まろ)やかさと丸みが出て、酒の旨味が増します。ひやおろし「秋あがり」「秋晴れ」とも呼ばれ、お酒が熟成して旨味がますことで古くから親しまれてきました。

 そして、この時期はいろいろな美味しいお酒のイベントが日本各地で開かれます。ということで、9月に行われる「お酒イベント(上の巻)をご紹介させていただきます。

第11回 静岡県地酒まつり in TOKYO 2008

   開催日:2008年9月7日 13:00 ~ 16:00  

  前売りのみ   でも・・・(8月上旬に完売) (>_<) ザンネン

次!

広島渾身の地酒 「やっぱり酒は広島じゃけん!」

  開催日: 2008年9月10日(水) 12:00~16:00

  会 場 : 銀座フェニックスプラザ 入場料 : 500円

  主 催 : 広島県酒造組合 【 広島研酒会 】

  対 象 : 酒類流通業者及び飲食店のみ対象                 ・・・ (TヘT ) コレマタ、ザンネン!

次々!!

富山の酒とかまぼこフェア2008 

Photo  今回は、大好評の富山の酒の試飲・販売会に加え、お酒の肴にぴったりの富山のかまぼこの試食・販売会もあるようです。

日 時 : 9月20日(土)  ①部  13:00~15:00                            ②部  16:00~18:00

場 所 : 東京交通会館

入場料 : 1,500円(事前チケット販売のみ) 割引クーポン券付き!

主 催 : 富山県

共  催  : 富山県酒造組合、富山県蒲鉾組合

1_22_2   今年は、前売りチケットのみのようです、チケットはお早めに!! いきいき富山館にて チケット好評販売中!  (゜▽゜;) オオッ、ヨカッタ!

詳しくはこちらで、http://www.toyamakan.com/

そして、

2008千葉の酒フェスタ~千葉の地酒を楽しむ夕べ ~in Makuhari~

Photo_2  幕張の海風を頬に感じながら、千葉県の20余の酒蔵から150種類以上の銘酒が集結して楽しめるようです。また、当日はお酒の販売もあるそうです。

開催日 : 平成20年9月26日(金) 午後5時30分~9時30分

場 所 : ホテルニューオータニ幕張 パティオ(屋根付きガーデンスペース)

入場料 : 2,000円(要・事前予約) お土産(300mlの地酒1本ほか)

Photo_2 詳しくはこちらから、http://www.chiba-sake.jp/festa/

こちらも、間に合いそう! ヽ(▽⌒)  ヨカッター!

  10月以降も 楽しみな会が続々と行われます。

詳細はまだ決まっていないイベントもありますので、近々(下の巻で)お知らせします。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

蔵元探訪(久保田酒造)

今回の蔵元探訪は、

地元、神奈川の新星「相模灘」を醸す久保田酒造に行ってきました~ o(^▽^)o

久保田酒造は、相模原市の中でも緑と自然が豊富な津久井町にあります。

久保田酒造の蔵とそれに隣接する神奈川県の建築百選にもなっている入り母屋造りの本家の建物は築後約130年と重厚な堂々とした歴史の重みを感じさせる建物です。じつは、この母屋では2004年に放映されたTVドラマ「八つ墓村」のロケも行われたそうです  ( ^ー゜)b

3_2

緑の森に囲まれたようにたたずむ蔵に到着すると、ちょうど蔵元の晃様(杜氏兼専務)が出ていらっしゃいました ヽ(▽⌒) 

5月にあった日本酒フェアでお会いして、そのときの約束どおり遊びに来たことをお伝えすると「せっかく来ていただいたので蔵の中も見ていってください」と、快く案内をしていただいちゃいました。ありがとうございます。

2_5  当日は、よく晴れて夏暑い日ざしが差し込んで、気温は30℃をはるかに超えていました。 しかし、冬場は蔵の南に位置する裏山の影で一日中ほとんど日が差さず、朝はマイナス5℃前後、昼間でも5℃程度にしかならず10℃を越えることはまずないそうです。酒造りにはもってこいのロケーションなんですね。

蔵の中に一足踏み入ると、すぅっと涼しくなり、まるでエアコンでも効いているかのような爽やかな空気に包まれます。入り口すぐには蒸米用の大きな和釜が2基あります。

この蔵は二重になっていて、創業当時の古い蔵を囲むように後から一回り大きく増築されているそうです。確かに蔵の中にもうひとつ漆喰で作られた白壁で囲われた建物がすっぽりとおおわれた」造りになっています。

