« 2008 吟醸新酒祭 | トップページ | 地酒づくりオーナー募集! »

2008年5月18日 (日)

青森の地酒(田酒):百四拾・生

本日の一本は、青森の地酒「田酒」純米大吟醸・百四拾・生です。

Photo蔵元は、西田酒造店 http://www.densyu.co.jp/ で青森市にあります。

ふたつの「へぇ~」

第一の「へぇ~」:この百四拾というのは、お米の種類です。

「山田錦」と青森県の代表好適米「華吹雪」を両親にして生れ、2002年に青森県推奨の酒造好適米「青系酒140号」という名称で認定されたそうです。

今では「華想い」という素敵な名前が付けられています d(゜O゜)

蔵元ではいち早くこの酒米での仕込みを始め、2002年の発売当初から「百四拾」のネーミングを継承しています。

第二の「へぇ~」:今回紹介するこのお酒、田酒ではめずらし生酒なんです。Photo_2

Photo_4数年前から180mlサイズの「特別純米生原酒 コチラ 」はあったのですが、720mlでは初めての試みだそうです。

「百四拾」の中でも生酒はごく少量で、既にすべて出荷済みで蔵元にも残っていないそうです(5月12日に「2008吟醸酒祭」で教えてもらいました)

心して味わわねば・・・ (^◇^ ;)

 お米は、百四拾(華想い)を40%まで磨いて使っています。アルコール度は16-17%、日本酒度+1、酸度:1.3です。

ん~・・・何の香りでしょうか?フルーツ系ですね・・・少し甘い香り、甘酸っぱいわけではなく、熟れた感じでもなく・・・

へんな表現ですが、蜜の入らない系の「りんご」の皮やおしりのような香りです。

口に含むと、まず酸がきて旨味・甘味がじわーっと広がり、そして決して嫌味ではない苦味がきます。

含み香は弱いのですが、心地よい甘い香りが残ります。そして、口の中にも含んだ時の印象がしばらくの間残ります。余韻が長いんです。

そして、お燗・・・ 口に含むと冷したときとは逆に、まず甘味・旨味がフワァッときて、酸は後からついてくる感じです。燗冷ましでもおいしい♪~

なんか、今までにあまり類を見ない特徴的な感覚のお酒です。

気合を入れすぎて利いたからでしょうか? ヽ(^▽^)ゞ

720mlのお値段は、2,500円です。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 2008 吟醸新酒祭 | トップページ | 地酒づくりオーナー募集! »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

青森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/41246178

この記事へのトラックバック一覧です: 青森の地酒(田酒):百四拾・生:

» 田酒「純米大吟醸」百四拾 生 [日本酒ブログ(由紀の酒)]
 昨晩は青森県の西田酒造店さんが醸す、田酒「純米大吟醸」百四拾生をいただきました。このお酒は田酒の中でも甘味が強めで自分好み♪。今回はしかも生酒なんでウキウキです。  上立ち香は心地よく華やかでりんごの様に香ります。含むと、来ましたコレコレ!このキメ細かい上質な甘味♪。これを酸が下で支えるも、この酸を頭で感じる頃は、すでに引いた後。一人時間差かよ!と突っ込みを入れたくなります。旨いっす。 ◆田酒「純米大吟醸」百四拾 生 データ 醸造元:株式会社西田酒造店(青森県青森市) 使用米:華想... [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 15時10分

« 2008 吟醸新酒祭 | トップページ | 地酒づくりオーナー募集! »