トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

秋田の地酒(刈穂)

本日の一本は・・・、秋田県の「刈穂」の純米吟醸「六舟」 です。

Photo お米は美山錦を100%使用し、55%まで精米しています。

アルコール度数は15~16%です。

香りは、やや酸味があり甘みが抑えられていますが、味は純米酒らしくドッシリとした旨味が広がります。

醸造元は刈穂酒造株式会社で製造元は秋田清酒株式会社です。

以前は、確か秋田清酒合資会社といっていました。「合資会社」ってインパクトありますよね。

硬水で仕込む「刈穂」と軟水仕込みの「出羽鶴」が合体したかなり強力な(魅力的な)蔵です。

3 本日はサービスでもう一本、 同じく「刈穂」の生原酒「山廃純米酒」 です。

精米歩合は60%で、アルーコール度数は、17~18度です。

生酒らしさも残しつつ、酸味と甘味が絶妙なな味です。

香りは、嗅ぎ香も含み香もほぼ等しく、やや酸味があり甘みとほのかな麹が控えめに主張しています。

そこそこ、有名な銘柄だと思いますが、私的には好きな両銘柄です。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

静岡の地酒(開運)

本日の一本は・・・、静岡県の「開運」の生酒 「無濾過純米」 です。

3 お米は山田錦を100%使用し、55%まで精米しています。

アルコール度数は17.0~18.0%です。

生酒らしく、いい感じの酸味がありフレッシュな味です。

無濾過とは、醸造したお酒を活性炭などを通さず、そのまま詰めたお酒のことです。

活性炭による濾過は、お酒らしい(酒くささ)を抑えて端麗な味わいにする場合などに用いられます。

しかし、本来のうまみや味わいも一緒に少なくなってしまいます。

これも、愛飲家の好みですが、私としては造りから含めて、濾過しなくても美味しいお酒を造っていただけるといいな~と思います。

静岡の地酒には「磯自慢」「花の舞」「喜久酔」 やマイナーな銘柄で「満寿一」も美味しいお酒ですヨ(´'`)v

また紹介します。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

山形の地酒(出羽桜)

本日の一本は・・・、山形県の「出羽桜」純米吟醸酒 「出羽燦々誕生記念」 です。

Dewa33   出羽桜も人気があり、有名な地酒ベスト10には必ず登場する銘酒中の銘地酒で、特に「吟醸酒・桜花」は有名です。

「吟醸酒・桜花」は利いたときにフルーティーなお香りが魅力的ですが、私的には純米酒にこだわりがあるのと、お酒を含んでから喉を通った後に鼻に抜ける香りが好きなので、出羽桜も吟醸酒系よりは、純米系のこの純米吟醸酒(無濾過生原酒もあります)や「純米酒・一耕」などがお気に入りです。

このお酒は 「出羽燦々誕生記念」 と銘打たれていています。

「出羽燦々」とは山形県で品種開発された酒造米で、10年前後まえから山形県の各蔵元で醸造され始めました。

特にボトルネックに貼ってあるこのラベルは⇒出羽燦々統一規格ラベル、山形県産の酒米「出羽燦々」と種麹「オリーゼ山形」酵母、そして「山形酵母」を使い山形の酒蔵が地元の水で造った純米吟醸酒で、審査を経て基準を通過したものだけがDEWA33のラベルを貼ることができるそうです。

このブランドを山形県の酒造組合で立ち上げた初年度は、ほとんどの蔵元がこの酒造米の特徴を引き出さずに、(私的には)惨憺たる結果でした。新しい試みなので、当然といえば当然かもしれません。

しかし、さすがに二年目以降は、それが嘘のように素晴らしいお酒に出来上がり、山形の蔵元の実力を再認識したものです。

山形の酒蔵、エライ!!

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

新潟の地酒(八海山)

本日の一本は・・・、新潟県の「八海山」純米吟醸です。

720m2 皆さんよくご存知のことと思いますが、有名な地酒ベスト5には必ず登場する銘酒中の銘地酒です。

今回は、今はなき「箱」四合(720ml)瓶用のと一緒の写真です。

10年ぐらい前にはこの箱に入っていたのですが、最近は剥き身での販売が多くなっているようです。どうやら、箱代(¥300)が別のようです。

蔵元は、日本の超有名な米どころ、南魚沼市にある八海醸造株式会社です。

しっかりとした蔵で毎年、いつでも同じ品質(味)を提供していただいています。

お米は、麹米に山田錦、掛米に美山錦を使用し、精米歩合は50%と大吟醸と表記できるほど磨きこんでいます。アルコール度は15.5%、日本酒度+4、アミノ酸度1.5、酸度1.4 です。

私も大好きなお酒で、リピート回数も大変多いです。

なかなか手に入りずらい人気のある地酒ですが、最近では常備している酒屋も増えているように感じます。

私の近くの酒屋さんでも、数軒置いていてくれています。

ネットで定価で買えるお店もいくつか見つけました。

2 今回、八海山「純米吟醸」と「吟醸」のひょうたんミニボトル(180ml)をゲットしましたので写真をアップします。

なかなか可愛いボトルです。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

富山の地酒(曙)

本日の一本は・・・、富山県の「曙」純米酒「氷見初嵐(ひみ・はつあらし)」です。

Photo_2   いきなりマイナーな銘柄ですいません。でも、美味しいです。

5月10日に行われた、日本吟醸酒協会の「2007吟醸新酒祭」の帰りに、開催会場(東京交通会館)の地下にある富山県のアンテナショップ「いきいき富山舘」で入手した一本です。

富山県の漁港、氷見市の小さな蔵元(高澤酒造場)ですが、しっかりとした造りで、私の最近のお気に入りの蔵元です。一般にはほとんど出回っていないと思います。

20070520jpg アバンギャルドなラベルですが、バランスの取れた味で、食中酒としてお勧めできます。

富山県は、個性的な蔵元が多く、今後も要チェックしてゆきたいと思います。

「いきいき富山舘」のお酒担当の方・・・大谷さんでよろしかったでしょうか?(すでに出来上がっていて、お名前が・・・素敵な奥様って感じの方です)いろいろと教えていただきありがとうございました。また、寄らせていもらいます。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

totoブログはじめました

totoの美味しい地酒・日本酒ブログはじめました(・v・)/

美味しい地酒・日本酒をみんなで探してゆきたいと思います。

お酒の初心者の方から、プロ?の方々までいろいろと情報交換できれば楽しいな~!

と、思います。 ヨロシクネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年6月 »