昔の蔵の内部には10本以上のタンクが並んでいます。こちらのタンク、以前は絞られたお酒を貯蔵しておくタンクだったそうですが、今はごく一部の本醸造酒だけを貯蔵しているそうです。また、洗米のときに一度に大量に使う水(お米の10倍以上を)一時的に貯めておく数本と、粕取り焼酎「喜楽」の貯蔵用に使用しているだけだそうです(この焼酎の香りを馨がせていただいたのですが、ん~!これまたいい香り~♪

 蔵の一番奥には仕込み用のタンク10数本と絞り機がありました。

タンクはみな小さめ(600kg~1,000Kg)で、実際には水冷ジャケットを巻いて数本のみを使用して仕込みを行うそうです。ご兄弟を含めても、蔵人が4名のみで、現在は約300石の仕込みです。これ以上のタンクを細心の注意を払いながら仕込むことは不可能だからやらないのだそうです d(>_・ ) グッ

2_172_18   絞りの行程も以前は舟絞り式の絞り機を使っていたそうですが、現在は吊るし式の絞り機で、これまた丁寧に絞られているそうです。

そして、一部の本醸造酒を除いて、絞られたお酒たちはすぐにビン詰めされて、-5℃から5℃刻みに0℃、5℃、10℃、15℃の目的別の冷蔵室にそれぞれ大切に保管されていました。

蔵の中を見学させていただき、晃様のお話を伺うと、2年前に酒造りを任されてからは、本 当にしっかりとした信念と方向性を見据えた酒造りに取り組んでいることがわかりました。そして、いま出来うる限りの設備と技術、そして何よりもその情熱でうまいお酒が醸されていることがわかりました e(^。^)92_9

お忙しいところ、本当にご丁寧にいろいろとご説明をいただきありがとうございます。

 さて、またお伺いさせていただくことを約束させていただき、帰りがけにお楽しみのおみやげを購入させていただくために、母屋にある販売処に向かいました。

2_4 販売処には平日にもかかわらず、ひっきりなしにお酒をもとめて各地からお客さん(東京・神奈川が多いかな?)がつめかけていて「相模灘」の人気の高さがわかります。

totoは、純米吟醸酒・無濾過生詰をお米違いで「山田錦」「雄町」「美山錦」の3本を購入しました。

楽しみ、たのしみ・・・ っと (^▽^)♪

こちらのインプレッションはまた後日とさせていただきます。2_3

  おや、母屋でロケされたTVドラマ「八つ墓村」で主演されたSMAPの稲垣吾郎さんと女優の若村麻由美さんのサインも飾られていますね~ 

どんなサインだ?ッテ (¬、¬)・・・ それは皆さん蔵元へ行ってからのお楽しみ

 またお邪魔しマース \(⌒◇⌒) 

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

山口の地酒(八千代)

本日の一本は、山口の地酒「八千代(やちよ)」純米酒・桜のしずく です。

Photo 蔵元は、八千代酒造 合名会社 http://homepage3.nifty.com/yachiyo-syuzou/ で萩市(旧・阿武郡むつみ村)にあります。

平成17年3月に旧・阿武郡の川上村・田万川町・むつみ村・須佐町・旭村・福栄村は萩市と合併したそうです ( ^ー゜)b

  蔵の創業は明治二十年で、現在も酒米の栽培を手掛け、全ての酒を槽(ふね)で搾る昔ながらの手造りのお酒を醸し出しています d(>_・ ) グッ

  「桜しずく」は、春の花見にもってこいなネーミングですね。実は、このお酒 3月に山口県のアンテナショップ「おいでませ山口館」であった「山口やらわらぎ会」の試飲・販売会で購入していたのですが、飲む機会を逸して真夏に咲く「桜」になってしまいました。    (⌒・⌒)ゞ イヤァ

このお酒は、山口県で開発された桜酵母を使っていることから、「桜しずく」という銘が付けられています。

2_2 山口県酒造組合では、何とか個性のある清酒ができないものか・‥桜、国花、日本、日本酒=清酒、桜というキーワードが新製品開発に組み込めないかと、平成11年初春に桜の花から酵母を分離することを思いついたそうです。

もし、桜の花に酵母がいるのであれば面白いテーマになるということで、山口県産業技術センターと宇部高等工業専門学校そして老舗の酒井酒造との三者の共同研究が進められてそうです。そして、宇部市内阿知須町の桜の花から、酒造に適した酵母「サッカロマイセス・セレビッシェ」を分離し山口県独自の酒造酵母「やまぐち・桜酵母」と命名したそうです。

  お米は地元山口県産の「山田錦」を60%精米で使っています。アルコール度は18.6%、日本酒度+-0、酸度1.6で酵母は山口桜酵母を使用しています。

  上がり香はほのかに甘い香りと米の香り、口に含むと弱めの甘みと米の旨味がじわっと広がり、少し遅れて酸味がきて余韻をかもしだします。含み香も少なめです。

酸がはっきりして、主張が強くないので、食中酒としてよろしいと思います。2_3

あらら、無くなっちゃいました、何せ今回は300mlビンですので・・・ (´▽`;)ゝ 試飲・販売会では好評で720mlは早々と完売していました (>_<)ザンネン

