« 栃木の地酒(東力士) | トップページ | 秋のイベント »

2007年9月16日 (日)

愛知の地酒(蓬莱泉)

本日の一本は、愛知の地酒「蓬莱泉ほうらいせん」特別純米酒「夢筺ゆめこばこです。

Photo_2 蔵元は、関谷醸造株式会社で北設楽郡設楽町(したらちょう)にあります。

有名な「空」や「吟」「美」などを醸しています。

お米は麹米に地元奥三河が育んだ「夢山水」、掛米に「チヨニシキ」(両方ともかなり珍しいお米です)をともに55%まで磨いて使っているそうです。

アルコール度は15-16度で、日本酒度、酸度、酵母などは公表されていないようです。味で勝負です。

このお酒は秋季限定のひやおろしで、蔵の若い杜氏・荒川さんがやっている、吟醸工房で醸されてトンネル内で貯蔵していたそうです。

香りはほのかに麹と上品な酸の香りを感じさせてくれます。味は、けっして酒臭さではない芯のしっかりとした味わいです。

しっかりとした味なので、ひやおろしの試飲会をしている酒屋さん(さかや栗原)でもお薦めしてくれたぬる燗にしてみました。

香りは酸がやや強めになりますが、味のふくらみが~ ч(´~`)うまいです

720mlのお値段は、1,300円くらいとお買い得です。

ここの蔵元では、生原酒の量り売りをしているそうです。おいしそ~!

 それから、なかなか手に入り難い蓬莱泉をネットで扱っている お店(米徳商店さん) からトンネルに関する情報コメントをいただきました。ありがとうございます (^▽^)/

みんなが書いた、楽しい「酒ブログ(叫ぶログ?)」をのぞいて見よう

↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログへBanner21_3 Fc2

|

« 栃木の地酒(東力士) | トップページ | 秋のイベント »

お酒」カテゴリの記事

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

愛知」カテゴリの記事

コメント

Mr.ドランク こんばんわ。

生原酒の量り売りとは好ましいシステムです
ね~(^_-)-☆ my徳利を持って買いに行くってなんか粋!

投稿: おけい | 2007年9月16日 (日) 23時25分

具ヒムといいます。音楽活動をしていて、多くの人に曲を聴いてほしくて、突然ですが書き込みをしました。大人になると60%ぐらいの力でも仕事も人との付き合いもできるようになってしまう。でもそれっていいことなのかな?そういう疑問を曲にしました。よかったら聞いてみてください。感想も聞かせてください。
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/koohim/

投稿: koohim | 2007年9月17日 (月) 18時22分

おけい様
昔は、お醤油一升瓶で買いに行っていたそうです(ぎりぎり記憶にありません)。
お豆腐もパ~プ~と売りに来ましたよね。

投稿: toto | 2007年9月17日 (月) 21時31分

koohimさま
いらっしゃ~い!
 totoは、人生20%~120%(平均80%くらい?)で頑張っています。
 そういえば、最近ゆっくりと音楽を聴いていないな~ ( ´△`)

投稿: toto | 2007年9月17日 (月) 21時49分

こんにちは。

蓬莱泉「夢筺」トピなので、思わずカキコしてしまいました。

その「夢筺」を作る関谷醸造吟醸工房から車で5分のところにある酒屋(http://www.kometoku.com/)の者です。

うちのブログで、関谷醸造自慢のトンネルについて触れますので、良かったら覗いて見てください
http://www.kometoku.com/logs/kometoku/20070909.html

さわらび

投稿: さわらび | 2007年9月22日 (土) 06時34分

さわらび様
 コメントありがとうございます。
お返事が遅れてしまい、失礼しました。
なにせ、飲べえの週末ブロガーなもので、帰ってきてはすぐに酔っ払って寝てしまう日々を送っていますのでお許しください。
 中部電力さんのトンネルだったのですね~ (@_@) また一つ酒トリビアが増えました。
こういう情報は大好きです。ありがとうございます。

投稿: toto | 2007年9月23日 (日) 13時54分

toto様

当店をご紹介いただき有難うございました。

これからも時々読ませて頂きます。

投稿: 米徳酒店・さわらび | 2007年9月24日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/16466288

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知の地酒(蓬莱泉):

« 栃木の地酒(東力士) | トップページ | 秋のイベント »