« 蔵元探訪(酒千蔵野) | トップページ | 大阪で開催、もう一つの「日本酒フェスティバル」 »

2008年7月10日 (木)

長野の地酒(川中島・幻舞)

特集 「酒千蔵野」 第 3 弾!! いよいよ特集 3部作のラストです   ヽ(▽⌒) 

 本日のまず一本目は、川中島「幻舞(げんぶ)」特別純米山田錦・無濾過生です。

Photo_3  蔵元は、 酒千蔵野 で、長野県長野市それも川中島町にあります。

創業は1540年と長野県内において最古、国内でも7番目に古い酒蔵として認められています。

戦国時代の「川中島の戦い」の合戦において、上杉謙信と武田信玄の両軍が、この蔵元の「にごり酒」で疲れを癒したといわれているそうです ч(^▽^) Photo_4

社名の「酒千蔵野」の由来は、もとの蔵元の名前「千野酒造」の文字の組み合わせで決まったそうです。蔵の理念として「過去から未来への食文化の継承と発展」をうたっています。さすが老舗、妙に納得しちゃいます。

 このお酒、首にはキラキラのラベルがはってあり、そこには【夏の特純】無濾過〈生〉要冷蔵 と記されています。

   涼しげです (´▽`)ノ"

お米は山田錦を59%まで磨いています。日本酒度+4.0、酸度1.8でアルコール度は15-16%です。酵母は、協会14号(金沢酵母)を使用しているようです。

 香りはほのかに爽やかな酸味を感じます。口に含むと先ず香りと同じ爽やかな酸味、そして旨味、甘みがきます。でも終始、爽やかな酸味の中できれてゆきます。

そして、含み香は、甘い香り・・・キャラメル?チョコ??アイス???不思議です。でも、好きな香りです。

 さて、本日のもう一本、川中島「幻舞(げんぶ)」純米吟醸・無濾過生です。

Photo_6  お米は美山錦を49%まで磨いています。日本酒度+3.0、酸度1.6、アミノ酸度1.1でアルコール度は16-17%です。

トロッとした酒質で甘み、旨味がきて後から酸味が追いかけてくるような味わいです。たしかに特別純米とはまったく違ったキャラクターに仕上がっています。

 本日の二本、それぞれ個性は違いますが、お燗にしても基本は変わらずどちらも美味し~いч(⌒▽⌒) デス

 特別純米の精米は59%、純米吟醸は49%と、もうワンランク上の特定名称が付けられるほど磨いています。Photo_7

しかし、杜氏の麻里子氏が曰く「精米割合だけではなく、それぞれの名称を名乗るためには、更なる吟醸香や酒質がなくては・・・」というポリシーから、あえて精米歩合だけの特定名称をつけていないそうです。

厳しいお考えです d(゜O゜)

でも、どちらも精米歩合とおり、ワンランク上の十分すばらしい出来上がりだと思います(勝手に評価)

お値段は720mlで、特別純米が1,300円、純米吟醸が1,500円です。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 蔵元探訪(酒千蔵野) | トップページ | 大阪で開催、もう一つの「日本酒フェスティバル」 »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

長野」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
お越し頂いたのを機にこちらのブログも拝見させていただきました。情報盛りだくさんですね^^私は日本酒にハマってからまだ1年半ぐらいのものなので、知らない情報がたくさんあるだけでうれしくなってきます。これからじっくり読ませていただきますね。また遊びにきますのでどうぞよろしくお願いします。

投稿: | 2008年7月12日 (土) 21時16分

陶さま こんにちは~ (^0^ )/

 totoも日本酒にはまる前までは、学生時代に安居酒屋で無理やり飲まされた日本酒だと供された「清酒様アルコール飲料」のせいでマイナスのイメージしかありませんでした (/д;)ゲロゲロ
それが、いまは自分で酒ブログをつけているなんて (⌒・⌒)ゞ イヤァ

日本酒好きの皆さんは、一人一人いろいろな楽しみ方をなさっているようですね。
  外呑み派・家呑み派
  詳細派 ・雰囲気派
  限定酒ハンター・手当りしだい派

基本的にtotoのお酒紹介は、家呑みでじっくりと味わって、美味しく印象に残ったお酒にしいています (ただし、美味しすぎて紹介する前になくなってしまうものも少なからず・・・) (´▽`;)ゝ

試飲会や外呑みでは、味わったことがない銘柄を少しずつ味あわせてもらうようにしています ч(´~`)

 まだまだ、ご紹介できていない素晴しい蔵元さんや美味しいお酒がたくさんあります。日本酒の蔵元さんは1,800蔵近くあるそうです。

 これからも、いろんな出会いを紹介してゆきたいと思います。
あくまでマイペースで (^◇^ ;)

陶さまの「4GB(四合瓶)」使わせていただきます(メジャーにしちゃいましょう)e(^。^)9  こちらこそよろしくお願いします。

投稿: toto | 2008年7月13日 (日) 18時12分

totoさま
盛りだくさんのお返事、感激です。せっかくなのでまたずうずうしく書き込みをば。(晩酌後でいい気分なので)

その括りだと私は
家呑み派、雰囲気派、手当りしだい派
ですね^^
勿論外呑みも好きですがこれは・・・予算次第ですもんね。私もマイペースで大好きな日本酒のことをいろいろ綴っていくつもりです。お酒もブログも無理は禁物・・・ですよね。
ではまた遊びにきます!

投稿: | 2008年7月13日 (日) 20時59分

陶さま ありがとうございます。

 今までほぼ毎日の晩酌でしたが、周りの皆様のご忠告やアドバイスもあり、休肝日を設けるようにしました (⌒・⌒)ゞ

 やっぱり、美味しいお酒と美味しい食事を長く楽しみたいですからね~。

    細く、長く、美味しく ヽ(▽⌒)エヘ 

投稿: toto | 2008年7月14日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/41790869

この記事へのトラックバック一覧です: 長野の地酒(川中島・幻舞):

« 蔵元探訪(酒千蔵野) | トップページ | 大阪で開催、もう一つの「日本酒フェスティバル」 »