« 春の地酒イベント 2008 | トップページ | 山形の地酒(くどき上手) »

2008年4月30日 (水)

静岡の地酒(磯自慢)

本日の一本は、静岡の地酒「磯自慢」純米吟醸・生酒原酒です。

2_4  蔵元は、磯自慢酒造株式会社で焼津市にあります。

焼津市には、遠洋漁業でマグロなどを水上げする焼津港と近海もの小川港があり、海の幸に恵まれた漁師町です。海の幸が一杯です   o(^▽^)o

蔵元は、ちょうど両港の間の「鰯ヶ島」という地区にあり、鰹節や角煮の製造元が軒を連ねる磯の香りがただようのどかな町の一角にあります。

  蔵は天保元年(1830)創業、明治初年に酒造専業となり、1990年までは寺岡酒造場といい「磯自慢」のほかに「白龍(ハクリュウ)」という銘柄も造っていたようです。 Photo_3

1982年からは本当に良い特定銘柄だけ造ることを決めてからは、全国で磯自慢酒が注目されたそうです。

さらに1990年磯自慢酒造という社名に変更、全蔵(建物全体)を「冷蔵式」にして酒造をしています。

年間の生産量は、約1400石とごくわずかで(1升瓶15万本ほど)、販売は地元の志太地区と県内外の特約店30店弱に限定しています。

「販売先を限定するのは、売っていただく店主のかたと顔の見えるおつき合いをしたいから」と8代目当主の寺岡洋司社長は語っています。

Photo_2成した新酒蔵は、蔵の内部がオールステンレスで覆われ見事な蔵岩手から招いた名杜氏(南部)・多田信男さんと4人の蔵人、地元の蔵人2人に寺岡さん自身が加わり、8人が団結して酒造りに勤しんでいるそうです。

このお酒、光を遮るように銀色の袋に入っています。

 使用しているお米は兵庫県特A地区の山田錦を麹米50%、掛米55%まで精米しています。アルコール度は17-18%、日本酒度:+4.5、酸度:1.3です。長年蓄積した独自の麹つくりと自家培養酵母を使い、丁寧に仕込んでいます。

  上り香りはやや甘めのドライフフルーツのような香りがあり、口に含むと口全体に甘みと旨味が広がりさらっと喉もとに消えてゆきます。含み香もほぼ上り香と同じですね。

  お燗をしても基本は変わりませんが、個人的には常温前後のバランスがよいように感じました。 ч(´~`)

1,800mlのお値段は、4,473円です。十分、納得のお値段です。

↓↓↓  みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう   ランキングに参加していますので、ポチ ・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 日本酒・地酒

人気blogランキング/お酒・ドリンク

FC2 Blog Ranking/お酒・ドリンク

|

« 春の地酒イベント 2008 | トップページ | 山形の地酒(くどき上手) »

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/41031541

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡の地酒(磯自慢):

« 春の地酒イベント 2008 | トップページ | 山形の地酒(くどき上手) »