« 平成19酒造年度 全国新酒鑑評会 | トップページ | ③と③の倍数で・・・ »

2008年5月27日 (火)

香川の地酒(悦 凱陣)

本日の一本は、香川の地酒「悦 凱陣(よろこび・がいじん)手造り純米・無濾過生です。

Photo_4 蔵元は、有限会社丸尾本店で、仲多度郡琴平(ことひら)町にあります。

そう、庶民の神様「こんぴらさん」刀比羅宮:ことひらぐう) のお膝元にあるんですヨ~ o(^▽^)o コンピラ・フネフネ ♪~2

 蔵元は、江戸末期の勤皇の志士で讃岐に亡命してきた高杉晋作(写真や桂小五郎らと親交が深かった日柳燕石の陰の資金提供者、長谷川佐太郎の造り酒屋「新吉田屋」でした。

そして、現在蔵元の社長兼杜氏の丸尾忠興さんの祖々父が、この「新吉田屋」譲り受けたそうです。

 お屋敷は、今でも江戸時代のままで、讃岐に亡命してきた高杉晋作が、一時隠れ屋として身を寄せていた当時のからくり部屋「梧陽堂」という離れ座敷も残っているそうです。

 蔵では「元来、酒とは味の豊かな旨味のあるもの」との信条を持ち、機械化せずに昔ながらの製法を守り、木樽や手動式の道具を数多く使用しているそうです e(^。^)9 ガンバッテ

 使用しているお米は、地元・香川産の大瀬戸(オオセト)を55%まで精米しています。純米吟醸です。

アルコール度は18-19%と高めで、日本酒度:+3、酸度:1.7です。酵母は、9号酵母を使っています。

 上り香りはほのかに、熟したフルーツや蜜のような甘い香りがあり、口に含むとトロッとして甘みと旨味がふゎっと広がり後から酸味がきてスゥッと消えてゆきます。含み香はすっきりとした甘い香りを感じます。旨いです。

お燗にしても基本は変わらず美味しいです~ ч(´~`) 

720mlのお値段は、1,733円です。

Photo_5 そして本日はもう一本、「悦 凱陣手造り純米・山廃無濾過生です。

 使用しているお米は、赤磐雄町で68%まで精米しています。

オオセトと同じくアルコール度は18-19%、酸度:1.7で、酵母も9号を使用しています。日本酒度は+11と高めです。

 上り香りはほのかに爽やかなフルーツのような甘い香りがあり、口に含むと口全体に旨味がふゎっと広がりますが、バランスがいいのか個々の味が強い主張もせずさらっと喉もとに消えてゆきます。

日本酒度 +11を感じさせません。コチラも旨い ( ^ー゜)b グッ

720mlのお値段は、1,850円です。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 平成19酒造年度 全国新酒鑑評会 | トップページ | ③と③の倍数で・・・ »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

香川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/41334152

この記事へのトラックバック一覧です: 香川の地酒(悦 凱陣):

« 平成19酒造年度 全国新酒鑑評会 | トップページ | ③と③の倍数で・・・ »