« にごり酒(春霞) | トップページ | 「日本酒フェスティバル 2008」 其の一 »

2008年7月25日 (金)

秋田の地酒(天の戸)

 まず、6月24日未明に東北地方で発生した「岩手・青森の地震」で被害にあわれた方々、また不安な生活を余儀なくされている方々、度重なる地震でご不安のことと思います。心よりお見舞い申し上げます。

「秋田の酒」 プチ特集 第 4 弾!!

本日の一本は、秋田の地酒「天の戸 美稲(あまのと うましね)」特別純米酒・無濾過生酒です。

Photo  蔵元は、浅舞酒造株式会社 http://www.amanoto.co.jp で横手市平鹿町(ひらかまち)にあります。

  大正時代まで町内には酒蔵がなく「平鹿町に酒造蔵を!」と、地元の有志に出資を募り1917年(大正6年)に創業されたそうです。

酒銘は創業者の柿崎宗光(そうこう)氏が、「天の戸は 静かに明けて神路山 杉の青葉に日影さすみゆ」という和歌から名づけたそうです。totoは教養がないのでよく判りません (¬、¬) エーットー

ちなみに、国外では「Heaven's Door(天国の扉)」の愛称で呼ばれているそうです

ラベルの「勾玉(まがたま)がキラキラとしていて綺麗です。

この勾玉も、天照大神が「天の戸=天の岩戸」に隠れた神代の昔に思いをはせて描かれているそうです。Photo_2

 蔵の酒造石数は、1000石と県内ではかなり小規模になるそうです。しかし、米、水、人すべて地元にこだわり、お米は地元「JA秋田ふるさと平鹿町 酒米研究会」から、そしては地下から湧き出る軟水の湧き水。稲を育てる水とお酒を造る水が同じなんですね~  d(゜O゜)

「冬は全員蔵人」を合言葉に、蔵人と従業員がみな「んっめぇ酒を醸す」一心に、一人何役もこなし酒造りに携わっているそうです d(>_・ ) グッ

森谷康市杜氏と「ごんべー」氏がメイン・パーソンの天の戸ブログ「夏田冬蔵・絵日記」 http://www.amanoto.co.jp/blog/ 、「ひで社長のおじゃま日記」や「マサミの新入社員は見ていた」などのカテゴリーも充実していて、毎日更新!!

マイペースなtotoとしては、頭が上がりません m(.“.)m

みなさ~ん!お会いできる機会には、お話きかせてくださいね。

 さてこのお酒、地元「JA秋田ふるさと平鹿町 酒米研究会」のお米を、麹米に「吟の精」、掛米に「美山錦」を55%精米で使っています。アルコール度は17.5%、日本酒度+4、酸度1.9、アミノ酸度1.3で酵母はAK-1(秋田流花酵母)を使用しています。

 上がり香は、爽やかな甘酸っぱいフルーツ系で、口に含むと香りそのままに酸味のある熟したフルーツ(蜜の入ったリンゴ、パイナップル)、そして含み香は、プラス少しセメダイン様の揮発系の香りが混じります。

お燗にすると少し酸が前に出てきますが、甘さ押さえ気味に旨味が増して来るようです。フルーツっぽさがなくなるので、食中酒としてはお燗もいいですね~。

お値段は、4GB(四合瓶・720ml)で1,522円 です

 このお酒も出会いから10年近くなりますかね~

初めていただいた居酒屋さんで、当時は(無知でしたので)あまり聞かない銘柄なのに(失礼!)ウマァ~と感激して、厨房までずけずけと入っていってラベルをみせていただいた記憶があります (´▽`;)ゝ

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« にごり酒(春霞) | トップページ | 「日本酒フェスティバル 2008」 其の一 »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

秋田」カテゴリの記事

コメント

toto 様

ご無沙汰しております。
天の戸さんは、美味い酒醸しますよね!。
経営者の方に、専修大の駅伝部に所属していた方がいらっしゃると思います。
近所の酒販店さんの若旦那が、同じ時期に専修大の駅伝部に所属していて、良く話を聞きました。
実は、その酒販店さんを会社に内緒で手伝っていた頃があります。懐かしい・・・。

高良酒屋様のご主人は、本当に親切な方ですね。今日電話でお問い合わせしたのですが、お忙しい所、丁寧にご回答頂戴致しました。メールもご丁寧に返送を頂き、有難う御座いました。

投稿: TAKA | 2008年7月26日 (土) 02時33分

TAKAさま おはようございます(^o^)/

TAKAさまは、本当にいろいろ良くご存知ですね〜!
駅伝選手だった経営の方というと、ご子息様でしょうか?
天の戸ブログの「アキコ」さん情報によりと、来週29日まで池袋の東急で試飲・販売会があり、そのためにいらっしゃっているのでは?(たぶん・・?)。

たかよし様とお話しをされましたか。
酒ブログ仲間ということもあり、すごく親近感が湧きますし、本当に丁寧な対応ですよね。秋田弁のべんきょうにもなります (^o^)ゞ
へば(^^

投稿: toto | 2008年7月26日 (土) 07時28分

TAKAさま 失礼! 

  「マサミ」さん情報で
   池袋東武でした

マサミ様も大変失礼しました m(。“ 。;)mゴメンナサイ

投稿: toto | 2008年7月26日 (土) 08時01分

おはようさんだし^^
みなさんの情報の豊富さに、驚き桃の木びっくりドンキーだし(笑)

これがらも、日本酒応援団として期待してるっすよ!!!

肝臓が許す限り呑んでたんしぇ~~~

投稿: たかりょう | 2008年7月26日 (土) 09時16分

たかりょう様 こんばんは~

 totoの情報は、ほとんど酒屋さんやインターネット経由ですし、上記のように、やらかしてしまうことも多々あります (´▽`;)ゝ
 あすは東京にお上りして、楽しみにしている「日本酒フェスティバル2008」に参加してきます。
 まんさくの花(日の丸さん)はじめ、たくさんの蔵元さんと会うことができるようなで、ワクワクしています。
きょうは休肝日にしていってきま~す o(^▽^)o

投稿: toto | 2008年7月27日 (日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/41913907

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の地酒(天の戸):

« にごり酒(春霞) | トップページ | 「日本酒フェスティバル 2008」 其の一 »