  300mlビンのお値段は、450円 です。 ちなみに4GB(四合瓶720ml)は1,200円、1SB(一升瓶1,800ml)は2,200円です。

桜酵母を使った山口のお酒として、今回紹介した『 桜のしずく 』のほかに

  • 『 花ならつぼみ 』 酒井酒造(株) (岩国市)
  • 『 さくら・さくら 』 岩崎酒造(株) (萩市)
  • 『 楊貴妃伝説 桜純米 』 大津酒類醸造(有) (長門市) 
  • 『 黒まいん 湧泡 』 (有)堀江酒場 (岩国市)
  • 『 花かほり 』 (株)山縣本店 (徳山市) 
  • 『 花音 』 (株)永山本家酒造場 (宇部市)
  • 『 花咲じじい(焼酎) 永山酒造(名) (山陽小野田市)  

などがあるようです。

来年の花見には、桜酵母を使った山口のお酒を是非召し上がれ ヽ(▽⌒) 

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

福島の地酒(國権)

 本日は、福島の地酒「國権(こっけん)二本の飲みくらべです。

先ず一本目は、純米大吟醸酒「てふ」、そしてもう一本は、特別純米酒「國権 夢の香(ゆめのかおり)です。2

 蔵元は、国権酒造株式会社 http://www.kokken.co.jp/ で南会津郡南会津町にあります。

南会津町は福島県の南西部に位置し、平成18年3月20日に旧1町3村(田島町・舘岩村・伊南村・南郷村)が合併して誕生したそうです d(゜O゜)

蔵元は、旧・田島町にあり、会津鉄道線の会津田島駅のすぐそばにあります。創業は、明治10年(1877年)で、当時は「細井醸造本舗」といい、「南光」「亀の井」という酒銘を醸していたそうですが、ある日、蔵元を訪れた僧侶から激動の明治時代を背景に「國権」の銘を受けた、と伝えられているそうです。

現在も「國権」は蔵の主力銘柄になっていて、国権酒造は醸すお酒すべてを特定名称酒を造る蔵になっています。

 「てふ」は、美山錦を40%まで精米しています。アルコール度は15〜16%、日本酒度+2、酸度1.3、アミノ酸度1.3です。

上がり香は、爽やかさのある甘い香り、口に含むとやはり爽やかな甘さと旨味が広がり一歩遅れて酸味がきます。そして若干余韻をのこしつつキレてゆきます。ほのかにやわらかい含み香がします。

 暖めると、やや酸が前に出てくる感じになりますが全体的な旨味も増して、食中酒としてよろしいかと思います。2_2

このお酒「てふ」(蝶)は、南会津に国蝶「オオムラサキ」の生息地があることから名付けたそうです。ほぼ同じスペックで60%精米の「純米生貯蔵酒 てふ」バージョン(うす水色のラベル)もあるようです。

Photo_3  「國権 夢の香」は、平成12年に福島県で初めて開発された酒好敵米「夢の香」(福島2号。 母:八反錦1号、父:山形49号(のちの出羽燦々))を100%使用して、56%精米しています。アルコール度は15〜16%、日本酒度+1、酸度1.4、アミノ酸度1.2です。酵母も福島県が開発した「f7−01酵母」を使用しています。地元の米・地元の酵母で醸されました o(^▽^)o

上がり香は、「てふ」よりも、もう少し甘めな香り、口に含むと同時に旨味・甘み・酸味のハーモニーがふわぁーっと広がります。後口は味の濃さや甘みに似合わずサァーっとキレてゆきます。ふくみ香はやさしいの甘めの香りです。Yume11_2

 温めると、基本は変わらないのですが、少しシャープな印象になります。これも悪くはないのですが、味が濃いのでtoto は冷やから常温くらいをお奨めします。あるいは、少し水を加えて暖めるのも面白いかもしれません。

今回の飲み比べでの印象は、キレイなスッキリ系「てふ」と、華のあるコッテリ系「夢の香」といった感じでしょうか?

お値段は、4GB(四合瓶・720ml)で「てふ」が1,575円、「国権 夢の香」が1,365円 です。

 國権(国家権力みたい)というネーミングと、力強い筆文字のラベルから、どっしりとしたお酒のイメージを持っていましたが、飲んでみてビックリです!

「百聞は一見にしかず」 ⇒ 「百見は一呑にしかず」 何事も先入観で決め付けてはいけませんネ (´▽`;)ゝ

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »