« 山形の地酒(辯天:べんてん) | トップページ | 広島の地酒(白鴻) »

2007年6月27日 (水)

鳥取の地酒(八潮)

今日の一本は・・・、鳥取県の「八潮」の「純米大吟醸・斗瓶取」です。

2_2 お米は地元産の山田錦(自家産米も入っているそうです)を40%まで磨いています。立派な大吟醸です。

蔵元は、中井酒造株式会社で倉吉市にあります。

収穫は平成17年10月中旬と記されています。これを仕込んで翌年斗瓶取りにして秋あがりならぬ冬上がり12月に瓶詰めした一本です。

山田錦は熟成されるまで時間がかかります。それを12月に購入してMy蔵で半年間我慢して本日開栓しました。

アルコール度は17.5%ジャスト! キッチリしています(・~・)

斗瓶取りとは : 最良の発酵状態を迎えた醪(モロミ)を酒袋に詰めて吊し無加圧で自然に滴り落ちた酒の雫を、斗瓶という10升(18ℓ)入りの大きな瓶に集めることを「斗瓶取」(とびんとり)と言います。

瓶は厚手の和紙を水で湿して何重にも重ねて栓をします。微かに息ができるのでしょう。でも、その素晴らしい香りは決して逃がさないのです。

恐るべし、和の底力 (*д*)

控えめにフルーティーな甘めな香りが期待を膨らませてくれます。

口に含むと原酒らしくとろっとした感覚で味もやや甘めの芳醇な味わい(旨味)で美味しいです。

食中酒としては食事が限定されるので、食前酒として楽しんだほうがよいのでは・・・と思います。

お値段はやや高めの2,500~2,600円ぐらいだったと思いますが、このレベルのお酒なのでお買い得ですネ。

にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 山形の地酒(辯天:べんてん) | トップページ | 広島の地酒(白鴻) »

お酒」カテゴリの記事

地酒、今日の一本」カテゴリの記事

鳥取」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213498/15579312

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取の地酒(八潮):

« 山形の地酒(辯天:べんてん) | トップページ | 広島の地酒(白鴻) »